運命の炎


    キングダム (漫画) > キングダム 運命の炎 キングダム (映画) > キングダム2 遥かなる大地へ > キングダム 運命の炎キングダム 運命の炎』(キングダム うんめいお)は、2023年7月28日に公開された日本映画。原作は原泰久漫画『キングダム』。主演は山﨑賢人で、2022年に公開された映画『キングダム2…
    7キロバイト (662 語) - 2023年8月6日 (日) 07:48
    映画は 好調みたい??mj

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/08/09(水) 23:52:24.31 ID:aev48DdJ9
    2023-08-09 18:44

     俳優の山崎賢人(28、※崎=たつさき)、大沢たかお(55)が9日、都内で行われた『キングダム 運命の炎』大ヒット御礼舞台あいさつに参加。大沢のサプライズメッセージに山崎は涙をこらえきれずに号泣した。

     イベントの終盤に大沢からサプライズでメッセージが送られることに。大沢は「2018年に彼と初めて会った。最初に会った時は不安だったと思うんです。周りには大御所もいるし、みんな『俺が、俺が』と前に出てくるチーム。すごく大変だったと思う。その中で愚直に彼は信を演じてくれた。とにかく一本気な信を徹底的にやってくれた。そのおかげで『1』がヒットした。僕もうれしくて、みんなうれしかった」と振り返る。

     しかし、大沢は「きっと彼はいろんな情報を見る。ネットとかも見ちゃう。『信が元気すぎないか』、『一本気すぎないか』みたいなことを言う人もいる。評価だから仕方ないけど、ずっとつらかったと思う。みんなは成功して自分だけ、と抱えてやった」と心情を推察する。

     その後、コロナ禍に。「2年ぐらい(続編の撮影に)入れなかった。彼は誰にも言えないで1人で抱えてやっていた。声かけられなかったのは申し訳なくて今も反省している。それでも、不思議とそれをアクションにぶつけようと切り替えた。1年半ぐらいけいこして、あの時の心を閉ざした山崎くんから別人の信がいた。そこから『2』が急に躍動した。おかげさまで『2』もたくさんの方に観ていただいて、今回の『運命の炎』になった。今回は人を守る、人を助けるという別の側面の信がいた。それは山崎くん自身が、いろんなことで経験した傷や痛みを自分なりに耐えて、乗り越えて自分で勝ち取った信、『キングダム』だと思う。スゴくつらかっただろうなと思う。乗り越えてよかったなと思う」と称えた。

     山崎から食事を共にする希望も伝えられたが、あえて冷たく接したそう。「わざと冷たくして距離を取ったのを今は反省もしている。でも、そのおかげで彼は、これほど大きくなった。これほど素晴らしい俳優になった。彼といる時間は『キングダム』では終わりに近づいている。火矢のごとく、これからも、いろんな困難を乗り越えて『キングダム』を引っ張っていってほしい。俳優としても大きくなってほしい」と激励した。

     山崎は大沢の言葉に涙がこらえきれず号泣。大沢は「ハンカチがないんだよね、ごめんね…」と話すと、山崎自ら「ありました」と涙をぬぐっていた。山崎は「ありがとうございます!うれしいです。本当に」とあふれる思いを言葉にしていた。

     最後に大沢は「自分もこんな発言をすると思わなくて…。彼に恥ずかしい思いをさせたかもしれない。申し訳なかった」と謝罪しながら「改めて、今後も『キングダム』を応援してくれるとうれしく思います」とファンにメッセージ。山崎は「みんなで熱量を込めて、みんなで作った作品。皆さんもそれを感じてくれて、『1』、『2』と来て『運命の炎』。どんどん愛してくれていると思う。『キングダム』を観て、パワーもらってほしいです!」と伝えていた。

     原泰久氏の人気漫画を実写映画化する『キングダム』シリーズの最新作。中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信(山崎)と、中華統一を目指す若き王・エイ政(えいせい/吉沢)の活躍を壮大なスケールで描く。第3弾となる今作は、信がエイ政から秦軍の総大将を任命された王騎(大沢)とともに、復讐に燃える趙からの侵略に立ち向かう「馬陽(ばよう)の戦い」が繰り広げられる。

    https://www.oricon.co.jp/news/2290192/full/

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)

    【【漫画】【実写化】「キングダム 運命の炎」山崎健人さん。大沢たかおさんに泣かされた?!【激励なのか??】【感想】】の続きを読む


    キングダム (漫画) > キングダム 運命の炎 キングダム (映画) > キングダム2 遥かなる大地へ > キングダム 運命の炎キングダム 運命の炎』(キングダム うんめいお)は、2023年7月28日に公開予定日本映画。原作は原泰久による漫画『キングダム』。主演は山﨑賢人。2022年に公開された映画『キングダム2…
    7キロバイト (609 語) - 2023年6月9日 (金) 05:35
    この実写版 高評価みたいだな。mj

    1 muffin ★ :2023/06/19(月) 23:05:13.37ID:Bl0+e8o69
    https://www.cinematoday.jp/news/N0137529
    2023年6月19日

    原泰久の漫画を山崎賢人主演で実写映画化するシリーズの第3弾『キングダム 運命の炎』(7月28日公開)で長澤まさみ演じる楊端和のキャラクタービジュアルに「きたー!」「待ってました!」の歓声が沸くと共に、その美貌が注目の的になっている。
    中略

    鋭いまなざしが目を引く第3作のビジュアルが公開されると「美しすぎる」「最高」「ビジュアルのクオリティーすごい」「かっこいい」「やばい」と驚き、興奮の声が続々。久々の楊端和降臨に期待が高まっている。

    本作では、第2作『キングダム2 遥かなる大地へ』で初陣となる「蛇甘平原の戦い」で武功をあげた信が、百人の特殊部隊・飛信隊を率いて趙国との「馬陽(ばよう)の戦い」へ。そして、かつてエイ政を救い中華統一の夢に向かわせた恩人・紫夏(しか/杏)のエピソードも描かれる。

    本作では14日から19日にかけて全15種のキャラクタービジュアルを映画公式サイト・SNSで公開。楊端和のほか信、羌カイ(清野菜名)、飛信隊(岡山天音、三浦貴大、濱津隆之、真壁刀義、田中美央、やべきょうすけ、佳久創、町田大和ら)、エイ政、河了貂(橋本環奈)、昌文君(高嶋政宏)、趙荘(山本耕史)、馮忌(片岡愛之助)、万極(山田裕貴)、昌平君(玉木宏)、呂不韋(佐藤浩市)、紫夏、王騎(大沢たかお)、騰(要潤)が公開された。(編集部・石井百合子)

    全文はソースをご覧ください

    公式
    https://kingdom-the-movie.jp/

    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)

    【【漫画】【映画】「キングダム 運命の炎」実写版キャストって 凄く気になるよな?!【キャスティングいい感じ??】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ