衝撃的だった


    漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。 漫画
    41キロバイト (5,967 語) - 2022年6月10日 (金) 14:35

    (出典 4.bp.blogspot.com)


    新旧織り交ぜてるな。mj

    1 muffin ★ :2022/06/12(日) 17:02:42.80
    https://magmix.jp/post/95019
    2022.06.12

    初めて読んだときの感動をもう一度味わいたい、と感じるマンガはありませんか? もちろん、何度も読み返して味が出る作品も多いです。しかし、初めて読んだときの興奮は何物にも勝ります。記憶を消してもう一度読みたい、と感じる名作マンガを3作品ご紹介します。

    ●『進撃の巨人』
    2021年に完結を果たし、話題になりました。完結を見届けた多くの読者が強い衝撃を受けました。多くの伏線が張られていた『進撃の巨人』は、その伏線がどのように回収されるのか、ドキドキしながらページをめくることが魅力のひとつでした。

    ●『DEATH NOTE』
    デスノートを操る天才・キラこと夜神月と、もうひとりの天才・Lによるめまぐるしい頭脳戦が面白い『DEATH NOTE』の立場がひっくり返る瞬間にゾクゾクさせられます。絶体絶命かと思われたそのときの夜神月の「計画通り!」という1コマはかなり有名ですが、初めて読んだときは、ここまでを計算していたのか、と鳥肌が立つほどです。残念ながら一度読んでしまうと、初見のときほど衝撃を受けることはありません。だからこそ、記憶を消して読み返したい作品です。

    ●『暗殺教室』
     問題を解決するためにE組の生徒たちが行った想像以上の作戦が秀逸で、中学生の発想の柔軟さとそれを実現してしまう実力に衝撃を受けます。特に渚くんの戦闘シーンは度肝を抜かれることが多く、記憶をまっさらにしてもう一度あの返し方を読みたいと思わされます。

    『ONE PIECE』や『NARUTO』などの名作も記憶を消して、じっくりと読み返してみたい作品です。もちろん、何度読み返しても面白いですが、やはり初めて読んだときの感動や衝撃は忘れられません。ほかにも『銀魂』の竜宮篇を初めて見たときの感覚で笑いたいという意見や、『鬼滅の刃』を周りの評価に惑わされず、自分自身の本当の評価を確かめたいという人もいるようです。


    (出典 magmix.jp)


    (出典 magmix.jp)


    (出典 magmix.jp)

    【【漫画】衝撃的だった漫画って何や??【感想】】の続きを読む


    週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。また、2014年9月22日よりアプリケーションとして『少年ジャンプ+』を配信している。
    140キロバイト (15,797 語) - 2022年5月17日 (火) 01:08

    (出典 %E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%A2.com)


    CMにも出てたね。mj

    1 Anonymous ★

    https://ranking.goo.ne.jp/column/7975/?page=all

    1968年に創刊し、翌1969年から週刊ペースでの刊行が始まった『週刊少年ジャンプ』。冒険漫画や恋愛漫画はもちろんですが、ギャグ漫画の名作も数多く本誌から誕生しています。そこで今回は、ジャンプ史上最高に面白いと思うギャグ漫画はどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

    3位 Dr.スランプ
    2位 斉木楠雄のΨ難
    1位 ???
    ⇒全てのランキング結果を見たい方はこちら!

    3位は『Dr.スランプ』!

    自称・天才科学者の則巻千兵衛と、彼が生み出した怪力を持つ少女型ロボット・アラレが、ペンギン村を舞台に暴れまくる痛烈ギャグコメディー。1981年~1986年には『Dr.スランプ アラレちゃん』のタイトルでアニメ化され、一大ブームを巻き起こした。

    作者:鳥山明

    2位は『斉木楠雄のΨ難』!

    テレパシー・予知・透視・千里眼といったさまざまな超能力操ることができる主人公・斉木楠雄。ただ、この力のせいで不幸な人生を送ってきたと感じている彼は、人前では超能力を封印。目立たず人と関わらずに生きていこうとするが、超能力を使わざるを得ない事態が次々とやってくる。

    作者:麻生周一

    1位は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』!

    何よりもお金をもうけることが好きで、型破りな葛飾区亀有公園前派出所勤めの巡査長・両津勘吉が繰り広げるドタバタ人情ギャグ漫画。1976年~2016年まで約40年にわたって連載され、2021年10月には5年ぶりの新刊となる201巻が発売された。

    作者:秋本治

    このように、惜しまれながら2016年に連載が終了した“こち亀”こと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が堂々の1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~51位のランキング結果もぜひご覧ください。

    あなたが最高に面白かったと思うジャンプのギャグ漫画は、何位にランク・インしていましたか?



    https://ranking.goo.ne.jp/column/7975/ranking/53916/
    1位 こちら葛飾区亀有公園前派出所

    2位 斉木楠雄のΨ難

    3位 Dr.スランプ

    4位 ボボボーボ・ボーボボ

    5位 銀魂

    6位 ハイスクール!奇面組

    7位 Mr.FULLSWING

    8位 暗殺教室

    9位 セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん

    10位 めだかボックス


    【【漫画】「週刊少年ジャンプ」面白かった作品って うすた京介氏の作品じゃね??【衝撃的だった】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ