contact


    ファブル』は、南勝久による日本の漫画。『週刊ヤングマガジン』(講談社)で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。第2部として『ファブル The second contact』と改名し、2021年34号より連載。 2017年、第41回講談社漫画賞一般部門受賞。2022年7
    95キロバイト (14,993 語) - 2022年8月26日 (金) 10:36

    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    一気にカタをつける?!mj

    30 名無しんぼ@お腹いっぱい :2022/08/30(火) 20:10:21.83ID:qiQGMxFX0
    今週号も相変わらずだったね
    いざ抗争が始まったら3~4話で終わるってことはないよな?

    【【漫画】「ザ・ファブル The second contact」山岡が居ると 生きてる人間は居ない?!【山岡 最強?!】【感想】】の続きを読む


    ファブル』は、南勝久による日本の漫画。『週刊ヤングマガジン』(講談社)で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。第2部として『ファブル The second contact』と改名し、2021年34号より連載。 2017年、第41回講談社漫画賞一般部門受賞。2022年7
    94キロバイト (14,820 語) - 2022年7月31日 (日) 01:49

    (出典 stat.ameba.jp)


    誰が殺るんだろうか…mj

    768 名無しんぼ@お腹いっぱい :2022/08/02(火) 00:12:15.57ID:W59wnpYB0
    つーか今までは若頭とかが始末してくれたりしたけど
    今回はどうやってルーマーにトドメさすつもりなんだろうか
    倉庫連れて行って代理にやらされるつもりなんだろうか
    そうなると兄さんが実質殺してるのと変わらないと思うがw

    【【漫画】「ザ・ファブル The second contact」ルーマーは潰されるのか??【ひょっとしたら 弱い??】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    ファブル』は、南勝久による日本の漫画。『週刊ヤングマガジン』(講談社)で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。第二部として『ファブル The second contact』と改名し、2021年34号より連載。 2017年、第41回講談社漫画賞一般部門受賞。2022年4
    74キロバイト (11,341 語) - 2022年5月29日 (日) 01:46

    (出典 hachimanga.com)


    ダークな雰囲気。mj

    21 名無しんぼ@お腹いっぱい

    そもそもファブルって一貫してリアルなヤクザ裏社会ものでもなく、有能者同士の頭脳戦漫画じゃないんだよね
    大阪で元ヤンがのんびり生活しているだけの漫画


    (出典 miscellaneous1.net)


    【【漫画】「ザ・ファブル The second contact」これって 殺し屋が 賑やかにしてる作品だよな??【感想】】の続きを読む


    ファブル』は、南勝久による日本の漫画。『週刊ヤングマガジン』(講談社)で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。第二部として『ファブル The second contact』と改名し、2021年34号より連載。 2017年、第41回講談社漫画賞一般部門受賞。2022年4
    74キロバイト (11,341 語) - 2022年5月27日 (金) 11:03

    (出典 img.omni7.jp)


    ネーミングも も少し何とかならんか??mj

    534 名無しんぼ@お腹いっぱい :2022/05/27(金) 22:50:31.39

    誰か次号の予想を語ってくれまいか


    【【漫画】「ザ・ファブル The contact」誰が1番殺したのか 色々と気になる件【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    ファブル』は、南勝久による日本の漫画。『週刊ヤングマガジン』(講談社)で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。第二部として『ファブル The second contact』と改名し、2021年34号より連載。 2017年、第41回講談社漫画賞一般部門受賞。2022年
    74キロバイト (11,277 語) - 2022年5月11日 (水) 02:27

    (出典 magazine.yanmaga.jp)


    嫌な展開​───────mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/10(火) 06:48:49.97

    2022年05月06日 22:06

    南勝久さんの「ザ・ファブル The second contact」第3巻が発売された。

    全22巻で完結した人気作品「ザ・ファブル」の続編となる第二部。圧倒的な強さを誇るも現在は人を殺さない殺し屋である主人公・佐藤明、その妹としてともに活動するパートナー・佐藤洋子を中心とした物語が描かれる。

    講談社による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、ヤンマガWebやコミックDAYSで第1~3話と連載分が読める。

    http://www.new-akiba.com/news/196848

    殺し屋を引退したアキラ、そしてヨウコもアザミもユーカリも。“TEAM寓話(ファブル)”の面々がそれぞれ目指す“ふつう”──。“レンタルおっちゃん”とミサキとの結婚生活で、日々を生きる実感を得ていくアキラ。そしてヨウコも、再会したタコ社長に“何か”を募らせ……? しかし、長年拮抗していた真黒(マグロ)組と紅白(クジラ)組の勢力争いが再び燻り始め、キナ臭い空気が街に漂い始める。真黒組のクロと紅白組の若い衆のイザコザをヨウコが助けた“偶然”に端を発し、アキラもまた、“レンタルおっちゃん”の依頼者を紅白組のゴタゴタから“偶然”救ったことで図らずも介入してしまうが、あくまで無関係を貫けと言う真黒組の海老原(エビハラ)組長。しかし、真黒組とファブルとの関係が切れたことを嗅ぎつけていた紅白組の松代(マツダイ)組長は、バランスブレーカーとなる切り札を呼び寄せていた。その名は“ルーマー(噂話)”──!


    【【漫画】「ザ・ファブル The second contact」アキラ以外 とんでもない事が起こりそう?!【闇展開】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ