Steam


    Steam(スチーム)は、PCゲーム、PCソフトウェアおよびストリーミングビデオのダウンロード販売とハードウェアの通信販売、デジタル著作権管理、マルチプレイヤーゲームのサポート、ユーザの交流補助を目的としたプラットフォームである。開発および運営はアメリカのValve
    50キロバイト (7,148 語) - 2020年2月16日 (日) 22:13


    しょっちゅうやるゲームはDL版に限る

    1 名無しさん必死だな :2020/02/23(日) 20:24:24 ID:aV17B1T00.net

    思いつくままに書いてみた

    小売が*
    中古でソフトが売れなくなるのでソフトを買うときに慎重になる(新作が売れない)
    人に貸せない、借りられない
    ハードが軽量、コンパクトになる

    概ねこんなところか?


    【【ゲーム】ゲームが全てダウンロード販売になったらどんなメリットとデメリットが生じるのかまとめてみた【雑談】】の続きを読む


    カスタムロボ』 (CUSTOM ROBO) は、ノイズ開発、任天堂発売のアクションRPG(メーカー側での呼称は「ロボットアクションRPG」)である。マリーガルマネジメントの出資を受けて開発された。 この項では、初代『カスタムロボ』および「カスタムロボシリーズ」全般についても述べる。 『カスタムロボ
    161キロバイト (27,443 語) - 2020年2月17日 (月) 19:41


    カスタムロボやってたからこれは楽しみ

    1 名無しさん必死だな :2020/02/25(火) 17:48:43.34

    対戦ロボアクション『シナプティック・ドライブ』Nintendo Switch/Steam向けに5月28日発売決定。「カスタムロボ」開発者手がける新作

    パブリッシャーYUNUO GAMESは2月25日、『SYNAPTIC DRIVE(シナプティック・ドライブ)』を2020年5月28日に発売すると発表した。
    対応プラットフォームは、Nintendo SwitchおよびSteam。Nintendo Switch向けにはダウンロード版に加え、パッケージ版も発売される。
    価格はダウンロード版が税別2980円で、パッケージ版が税別3980円。

    環境としては、最大4人までのオンラインを含めたマルチ対戦が可能なほか、Nintendo SwitchとSteam間でのクロスプレイにも対応するという。
    マルチ対戦は、2対2のチーム戦、オンライン対戦、フレンド戦、オフライン対戦すべてに対応しているとのこと。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200225-114835/


    【【ゲーム】「カスタムロボ」の開発者が手がける新作『シナプティック・ドライブ』Nintendo Switch/Steam向けに5月28日発売決定!【話題】】の続きを読む

    このページのトップヘ