続編が


    ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダの伝説 ブレス オブ ワイルドゼルダの伝説 ブレス オブ ワイルド』(ゼルダのでんせつ ブレス オブ ワイルド、英題:The Legend of Zelda: Breath of the Wild)は、任天堂より2017年3月3日に発売されたNintendo
    107キロバイト (17,132 語) - 2022年3月29日 (火) 15:21

    (出典 automaton-media.com)


    間に合わんかったんか。mj

    1 ひかり ★ :2022/03/29(火) 23:29:27.82

    任天堂は、ニンテンドースイッチ向けソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編について、発売時期の延期を発表しました。

    当初は2022年に発売予定だった本作ですが、「開発にもう少しお時間をいただきたい」という理由から2023年春に延期となります。本延期について、任天堂は「開発一同、続編での体験を特別なものにすべく総力あげて取り組んでいくので、どうか今しばらくお待ちいただければと思います」としてます。
    インサイド

    https://news.yahoo.co.jp/articles/74e682bfb7a41a11d6fad168ec5e7e4d7e4029b1


    【【ゲーム】「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」続編が 発売延期…ありえなくね??【何なん??】【評価】】の続きを読む


    金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日本漫画作品。略称は「ガッシュ」「ガッシュベル」。『週刊少年サンデー』2001年6号から2008年新年4・5合併号(2007年最終号)まで連載された。単行本は全33巻。各話数はそれぞれ「Level
    112キロバイト (14,407 語) - 2022年1月20日 (木) 08:27



    (出典 image.gamer.ne.jp)


    作者も 色々有るんだろ。mj

    1 爆笑ゴリラ ★

    2/27(日) 7:05配信シェア
    オリコン

     漫画家・雷句誠氏の新作で、人気漫画『金色のガッシュ!!』の続編『金色のガッシュ!! II』が、3月中旬に各電子書店にて配信されることが、雷句誠氏の公式ツイッターにて発表された。

     ツイッターでは「只今次回作を執筆中!」と告知されており、「お知らせです。クリックすると、勇壮な音楽も流れます」と投稿した動画にて新作のタイトル『金色のガッシュ!! II』を発表。3月中旬に各電子書店にて配信開始し、詳しい配信日は決まり次第追って発表すると伝えた。

     これにファンはネット上で「え?ガッシュ新作??」「まじで続編なのか!?」「俺たちの青春が帰ってくる」「大好きだった漫画の一つの続編に期待!」「これはヤバイ!」などと歓喜。ツイッターでは「ガッシュ2」のワードがトレンド入りする盛り上がりを見せた。

     『金色のガッシュ!!』は、天才ゆえに孤独な中学生・高嶺清麿は、魔界から来たガッシュと出会い、世界中に送り込まれた百人の魔物と闘いガッシュを魔界の王にするため、人間と魔物の少年のコンビが激しいバトルに挑むストーリー。

     2001年〜2008年にかけて『週刊少年サンデー』にて連載され、2003年には『金色のガッシュベル!!』のタイトルでテレビアニメ化。昨年、連載開始から20周年を迎え、さまざまな企画が実施されていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a814a2e1d4bd935633fc56b2cf2783e0eecac3f0


    【【漫画】「金色のガッシュ!!」の続編が 3月中旬に配信決定も 喜びの声が無い模様【『ベル』って何なん??】【感想】】の続きを読む


    翔んで埼玉』(とんでさいたま)は、魔夜峰央による日本の漫画作品。『花とゆめ』(白泉社)1982年(昭和57年)冬の別冊および、1983年(昭和58年)春の別冊・夏の別冊に3回に分けて連載され 2019年(平成31年)2月22日に実写映画版が公開。 2021年(令和3年)8月11日 2022年に実写映画版の続編の制作・公開が決定。
    49キロバイト (7,335 語) - 2021年8月11日 (水) 07:57



    (出典 www.toei.co.jp)


    最初は 結構話題になったね。mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/08/11(水) 08:05:57.18

    シネマカフェ2021.8.11 Wed 7:00
    https://www.cinemacafe.net/article/2021/08/11/74188.html

    魔夜峰央の「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」を実写化した『翔んで埼玉』の続編、『翔んで埼玉II』(仮題)の公開が決定。GACKTと二階堂ふみの続投も明らかになった。

    興行収入37.6億円を記録し、日本アカデミー賞では最優秀監督賞を含む12部門を受賞するなど、日本映画史にその名を轟かせた前作。

    原作の魅力でもある、強烈な<埼玉ディス>や自虐ネタはもちろん、架空の東京を頂点とした関東一帯の壮大な下剋上の物語として、さらにスケールアップさせ、主人公たちが埼玉県人の自由を求めて戦う「愛」と「革命」の物語として、未完成であった原作のその先を紡いだ。

    そして、前作の公開から2年の時を経て、続編の製作が決定。麻実麗役のGACKTさんは「再びこの、いい意味でくだらない最高のエンターテインメントに関われると思うと、今から、、、、不安しかありません。前作であれだけ埼玉をディスったにもかかわらず、監督はまたしても続編をやる気です。監督、バカなの?完全に壊れてます。。。そしてGACKTがまた高校生を演じるのか…、ダメでしょ?」と言いつつ、「壮大な茶番の更なるパワーアップ、ぜひ楽しみにしていてください」と呼びかける。

    同じく、壇ノ浦百美役で続投する二階堂さんは「真面目に不真面目な大人達が集まる現場にまた呼んでいただけて、とても光栄です」と喜び、「パート1(まさかこの呼び方をする日が来るとは思わなかった)を遥かに超える大作を、最前線で感じられたらと思います」と語る。

    また原作者の魔夜さんは「改めて言うが、正気かおまえら」とコメントしている。

    なお、引き続き監督と脚本は、武内英樹と徳永友一がそれぞれ務める。

    『翔んで埼玉II』(仮題)は2022年公開予定。
    《cinemacafe.net》


    【【アニメ】「翔んで埼玉」続編が決定!!次も面白いかな??【キャストは 変わらないのね。】【感想】】の続きを読む


    五等分のカタチ」 中野家五つ子による第2期オープニングテーマ。作詞・作曲・編曲は武田将弥。 「はつこい」 中野家五つ子による第2期エンディングテーマ。作詞は結城アイラ、作曲はArt Neco、編曲は三谷秀甫。 『五等分の花嫁 五つ子ちゃんはパズルを五等分できない。』
    74キロバイト (8,918 語) - 2021年5月4日 (火) 23:12



    (出典 pbs.twimg.com)


    謎のままだったら良かったのに…mj

    27 なまえないよぉ~ :2021/04/19(月) 05:38:21.30

    >>24
    1人多くない?


    【【アニメ】「五等分の花嫁」続編が映画化!!来年公開予定も もうネタバレしてるから おなかいっぱいだな…【興味が薄れた…】】の続きを読む


    NYC」にて第2期の制作が発表され、『NOMAD メガロボクス2』(ノマド メガロボクスツー)のタイトルで2021年4月よりTOKYO MX、BS11にて放送が予定されている。 身体能力を向上させる強化外骨格ギアを身に着けたメガロボクサーたちによる格闘技メガロボクスが行われている近未来。超近代的な摩天楼が屹
    23キロバイト (1,701 語) - 2021年1月28日 (木) 12:34



    (出典 img.animatetimes.com)


    このままで良かったんじゃ…mj

    1 ひかり ★ :2021/01/28(木) 16:33:00.59 ID:CAP_USER.net

     漫画『あしたのジョー』を原案とし、同作の連載開始50周年記念プロジェクトとして2018年に放送されたテレビアニメ『メガロボクス』の続編となるオリジナルテレビアニメ『NOMAD メガロボクス2』が、4月よりTOKYO MX、BS11にて放送されることが決定した。肉体とギア・テクノロジーを融合させた究極の格闘技“メガロボクス”を取り巻く人々と、主人公・ジョーの“完全燃焼のその先”となる、新たなドラマが描かれる。

     原案となる『あしたのジョー』は、ボクシングにすべてをかける主人公・矢吹丈の生き様を描いた作品。1968年から1973年まで『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載され、その連載開始50周年を記念して、2018年4月にアニメ『メガロボクス』が放送。『あしたのジョー』の作品世界を再構築し、近未来を舞台にギアを装着して闘う格闘技“メガロボクス”に関わる人間たちの熱いドラマを描き、挑戦的なオリジナル作品として人気を博した。

     3年ぶりの続編となる『NOMAD メガロボクス2』は、前作のメインスタッフ・キャストが再集結。アニメーション制作は、アニメ『あしたのジョー2』を制作した東京ムービー新社を系譜に持ち、『名探偵コナン』『ルパン三世』シリーズなどを手掛けるトムス・エンタテインメントが前作に引き続き担当する。

     また、ティザービジュアル、ティザーPVなども解禁。ティザーPVでは、前作『メガロボクス』最終話で展開された決勝戦から7年の時が経過し、ジョーの身に何があったのか? 本編で描かれるジョーのその後の物語を見ることができる。メインキャストは細谷佳正(ジョー/ノマド役)、斎藤志郎(南部贋作役)、安元洋貴(勇利役)、村瀬迪与(サチオ役)と前作から続投する。

    ■あらすじ
    肉体とギア・テクノロジーを融合させた究極の格闘技“メガロボクス”。その頂点を決めるトーナメント“メガロニア”に、ギアを着けず生身の体で挑んだボクサーのギアレス・ジョー。最下層の地下リングからたった三ヶ月で頂点へと駆け上がり、奇跡の優勝を遂げた伝説のチャンピオンの姿に人々は熱狂し夢を見た。しかし、それから7年後、ギアレス・ジョーは再び地下のリングに立っていた。傷だらけの体にギアを装着し、自ら“ノマド”と名を変えて…。

    ■スタッフ
    原案:「あしたのジョー」(原作:高森朝雄、ちばてつや/講談社刊)
    監督・コンセプトデザイン:森山洋
    脚本:真辺克彦・小嶋健作
    キャラクターデザイン:倉島亜由美
    サブキャラクターデザイン:金田尚美
    音楽:mabanua
    アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
    製作・著作:メガロボクス2プロジェクト

    ■キャスト
    ジョー/ノマド:細谷佳正
    南部贋作:斎藤志郎
    勇利:安元洋貴
    サチオ:村瀬迪与


    【【春アニメ】『あしたのジョー』原案の「メガロボクス」の続編が放送するらしいが 綺麗な終わり方なのに これからの展開って…【何それ…】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ