鳥山明氏


    鳥山 (とりやま あきら、1955年〈昭和30年〉4月5日 - 2024年〈令和6年〉3月1日)は、日本の漫画家・デザイナー。 プロダクションはBIRD STUDIO(バード・スタジオ)。愛知県名古屋市出身、清須市(旧・清洲町域)在住。血液型A型。妻は少女漫画家のみかみなち。…
    123キロバイト (17,577 語) - 2024年3月8日 (金) 16:05
    まず、嘘だと思ったわ…mj

    1 愛の戦士 ★ :2024/03/09(土) 00:38:58.34 ID:HLbp0TGw9
    2024-03-08 12:02

     漫画『ドラゴンボール』作者で知られる漫画家・鳥山明さんが1日に、死去した。68歳。『ドラゴンボール』の公式サイトで8日に発表された。

     鳥山さんは1978年に『ワンダーアイランド』でデビュー。その後、『週刊少年ジャンプ』で『Dr.スランプ』、『ドラゴンボール』などの人気作品を世に送り出してきた。特に1984年に連載をスタートさせた『ドラゴンボール』は世界的な人気となり、アニメ化、実写化などされ、今もなお愛され続けている。

     なお、鳥山さんが『週刊少年ジャンプ』で2000年23号~36・37合併号に短期集中掲載していた漫画『SAND LAND』のゲーム・アニメ新プロジェクトが先日、本格的に発表されたばかりで、新作アニメの配信が今月20日より控えていた。

     下記、公式サイトより全文。

    ファン、関係者の皆さまへ
    突然のご報告になりますが、
    漫画家・鳥山明は2024年3月1日、急性硬膜下血腫により永眠しました。68歳でした。

    熱心に取り掛かっていた仕事もたくさんあり、
    まだまだ成し遂げたいこともあったはずで、残念でなりません。
    ただ、故人は漫画家としていくつもの作品を世に残して参りました。
    多くの世界中の方々に支持していただき、45年以上にわたる創作活動を続けることができました。

    これからも鳥山明唯一無二の作品世界が、末長く皆様に愛され続けることを切に願います。
    生前のご厚誼に深く感謝し、ここに謹んでお知らせいたします。

    なお、葬儀は近親者のみにて執り行いました。
    静謐を望む本人の意向により、ご弔問・ご香典・ご供物・ご献花その他はご辞退申し上げます。
    家族への取材等につきましてもお控えいただけますよう、ここにお願い申し上げます。

    今後のお別れの会等については未定ですので、決まり次第お知らせいたします。
    何卒ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。

    2024年3月8日
    株式会社バード・スタジオ
    株式会社カプセルコーポレーション・トーキョー

    https://www.oricon.co.jp/news/2317555/full/

    関連記事
    『週刊少年ジャンプ』編集部、鳥山明さん訃報に「集英社一同大きな悲しみ」 ゆかりある堀井雄二&尾田栄一郎も追悼
    https://www.oricon.co.jp/news/2317556/

    ★1: 2024/03/08(金) 12:05:41.08
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1709892098/

    【【漫画家】【訃報】「ドラゴンボール」や「Dr.スランプ」等の鳥山明氏、死去…突然の訃報に、悲しみが全世界を駆け巡ってる模様【えっ??】】の続きを読む


    ドラゴンボール > ドラゴンボール超 > ドラゴンボール超 スーパーヒーロードラゴンボール超 スーパーヒーロー』(ドラゴンボールスーパー スーパーヒーロー、英語: Dragon Ball Super: SUPER HERO)は、2022年6月11日に公開された日本のアニメーション映画。アニメ『
    34キロバイト (5,173 語) - 2022年6月14日 (火) 12:15
    images (5)



    今でも人気あるんだな!!mj

    1 ひかり ★ :2022/06/14(火) 08:08:46.15
     11日に公開されたアニメ映画「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」(児玉徹郎監督)が、12日までの2日間で50万人を動員し、興行収入6・7億円の好スタートを切った。同映画の宣伝担当が13日、発表した。これを受け、映画の原作・脚本・キャラクターデザインを担当した漫画家の鳥山明氏がイラスト入りのコメントを寄せた。

     1984年から1995年まで集英社「週刊少年ジャンプ」で連載され、単行本の全世界累計2億6000万部の大ヒット漫画。今も絶大な人気を誇る最新作では、新生レッドリボン軍が登場し、最新技術を使した映像クオリティに、鳥山ワールド全開のコミカルなギャグ満載の日常シーンと大迫力のバトルが見どころ。

     鳥山氏は「ひとことで言って、スゴいアニメ映画です!」と切り出した。「これまで宇宙などの大きなスケールを舞台にしてきたので、ちょっと原点に帰ったつもりで今回は、地球のほんの小さなエリアが舞台です。しかも、敵は連載当時もたいしてインパクトの無かったレッドリボン軍。さらに、悟空もベジータも今回主役ではありません。おもしろい話にしたつもりではありますが、ちょっと地味かもしれないと、ずっと心配をしていました」と公開前の心境を明かした上で、児玉徹郎監督はじめ制作陣の働きを絶賛。「ピッコロかっこいい!悟飯かっこいい!ガンマ1号も2号も、みんなかっこいい!いつもは、自分の作品に冷静な僕でさえ、不覚にもそんなことを思ってしまいました。こんなこと初めてです」と、興奮を隠さなかった。

     添えられた自画像イラストはピッコロの衣装をまとったおなじみのロボット姿。「感謝しかありません。僕的には、もう大満足です」などと述べ、鑑賞を呼び掛けた。

    (よろず~ニュース編集部)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c5b07014f189f154e6a429dd3cc18f2995fa5b3

    (出典 img2.animatetimes.com)

    【【アニメ】【映画】「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」鳥山明氏。大いに喜んでる模様【作者として 嬉しそう!!】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ