ゲーム依存症(ゲームいそんしょう、ゲームいぞんしょう)またはゲーム症/ゲーム障害ゲームしょう/ゲームしょうがい、Gaming disorder)とは、普段の生活が破綻するほどの、持続的かつ反復的なゲームへののめり込みを指す。 2011年7月にネット依存治療研究部門(TIAR)を開設した独立行政法人
64キロバイト (8,264 語) - 2020年5月30日 (土) 15:22



(出典 studysapuri.jp)


医療やら支援団体と連携ってなんや??ぷよぷよかよww

1 さかい ★ :2020/06/21(日) 19:41:15.80 ID:kV8yQCbj9.net BE:656475691-2BP(1000)


(出典 img.5ch.net)

2020.6.21 19:09
https://www.sankei.com/smp/life/news/200621/lif2006210032-s1.html

 オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」に対応するため、消費者庁が全国の消費生活センターの窓口機能を強化し、当事者や家族からの相談を医療機関や民間支援団体に確実につなぐ仕組みを、今年度中に整備する方針を固めたことが21日、関係者への取材で分かった。

 ゲーム人口は増加し、最近では新型コロナウイルスによる外出自粛や休校の影響もあり、未成年者を中心にゲーム依存の深刻化が懸念されている。消費生活センターへの相談も増加。高額な課金に関する内容や依存症が疑われるものも多く、国として初めて相談体制の整備に乗り出した。

 消費者庁が設置した有識者の検討会が7月に提言をまとめる。相談を受ける側は、子供の自尊心を傷つけないなど細心の注意が必要なため、今後、消費生活センターの相談員向けに、当事者や家族から相談があった場合の相談マニュアルを配備する。

 マニュアルは消費者庁の拠点「消費者行政新未来創造オフィス」が、専門家や当事者らから意見を聞き取り、ギャンブル依存症のマニュアルを参考に作成される見通し。


【【悲報】【社会】ワイの「ゲーム好き」が障害扱いにされてしまう。。あの国は治療に使ってんだぞ?? 【どゆこと?】】の続きを読む