評価が


    機動戦士ガンダム 水星の魔女』(きどうせんしガンダム すいせいまじょ、英題: Mobile Suit Gundam THE WITCH FROM MERCURY)は、サンライズ制作による日本テレビアニメ。「ガンダムシリーズ」に属するロボットアニメであり、『機動戦士ガンダム 鉄血
    158キロバイト (21,314 語) - 2023年1月8日 (日) 09:50
    斬新なガンダムと思えば…mj

    1 アルストロメリア ★ :2023/01/08(日) 18:11:03.43ID:J/URMqwr9
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0108/ori_230108_8753975150.html

     『ガンダム』シリーズの新作アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』(MBS/TBS系 毎週日曜 後5:00)第1クール最終回(第12話)が8日、放送された。

     第12話はスレッタやミオリネがいるプラントが襲われ、多くのキャラクターたちが大ピンチとなり、衝撃展開の連続に「グエルくん…」「ガンダムぽくなってきた」「心痛い」「グエル君のメンタルケアをしてあげて」などの声があがっている。

     2022年10月より放送がスタートした『機動戦士ガンダム 水星の魔女』は、数多の企業が宇宙へ進出し、巨大な経済圏を構築する時代が舞台。モビルスーツ産業最大手「ベネリットグループ」が運営する「アスティカシア高等専門学園」に辺境の地・水星から編入してきた一人の少女・スレッタ・マーキュリーが主人公。無垢なる胸に鮮紅の光を灯し、彼女が一歩ずつ、新たな世界を歩んでいくストーリーとなっている。

    ■第12話あらすじ
    プラント・クエタを襲う、二機のガンダム。
    スレッタと分断されてしまったミオリネは、合流を目指し施設内を駆ける。
    一方、スレッタはミオリネを救うため、前へと歩みを進める。


    【【アニメ】【悲報】「機動戦士ガンダム 水星の魔女」最終回を迎えたが 評価がイマイチだった模様【ストーリーが原因?!】【感想】】の続きを読む


    すずめの戸締まり』(すずめのとじまり、英: Suzume)は、新海誠が監督・脚本を務める、2022年(令和4年)日本アニメーション映画。日本各地廃墟を舞台として、災い原因となる“扉”を閉じていく少女解放と成長を描くロードムービー。 縦横比は前作『天気子』までビスタサイズ16:9だったが、本作はシネスコでの上映となる。…
    39キロバイト (4,277 語) - 2022年11月27日 (日) 11:26
    天災で傷付いた人には 辛いかも…mj

    1 ネギうどん ★ :2022/11/27(日) 15:43:55.08ID:gcLEBZ6b9
     『君の名は。』『天気の子』などで知られる新海誠監督の新作アニメ映画『すずめの戸締まり』が11日より公開され、観賞した人々の感想コメントがSNSなどにあふれている。「泣けた」「今までの新海作品で一番面白い」といった称賛が集まる一方、東日本大震災を大きなテーマとして扱っていることに賛否が起きている。

     今作は、17歳の女子高校生・岩戸鈴芽が災いの元となる扉を閉める「閉じ師」の青年・宗像草太と出会い、日本各地に出現した扉を閉めるために愛媛、神戸、宮城などの廃墟を巡るロードムービー。鈴芽を原菜乃華、草太をSixTONESの松村北斗が演じ、深津絵里、染谷将太、伊藤沙莉、神木隆之介ら豪華キャストが脇を固め、声優陣の演技が早くも高評価されている。

     ネット上では「想像を超える映像美に度肝を抜かれ、繊細な心理表現で後半にありえんくらい号泣してしまった」「ボリュームあるのにスピード感があって飽きさせないので面白い」「ストーリーと登場人物に深みがあって、観るたびに感想が変わりそう」などと絶賛コメントが多く寄せられている。

     だが、その一方で物議を醸しているのも事実だ。今作で多くの新海作品ファンが驚いたのが、現実の東日本大震災を真っ向から取り上げたことだった。主人公の鈴芽は震災で母親を亡くした孤児で、母親の死と向き合うことが大きなテーマとなっているためだ。『君の名は。』では、大規模災害を「彗星の落下」として描くなど間接的なモチーフにしていたが、今作でははっきりと「3・11」のイメージが重要な要素として随所に提示され、緊急地震速報のアラーム音に近い警報音も挿入される。

     上映前の先月22日には、作品の公式Twitterが「『すずめの戸締まり』ご鑑賞予定の皆様へ」と題し、「本作には、地震描写および、緊急地震速報を受信した際の警報音が流れるシーンがございます。警報音は実際のものとは異なりますが、ご鑑賞にあたりましては、予めご了承いただきます様、お願い申し上げます」と異例の注意喚起をしていた。

     しかし、震災描写があると知らなかったり、そこまで直接的な描写だと思わずに観賞した人も多かったもよう。その結果として、SNS上で「作画が綺麗だから悪い方向に震災描写の迫力があって、かなりの人数が途中退席してた」「被災経験のある人はフラッシュバックする可能性あると思う」「作中の東日本大震災の描写がマジできついです。当時テレビのニュースを見て気分が落ち込んだ人はやめておいた方がいい」といった声が飛び交う事態となった。

     映画通で知られるグラビアアイドルでYouTuberのRaMuも、「設定、ストーリーはすごくいい」「感動して泣いた」とした上で、自身のTwitterで「3.11という文字を出してファンタジーに仕上げるのは正直賞賛できなかった。実際私は親戚が福島や山形に多く、完全なる当事者でない私も当時のトラウマが蘇るし、地震への怒りの矛先がこの映画になってしまった。そんな映画。視聴には十分注意が必要です」(現在は削除)と苦言を呈した。

     今作の世界では、巨大地震の元凶はプレートのひずみなどではなく「ミミズ」となっており、現実的な震災描写がありながら地震そのものをファンタジーとして描いたことに思うところがある人も少なくないようだ。映像美や脚本、声優陣の演技の評価はおおむね高いものの、震災描写の是非で賛否が起きている状況といえる。

    https://biz-journal.jp/2022/11/post_326232.html

    【【アニメ】【映画】「すずめの戸締まり」あのシーンのせいで 評価が下がってる??【トラウマ】【感想】】の続きを読む


    『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』・『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。また、2014年9月22日よりアプリケーションとして『少年ジャンプ+』を配信している。…
    145キロバイト (16,229 語) - 2022年11月7日 (月) 22:38
    内容によっては 画と合ってたりするけどな。mj

    1 朝一から閉店までφ ★
    2022-11-07 00:00ORICON NEWS

     7日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)49号の次号予告ページで、14日発売の50号より順次スタートする新連載4作品が発表された。あわせて、それぞれ4作品のイラストが公開された。

     14日発売の50号から、「新連載4連弾」と題して4号連続で4作品の新連載を開始。14日発売の50号より『一ノ瀬家の大罪』(いちのせけのたいざい)がスタートし、作者のタイザン5は、
    漫画アプリ「少年ジャンプ+」で2021年12月~2022年3月にかけて連載されていた『タコピーの原罪』の作者で、突如現れたハッピー星人・タコピーの視点で描かれた現代社会を映す辛辣なストーリーが読者の心を掴み、短期連載にも関わらず大きな話題となった。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://www.oricon.co.jp/news/2255891/full/

    【【漫画】『少年ジャンプ』「タコピーの原罪」の評価が低い件【画力??】】の続きを読む


    東京卍リベンジャーズ』(とうきょうリベンジャーズ、Tokyo Revengers)は、和久井健による日本の漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2017年13号から連載中。略称:「東リベ」「東」。2021年には『東京リベンジャーズ』のタイトルで、テレビアニメ化・実写映画化・舞台化が行われた。2022年に舞台版の第2弾が上演予定。
    222キロバイト (36,651 語) - 2022年7月30日 (土) 15:50

    (出典 www.crank-in.net)


    出演者ファンとは 又違う意見と言った所か。mj

    1 muffin ★
    https://natalie.mu/eiga/news/487644
    2022年7月30日 23:30

    映画「東京リベンジャーズ」の続編が、2023年に製作される。

    これは本日7月30日にフジテレビ系でオンエアされた「東京リベンジャーズ」の放送終わりに発表されたもの。和久井健のマンガを英勉が実写化した「東京リベンジャーズ」では、フリーターのタケミチが殺された元恋人を救うためにタイムリープを繰り返し、危険な組織“東京卍會”を消滅させようとするさまが描かれる。

    タケミチを北村匠海が演じ、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮もキャストに名を連ねた。なお興行収入45億円、観客動員数335万人を記録しており、2021年の劇場用実写映画では1位に輝いている。

    北村は「前作のオールアップの日に、『武道がまだまだ殴られ足りないみたいなので2もよろしくお願いします』と話していたのがやっと現実的になりました」「また“名前を呼んでもらえる”」と喜びをにじませる。和久井は「今回は新キャストも参戦し、原作でも描いていて特に思い出深いシリーズの実写化…読者の皆さんと一緒にこの興奮を共有できてすごく嬉しいです(^^)」、監督の英勉は「この高い山を、武道たちと何度だって諦めず駆け登っていこうと思っています」とつづった。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 ogre.natalie.mu)

    【【漫画】「東京リベンジャーズ」実写版2弾が 決定されたが 原作ファンには 評価が低いみたいだな。【実写化って 難しい!!】【感想】】の続きを読む


    白石 麻衣(しらいし まい、1992年〈平成4年〉8月20日 - )は、日本の女優、タレント、ファッションモデル、YouTuber。女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバー、『LARME』の元レギュラーモデル、『Ray』の元専属モデルである。群馬県出身。乃木坂46合同会社所属。身長162 cm。血液型はA型。愛称は、まいやん。
    120キロバイト (14,376 語) - 2022年3月31日 (木) 07:34

    (出典 img.ananweb.jp)


    最初は 仕方ないと思うんだよ…mj

    1 muffin ★ :2022/04/05(火) 22:15:54.08

    https://www.oricon.co.jp/news/2230498/full/

    声優の高山みなみ、山崎和佳奈、古谷徹、高木渉、俳優の白石麻衣が5日、都内で行われたアニメーション映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』(15日公開)“完成披露宴”舞台あいさつに参加した。

    白石は、爆弾犯に復讐を誓う謎のロシア人部隊を束ねるクールなリーダーのエレニカ・ラブレンチエワ役として、ロシア語にも挑戦している。コナン君にエスコートされ、壇上に上がった白石は「本当に夢を見ているような気分。小さいころから、コナン君を見て過ごしてきた。まさか自分がコナンの声優をやらせていただく日が来るとは」としみじみと口にした。

    本作で白石は声優初挑戦。江戸川コナン役の高山は「全然、そうは思えない。びっくりしました。ステキでした」と驚き、白石は「光栄です」と頬を緩めていた。


    また、新年度ということもあり、新しく始めたいことについてトーク。白石は「今回の作品の中で外国語に挑戦させてもらっているんですけど、いろいろな言語を習得したいと思った。まずは英語から始めて身につけられたら」とにっこり。英語習得後の野望を問われると白石は「1人で海外旅行とか夢」とイメージ。古谷から「ハリウッド進出じゃないんですか?」と水を向けられると、白石は「そんな…。ひっそり旅行に行くぐらいで…」と恐縮していた。


    https://storage.mantan-web.jp/images/2022/04/05/20220405dog00m200037000c/001_size9.jpg
    https://storage.mantan-web.jp/images/2022/04/05/20220405dog00m200041000c/001_size9.jpg


    【【声優】元・乃木坂46の 白石麻衣さん。「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」で 声優初挑戦!!…も 評価が低い模様【元・アイドルだよ?!】】の続きを読む

    このページのトップヘ