PIECE


    ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品である。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。2022年8月時点で全世界累計発行部数は5億1656万6000部、国内のみで4億1656万6000部を突破しており、いずれも日本の漫画で最高を記録している
    282キロバイト (36,057 語) - 2022年8月10日 (水) 13:27

    (出典 www.cinemacafe.net)


    フランスは 日本が好きなのか?!mj

    1 ひかり ★ :2022/08/12(金) 19:23:14.21ID:CAP_USER9
     フランスで10日に公開されたアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』の初日動員人数が、歴代日本アニメ映画作品中第1位を達成した。(26万7631人、現地配給会社Pathe 調べ)。

     作品公式ツイッターでは、「8/10にフランスで初日を迎えた #OP_FILMRED ! 初日動員人数はなんと、歴代日本アニメ映画作品中第1位を達成!(267,631人、現地配給会社Pathé 調べ)」とし、「同日上映の全映画の動員数においても断トツの1位を記録!フランスにおける日本アニメ史に新たな1ページを刻みました!」と伝えた。

     なお、6日に公開された日本国内でも公開2日間で観客動員数157万人、興収22.5億円を記録。これまでの映画『ONE PIECE』シリーズの最高興収は、2012年公開『ONE PIECE FILM Z』の興収68.7億円となっており、配給の東映は「驚異の異次元スタート」と説明した。

     この数字は、4月15日に公開された劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』を抑えて、2022年オープニング週末土日2日間動員数・興行収入ともにNo.1の数字で、配給会社である東映の歴代オープニング週末土日2日間動員数・興行収入NO.1のスタート。

     なお、近年のアニメ映画は、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(2020年公開)興収404.3億円、『劇場版 呪術廻戦 0』(2021年)興収137.5億円、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』(2021年)興収102.8億円と興収100億円突破が続いている。

     中でも映画『鬼滅の刃』は公開3日間で興収46億円を突破し、平日、土・日における日本国内で公開された映画の興行収入・動員歴代1位を記録しており、初週の土・日2日間で興収33億円を記録。『呪術廻戦』は公開3日間で興収26億円、土・日2日間で興収16億円となっていた。

     シリーズ15作目、原作者・尾田栄一郎氏が総合プロデューサーを務める『ONE PIECE FILM』シリーズ第4弾となる『ONE PIECE FILM RED』は、世界中が熱狂する歌姫・ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、とある島が物語の舞台。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、そんな彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がるストーリー。

    オリコン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c295e151a3e8b787b3b94dffce5d8263998c4b79

    【【アニメ】【映画】「ONE PIECE」フランスでは 大人気らしいな!!【日本では…??じゃね??】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE (ワンピース (漫画)からのリダイレクト)
    『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
    282キロバイト (36,020 語) - 2022年8月7日 (日) 04:51

    (出典 sm.ign.com)


    映画館で観れば 迫力のあるもんな!!mj

    1 muffin ★
    https://www.crank-in.net/news/112235
    2022/8/9 12:00

    8月6~7日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、原作者の尾田栄一郎が2016年公開の『ONE PIECE FILM GOLD』以来となる総合プロデューサーを務めた長編劇場版第15弾『ONE PIECE FILM RED』が、初週土日動員158万人に迫り、興収は22億5400万円を突破する大ヒットスタートで首位を獲得。この数字は今年度ナンバー1オープニング興収で、前作、劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の初日からの3日間の数字と比較しても178%という高い数字、さらに配給の東映のオープニング動員・興収ともに歴代1位という記録づくめの結果となった。

    2位は『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』が、週末土日動員34万3000人、興収5億3700万円という高水準の数字を出したものの、先週の1位からワンランクダウン。累計では動員181万人、興収27億2400万円を突破した。
    中略

    8月6~7日の全国映画動員ランキングは、以下の通り。
    第1位:『ONE PIECE FILM RED』
    第2位:『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』
    第3位:『ミニオンズ フィーバー』
    第4位:『キングダム2 遥かなる大地へ』
    第5位:『トップガン マーヴェリック』
    第6位:『今夜、世界からこの恋が消えても』
    第7位:『ゴーストブック おばけずかん』
    第8位:『劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE 新・初恋ヒーロー』
    第9位:『モエカレはオレンジ色』
    第10位:『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』


    (出典 www.crank-in.net)


    全文はソースをご覧ください

    【【アニメ】「ONE PIECE」映画版は かなりいい評価らしいな?!【未だに 人気作?!】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
    282キロバイト (35,961 語) - 2022年8月4日 (木) 03:11

    (出典 www.garmin.co.jp)


    アニメも長いよな!!mj

    1 muffin ★ :2022/08/04(木) 14:17:23.98ID:CAP_USER9
    https://natalie.mu/comic/news/488158
    2022年8月4日

    尾田栄一郎「ONE PIECE」の103巻が本日8月4日に発売され、単行本の全世界累計発行部数が5億部を突破したことも発表された。

    「ONE PIECE」の現時点での日本国内の累計発行部数は4億1000万部以上で、60の国と地域で流通している海外での累計発行部数は1億部以上。同作は「最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズ」として、2014年12月末にギネス世界記録にも登録されており、今回ギネス世界記録を日本国内累計発行分の4億1656万6000部に更新した。
    続きはソースをご覧下さい


    (出典 ogre.natalie.mu)

    【【漫画】「ONE PIECE」ぶっちゃけ 日本より外国の方が 人気高くね??【長いよな!!】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ) 『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』を原作とする日本のテレビアニメ。1999年10月20日よりフジテレビ系列で放送されている。 フジテレビ系列のアニメ番組では、『サザエさん』『ちびまる子ちゃん』に次ぐ長
    120キロバイト (13,507 語) - 2022年7月30日 (土) 12:28

    (出典 img.cinematoday.jp)


    放送の為には アニオリも致し方ないと言う事か。mj

    1 Anonymous ★
    アニメ『ONE PIECE』が原作無視!?「ドラゴンボール化」したバトルが大不評
    『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

    「ワノ国編」から、異様に作画スタッフの気合が入っているアニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)。しかし7月24日放送の第1026話『超新星反撃!四皇分解作戦』では、その気合が空回りしてしまったのか、《ドラゴンボールみたい》と批判する声が上がっている。

    ※アニメ『ONE PIECE』最新話の内容に触れています
    今回のエピソードは、原作コミックス100巻の第1009話「奈落」から13ページほどを映像化。本筋としては、四皇のカイドウやビッグ・マムと、ルフィたち「最悪の世代」による戦いが繰り広げられた。

    まずは、四皇2人の合体技「覇海」をゾロが食い止めるシーンからスタート。ルフィによる渾身の攻撃をカイドウがスレスレで避けるなど、ボルテージが上がっていく。

    そして最終的には、カイドウの必殺技「降三世 引奈落(こうさんぜ ラグならく)」がルフィを直撃。その一方で、ローの「ROOM シャンブルズ」とキッドの「磁気ピストルズ 反発」が、ビッグ・マムを追い詰めるのだった。

    もちろんこうした戦闘シーン自体は原作でも描かれているのだが、アニメ版はオリジナルの描写をたっぷり追加。中でもルフィとカイドウの戦いは、原作では3ページほどだったが、アニメにて何倍ものボリュームになっている。

    原作を無視したアニオリ戦闘に違和感
    しかしそのアニオリ要素が、むしろ仇となってしまうことに。後半ではルフィとカイドウが“謎のオーラ”をまとい、そのまま空中へと浮かび上がると、猛スピードで接触を繰り返している。

    原作では謎のオーラなど存在せず、空中戦も限定的な描写しかなかった。ところがアニメでは謎の原理によって、戦闘機さながらに飛び回る空中戦が展開。まるで『ドラゴンボール』の“舞空術”を使ったバトルのように…。

    視聴者もさすがに違和感を覚えたようで、ネット上では《作画すごいけど、やりすぎてドラゴンボールみたいになってるやん》《ルフィ飛んでるやつ、原作との乖離がありすぎるからちょっと残念》《さすがにやりすぎでしょ。舞空術はやめてくれ…》《酷すぎ、ONE PIECE読んだことあんのかな、制作者は? ドラゴンボールやん》などと厳しい意見が続出している。

    ちなみに「ONE PIECE」と「ドラゴンボール」は制作会社が同じ『東映アニメーション』なので、戦闘中に鳴り響くSEも類似。原作に追いつかないよう、アニオリ展開で引き延ばしする点も似ているのだが、さすがに戦闘シーンまで寄せる必要はないだろう。

    この先、原作ファンが期待する「ワノ国編」を描き出すことができるのか。ますます制作スタッフの手腕が問われそうだ。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/108657

    【【アニメ】「ONE PIECE」アニオリが 不評らしいな。【原作追い越したからか??】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
    280キロバイト (35,689 語) - 2022年7月24日 (日) 15:11

    (出典 www.mint.go.jp)


    転売目的で買うやついるんだろうなwww

    1 鳥獣戯画 ★
    スポニチ 2022年7月26日 05:00
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/26/kiji/20220725s00041000751000c.html

    独立行政法人造幣局(大阪市)は25日、人気漫画「ONE PIECE」の連載が「週刊少年ジャンプ」で始まって今年で25年の節目となるのを記念した貨幣セットを販売すると発表した。受け付けは26日から8月15日まで。

    鏡面加工を施したプルーフ貨幣セットは1万5500円(送料込み)で3万個用意。1~500円の現行硬貨に加え青空を背景にルフィを浮き彫りした銀メダルを革ケースに収めた。ルフィが結成した「麦わらの一味」のシンボルマークなどをデザインした丹銅製メダル入りの貨幣セットは2900円(送料込み)で8万個。造幣局オンラインショップか、はがきで申し込める。

    【【漫画】「ONE PIECE」連載25年記念特別貨幣セット発売www 【HUNTER×HUNTERでやってほしかった… 】【転売されそうwww】rb】の続きを読む

    このページのトップヘ