部下


    宮野 真守(みやの まもる、1983年6月8日 - )は、日本の声優、俳優、歌手。埼玉県出身。劇団ひまわりとKING AMUSEMENT CREATIVEに所属。本名:同じ。 公式ファンクラブは「Laugh & Peace」。代表作に『DEATH NOTE』(夜神月)、『機動戦士ガンダム00』(刹
    244キロバイト (19,599 語) - 2020年8月16日 (日) 13:31



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    どんな役かな!!?

    200 名無しさん@恐縮です :2020/08/17(月) 13:55:54.22 ID:pB+CDjDE0.net

    声優界のプリンスだから止めてなんてこの人のファンはこれっぽっちも思ってないと思うけどな


    【【声優】宮野真守さん半沢直樹に出演決定!!黒崎の部下役にファンザワつくww】の続きを読む


    ガンダムシリーズ 機動戦士ガンダム > 機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍 (あ行-さ行) > シャア・アズナブル 機動戦士Ζガンダム > 機動戦士Ζガンダムの登場人物 > シャア・アズナブル 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア > 機動戦士ガンダム 逆襲のシャアの登場人物 > シャア・アズナブル
    110キロバイト (17,173 語) - 2019年11月2日 (土) 22:44



    (出典 askul.c.yimg.jp)


    シャア 名セリフ集

    (出典 Youtube)


    シャアはカッコいいから仕方ない!

    1 ゴン太のん太猫 ★ :2019/11/03(日) 22:40:43.24 ID:4W7C9rH49.net

    https://news.careerconnection.jp/?p=81391
    シャアの部下の死亡率はなぜ高い? 配属されたらほぼ戦死、主人公の味方側でも助からない

    “赤い彗星”ことシャア・アズナブルは作中では仮面をまとい、赤いモビルスーツを駆るライバルキャラクターとして主役のアムロ・レイやその仲間たちの前に立ちはだかる。その正体についてはオタクならとっくにご存じだろう。

    ドレン、ララァ、ロベルト……次々と戦死していったシャアの部下たち

    しかし一つ言えることは、彼は金髪碧眼のかっこいい男で、パイロットとしての腕は確かだという点だ。
     そして何より、そんなシャアは彼が属するジオン軍の内部でも比較的立場が優遇されているためか、上司から物資や部下のパイロットの補充を受ける機会が幾度もある。

    『機動戦士ガンダム』第1話から、シャアはデニム、ジーンといった部下を使っているし、他にもドレン、クラウンなどの士官とともに兵士を上手くまとめてガンダムと戦っている。
     中盤には地球を舞台にしてマッドアングラー隊という潜水艦をとした精鋭部隊を指揮し、さらには連邦軍の本拠地ジャブローを強襲する際にはアカハナやボラスキニフといった腕利きを従えている。

    終盤になると今度はニュータイプ(簡単に書くとエスパー。その高い感応能力を使って専用の兵器を操ることができる)のララァ・スンという少女をパートナーに迎えることになる。

    彼に付き従った部下は作中全般において相当な数が登場するが、基本的にそういった面々はことごとく戦死という形で退場してしまう。
     最終回も間際となると名前のある部下らしき部下は登場しなくなり、シャアは*だララァの名前を呟きつつ、未完成のモビルスーツ、ジオングに搭乗する始末だ。

     また、続編の『機動戦士Zガンダム』では、長年シャアをサポートしてきたという設定でアポリーとロベルトという2人が部下として登場する。が、この2人も相当な手練れながら激戦のさなかに戦死した。
     さらには劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』でも、子飼いの改造人間ギュネイや、ニュータイプの少女クェスといった面々を従えるが、どちらも戦*る。

     なぜシャアの部下はここまで*で、*で、死に倒すのか。これが現実のならとんだ死神上司だけど、これはあくまでも創作の世界の話。
     しかも基本的には”殺るか殺られるか”のロボットアニメである。

     シャアはどうしても敵勢力の人員として登場しているので、彼の属性も部下も、やられ役でなくては話が締まらない。
     苦戦しつつアムロがガンダムで敵を倒すという構図が必須である以上、シャアの部下はそのための斬られ役でなくてはいけないのだ。


    (出典 imgur.com)


    【【ガンダム】シャアの部下に配属されると死亡率8割越えるってマジ?でも理想の上司で人気って草wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ