結構


    美味しんぼ』(おいしんぼ)は、雁屋哲(原作)、花咲アキラ(作画)による日本の料理・グルメ漫画。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて1983年20号より連載。1987年、第32回小学館漫画賞青年一般部門受賞。2020年10月時点で累計発行部数は1億3500万部を突破している。テレビアニメ・実写テレビドラマ化もされている。…
    155キロバイト (17,490 語) - 2023年1月16日 (月) 20:39
    大根おろしなら まだ気軽に食べられちゃう??mj

    641 名無しんぼ@お腹いっぱい :2023/01/27(金) 20:28:29.05ID:w4AUMkVC0
    きゅうりのキューちゃんを使ったかっぱ巻きとは豪気だな

    【【漫画】「美味しんぼ」この作品で知った丼物って 結構いいんよな!!【卵は高値になっちゃったけど…】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    原神』(げんしん、英: Genshin Impact)は、中国のゲーム会社miHoYoが開発したオンラインゲーム。中国国外に向けては、miHoYoの子会社であるCOGNOSPHEREより「HoYoverse」(ホヨバース)のブランドで展開される。 PC(Microsoft Windows)・スマートフォン(iOS…
    238キロバイト (37,496 語) - 2023年1月16日 (月) 19:57
    スキンも楽しみやな!!mj

    42 名無しですよ、名無し!(兵庫県) (ワッチョイW f9c9-eHNm) :2023/01/18(水) 06:37:42.24ID:/2h1fNcO0
    死域はスッキリするから好き

    【【ゲーム】「原神」アルハイゼンは 結構凄キャラ??【持ってて損は無い??】【評価】】の続きを読む


    とんでもスキルで異世界放浪メシ』(とんでもスキルでいせかいほうろうメシ)は、江口連による日本のライトノベル。略称は『とんスキ』。イラストは雅が担当している。 『小説家になろう』にて2016年1月から連載を開始し、オーバーラップノベルス(オーバーラップ)より、同年11月から刊行されている。書籍化に伴…
    90キロバイト (13,341 語) - 2023年1月12日 (木) 10:19
    『エバラ』まで出てるね。mj

    907 風の谷の名無しさん@実況は実況板で
    中身がスッカスカな異世界作品が多いから「まーた異世界か」ってなるだけで
    この作品みたいに質がよければ異世界系とか関係ないって思える

    【【アニメ】「とんでもスキルで異世界放浪メシ」異世界モノの中で 結構質が高い??【料理を題材にしてるから??】【感想】】の続きを読む


    アニメ アニメーション - アニメーション(animation)の略語。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。アニメーションとは動かない絵や物体をコマ撮りと映写によって動いているように見せる表現技法。日本でのアニメーションの使用全般については「日本のアニメーション」を参照。 アニメ (日本のアニメーション作品)…
    987バイト (177 語) - 2022年12月5日 (月) 06:51
    知名度アップ??mj

    1 爆笑ゴリラ ★
    2023年1月2日

    残念ロボアニメ『ヴァルヴレイヴ』が大人気に! パチンコ・パチスロ化で評価された作品3選

    今や定番となった、オタクコンテンツのパチンコ・パチスロ化。さまざまな漫画やアニメなどが題材となっており、その中には原作より人気が出てしまうケースも少なくない。

    今回はパチンコ・パチスロ化でブレイクを果たした作品を取り上げてみよう。


    <その1>『ひぐらしのなく頃に』

    『ひぐらしのなく頃に』は、『07th Expansion』による同人ゲームを原作としたメディアミックス作品。いわばアングラな世界出身のこの作品が、市民権を得るようになったのは、パチンコ・パチスロの影響が関わっている。

    同作は、雛見沢村を舞台とした連続怪死・失踪事件を扱ったミステリー作品。2006年に初めてTVアニメ化され、その衝撃的な展開によって話題を呼んだ。

    その後もTVアニメやOVAなどで、順調に続編が制作されていくが、並行してパチンコ・パチスロ化の展開も。

    2010年にゲーム版とタイアップした『パチスロひぐらしのなく頃に祭』が登場する一方、2013年には『CRひぐらしのなく頃に 頂/戯』が稼働している。

    それぞれ約10年にわたって新台が投入されており、もはや定番コンテンツ。人気の理由は、やはり萌えキャラ&ホラー演出の組み合わせが、パチンコ・パチスロと相性がよかったことにあるだろう。

    遊技機はリールが回っている間、いかに客をドキドキさせるかが重要。竜宮レナが狂気の表情で「嘘だッ!」と叫ぶ…という鉄板ネタがある以上、人気台になることは必然だった。


    <その2>『革命機ヴァルヴレイヴ』

    2013年に放送された『革命機ヴァルヴレイヴ』は、近未来を舞台としたSFロボットアクションアニメ。巨大ロボットに関わった少年少女が、自分たちの国を作るために大国に反旗を翻す…というストーリーだ。

    キャラクター原案は『D.Gray-man』の漫画家・星野桂、監督は『ローゼンメイデン』の松尾衡、シリーズ構成は『コードギアス 反逆のルルーシュ』の大河内一楼が担当。

    さらに主題歌はT.M.Revolution×水樹奈々と、これ以上ないほど豪華なクリエイターが揃っていた。

    放送前には、アニメファンから「アニメの歴史を変える作品になる」と言われるほど期待されていたが、実際に放送されると賛否両論。ストーリーの粗を指摘する声が相次ぎ、放送後にはあっという間に忘れられてしまった。

    しかし意外なことに、遊技機界隈ではなかなかの人気を発揮。2018年に登場した『CRフィーバー革命機ヴァルヴレイヴ』を筆頭として、関連台がいくつも作られ、2022年にも『Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴ2 カミツキVer.』や『パチスロ 革命機ヴァルヴレイヴ』が導入されている。

    パチンコで映像を見るだけなら“名作“のオーラがあるため、あとで本編を見てがっかりする人も少なくないという。


    <その3>『牙狼-GARO-』

    アニメや漫画だけでなく、特撮作品も遊技機としてヒットすることがある。『牙狼-GARO-』はその典型的な例と言えるだろう。

    同作の第1作は、2005年から2006年にかけてテレビ東京系列で放送。“牙狼”冴島鋼牙がこの世の闇に潜む魔物「ホラー」を狩っていくというホラーアクションなのだが、「テレ東」「深夜放送」「特撮作品」と、一般ウケしない要素がてんこ盛りだった。

    しかし、2008年にサンセイアールアンドディが制作した『CR牙狼』が大ヒット。

    その盛り上がりは、「パチンコと言えば牙狼」と言われるほどで、原作の知名度を飛躍的に高めることに。当然シリーズ化され、「CR牙狼」の名前を冠した台が無数に制作されている。

    金色に輝く黄金騎士など、とにかく人目を引くキャラクターで多くの人を惹きつけた。

    今では映画やアニメ、フィギュアなどのコンテンツ展開も広がっているが、ブームのきっかけがパチンコであったことは疑いようがない。

    パチンコ・パチスロ化がヒットすることで、原作サイドの資金源となり、新たなコンテンツ展開が可能となる。「拝金主義」と眉をひそめるような反応は、もはや過去のものとすべきなのだろう…。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/115974


    (出典 Youtube)


    【【アニメ】パチスロ化で 人気になったアニメって 結構沢山あるよな!?【アニメみていなくても 覚えられる??】】の続きを読む


    漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画などの絵を描く制作者が漫画家と呼ばれ、分類されている。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
    10キロバイト (1,511 語) - 2022年10月23日 (日) 04:30
    1人では 何本も無理だろ…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/12/15(木) 16:49:42.90ID:kPVil+CA
    マグミクス 12/15
    https://magmix.jp/post/126654

     マンガ連載を持つとなると、毎月、毎週のように締め切りに追われ、ひとつの作品を手掛けるだけでも、とてつもなく過酷だと言われています。そんななか、複数の雑誌で「掛け持ち連載」をしている、「どれだけ体力あるの?」と言いたくなってしまう漫画家もいます。

     昭和のレジェンド漫画家は掛け持ち連載の逸話がたくさんあり、手塚治虫先生や石ノ森章太郎先生、藤子不二雄先生(A、Fともに)、赤塚不二夫先生、永井豪先生など、名前を挙げ出すとキリがありません。しかし、その後の世代の漫画家も「掛け持ち連載」をする先生は一定数います。

     最初に紹介するのは、『うる星やつら』をはじめ『めぞん一刻』や『らんま1/2』といった大人気作を世に送り出した、高橋留美子先生です。実は高橋先生は大学在学中の1978年に『うる星やつら』でデビューしており、大学卒業後の1980年からは『めぞん一刻』も『うる星やつら』と並行して連載しています。

     驚くべきは、どちらも「週刊少年サンデー」と「ビッグコミックスピリッツ」という、「週刊誌」で掛け持ちしていたということです。しかも、少年誌と青年誌という、ターゲットの異なる雑誌に同時連載するという器用さ。ネット上では「大ヒット作ふたつがデビューからの2本って有能すぎでしょ」「高橋先生すごすぎます!」といった声が、多数あがっていました。

     そして、平成以降も、漫画家の掛け持ち連載は珍しくありません。数々のギャンブルマンガの名作で知られる福本伸行先生は、1989年に『天 天和通りの快男児』(2002年まで連載)がヒットすると、90年から短期とはいえ『銀ヤンマ』『熱いぜ天馬』『無頼な風 鉄』を同時連載、その後は92年から『アカギ ~闇に降り立った天才~』(2018年まで)『銀と金』(96年まで)を掛け持ちしています。

     さらに、96年に現在まで続く「カイジ」シリーズが始まった後も、『天』『アカギ』の他、『無頼伝 涯』(2000年~01年)『最強伝説 黒沢』(2003~06年)『賭博覇王伝 零』(2007年~09年)『新黒沢 最強伝説』(2013年~20年)『闇麻のマミヤ』(2019年~)などなど常に連載を掛け持ちし続け、その上『ワシズ -閻魔の闘牌-』『中間管理録トネガワ』『1日外出録ハンチョウ』など、自作のキャラのスピンオフマンガの監修も同時並行で行ってきました。

     もちろん定期的に休載もしているのですが、この福本先生の多作ぶりにはネットで「超人すぎる」「ギャンブルマンガだと、いろんな『悪魔的』ゲームのアイデアも出さなきゃいけないし、頭のなかどうなってんだ」「セリフも心理描写もキャラの表情もいちいち強烈だし、ずっと頭のなか緊迫状態なんじゃないか」「カイジとアカギと黒沢の心理を同時期に描くのは頭おかしくなるのでは」と、賞賛とともに心配する声も出ていたようです。

     ちなみに映画『カイジ ファイナルゲーム』(2020年)公開時のインタビューで、福本先生は締切に関して、「僕は基本的に先行するタイプ。先行して描き溜めているんです。ペースとしては月6本描いていたこともあるし、描き溜めがあるから締切に追われることはないです。」と答えており、その超人ぶりをうかがわせました。

     他にも、『FAIRY TAIL』と『モンスターハンター オラージュ』を同時連載した真島ヒロ先生、同じ格闘マンガの「刃牙」シリーズと『餓狼伝』を同時に手掛けていた板垣恵介先生、過去にもいくつも掛け持ち連載をして、現在も『アルキメデスの大戦』『Dr.Eggs ドクターエッグス』を同時連載中の三田紀房先生など、一部を取り上げるだけでも名だたる現役漫画家の先生が掛け持ちを経験しています。

     また、そのなかでも山本崇一朗先生は『からかい上手の高木さん』『くノ一ツバキの胸の内』『それでも歩は寄せてくる』と、なんと3つの作品を現在進行形で掛け持ち連載し、そのすべてがアニメ化されるというヒットメーカーです。そのほか、主に4コママンガを手掛けている胡桃ちの先生(『ミッドナイトレストラン7to7』『セトギワ花ヨメ』など)は、同時連載10作を抱えることも多い売れっ子で、さらに全ての雑誌で違うキャラクターを使った、違う作品を執筆しています。植田まさし先生をはじめ、掛け持ち連載の多い4コマ作家のなかでも驚異的なペースで、読者から「天才すぎる」と尊敬を集めていました。

    マグミクス編集部

    【【漫画家】連載掛け持ちしてる先生って 結構居るよな!!【連載沢山だと 大変そう】】の続きを読む

    このページのトップヘ