メイドインアビス』(MADE IN ABYSS)は、つくしあきひとによる日本のファンタジー漫画。既竹書房のウェブコミック配信サイトである『WEBコミックガンマ』にて年間2回程度の不定期連載である。掲載ページでは単行本に収録されていない最新話とアンコール掲載(2018年7月現在、1話から4話まで常時
81キロバイト (12,469 語) - 2021年11月25日 (木) 07:40



(出典 pbs.twimg.com)


独特過ぎやせんか??mj

1 鳥獣戯画 ★ :2021/11/26(金) 21:31:58.42

マグミクス2021.11.22
https://magmix.jp/post/68691

異色の人気コミック『メイドインアビス』が、PS4・Switch・PC 向けにゲーム化されます。それに伴って新たなゲーム画面が一挙公開されました。深淵なるアビスの世界が3Dで完全再現されています。

新米探窟家として、アビスの深層に挑む!

 2022年発売予定のPlayStation 4・Nintendo Switch・PC(Steam)向け 3Dアクション RPG『メイドインアビス 闇を目指した連星』(スパイク・チュンソフト)のゲーム画面が一挙公開されました。

『メイドインアビス 闇を目指した連星』は、プレイヤー自身がアビスの世界に降り立ち、成長を重ねながらアビスの深層を目指す3DアクションRPGです。

 アニメを追体験するストーリーのほか、原作者・つくしあきひと氏が監修するオリジナルストーリーも用意されており、原作テイストのダークファンタジーを存分に楽しめます。原作キャラクターも数多く登場し、イベントシーンはアニメキャストによるフルボイス付きです。

 また、2022年にはテレビアニメ『メイドインアビス 烈日の黄金郷』の放送も予定されています。

(マグミクス編集部)


【【漫画】【ゲーム化】「メイドインアビス」独特な世界観を どう表現するのだろう【感想】】の続きを読む