肺炎で


    悠紀(ひじり ゆき、1949年12月21日 - 2022年10月30日)は、日本の男性漫画家。本名は長谷川 清俊(はせがわ きよとし)。『くるくるパッX』など一部の作品ではひじり悠紀 ゆきの表記が使われていた。SF漫画を中心に執筆しており、代表作に『超人ロック』シリーズなど多数。…
    11キロバイト (1,496 語) - 2022年12月16日 (金) 13:16
    超人ロックって 人気作だよな…mj

    1 Anonymous ★ :2022/12/16(金) 17:30:33.96ID:Ct6s6c6r9
    [2022年12月16日16時47分]
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202212160000644_m.html

    SF漫画「超人ロック」シリーズなどで知られる漫画家の聖悠紀(ひじり・ゆき)さんが10月30日、肺炎のため死去した。72歳。12日、少年画報社「ヤングキングアワーズ」編集部の公式SNSなどで公表された。20年にはパーキンソン病で闘病中であることを公表していた。

    葬儀・告別式は近親者で執り行い、後日「お別れの会」を予定している。
    《広告の下にコンテンツが続きます》

    少年画報社は代表取締役・戸田利吉郎氏のコメントを発表。「『超人ロック』を長い間、執筆されていた聖先生が銀河の彼方に旅立たれました。とても…とても残念でなりません」と悔やみ、「『超人ロック』は1967年、先生が17歳の時に同人会・作がグループの肉筆回覧誌への提出作品として生まれました。翌年に大学受験を控えた初秋に100ページ近い作品を完成させたのです」と、誕生の経緯を説明した。

    「超人ロック」は、永遠の命を持つ超能力者の主人公が宇宙を舞台に活躍するストーリー。連載誌などを変えながらも、新たな章に入るなどして50年以上に渡って連載が続けられた。

    聖さんは20年6月、ツイッターで「5月に、精密検査を受け、パーキンソン病であることがわかりました」と公表。「最近、病気が進行し、描きたいと思う線が描けないことが多くなり、発表しなければならないと思いました」などと、公表までの経緯をつづっていた。


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)

    【【漫画家】【訃報】「超人ロック」の作者 聖悠紀氏 肺炎で死去…【高齢の肺炎は 危ない…】】の続きを読む


    東京俳優生活協同組合によるプロフィール 小林清志のプロフィール・画像・写真 - WEBザテレビジョン 小林 清志|声優名鑑 - 声優グランプリweb 小林清志 - KINENOTE 小林清志 - オリコン 小林清志 - Movie Walker 小林清志 - 映画.com 小林清志 - allcinema 小林清志 - 日本映画データベース
    136キロバイト (13,740 語) - 2022年8月8日 (月) 23:44

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    シブい声だったよな…mj

    1 鳥獣戯画 ★
    マンタンweb2022年08月08日
    https://mantan-web.jp/article/20220808dog00m200025000c.html

    人気アニメ「ルパン三世」の次元大介役などを務めた声優の小林清志さんが7月30日、肺炎のため死去した。89歳。葬儀は遺族の意思により既に執り行われた。

    1933年に東京都で生まれる。国民文化研究所・劇団泉座、日大芸術学部演劇科を経て、1960年、所属事務所でもある東京俳優生活協同組合(俳協)の創立に参加した。ジェームズ・コバーン、リー・マーヴィン、トミー・リー・ジョーンズさんらの吹き替えのほか、「妖怪人間ベム」のベム役、「機動戦士ガンダム0083」のエギーユ・デラーズ役などアニメの声優としても活躍。「SASUKE」「ガキの使いやあらへんで!!」など人気番組のナレーションも務めた。

    特に思い入れが深かったとされる「ルパン三世」の次元大介役は、50年以上にわたって担当。2021年10月から放送された「ルパン三世 PART6」の初回「EPISODE 0 -時代-」をもって次元役を“勇退”し、大塚明夫さんが2話以降後任を務めている。

    【【声優】【訃報】「ルパン三世」の 初代・次元大介役等だった小林清志さん 肺炎で死去【長い間 本当にありがとうございました】】の続きを読む


    森山 周一郎(もりやま しゅういちろう、1934年7月26日 - 2021年2月8日)は、日本の俳優、声優、ナレーター。本名、大塚 博夫(おおつか ひろお)。愛知県出身。 愛知県立犬山高等学校卒業(高校時代は野球部に所属)、日本大学藝術学部映画学科中退。劇団東芸 を経て、(株)オフィス森山
    60キロバイト (7,241 語) - 2021年2月10日 (水) 14:56



    (出典 hochi.news)


    洋画の吹き替え されていたっけ…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/02/09(火) 19:28:48.21 ID:CAP_USER.net

    映画『紅の豚』のポルコ・ロッソの声などで知られる、俳優で声優の森山周一郎さんが8日午後9時10分、肺炎のため埼玉県内の病院で亡くなったことが9日、所属事務所への取材で分かった。86歳。葬儀は家族葬にて執り行う。

    森山さんは1934年7月26日生まれ、名古屋市出身。俳優としてNHKの連続テレビ小説『エール』や大河ドラマ『徳川慶喜』などに出演。またジブリ映画『紅の豚』主人公のポルコ・ロッソ役や、『刑事コジャック』の吹き替え、テレビ朝日系ドラマ『TRICK』のナレーションを務めるなど、幅広く活躍した。

    所属事務所は「芸能生活63年の間、皆々様には永い間大変お世話になりました。この場を借りて心より御礼申し上げると共に、ここに謹んでお報せいたします」とコメントしている。


    【【声優】「紅の豚」の ボルコ・ロッソ役等の 森山周一郎さん。肺炎で死去 86歳…【どうか安らかに…】】の続きを読む

    このページのトップヘ