週刊少年ジャンプ


    『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ、WEEKLY JUMP) は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名。 1968年7月11日に『少年ジャンプ
    118キロバイト (13,679 語) - 2020年5月10日 (日) 05:03



    (出典 ddnavi.com)


    コロナの影響がこんな所まで( ゚д゚)

    1 ニーリフト(SB-Android) [MY] :2020/05/11(月) 14:22:39 BE:866556825-2BP ID:fYv8EmOK0●.net

    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200511-00000348-oric-ent

    『週刊少年ジャンプ』(集英社)が11日、新型コロナウイルスの影響を受け、今後、連載漫画の休載が増えることを発表した。

    【写真】『ONE PIECE』尾田栄一郎氏、”コロナ対策”イラスト付きのメッセージを公開

     公式サイトでは「新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、週刊少年ジャンプでは、連載されている漫画家の先生方に、できる限り感染リスクの少ない方法での執筆をお願いしています」と明かした上で「これにより、原稿完成までに多くの時間が必要となるため、止むを得ず、休載とさせていただくケースが増える見込みです」と説明した。

     「今後、休載に関する最新情報につきましては、発売日当日に公式ツイッターおよび公式ホームページにて告知をいたしますので、ご確認をお願いいたします」とし「読者の皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご理解下さい。これからも、皆様に楽しんでいただける雑誌を出していけるよう努力いたします」と呼びかけた。

     なお、6日には同誌で連載中の人気漫画『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏が、作品公式ツイッター(@Eiichiro_Staff)にイラスト付きのメッセージを寄せ、執筆作業における新型コロナウイルスの対応策などを明かしている。

     そこでは「漫画はいつも通り毎日描き続けてますが、ONE PIECEは全作業がアナログなので、人が集まってのお仕事を避けられません」とし「したがってスタッフの人数を最低限にし僕自身も免疫を下げないように生活しなきゃいけません」と現在の制作環境を説明。

     その影響で「すると、もどかしい程、原稿やその他の作業速度が落ちてしまいます」と話し、「ゆえに、休載スパンが短かくなると思いますが、体調を崩して休むわけでなく、体調万全で描き続ける為に調整してるとご理解ください!!」と理解を求めている。

     また、同誌はすでに新型コロナウイルスの影響を受けており、4月8日に編集部に勤務する40代社員が新型コロナウイルス感染の疑いがあることを公式サイトで発表し、4月20日発売予定だった同誌21号(紙・デジタル版)の発売を1週間延期。『週刊少年ジャンプ21・22合併号』と号数を変更したうえで27日に発売していた


    【【漫画】【悲報】週刊少年ジャンプも休載が増えそう・・・【雑誌】】の続きを読む


    キン肉マン』(キンにくマン)は、ゆでたまごによる日本の漫画作品。およびそれを原作としたアニメ作品であり、作中に登場するヒーローの名前でもある。 集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年22号(1979年5月28日号)から1987年21号(1987年5月4日号)まで連載。日本に住む
    132キロバイト (18,568 語) - 2020年3月7日 (土) 15:40



    (出典 res.booklive.jp)


    向上心がすごい。ほんとすごい。

    1 少考さん ★ :2020/04/24(金) 17:20:57 ID:NS3WNg3t9.net

    「キン肉マン」原作者・ゆでたまごが本誌に心情吐露 誕生から40余年「今が全盛期」といわれる理由〈週刊朝日〉
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200423-00000068-sasahi-ent

    4/24(金) 12:30配信

     昭和の少年を熱狂させたキン肉マン。その誕生から40年余り過ぎた現在も、根強い人気を誇る。
    ネットなどでは「今が全盛期」とする評価も見られる。その魅力を探ってみた。

     「週刊少年ジャンプ」で1979年春に連載がスタート。プロレス格闘技をベースにしたマンガで、
    キン肉マンと同じ正義超人や悪魔超人、完璧超人など個性的な超人が次々登場し、
    当時のジャンプの人気作品になった。テレビアニメも人気を博し
    、超人を模した消しゴム、通称「キンケシ」は社会現象になるほどのブームを巻き起こした。

     少年ジャンプの連載は1987年に終了、スグルの息子キン肉万太郎を主人公にした
    「キン肉マンII世」などの作品をはさみ、2011年にウェブコミックとして連載が復活。
    ストーリーはジャンプの最終回続編というかたちでスタート。
    “続編”として新シリーズの最初のコミックスも「38巻」として刊行された。

     最新コミックス70巻も発売され、なお盛り上がる現シリーズのキン肉マン。
    40周年イヤーとなる昨春から、さまざまなイベントや企画があった。

    (略)

     40周年イヤーの最後を飾るこの時期ではある。
    しかし、新型コロナウイルスの感染拡大による執筆作業への影響により、
    4月12日の最新話から、連載の更新を一時休止することが発表された。

     連載休止を前にした時期に、原作者のゆでたまごさんは「キン肉マン」の40周年を振り返り、
    本誌に胸の内を明かした。

    「18歳でデビューして40年も漫画家を続けると思わなかったし、
    いくつもの作品を描いて迎えた40周年ではなく、キン肉マンの作者として40周年を迎えられたのは感慨深いです」

    40年の中で大変だったことは、
     「『週刊少年ジャンプ』で『キン肉マン』を、『フレッシュジャンプ』で『闘将!!拉麺男』を併載していた時は
    休む時間がなく、3日徹夜はざらでした。楽しいながらも体はつらく、結局腰を悪くして休載してしまった時が一番大変でしたね」

    40周年を超えた先の目標として、
    「今のシリーズを、アニメ化や映画化したいですね。そして、生涯漫画家でいたいですね!」

    全文はソースで


    【【漫画】「キン肉マン」原作者・ゆでたまご先生は「今が全盛期」どうして?】の続きを読む


    少年向け - 『週刊少年ジャンプ』、『月刊少年ジャンプ』、『フレッシュジャンプ』、『Vジャンプ』、『ジャンプスクエア』など ファミコンジャンプ - 日本のゲーム作品。上記のうち、『週刊少年ジャンプ』のキャラクターが共演。『ファミコンジャンプ 英雄列伝』、および『ファミコンジャンプII 最強の7人』が発売された。
    4キロバイト (488 語) - 2019年1月7日 (月) 14:21



    (出典 ddnavi.com)


    ワンピースとHUNTER × HUNTERがある!!

    1 名無しさん@おーぷん :20/04/12(日)10:36:34 ID:DB0

    ワンピース
    ヒロアカ
    ドクターストーン
    チェンソー
    呪術
    アクタージュ
    ハイキュー
    ブラクロ
    ネバラン
    しか無い模様


    【【漫画】【ジャンプ】鬼滅終わった後のジャンプ読むやつある?】の続きを読む

    このページのトップヘ