良質アニメ


    黒の召喚士』(くろしょうかんし)は、迷井豆腐ライトノベル。2014年10月6日より小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されていた作品で、2016年6月25日からオーバーラップ文庫(オーバーラップ)より文庫版が刊行されている。シリーズ累計発行部数は2022年2月時点で140万部以上を記録している。
    20キロバイト (1,981 語) - 2022年7月16日 (土) 13:13

    (出典 www.moview.jp)


    異世界モノって だいたい飽きた感じなのにね。mj

    289 風の谷の名無しさん@実況は実況板で :2022/07/16(土) 22:27:36.45ID:EmvFoV38
    結構これ好き

    【【アニメ】「黒の召喚士」なかなかの好印象だった模様!!【良質アニメ?!】【感想】】の続きを読む


    はたらく細胞』(はたらくさいぼう、英題:Cells at Work!)は、清水茜による日本の漫画。『月刊少年シリウス』(講談社)にて、2015年3月号から2021年3月号まで連載された。 清水のデビュー作。2014年に行われた第27回少年シリウス新人賞の大賞を受賞した読切作品『細胞
    185キロバイト (25,568 語) - 2021年5月16日 (日) 09:55



    (出典 www.ehonnavi.net)


    勉強になる!!mj

    1 ひかり ★

     人間の細胞を擬人化したキャラクターが登場する清水茜さんのマンガ「はたらく細胞」の新型コロナウイルスを取り扱ったエピソード「新型コロナウイルス編」と、描き下ろしの「感染予防編」が、世界で無料配信されることが4月28日、分かった。厚生労働省との共同企画で、英語やヒンディー語に翻訳した音声、効果音入りのムービングコミックとして配信される。日本語版は、講談社の公式YouTubeチャンネル「フル☆アニメTV」で28日から配信されている。

     「新型コロナウイルス編」と「感染予防編」は厚生労働省の協力の元、講談社が制作。国際協力機構(JICA)の支援を受け、英語やヒンディー語に翻訳された。国立国際医療研究センターの忽那賢志さんが医療監修した。
     「新型コロナウイルス編」は、「はたらく細胞」のコミックス最終6巻に収録されたエピソード。新型コロナウイルスに感染した際の体内の状況や、ウイルスと白血球、赤血球たちの攻防が描かれている。「感染予防編」は、清水さんが監修し、かいれめくさんが作画を担当。細胞たちの視点から感染予防の大切さを伝える。
     作者の清水さんは「このコロナ禍において、免疫細胞、ウイルス、感染の仕組みなどについての知識をマンガによって分かりやすく伝えられれば、微力ながらも正しい知識の浸透に役立てればいいなと思います」とコメントを寄せている。
     「はたらく細胞」は、「月刊少年シリウス」(講談社)で2015~21年に連載。白血球、赤血球、血小板など人間の細胞を擬人化したキャラクターと細菌との戦いや日常が描かれた。テレビアニメ第1期が2018年7~9月に放送され、第2期「はたらく細胞!!」が1~2月に放送された。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/67e61ae162a056c68c30a0fd1ba2086dae633672


    【【アニメ】「はたらく細胞」割と 内容が解りやすい 良質アニメ!!【とりあえず面白い】【感想】】の続きを読む


    “太鼓のおじさん”の名物バル、コロナ禍で営業継続が困難に
    “太鼓のおじさん”の名物バル、コロナ禍で営業継続が困難に
    …全試合を追いかけていることで有名な“太鼓のおじさん”、マノロ・カセレス・アルテセロ氏(71歳)が、都市封鎖の影響によって収入源であるバルを閉めざるを得…
    (出典:サッカー(footballista))


    アルテ』(イタリア語: Arte)は大久保圭による日本の漫画。大久保の初連載作品であり、コアミックス(旧ノース・スターズ・ピクチャーズ)発行の『月刊コミックゼノン』にて2013年10月25日発売の12月号より連載開始。 『月刊コミックゼノン』編集部の久永兼士の言によれば、大久保にはルネサンス期の
    23キロバイト (2,551 語) - 2020年5月16日 (土) 13:10



    (出典 arte-anime.com)


    今 こんなアニメって なかなか無いよね…

    【【アニメ】「アルテ」昔懐かしの 世界名作劇場のにおいがする件【良質アニメ】【ネタバレ】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ