PS5


    ゲーム専用ではないが、ゲーム機の一種である。とは言え世の中に普及している台数の比率の影響で、子供などが漠然と「ゲーム機」と言う場合は「家庭用ゲーム機」を指すことが多くなっている。 総称でゲーム機と呼ばれるものには、アーケードゲーム機、家庭用ゲーム機、電子ゲーム
    90キロバイト (12,030 語) - 2022年7月21日 (木) 06:18

    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    欲しくても 買えないのが実情だもんな…mj

    1 Anonymous ★
    ゲームハードの売上台数などを扱う海外メディア『VGChartz』が、最新の売上データを発表。これによるとニンテンドースイッチの全世界累計売上台数が約1億1,000万台に到達したようで、ネット上では“PS2超え”を期待する声も上がっている。

    原罪のゲームハードは『任天堂』の1人勝ち?
    約1億1,000万台がどれほどの売上なのかというと、歴代で4番目に売れた『ソニー』のゲームハード、PlayStation4の約1億1,700万台に僅差で迫る数字。ニンテンドースイッチのリリース日が2017年で、「PS4」が2013年発売だったことを考えると、追い抜くのは時間の問題だろう。

    ただ、ゲームハード全体を見ると、史上最も売れたとされる神ハード『PS2』とはまだ差がある模様。今と昔では家庭用ゲームハードの需要が違うという事情もあるが、「PS2」は約1億5,500万台もの売上を記録している。

    しかしニンテンドースイッチの売上が1億1,000万台の大台に乗ったというニュースに、ネット上では《スイッチが1.1億台売れてるのマジでバケモン》《やっぱり、一人一台買うハードは強いよな》《ゲーム業界のほとんど全部を背負う存在になりつつあるSwitch》《任天堂世界一位おめでとう》《ソニーはオワコンの時代》といった声が。最新ハードの『PS5』の売上がさまざまな事情で伸びない「ソニー」に、勝利宣言する者も現れている。

    人気タイトルの続編が続々登場!
    現代のゲームハード競争において、ニンテンドースイッチはどこが強いのか。一番の強みは、言うまでもなく「任天堂のゲームができる」という点だろう。どんなにゲーミングPCやスマートフォンが高性能になっても、多くの「任天堂」の人気作を遊ぶためには、結局ニンテンドースイッチを買わなくてはならないのだ。

    そう考えると、ニンテンドースイッチが今後「PS2」の記録に並ぶかどうかは、やはりソフトの人気にかかってくるはず。今後のスケジュールを見てみると、7月29日に発売が控えている『ゼノブレイド3』、そして今年9月発売予定の『スプラトゥーン3』や、2023年春発売予定の『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド2』といった大型タイトルが控えている。そうした作品群がどれだけヒットするかによって、ニンテンドースイッチの勢いが変わりそうだ。

    家庭用のゲームハードにとっては厳しい時代だが、ニンテンドースイッチはいわば唯一の希望。年内に発表が予想されている次世代ゲーム機『ニンテンドースイッチプロ』が、「任天堂」ハード全体の売上にどう影響するのかも気になるところだ。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/108611

    【【ゲーム】【ハード】任天堂は ソニーより強かった??【PS5売ってねぇし!!】【評価】】の続きを読む


    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略称: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用据置型ゲーム機。 PlayStation
    44キロバイト (4,272 語) - 2022年5月2日 (月) 05:36

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    海外に売るんでしょ?

    1 名無しで叶える物語(もんじゃ) :2022/05/11(水) 17:41:39.55

    2022年度のPS5の販売台数見込みについて、資料作成時点で調達のめどが立っている1800万台とした。前年度の見込みである1150万台からおよそ56.5%の増産となる。

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【ゲーム】ソニーさん1800万台のPS5を2022年度に販売する予定!←これwww【海外向けでしょ?】【買える頃にはPS6出てそうだな】rb】の続きを読む


    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略称: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用据置型ゲーム機。 PlayStation
    44キロバイト (4,272 語) - 2022年5月2日 (月) 05:36

    (出典 sm.ign.com)


    もう 買えなくてもいいや…mj

    1 征夷大将軍 ★ :2022/05/04(水) 21:25:00.86

    マグミクス2022.05.04
    https://magmix.jp/post/89557

    ●発売開始から1年半、今も転売されるPS5
    ここ数年、SNSやニュースサイトなどで「転売」という言葉をよく目にするようになりました。転売行為自体は昔から行われていましたが、限定商品や日用品(一時期のマスクなど)といった、世情に合わせた転売が昨今増えています。スマートフォンなどの普及で個人が売買しやすい環境になったのも、転売増加の一因でしょう。

    たびたび問題視される「転売」ですが、実はそれ自体は違法な行為ではありません。一定以上の利益を得た場合の確定申告など必要な手続きこそありますが、扱う品物や状況によっては古物商許可証すら必要ありません。

    そのため、転売屋(転売を行う者の通称)側が「転売目的で購入しても、企業に入るお金は同じだから問題ない」と主張するケースを見かけます。ですが、本当に「問題はない」のでしょうか。

    業界や商品によって事情は異なりますが、転売がもたらす影響は少なからずあります。また、一般的な日用品などの転売問題とは全く異なる悪影響が、ゲームハードの転売には潜んでいるのです。

    ●転売で抽選倍率は上がり、エンドユーザーは入手難に
    転売の絶対条件は、購入した価格よりも高い金額で売れる商品をチョイスすること。その点で現在最も適しているゲームハードは、PlayStation 5(以下、PS5)でしょう。

    2020年11月12日に発売されたPS5は、今も需要が供給を上回っており、販売店の多くで抽選販売を実施するほど。この抽選に当たらなければ、PS5を買うことはできません。一部の店舗では先着販売を行っていますが、これも早々に売り切れています。

    高い需要があり、これでしか遊べないゲームがあるので替えが利かず、単価が高いため利益も上積みさせやすいと、軽く考えただけでも転売に向いた条件がいくつもあるPS5。実際の比率は不明ですが、こうした転売目的の購入者の影響でエンドユーザーが抽選に漏れているのでは、といった話も出るほどです。

    実際、Twitterなどで「また落選した」「何回応募しても全然当たらない」と落胆の声が飛び交う一方、フリマ系アプリでは「新品、未使用」と書かれたPS5本体が高値で何台も並んでいます。

    ●ゲームハードの転売が、業界に悪影響をおよぼす
    転売による悪影響はいくつもありますが、ゲームハードの場合だと、「企業に入るお金は同じだから問題ない」が全く通じない点にあります。

    ゲームハードの多くは、それ自体の売上を利益の柱とはしていません。むしろ歴代ゲームハードのなかには、「売れた分だけ損をする」といった逆ざや状態で販売したものもありました。

    利益が少なく、時には赤字でも売るゲームハードの戦略は、「ゲームソフト」が鍵であり収益の主体です。例えば、PS5の前世代機にあたるPS4で遊べるゲームを販売する場合、ソフトを出す会社は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)に一定のロイヤリティを払う必要があります。

    内訳や比率はメーカーやハードによって異なりますが、こうしたソフト会社が次々にゲームを出すと、その分だけロイヤリティが発生し、ハード会社が潤います。このロイヤリティ(+自社販売のゲームソフトの売上)が、ゲームハードビジネスを支えているのです。

    この話を踏まえると、PS5の転売がゲーム業界に与える影響が浮かび上がってきます。転売目的で購入した場合、そのPS5はただの在庫です。仮に、転売目的でPS5が10万台売れたとしても、その10万台は全て休眠状態に過ぎません。

    しかし10万台がゲームを遊ぶユーザーの手元に渡っていた場合、遊びたくて買ったため、当然ソフトを購入します。そこから、2本、3本と増えていくのも珍しい話ではありません。つまり10万台のPS5が、20万本、30万本のゲームソフト販売に繋がっていくのです。

    ユーザー数が増えればゲームソフト全体の売上は割合的に増加し、ハード会社に入るロイヤリティも自然と膨らみます。これは、逆もまた真なり。転売の在庫品としてどれだけPS5が売れても、ユーザーの手元に届かない限り、ゲームソフトの売上には一切貢献しません。

    ユーザーが増えなければソフトの売れ行きは伸びず、ソフト会社・ハード会社ともに十分な収益を得られません。最悪、次のゲームが作れなくなったり、ハード事業から撤退する可能性もあるのです。

    PS5の品薄の背景には、半導体の不足などさまざまな理由があり、転売だけが原因の全てではありません。ですが、表面化するほどの規模になっているのも事実。また、「企業が得る利益は同じ」という転売側の言い分は、ゲームソフトの売上が肝心なゲーム業界において全く当てはまらず、明確な悪影響すらあります。
    ※以下リンク先で


    【【ゲーム】「PS5」結局 購買意欲がなくなっちゃうよな…【簡単に手に入らんしさ…】】の続きを読む


    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略称: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用据置型ゲーム機。 PlayStation
    44キロバイト (4,272 語) - 2022年4月29日 (金) 08:31

    (出典 i.ebayimg.com)


    ソフトはどうするんだ??

    1 名無しさん必死だな :2022/05/01(日) 19:13:40.58

    「PS5」転売品に手を出す前に 買えなくてもレンタルして遊べるぞ

    ゲーム機「プレイステーション(PS)5」を借りられるサービスが、複数存在する。インターネット回線の契約が必要なケースや、特段の条件なしにレンタルできる場合もある。

    いまだに品薄や高額転売が続き、定価での入手が難しいPS5。早く遊んでみたいなら、レンタル利用という選択肢も。
    https://www.j-cast.com/trend/2022/05/01436274.html?p=all


    【【ゲーム】悲報!!PS5のレンタルを始めてしまうwww【転売屋から買うならレンタルしようwww】rb】の続きを読む


    『Ghost of Tsushima』(ゴーストオブツシマ)は、Sucker Punch Productionsが開発し、ソニー・インタラクティブエンタテインメントより2020年7月17日に発売された、PlayStation 4用アクションアドベンチャーゲームである。
    148キロバイト (24,193 語) - 2021年6月28日 (月) 21:21



    (出典 www.famitsu.com)


    PS5を 購入するきっかけのゲーム!!mj

    281 名無しさん@恐縮です :2021/07/02(金) 18:31:51.40 ID:Xq0lYs9n0.net

    PC版はよ
    オープンワールドは30FPSじゃ酔うからとてもじゃないが出来ないんじゃ


    【【ゲーム】「ゴースト・オブ・ツシマ ディレクターズカット」このゲーム PS5買う気にさせるよな!!【評価】】の続きを読む

    このページのトップヘ