訃報


    鈴木陽斗実 - オフィスPAC 鈴木陽斗実 (@hitomi_s0621) - Twitter 鈴木陽斗実 - 日本タレント名鑑 鈴木陽斗実のプロフィール・画像・写真 - WEBザテレビジョン 鈴木 陽斗実|声優名鑑 - 声優グランプリweb 鈴木陽斗実 - KINENOTE 鈴木陽斗実 - オリコン…
    23キロバイト (2,983 語) - 2022年12月24日 (土) 13:50
    26歳って若過ぎだよ…mj

    1 muffin ★ :2022/12/24(土) 17:27:53.18ID:HWGyn4LD9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/12/24/kiji/20221224s00041000390000c.html
    2022年12月24日 17:15

    がんのため闘病中だった声優の鈴木陽斗実(すずき・ひとみ)さんが今月18日、死去した。26歳。千葉県出身。24日、所属事務所が公式サイトで発表した。

    2017年公開の劇場アニメ「きみの声をとどけたい」の琵琶小路乙葉役などを務めた。

    所属事務所は「弊社所属鈴木陽斗実が癌のためかねてより闘病中のところ2022年12月18日享年26歳にて永眠いたしました。葬儀に関しましては、ご遺族の意向により親族のみにて執り行われました。ここに生前中の御厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます」と報告した。

    21年1月、病気療養のため、当面の休業を発表。同年12月、約11カ月の治療を終え、退院したことを報告。復帰を目指していた。

    【【声優】【訃報】「きみの声をとどけたい」の琵琶小路乙葉役等の 鈴木陽斗実さん。癌に負けてしまった…【ご冥福をお祈りします】】の続きを読む


    悠紀(ひじり ゆき、1949年12月21日 - 2022年10月30日)は、日本の男性漫画家。本名は長谷川 清俊(はせがわ きよとし)。『くるくるパッX』など一部の作品ではひじり悠紀 ゆきの表記が使われていた。SF漫画を中心に執筆しており、代表作に『超人ロック』シリーズなど多数。…
    11キロバイト (1,496 語) - 2022年12月16日 (金) 13:16
    超人ロックって 人気作だよな…mj

    1 Anonymous ★ :2022/12/16(金) 17:30:33.96ID:Ct6s6c6r9
    [2022年12月16日16時47分]
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202212160000644_m.html

    SF漫画「超人ロック」シリーズなどで知られる漫画家の聖悠紀(ひじり・ゆき)さんが10月30日、肺炎のため死去した。72歳。12日、少年画報社「ヤングキングアワーズ」編集部の公式SNSなどで公表された。20年にはパーキンソン病で闘病中であることを公表していた。

    葬儀・告別式は近親者で執り行い、後日「お別れの会」を予定している。
    《広告の下にコンテンツが続きます》

    少年画報社は代表取締役・戸田利吉郎氏のコメントを発表。「『超人ロック』を長い間、執筆されていた聖先生が銀河の彼方に旅立たれました。とても…とても残念でなりません」と悔やみ、「『超人ロック』は1967年、先生が17歳の時に同人会・作がグループの肉筆回覧誌への提出作品として生まれました。翌年に大学受験を控えた初秋に100ページ近い作品を完成させたのです」と、誕生の経緯を説明した。

    「超人ロック」は、永遠の命を持つ超能力者の主人公が宇宙を舞台に活躍するストーリー。連載誌などを変えながらも、新たな章に入るなどして50年以上に渡って連載が続けられた。

    聖さんは20年6月、ツイッターで「5月に、精密検査を受け、パーキンソン病であることがわかりました」と公表。「最近、病気が進行し、描きたいと思う線が描けないことが多くなり、発表しなければならないと思いました」などと、公表までの経緯をつづっていた。


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)

    【【漫画家】【訃報】「超人ロック」の作者 聖悠紀氏 肺炎で死去…【高齢の肺炎は 危ない…】】の続きを読む


    漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画などの絵を描く制作者が漫画家と呼ばれ、分類されている。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
    10キロバイト (1,511 語) - 2022年10月23日 (日) 04:30
    大病だったのか…ご冥福をお祈りします…mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/22(火) 13:40:14.07ID:sI0UqEpv9
    11/22(火) 10:18配信
    スポニチアネックス

    漫画家・ウエノ直哉さん自宅で死去 直前に体重20キロ激減…SNSで「吐き気が酷い」「死にます助けて」

     漫画家のウエノ直哉さんが今年9月25日、自宅で死去したと三和出版「コミックマショウ編集部」公式が発表した。

     同編集部は21日、公式サイトで「弊誌にて執筆中のウエノ直哉先生がご逝去されました。編集部一同、謹んでご冥福をお祈りいたします」と訃報を伝えた。今年9月25日、自宅で倒れているところを発見したがすでに亡くなっていたという。「読者の皆様のこれまでのご愛顧に感謝し、謹んでお知らせ申し上げます」と伝えた。

     ウエノ氏は8月、自身のツイッターに「いやぁ夏バテと断酒が相まってこの2カ月半で約20kgも体重落ちたのはいいんだけど脂肪と一緒に筋肉も落ちちゃってメチャクチャ疲れ易い身体になっちまったよ…。ちょっとの買い出しでヘロヘロ。まるで半病人だ」と体重が激減したことを投稿。その後も「夏バテで脂肪と筋肉が落ちたせいで尻周りの造形が完全におじいちゃんのソレになっちゃった…コレはやばいぞ」「体調とメンタルが変な具合に結びついちゃってちょっと気が変になりそう。どうすりゃいいんだろこれ」「しばらく具合が悪い日々を過ごすと今現在の自分が具合がいいか悪いか判別つかない感じになるなぁ。何だかなぁ」「今日はもう寝ます。体ガタガタ 吐き気が酷い」「食事がめんどくさいとか胃腸が優れない人向けに点滴食事セットとかお手軽に売られる未来はないんだろうか。静脈注射必須だから不可能か」と体調不良をつづり、亡くなる直前の9月3日には「死にます助けて。」と訴えていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e0d87f6597761cd1884ea16eee56cb81435710ce

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1669081277/

    【【漫画家】【訃報】アダルト漫画家のウエノ直哉さんが 自宅で死去…原因不明…【体重-20キロって…】】の続きを読む


    梁田 清之(やなだ きよゆき、1965年5月10日 - 2022年)は、日本の男性声優。東京都練馬区出身。フリー。 東京青二塾五期生。1987年にデビュー。かつては九プロダクション、81プロデュース、ディーカラーに所属していた。 初めてオーディションで受かった役は『鎧伝サムライトルーパー』の鬼魔将朱天。…
    61キロバイト (6,381 語) - 2022年11月21日 (月) 14:13
    『スラダン』のゴリもだったな…mj

    1 muffin ★ :2022/11/21(月) 20:41:44.52ID:lYWZUMEg9
    https://animeanime.jp/article/2022/11/21/73657.html
    2022.11.21


    『SLAM DUNK』赤木剛憲役や『BLEACH』握菱テッサイ役などで知られる声優・梁田清之さんが逝去。2022年11月21日、生前に親交のあった声優・真殿光昭さんがTwitterを通じて報告しました。

    梁田さんは、『鎧伝サムライトルーパー』鬼魔将朱天役、『ジャングルの王者ターちゃん』梁師範役、『SLAM DUNK』赤木剛憲役、『BLEACH』握菱テッサイ役など数多くの作品で様々なキャラクターを演じてきた男性声優です。

    11月21日、真殿さんがTwitterで「友人の梁田清之君が逝去されました」と報告。
    続けて、「彼はフリーだったため奥様の御意向により、僕が代わってここに声優業界関係者の皆様並びに彼のファンの皆様にご報告させて頂きます」「線香をあげ、弔わせて頂いた今でも信じられない思いですが 心より梁田君のご冥福をお祈りさせて頂きます」と綴りました。

    この報告を受け、真殿さんのTwitterには、斎賀みつきからの「梁田さん…お会いするといつも笑顔でかまってくれてとても嬉しかったのを覚えています。今はただただご冥福をお祈りするばかりです…。」とのコメントをはじめ、永島由子さん、深見梨加さん、武虎さんといった声優仲間、そして大勢のファンから梁田さんの逝去を惜しむ声が届いています。

    【【声優】【訃報】「ベルセルク」の グルンベルド役等の 梁田清之さんが死去…【まだ若いのに…】】の続きを読む


    漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画などの絵を描く制作者が漫画家と呼ばれ、分類されている。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
    10キロバイト (1,511 語) - 2022年10月23日 (日) 04:30
    う~ん…マニアック過ぎるのか…mj

    1 少考さん ★
    プロレス漫画家・河口仁さん死去 | 東スポ
    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/245320

    2022年11月17日 17:47


    (出典 tokyo-sports.ismcdn.jp)

    ザ・グレート・カブキ(右)と河口仁さん(2019年)

     大のプロレスファンとして知られた漫画家の河口仁(かわぐち・じん)さんが、誤嚥性肺炎のため療養先の群馬県内で12日に死去していたことが分かった。72歳だった。

     1950年に山口・長門市に生まれ、赤塚不二夫さん(故人)のフジオプロでアシスタントとして漫画家デビュー。79年には週刊少年マガジンに〝呪術師〟ことアブドーラ・ザ・ブッチャーをモデルにした、プロレス・ギャグ漫画「愛しのボッチャー」を連載して独立した。

     その後は、週刊ゴングで「河口仁のワンポイント・パフォーマンス」を終刊まで連載するなど、プロレス専門誌を中心に執筆活動を行っていた。

     河口さんはブッチャーをはじめ、ジャイアント馬場さん、アントニオ猪木さん、ドリー・ファンク・ジュニア、天龍源一郎、大仁田厚、鈴木みのる、藤原喜明らが好きで、プロレス会場には温かいまなざしでリングを見守る河口さんの姿があった。

     交流が深かったみのるは、2013年11月に河口さんから送られた文面を自身のツイッターに投稿。(略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【【漫画家】【訃報】「愛しのボッチャー」の 河口仁氏 死去…【どうか安らかに…】】の続きを読む

    このページのトップヘ