胸糞


    いじめを生んだ元凶である白鳥へ復讐を宣言し、同じ白鳥被害者ともいうべき柊カレンも守るため決意を新たに白鳥についてその思惑を探ることになる。 動物好き。特に学園で飼っていた兎ピョン吉を可愛がっており、ピョン吉が殺された事が不道らへ復讐の動機一つにもなっている。また手芸が趣味で手作り
    31キロバイト (5,523 語) - 2021年9月19日 (日) 12:54



    (出典 b-1gp-akashi.jp)


    とりあえず いじめはやめておけ…mj

    286 名無しんぼ@お腹いっぱい :2021/09/20(月) 10:54:09.89

    作者の性格が良くないのか作中登場人物クズばかりの弊害だな。
    クズ描いときゃいいと思っているのか主人公含めてクズばかり。
    だからせっかくのくるみ改心シーンも活きてこない。
    クズまみれの中で1人唐突に改心しても違和感しかないから。
    せめて柊と不良がくるみの人生を左右するほどの影響力あるお付き合いをしてくれたイベントがあれば良かったんだけどね。

    くるみなんかの為にどうして…
    当たり前だろ?お前を助けるのに理由がいるかよ。
    うわ~ん。号泣。からの、
    今度はくるみが守ってみせる!
    みたいな。



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【漫画】「復讐の教科書」クズだらけの 胸糞展開が 気になる。【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    は、調べた際にそれぞれ「声と手と耳」が組み合わさってできているという説があることを知ったためであることと、「気持ちを伝える方法は声だけじゃない」という意味を込めて「」にしたという。 タイトルは何れも『聲の形』で副題等はないが、詳細部分が異なっておりこれらを区別するため最初
    67キロバイト (11,733 語) - 2021年1月19日 (火) 21:33



    (出典 karin-zakki.com)


    一悶着ありそうな…?!mj

    1 ひかり ★ :2021/04/22(木) 16:30:48.89

     「第40回日本アカデミー賞」優秀アニメーション作品賞を受賞した映画『聲の形』(2016年)が、29日午後3時35分からNHK総合で放送されることが22日、わかった。

     本作は、主人公の少年・石田将也(入野自由)が、転入してきた聴覚障がい者である少女・西宮硝子(早見沙織)に好奇心を持つことから始まる物語。あるきっかけから自分自身がクラスから孤立してしまった将也は、5年の時を経て、硝子との再会をきっかけに過去の過ちへの償いを試み、硝子をはじめ当時のクラスメートとも向き合い、理解し認め合っていく。

     監督はテレビアニメ『けいおん!』で初監督を務め、『たまこラブストーリー』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞した京都アニメーション所属の山田尚子氏が務め、制作も京都アニメーションが担当した。

     また、4月から放送が開始されたアニメ『不滅のあなたへ』の第1話から3話が、5月3日午前0時35分から再放送される。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1dcf4a9374ba992c78c7b302a4363fcbd14fee1a


    【【アニメ】「聲の形」障碍を扱うのは 難しいよな…【胸糞】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    100万の命の上に俺は立っている』(ひゃくまんいのちうえおれっている、山川直輝原作、奈央晃徳作画による日本漫画。『別冊少年マガジン』(講談社)て2016年7月号より連載中。2020年9月時点で累計発行部数150部を突破している。 週刊少年マガジン編集部
    47キロバイト (7,044 語) - 2020年10月30日 (金) 13:13



    (出典 www.bs11.jp)


    【【アニメ】「100万の命の上に俺は立っている」タイトルと中身が正反対で 批判続出!!【胸糞!!】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    フルーツバスケット』は、高屋奈月による日本の漫画。『花とゆめ』(白泉社)において、1998年16号から2006年24号まで連載された(ただし、2000年18号から2001年19号まで作者の体調不良により休載)。全23巻。略称は「フルバ」・「フルバス」など。作者の高屋奈月は、「フルバ」と呼称している。
    67キロバイト (7,019 語) - 2020年8月3日 (月) 19:12


    【【アニメ】「フルーツバスケット -2nd season-」当主が したい放題で ちょっと胸糞!!【当主だから当然なのかよ…】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ