訃報


    白土 三平(しらと さんぺい、1932年2月15日 - 2021年10月8日)は、日本の漫画家。東京府出身。男性。本名は岡本 登(おかもと のぼる)。A型。『忍者武芸帳 影丸伝』『サスケ』『カムイ伝』など忍者を扱った劇画作品で人気を博した。 父親はプロレタリア画家の岡本唐貴。妹は絵本作家の岡本颯子
    18キロバイト (2,838 語) - 2021年10月26日 (火) 09:53



    (出典 i.ytimg.com)


    弟さんも近日亡くなられたとか…mj

    376 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/26(火) 22:15:22.09

    カムイ外伝は後半部分が池波正太郎みたいになっていてずっこけた記憶が

    h
    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【【漫画家】【訃報】「カムイ伝」等の 白土三平氏死去…【忍者漫画の大御所】】の続きを読む


    すぎやま こういち(本名:椙山 浩一〈読みは同じ〉、1931年4月11日 - 2021年9月30日)は、日本の作曲家・編曲家・指揮者。日本作編曲家協会(JCAA)常任理事、日本音楽著作権協会(JASRAC)評議員、日本カジノ学会理事、日本バックギャモン協会名誉会長、喫煙文化研究会代表。
    61キロバイト (7,729 語) - 2021年10月7日 (木) 17:43



    (出典 i.ytimg.com)


    大往生だったんだな…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/10/07(木) 15:54:00.89

    日刊スポーツ2021年10月7日15時40分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202110070000526.html

    人気ロールプレーイングゲーム「ドラゴンクエスト」(ドラクエ)シリーズやザ・ピーナッツ「恋のフーガ」、ヴィレッジ・シンガーズ「亜麻色の髪の乙女」などで知られる作曲家のすぎやまこういち(本名・椙山浩一)さんが9月30日、敗血症性ショックのため死去した。90歳だった。

    7日、スクエアエニックスの同ゲーム公式サイトで発表。葬儀、告別式は親族と近親者で執り行われた。同サイトでは「『ドラゴンクエスト』シリーズの500曲以上に及ぶ楽曲のすべてをおひとりで作曲されており、制作中の『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』の作曲が最後のお仕事となりました。これからも共にご制作いただきたく思っていたので、誠に残念でなりませんが、『ドラゴンクエスト』の音楽は永遠に皆様の記憶の中にあり、『ドラゴンクエスト』のゲームの世界でいつまでもに生き続けてまいります。すぎやまこういち氏の生前のご功績に対する心からの敬意と感謝とともに、謹んで哀悼の意を表します」とつづられた。

    フジテレビのディレクターを経て、作曲活動に専念。20年、文化功労者に選出された。ドラクエの楽曲は東京オリンピック(五輪)の入場曲にも使用された。東京・中山競馬場などのG1レースなどで使用されるファンファーレも作曲した。


    【【ゲーム音楽】【訃報】「ドラクエ」等でおなじみの すぎやまこういち氏が 死去…アニメソングも 作曲【アノ曲も】】の続きを読む


    EDENS ZERO』(エデンズ ゼロ)は、真島ヒロによる日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2018年30号から連載中。 真島の過去作に共通する「ボーイ・ミーツ・ガールから始まる冒険譚」だが、魔法が存在する世界を舞台にした『RAVE』や『FAIRY
    69キロバイト (7,657 語) - 2021年10月2日 (土) 16:44



    (出典 pbs.twimg.com)


    アニメも 余り聞いた事がない…mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/03(日) 01:48:07.85

    10/3(日) 1:42配信
    オリコン

    アニメ『EDENS ZERO』のキービジュアル

     テレビアニメ『EDENS ZERO』で監督を務めた鈴木勇士さんが、9月9日に都内の病院で亡くなっていたことが10月3日、わかった。同作の公式サイトにて発表された。

     この日、最終回を迎えた同作。サイトでは「EDENS ZERO」を応援してしてくださっているファンの皆様、関係者の皆様にこのようなご報告を差し上げることは残念でなりません」と切り出し、「アニメ「EDENS ZERO」の監督・鈴木勇士さんが、2021年9月9日、都内の病院で亡くなりました。あまりにも突然の訃報に接し、一緒に作品を作り上げてきたスタッフ・関係者一同、未だ信じがたく、深い悲しみの中にあります」と報告。

     「アニメ「EDENS ZERO」において鈴木監督には多大なご尽力をいただきました。謹んでご冥福をお祈り申し上げると共に、ご遺族の方には心よりお悔やみを申し上げます」と伝えた。

     同作は、2018年6月より『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の真島ヒロ氏による同名漫画が原作で、夢の国・グランベルで機械たちと暮らす少年・シキが、100年ぶりの来国者となる動画配信者の少女・レベッカと青猫のハッピーに出会い、惑星を超えて旅に出るSFファンタジー。テレビアニメが今年4月より放送がスタートした。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cf20631a36ac5c6e7e87de46a2c07d19d3628021


    【【アニメ】【訃報】「EDENS ZERO」鈴木勇士監督が 謎の急死に…憶測だけが 駆け巡ってる件【悲しい死だな…】】の続きを読む


    さいとうたかを(本名:齊藤 隆夫、1936年11月3日 - 2021年9月24日)は、日本の漫画家。和歌山県和歌山市生まれ、大阪府堺市出身。東京都中野区、岩手県花巻市在住。 貸本漫画時代に劇画の分野確立した人物の一人であり、一般漫画の世界に転向後も『ゴルゴ13』はじめとする数々のヒット作品
    30キロバイト (4,541 語) - 2021年9月29日 (水) 17:43



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    巨星 落つ…mj

    379 ニューノーマルの名無しさん :2021/09/30(木) 01:09:38.53

    ある日、日本のとある山奥の古寺に一人の外国人記者が訪れる。忽然と消えたゴルゴ13とその莫大な財産の行方を追っているという。寡黙でオシの如く何一つ喋らない不気味な老和尚。剃髪だがその姿はかのゴルゴにそっくり。身体が不自由なのかどこかぎこちない…。
    全く相手にされないため呆れて帰る記者。その後ろ姿を遠くからじっと見ている寡黙な老和尚。眼光が鋭い…。
     その夜、謎の一団が山寺に侵入。昼間の記者が実はゴルゴに恨みを持つ*屋の一味の手先だったのだ。和尚の立ち居振舞いと顔つきから
    プロと見抜きゴルゴが生きていたと断定し恨みを持つボスと共に乗り込んできたのだ。狙い通り老和尚は反撃に応じ、数々のトラップが仕掛けられていた山寺に一団の殆どがやられしまう。
     ゴルゴ13、やはり生きていたのか!と問うボスに無言の老和尚。が、息も荒く汗も凄い。ボスの銃撃を避け武器を投げつけ辛くも勝利する老和尚だが震えが止まらない。やはり病気なのか?
    翌日の新聞に山寺の焼失と山奥での銃撃戦の報道が載る。その新聞を捨て空港ロビーより立ち去る男。その後ろ姿は老和尚にそっくりであった。

    という一時期出回った噂の最終回のプロット。


    【【漫画家】【訃報】「ゴルゴ13」の作者 さいとう・たかを先生…逝く…【又 昭和の代表が…】】の続きを読む


    アニメーター(英語: animator)は、アニメーションの制作工程において、作画工程の原画(げんが)、動画を担当する人全般を指す。 商業アニメでは、原画・作画監督・動画・動画検査などが該当する。作画力とキャラクターに演技をつける演出者としての能力も必要で、アニメーター
    19キロバイト (2,765 語) - 2021年7月28日 (水) 07:35



    (出典 pbs.twimg.com)


    悲しいよな…残念…mj

    1 鳥獣戯画 ★

    スポニチ
    2021年8月18日 17:00
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/08/18/kiji/20210818s00041000356000c.html

    「北斗の拳」「科学忍者隊ガッチャマン」など数々の人気アニメの作画やキャラクターデザインを手掛けた世界的アニメーターの須田正己(すだ・まさみ)さんが今月1日、死去した。77歳。埼玉県出身。18日、日本アニメーター・演出協会(JAniCA)が公式ツイッターで発表した。葬儀・告別式は親族のみで執り行った。

    「アニメーター・JAniCA発起人の須田正己さんが2021年8月1日に逝去されました。ここに生前のご厚誼に深謝し、謹んでご通知申し上げます。また、コロナ禍のため、告別式は親族のみで既に執り行われました。偉大な先達の訃報に、心から哀悼の念を捧げます」

    アニメ制作会社を経てフリーとなり、1960年代以降、「マッハGoGoGo」(67年)「ハクション大魔王」(69年)「科学忍者隊ガッチャマン」(72年)などの制作に参加。「パタリロ!」(82年)「北斗の拳」(84年)「魁!!男塾」(88年)の作画監督、「妖怪ウォッチ」(2014年)のキャラクターデザインを担当した。


    【【アニメ】【訃報】「北斗の拳」「妖怪ウォッチ」等を手掛けた 須田正己氏 死去…【有名な作品沢山なんだな…】】の続きを読む

    このページのトップヘ