クソゲー、糞ゲーとは、「クソゲーム」の短縮形。ゲーム評論を行なうユーザーやメディアが、低品質でつまらないコンピュータゲームや初めから詰んでいるようなゲームを酷評する際に用いる言葉、またはその評価が与えられた個々のゲーム作品に対して用いる。 「クソゲー」という名称の起源については諸説あるが、一般的に…
21キロバイト (2,924 語) - 2023年4月12日 (水) 02:05
捏造疑惑あり??mj

1 フォーエバー ★ :2023/04/27(木) 08:01:33.04ID:VgVIVrCg9
2023/04/27 04:45Sirabee9

かつては嘲笑と侮蔑の対象であった「クソゲー」を取り巻く環境は、ここ数年で大きく変わったと見ていいだろう。SNSの発達や、ユーモアあふれるゲーム実況者らの存在に後押しされ、令和の現代では「プレイしてみたいクソゲー」としての地位を確立したものも少なくない。

今回は、そんなクソゲーとして再評価を集めるゲーム『アンシャントロマン 〜Power of Dark Side〜』の意外すぎる知名度について探っていこう。

【関連記事】世界最大の格ゲー大会、実況の「4文字」絶叫に耳を疑う… 日本勢からは称賛の声


画像をもっと見る
■『アンシャントロマン』とは?
一言に「ロック」といっても様々な音楽性が存在するように「クソゲー」ひとつひとつが持っている特徴は異なるもの。

あまりに大味すぎるゲームバランスのものもあれば、特定の条件下でフリーズしてしまうなどプレイするうえで致命的な欠陥を備えたもの、虚無の極みといえる作業を「賽の河原の石積み」のように延々と繰り返させるものなど、クソゲーの世界もまさに「十人十色」というワケだ。

アンシャントロマン

今回取り上げる『アンシャントロマン』は1998年にリリースされたプレイステーション(以下、PS)ソフト。

前年リリースの超名作ソフト『ファイナルファンタジー7』(以下、FF7)からの影響を強く感じさせるが、『FF7』はおろかPS初期のソフトにすら及ばないレベルのグラフィック、爽快感がなく大味すぎる戦闘、あまりにぶっ飛んだストーリー展開、非常に分かりづらいマップの切り替え、感情が欠片も感じられない棒読みなキャラクターボイス、その他様々な要素から問答無用で「クソゲー」の烙印を押されている。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw12485052?news_ref=50_50

https://news-img.cdn.nimg.jp/s/articles/body_images/12485052/43c8d3d1af1736a4c130030efc8d0fc52cea857a0182ac6d31ee1de4fe0ec8256c0f5f980c401f234e81f4e21252c90ad5d3d5d7db2c4fa85567e6f2375bf13c/b650x400l.webp?key=6338801a79e5545b5f1f3c977339fe16d154e94a337d6c94b7d88d146ab92980

【【ゲーム】クソゲー挙げてみたけど タイトル知らない人多すぎて 草生えるんだが。【本当に聞いたのか??】】の続きを読む