PIECE


    ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号から連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。…
    318キロバイト (39,807 語) - 2024年3月11日 (月) 09:44
    もう、完結した方がよくね??mj

    1 爆笑ゴリラ ★
    「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の尾田栄一郎氏による大ヒット漫画「ONE PIECE」が21日、3週に渡り休載すると発表した。スタッフによる公式X(旧ツイッター)が伝えた。

     スタッフは「『ONE PIECE』は再来週発売となる週刊少年ジャンプ18号から20号まで、取材・構想のため休載いたします。なお来週発売の17号には通常通り掲載いたします」と説明。「読者の皆様をお待たせしてしまい、申し訳ございません」と謝罪した上で、「再開は4.22(月)発売の21号を予定しております」とした。

     尾田氏はイラストを添え「休みまーす!!」と発表し「最近は鳥山先生の件もありまして、過剰に心配をかけてしまうんじゃないかと思いますが」とした上で、「病気とかではありません」と主張。「しかし体の事です。メンテナンスと思ってください」と呼びかけた。

     続けて「あとはONE PIECEって一体何なのかを考えたりしなきゃいけませんしね!忙しいです僕は。(←マルハラ)」と茶目っ気たっぷりにつづり、アプリ「ジャンプ+」やNetflixなどを一通り宣伝。「では3週後に!『ジャンプ』で!!」と読者へメッセージを送った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/80ad9b073160f8b121eb633f2b0421e0d2ca1e97

    (出典 pbs.twimg.com)

    https://x.com/eiichiro_staff/status/1770646548214612051?s=61&t=3p5pNASEANcL4kVLw4WERg

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1710995989/

    【【漫画】「ONE PIECE」休載宣言で、作品価値落としてる疑惑が勃発?!【病気じゃなきゃ、スランプか??】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE (ワンピース (漫画)からのリダイレクト)
    『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号から連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。…
    317キロバイト (39,849 語) - 2024年2月16日 (金) 13:21
    考察されるほど、人気作では??mj

    1 ネギうどん ★
    現在、最終章に入り熱い展開が続く尾田栄一郎による漫画『ONE PIECE(ワンピース)』(集英社)。物語の面白さはもちろんだが、読者を楽しませている要因の一つが「伏線」である。ネット上ではワンピースの考察者が乱立し、再生回数数百万を超える動画も数多い。

     そんななか、もっか“2人の神考察者”に注目が集まっているという。サブカルライターが言う。

    「考察系YouTuberの中でも異色なのが、『コーキタコヤキ大阪』です。彼は尾田先生の仕掛けや言葉遊びとか規則性を探して、“ワンピースを裏から読む”“ワンピースがどういう構図でできているかを解き明かす”スタイル。世界の神話や世界史なども元に考察しており、扉絵に隠されている風刺的、寓意的な意味を紐解き、そこから立てられる予想を披露しているのも特徴です」

     そんなコーキタコヤキ氏が提唱しているのが「周期表×話数理論」である。現在、物語は科学の島である『エッグヘッド編』に突入しているが、話数と周期表の元素番号の関連が99%仕掛けられているという。

    「コーキタコヤキ氏によれば、1060話なら60番の元素、1080話なら80番の元素の特徴が物語に反映されているといい、実際に1095話=95番の元素はアメリシウムで、アメリカ大陸由来の元素名。なので、アメリカっぽいことが描かれると予想したところ、ユタ州のバレー・オブ・ザ・ゴッズをモチーフにした「ゴッドバレー島」の謎が描かれました。また、科学の周期表は縦で似ているという性質があり、95番と縦の関係にあるのは63番で、1095話には1063話と関連した内容も盛り込まれていました。ほぼ毎話でこの理論が的中しており、尾田先生が元素番号を反映させているのはほぼ確実のように思えます」(前出・サブカルライター)

    そのコーキタコヤキ氏も舌を巻くのが、仮面YouTuberの『ユデロン』である。ユデロン氏のワンピース考察方法は、「語呂合わせ」と「話数の理論」です。

    「たとえば、1106話の場合、『愛のヒーロー』『アイドル』などと読むことができ、内容がそれぞれにピッタリ当てはまると指摘しています。さらに、斬新なのが『類似話数』から内容が予想できるというもの。1106話と116話、106話、6話、そして反転話数6011(611話)には関連性があることを明かしています。1106話に関しては、他の考察者や読者たちが全外しだった展開予想に“ほぼ正解”のところまで迫り、ネット上では『ユデロンがバケモンすぎる』『予想の精度がとんでもなく凄すぎ』『尾田先生本人説があってもおかしくないわ』との声も飛び交っているほどです」(前出・サブカルライター)

     ここまで深掘りできる考察者たちも凄いが、何よりも毎週これだけの仕掛けを盛り込んでいる尾田先生は改めてトンデモナイ大天才と感服するしかない。2人の目からうろこな考察チャンネルを見れば、ワンピースがこれまでの10倍面白くなる!?

    https://www.cyzo.com/2024/02/post_363005_entry.html

    【【漫画】「ONE PIECE」考察しても、結局はただの憶測にすぎない件【それも、楽しいでしょ??】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号から連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。…
    317キロバイト (39,788 語) - 2023年12月17日 (日) 13:59
    何の事情なんだよ??mj

    1 muffin ★
    https://www.oricon.co.jp/news/2307095/full/
    2023-12-17 18:12

    『ジャンプフェスタ2024』(2日目)が17日、千葉・幕張メッセで行われ、『ONE PIECE』のステージイベントでは新たなアニメ企画が発表された。『ONE PIECE』の新しいアニメシリーズ『THE ONE PIECE』(ザ・ワンピース)が制作されることが決定した。
    新たなアニメーションチームによって、原作1話から完全新作映像で再アニメ化し、『THE ONE PIECE』として制作する。

    制作は現在のテレビアニメを手がける東映アニメーションからWIT STUDIOとなり、『ONE PIECE』”東の海”編から再びアニメし、新しいアニメシリーズとしてNetflixで配信(公開時期は未定)。あわせて特報映像が公開された。

    集英社、フジテレビジョン、東映アニメーションが連携して立ち上げた製作委員会は、今回のアニメ企画について「本企画は、『ONE PIECE』のアニメーションを、東の海編から、現代の映像として描き直していくプロジェクトです」とし、「25年を経てなお最大出力で前進するTVアニメシリーズとは別のラインで、今だからこそ可能な表現を突き詰め、ルフィの冒険を懐かしくも新しい感覚でお目にかけたいと考えています」と説明した。

    また「公開はまだまだ先ですし、完遂まではさらに時間がかかる長い長いプロジェクトではありますが、新しい仲間であるWIT STUDIO、Netflixと力をあわせ、世界中のファンはもちろん、先の未来に『ONE PIECE』に触れる世代にもお届けできるよう”ALL ONE PIECE』チームで力を尽くして参ります」と伝えている。

    <超特報>THE ONE PIECE/原作第1話目から再アニメ化する完全新作シリーズ始動


    (出典 Youtube)



    (出典 i.imgur.com)


    ★1:2023/12/17(日) 18:29:47.05
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702805387/

    【【アニメ 】「ONE PIECE」制作会社を変えて 完全新作アニメ化って なぜに??【東映と決別??】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号から連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。…
    317キロバイト (39,707 語) - 2023年12月4日 (月) 17:22
    一応人気作だしな。mj

    1 muffin ★
    https://magmix.jp/post/198049
    2023.12.02

    1997年に「週刊少年ジャンプ」で連載が開始された『ONE PIECE(ワンピース)』は、2023年現在、物語がついに最終章へ突入しました。終わりに向かうにつれて、気になるのはやはり物語の最終回です。長きにわたる冒険を終えたルフィたちは、一体どういった最後を迎えるのでしょうか。

    まず、考えられるのはハッピーエンドで物語が完結するパターンです。麦わらの一味にはそれぞれ夢があります。「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を手に入れ、戦いが終わった世界で充実した時間を過ごす結末をまずは想像できるでしょう。
    中略

    一方で、本作は切ないシーンも数多く描かれているため、バッドエンドを予想する声もあがっています。可能性は低いと思いますが、ここまで長きに渡って続いてきた作品であるだけに、あり得なくもないでしょう。現に「ワンピース」を残したロジャーは不治の病にかかり、最終的に処刑されています。

    そしてロジャーとルフィは、数多くの共通点があることでも有名なことから、ロジャーと同じ道をたどってしまうと予想する人も少なくありません。例えば、ロジャーとルフィは同じ「Dの一族」であること。そしてルフィの麦わら帽子はシャンクスから受け継いでいますが、彼もまたロジャーから帽子を引き継いでいる点などです。さらに数少ない「覇王色の覇気」を使えるなどの理由から、共通点の多いルフィの結末は、悪い方向に進んでしまうのではという予想も立てられます。

    このように読者の間では最終回予想についてしばしば議論が白熱しており、さまざまな角度からの意見が飛び交っています。
    中略

    読者から最終回についてさまざまな議論が白熱するなか、作者の尾田栄一郎先生は2014年に発売された『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこ先生のムック本『おめでとう。』で最終回について語っていました。同書籍の「尾田っちが私んちにやってきた?」のコーナーで尾田先生は「あれだけ頑張って冒険したんだから、キチンとご褒美はあげないと」と語っており、ルフィたちには冒険に見合った「宝」が待っているようです。

    『ONE PIECE』は多くの人から愛され、結末を期待されています。まだ回収されていない伏線もあり、最後の最後まで読めない展開となることでしょう。どんな最終回になるのか、これまでのストーリーを振り返るのもいいかもしれません。

    全文はソースをご覧ください

    【【漫画】「ONE PIECE」最終章に突入らしいのだが 終わる気はしないよな?!【後何年かやりそうな予感】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号から連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。…
    319キロバイト (40,037 語) - 2023年8月28日 (月) 10:42
    酷評されるの多いからなぁ…mj

    1 muffin ★
    https://forbesjapan.com/articles/detail/65687
    9/1(金) 9:30配信

    ネットフリックスが、今回こそは成功したかもしれない。名作漫画・アニメ『ONE PIECE』の実写版ドラマの配信が始まり、レビューが届き始めた。その評価は、過去のアニメ実写化作品とは違い、かなり良い。

    批評サイト「ロッテン・トマト」では、本稿執筆時点で批評家によるレビューが18件掲載されており、平均スコアは78%と上々だ。だが、もっとすごいのは一般視聴者による評価で、すでに1000件以上あるレビューの平均スコアはなんと95%となっている。

    「観る人は原作のファンなのだから、高評価するのは当たり前だ」と思う人もいるかもしれないが、現実はむしろ逆だ。実写版のクオリティが期待する水準に達していなかったら、原作ファンの評価は非常に厳しくなり、スコアはむしろどん底に落ちていたことだろう。このスコアは、今回の実写化が成功したことを示している。

    ネットフリックスによる過去の実写化作品と比較してみよう。アニメ『カウボーイビバップ』の実写ドラマ版は、批評家スコアが46%、視聴者スコアが60%。酷評された『デスノート』の実写映画は、批評家が36%、視聴者が23%だった。特に、不朽の名作とされる作品が原作の場合、実写版がそれに及ばないとファンは猛反発する。

    実写版『ONE PIECE』は、時間の尺からみても、予算からみても大作だ。シーズン1は全8話で、その大半が1時間近くある。他のネットフリックスオリジナル作品より少し長いが、原作アニメが1000話以上続いていることを考えれば、計8時間は手はじめとしては順当なところだろう。

    予算を考えると、第2シーズン以降が製作されるためには極めて良い業績を残す必要があるが、長期シリーズ化したとしても、原作のストーリーが足りなくなることはない。

    ここまでの高評価を得ているのだから、滑り出しが順調なのは間違いない。また、原作は世界的な人気作であるため、今後も期待できるだろう。ネットフリックスの人気コンテンツランキングが更新された際には、1位でデビューを果たすのではないだろうか。

    続きはソースをご覧ください

    『ONE PIECE』最終予告編 - Netflix


    (出典 Youtube)



    (出典 i.imgur.com)

    【【漫画】【実写】「ONE PIECE」ネトフリ版にしてみれば 成功??【作品ファンも 納得??】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ