PIECE


    ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。…
    302キロバイト (37,928 語) - 2022年12月17日 (土) 22:52
    今回の映画で 味しめちゃった??mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/12/18(日) 18:55:38.57ID:NVV8rys19
    12/18(日) 18:13配信
    オリコン

    『ONE PIECE』最終章はすぐ終わらない 作者が言及で今年は頭が混乱の一年 来年は「あいつとあいつが戦うの!?みたいなお話」

     アニメ『ONE PIECE』のステージイベントが18日、千葉・幕張メッセで開催中の『ジャンプフェスタ2023』内で行われ、麦わらの一味を演じている声優陣が登場した。原作者・尾田恵一郎からのコメントが読み上げられ、最終章に突入した今後の原作漫画について言及した。なお、尾田氏からのコメント全文は公式ツイッター(@Eiichiro_Staff)で公開されている。

     カードゲーム、劇場版アニメの大ヒット、原作漫画が最終章に突入した『ONE PIECE』。尾田氏は「今年はワノ国編も終わりまして、本編バタバタだし、映画『RED』も大ヒットだしで、頭ぐちゃぐちゃな一年でした」とうれしい悲鳴。

     連載から25年経過しているが、「もう25年もやってて、こんなに長いお話なのに、最近また若い読者がどんどん入ってきてくれてる実感があり、うれしいです」と新規読者の獲得を実感しているという。

     原作の最終章については「最終章だと最終章だとまぁ、あおっちゃったのは僕なんだけど、言う程あっという間に終わったりはしませんから、肩の力抜いて気軽に読んでもらえたらいいなと思います」と伝えた。

     さらに「来年の原作『ONE PIECE』は、まさかの!! あいつとあいつが戦うの!?みたいなお話になります! タイトルをつけるな『ONE PIECE』ら『大・混・戦』!! 誰も死なないで~!! 来年の『ONE PIECE』も超ご期待ください!!」と呼びかけた。

     1997年7月22日より『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした同作は、伝説の海賊王・ゴール・D・ロジャーが残した“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”をめぐる海洋冒険ロマン。悪魔の実「ゴムゴムの実」を食べゴム人間となり、体がゴムのように伸びる特殊な能力を持った主人公の少年モンキー・D・ルフィが、仲間を集め海賊「麦わらの一味」を結成し、海賊王を目指す壮大なストーリー。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7fbcb7146c3a9f18b9c7aefde470f99c831e2fc0

    (出典 pbs.twimg.com)

    【【漫画】「ONE PIECE」簡単には終わらなくね??【終わるタイミング】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ) > ONE PIECE FILM REDONE PIECE FILM RED』(ワンピース フィルム レッド)は、2022年8月6日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第15作。FILMシリーズの第4作目。…
    102キロバイト (14,797 語) - 2022年11月21日 (月) 09:30
    Adoか特典か??mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/24(木) 20:06:24.35ID:p8Pz+r9D9
    2022.11.24 17:31

    これでもかというほど入場者プレゼントを配布し、着実に興行収入を伸ばし続けてきたアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』。今年8月の公開から3カ月が経った今、ついに興行収入に暗雲が立ち込めてきたようだ。

    11月21日に公開された『国内映画ランキング』(興行通信社調べ)によると、「FILM RED」は先週から1つ順位を落として4位という結果に。

    新海誠監督が手掛けたアニメ映画『すずめの戸締まり』がトップを飾り、2位には『ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー』、3位には『ある男』が初登場でランクインしている。

    「『FILM RED』が順位を落とした理由は、特典の弾切れが関係しているかもしれません。第8弾入場者プレゼントとして、11月12日から配布されていたのは『スペシャルシャンクス104巻掛け替えカバー』。全国50万枚限定で配布されましたが、1週間も経つと配布が終わったからか、客足が徐々に遠のき始めました」(映画ライター)

    「FILM RED」は映画そのものよりも、特典目当ての観客が俄然多いようだ。

    映画『ワンピ』の快進撃もここまでか…

    「第7弾入場者プレゼントは、限定フィギュア『ワンピの実「FILM RED」〝シャンクス〟』でした。それまで11週連続で全国映画動員ランキングのトップを走っていましたが、『ワンピの実』の特典が尽きたであろう時期に首位から陥落。『すずめの戸締まり』が公開された影響も多分にあると思いますが、グッズコレクターや転売ヤーの力を借りて、ここまで興行収入を伸ばしてきたのかもしれません。11月19日から新たに追加販売されている劇場オリジナルグッズが起爆剤になるかは怪しいところ…」(同・ライター)

    同映画の21日時点での興収は184億円で、十分に大ヒットしているが、

    《あれだけ宣伝バカスカ出して、特典作りまくってるのに、まだ200億いかないのって…。現時点で鬼滅以上の特典出してるのに、興収が鬼滅の半分もいかないのって単純にマーケティング間違えた結果だろうな》
    《若者の夏休み時期に公開して、あれだけ宣伝したんだからそりゃあ100億はいって当然よ。でも今150、170、180なんていう微妙な興収の上がり具合見てたら、失速してるの丸わかり》
    《鬼滅あたりから入場特典が何弾も出るのが当たり前になったよね。でも特典欲しさに観客集めて、これだけ興収いきましたっていうのは、イコールその作品の評価ではないと思う…》
    《あれだけ初動がすごかったのに同じ割合で観る人が増えないのは、リピートしたいと思える出来じゃなかったからだよ》
    など、手厳しいコメントも続出している。

    特典切れと新作映画の人気によって、勢いを失っている「FILM RED」。興収200億を突破するためには、あと何回分の特典が必要になるのだろうか…。

    https://myjitsu.jp/archives/394426

    【【アニメ】【映画】「ONE PIECE FILM RED」もう勢いは無くなっちゃった??【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ) > ONE PIECE FILM REDONE PIECE FILM RED』(ワンピース フィルム レッド)は、2022年8月6日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第15作。…
    101キロバイト (14,659 語) - 2022年11月9日 (水) 21:38
    mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/07(月) 15:08:28.24ID:SpoS7VkA9
    11/7(月) 13:24配信
    オリコン

     映画『ONE PIECE FILM RED』が、公開から93日間で興行収入180億3585万350円、観客動員数1301万3120人を記録した。これを記念して原作・尾田栄一郎氏から、180億円突破記念ビジュアルが到着。今回到着したビジュアルには号泣するゴードンの姿が大きく描かれており、そんなゴードンの姿を見つめるウタも描かれている。

     8月6日に公開日を迎え、8月6日、7日の動員数が157万人、興行収入が22.5億円を突破するロケットスタートを切った本作。夏休み終了後もその勢いは落ちることなく記録を更新し続け、公開から20日目となる8月25日の興行で、大台となる興行収入100億円を突破した。

     11月5日からは、FILM RED 出張版 SBS“副音声上映”が実施され、原作者で総合プロデューサーの尾田氏と監督の谷口悟朗がマル秘エピソードを披露。SNS上では、「1回目とは全く別の面白さ」、「副音声ヤバすぎた…、ワンピ世界の根幹に触れることまで言ってるよね?」、「副音声聞いて、FILM REDが自分の中できちんと完成した気がする」などの声が上がるなどファンの心をしっかりつかみ好評を博している。

     さらに、11月12日からは、第8弾入場者プレゼントのスペシャルシャンクス104巻掛け替えカバーの配布が決定しており、SNS上では「これは、欲しすぎる!!そしてなんといういい表紙なんだ」、「サボとエースもいる!尾田先生のサインもあるじゃん!絶対ゲットせねば」などの声が寄せられ、さらなる盛り上がりを見せた。

     そして、海外でも人気爆発中。3日にはオーストラリア、ブラジル、スペイン、サウジアラビアなどの中東諸国など38ヶ国、そして4日にはアメリカ合衆国、カナダ、イギリスを含む8ヶ国で公開。「ONE PIECE」シリーズとしては、最大規模の90以上の国と地域での公開となっている。

     北米では、3日、4日、5日、3日間で興行収入が751万5251ドルを記録。前作、劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の最終興行収入が130万8571ドルと比較すると、既に574%に到達し、すさまじい勢いで記録を打ち立てている。ヨーロッパ、中東各国でも初日No.1スタートや日本アニメーションNo.1記録の達成などさまざまな記録を樹立している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/25f1abf27e1efb76a75fe835d7234589c65d0e19

    【【アニメ】【映画】「ONE PIECE FILM RED」興行収入 凄いらしいな!!【素晴らしい!!】】の続きを読む


    ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ) > ONE PIECE FILM REDONE PIECE FILM RED』(ワンピース フィルム レッド)は、2022年8月6日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第15作。…
    95キロバイト (13,837 語) - 2022年10月20日 (木) 12:41
    話題性も 大事なんよな。mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/10/20(木) 19:05:50.48ID:5uPeVS2n9
    2022.10.20 17:30

    今年8月の公開開始から、今なおトップをひた走っているアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』。9月には興行収入が150億円を突破したが、まだまだ集客への戦略に余念がないようだ。

    同映画は、公開初週末で約22億円という興行収入を記録。そして、わずか20日で100億円を突破した。

    9月21日には150億円を超え、『歴代興収ランキング』(興行通信社調べ)で13位という偉大な記録を樹立。10月に入っても人気は衰えず、公開から11週目となる10月15日から16日分を集計した『国内映画ランキング』(同社調べ)では、今も1位を独走している。

    「Ado×『ONE PIECE』の組み合わせが功を奏した今回の映画ですが、人気の秘訣はそれだけではありません。ファンが何度も劇場へ足を運ぶように、何種類もの特典が用意されているのです。清々しいほどのリピーター狙いですが、今は世間的な評価よりも記録が大事なのかもしれませんね」(映画ライター)


    特典商法で200億円を超えてみせる!(ドンッ)

    過去に例を見ないほど特典が充実している「ONE PIECE FILM RED」。10月前半の時点で第6弾の特典を配布しており、26日からは第7弾特典の配布もはじまる。しかも第7弾は人気キャラであるシャンクスのフィギュアで、全国で合計20万個の限定配布。今となってはファンだけでなく、転売ヤーもターゲットにしているような状況だ。

    ちなみに11月12日からは第8弾特典の配布もはじまるという。特典商法で、意地でも200億円突破を目指す「ONE PIECE FILM RED」は、ネット上で、

    《ワンピ特典バンバン出すやん。絶対に200億を超えてやるという強い意思を感じる》
    《RED入場者特典まだ擦ってるのか! すごいな…。それだけ集客が見込めるって判断してるんだもん》
    《ワンピ、絶対200億積みたいという強い気持ちが伝わってくるな。入場特典10弾までやるでしょ、たぶん》
    《もう入場特典は終わりやと思ってたのに、11月からまだ特典配布するんかwww》
    《鬼滅の入場者特典ですら、第6弾で終わったのに》
    《いや~~やっぱ鬼滅はすごかったんだね》
    《ワンピが200億近くなってきててすごいなぁって思ったけど、鬼滅の刃さらに倍の400億超えたんだからすげぇよなぁ》
    などの反響を呼んでいる。

    2020年に社会現象を巻き起こした『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、同作ほどの特典商法はせず、全世界興行収入が500億円を超えていた。「ONE PIECE FILM RED」も現時点で200億円を見据えているのであれば、入場者プレゼントを第18弾くらいまでやれば「鬼滅」を超えられるのかもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/387222


    (出典 pbs.twimg.com)

    【【アニメ】【映画】「ONE PIECE FILM RED」特典商法疑惑が…って 他作品だって同じじゃね??【この作品に限った事じゃないよ】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。…
    301キロバイト (37,658 語) - 2022年9月28日 (水) 21:30
    これで 又話が盛り上げられる??mj

    1 爆笑ゴリラ ★
    2022年10月4日

    『ONE PIECE』海軍最強は赤犬じゃない!? 謎多き世界政府全軍総帥ゴングという存在

    『ONE PIECE』の世界において、海賊たちと拮抗する戦力を誇る「海軍」の面々。とくに元三大将の赤犬・青雉・黄猿を最強格として評価する声もあるが、実はさらなる実力者が控えているらしい。その人物の名は、「コング」という。


    世界政府のトップに近い人間

    コングが初登場したのは、原作では第594話『メッセージ』、アニメでは第511話『まさかの再上陸!ルフィ海軍本部へ!』でのこと。聖地マリージョアにて、「世界政府全軍総帥」という仰々しい肩書きと共に描かれたのが、コングだった。

    かつて公開された組織図によると、世界政府総帥は最高権力たる「五老星」に次ぐ存在。海軍よりも上の権力をもつことは当然として、“司法の島”エニエスロビーや役人たち、さらにはCP1~9や王下七武海よりも上に位置している。

    実際に初登場シーンでは、当時の海軍本部元帥・センゴクに対して上司として接しており、かなりの大物であることは間違いない。

    マリンフォード頂上戦争の後、海軍では赤犬と青雉の一騎打ちが巻き起こり、結果として赤犬が最上位にあたる「元帥」の座に就いた。彼の力はおそらく四皇レベルに匹敵するものと思われるが、そんな海軍元帥よりも上に位置するのがコングなのだ。


    ルフィとの対称的な関係

    さらにコングの経歴を振り返ると、驚くべき事実が次々と浮上してくる。原作の第0話として発表された「STRONG WORLD」では、大海賊時代が幕を開ける3年前のことが描かれていた。

    そこで当時のコングの役職は、「海軍本部元帥」。すなわちゴール・D・ロジャーや金獅子のシキが暴れまわっていた黄金時代に、海軍のトップに君臨していたということだ。

    いまだ戦闘シーンなどは描かれていないものの、経歴からすれば作中のレジェンドと言っていい人物の1人。その実力について、ファンの間では《絶対強いだろ》《あのガタイだし肩書きもあるし相当強いんだろうな》と想像が膨らんでいるようだ。

    また、コングという名前から、今後の重要人物になることを予想する人も。そもそも「コング」という言葉の由来から考察すると、映画『キングコング』にて巨大なゴリラのような生き物が「コング」と呼ばれるように。その後、任天堂の『ドンキーコング』などに受け継がれ、現在に至る。

    そうなると、「コング」(ゴリラ)がモンキー・D・ルフィの「モンキー」(猿)と、対称的な関係となっていることが分かるだろう。

    はたしてコングは、ルフィとどんなつながりがあるのか。今後の展開で、意外な真実が明らかになるかもしれない…。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/112793

    【【漫画】「ONE PIECE」ゴングって 結局最強なのか??【ゴリラじゃないよ】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ