結局


    機動戦士ガンダム 水星の魔女』(きどうせんしガンダム すいせいまじょ、英:Mobile Suit Gundam THE WITCH FROM MERCURY)は、サンライズ制作による日本テレビアニメ。 「ガンダムシリーズ」に属するロボットアニメであり、『機動戦士ガンダム 鉄血
    298キロバイト (40,438 語) - 2024年4月26日 (金) 05:00
    なぜ水星だったんだろ??mj

    647 名無しさん@お腹いっぱい。 :2024/04/29(月) 17:26:38.71 ID:+y7dKEFO0
    出所の出迎えに来ないことでチュチュニカなんてねえという公式のメッセージがあったし


    (出典 hobby.dengeki.com)

    【【アニメ】「機動戦士ガンダム水星の魔女」結局、グダグダした感じだったんじゃね??【水星感も無かったしな。】【感想】】の続きを読む


    プロジェクト アニメ ウィクショナリーに関連の辞書項目があります。 アニメ アニメ アニメーション - アニメーション(Animation)の略語。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。アニメーションとは動かない絵や物体をコマ撮りと映写によって動いているように見せる表現技法。日本でのアニメ
    958バイト (183 語) - 2023年10月4日 (水) 04:48
    昔を知ってたら、再アニメはダメ??mj

    1 ひかり ★
     現在放送中のアニメ版『ONE PIECE(ワンピース)』が最終章へ突入しているなか、『THE ONE PIECE』として原作1話目からの新アニメシリーズの制作が決定しています。過去にもさまざまな事情があり、複数回にわたってアニメ化された作品があります。今回は、なかでも賛否を巻き起こしながら「再アニメ化」された3タイトルを見ていきましょう。

    ●『鋼の錬金術師』

    『鋼の錬金術師』は2003年に初アニメ化されるも、まだ当時は原作マンガが連載中ということもあり、途中からアニメオリジナル、いわゆる「アニオリ」のストーリーが展開されました。

     錬金術の存在する世界で、兄の「エドワード・エルリック」(以下、エド)と弟の「アルフォンス・エルリック」(以下、アル)のふたりの主人公は、亡き母を蘇らせるため、禁忌であった人体錬成に手を出して失敗。その代償としてエドは右腕と左足を、アルは魂以外の全身を奪われてしまいます。そして元の姿に戻るために手掛かりとなる「賢者の石」を求め旅に出ます。この大枠は原作と同じですが、途中からアニオリのストーリーになっていきます。

     特に最終回は完全オリジナルで、エドが現実世界のドイツへ転生するところで終了し、後の『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』につながるストーリー展開となりました。

     また、当時話題となったのは登場人物の「ロゼ」のアニオリ展開、通称「ロゼ事件」です。ロゼは軍に連行され、暴行を受けたと思わせるオリジナルの描写がされました。このシーンには良い印象を持たなかった人が多かったようで、後の「アニメディア」2004年10月号でのインタビューで、原作者の荒川弘先生も「私が目指す少年マンガにおける娯楽の範囲から逸脱していた」と苦言を呈したほどでした。

     一方で、再アニメ化となる2009年版『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』では、原作のストーリーに沿った展開で最終回まで描かれ、原作ファンにとっても満足度の高い内容となったようです。

    ●『封神演義』

    『封神演義』は、藤村竜先生により1996年から2000年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載されていたマンガで、1999年に初代のアニメ作品『仙界伝 封神演義』が放送されました。

     仙人界の道士である主人公の「太公望」が、悪の仙人を封じるための「封神計画」を進めていく物語を描く同作ですが、当時マンガが連載中だったこともあり、アニオリ展開が多めの構成でした。ストーリーも原作の途中で終わってしまったため、「1クールでやり切るには無理があった」など、物足りなさを感じるファンは少なくありませんでした。

     一方で、2018年のリメイク版『覇穹 封神演義』では、原作に忠実で満足度の高いアニメ化が期待されていました。しかし、長い原作マンガをアニメの限られた尺で表現し切るのは難しかったようです。

     コミックス全23巻に対してアニメも全23話と、1巻1話ペースになってしまうため、重要なシーンのカットが相次ぎました。そのせいもあり、総集編のような展開で矢継ぎ早に出てくるキャラたちに「あなた誰?」状態に陥るなど、困惑するファンの声が相次ぎました。

    ●『るろうに剣心』

     JUDY AND MARYの「そばかす」のオープニング曲が印象深い1996年放送の旧アニメ『るろうに剣心』は、「京都編」の終わりまでのストーリーとアニオリでの全94話で構成されました。一方、2023年放送のリメイク版は、2クール全24話で、志々雄真実の討伐へ向かうところまでが描かれています。

     旧アニメが大ヒットしたこともあり、どうしても旧作の声優や音楽と比較する声も一定数あがっています。とはいえ、20年ぶりの再アニメ化であり、今回が初見の人も多く、「続きが気になる」「期待以上の内容だった」と続編を心待ちにする声もありました。

     また、映像に関しても「作画がもっと良ければ、覇権が取れるのにもったいない」など期待を込めた厳しい意見も見られた一方で、「最新映像で『るろうに剣心』が見られるなんて贅沢すぎる」など、今の技術で作り直された映像美に感心する声もあがっています。『るろうに剣心』2期もすでに予定されているため、今後のさらなる盛り上がりに期待するファンも多いようです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/87801dacd6ab88b60132e43570628b6440bff356?page=2

    【【アニメ】再アニメ化って、結局やらないのが一番??【シリーズ物としてなら、あり??】【感想】】の続きを読む


    0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。 『ゴールデンカムイ』(GOLDEN KAMUY)は、野田サトルによる日本の漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2014年38号から2022年22・23合併号まで連載された。略称は「金カム」。単行本(全31巻)の累計発行部数は、2024年1月時点で2700万部を突破している。…
    369キロバイト (55,184 語) - 2024年1月22日 (月) 09:30
    アシリパさんは 違和感あるかもだけど…mj

    1 muffin ★ :2024/01/22(月) 17:18:08.90 ID:X+SLOHAV9
    https://www.cinematoday.jp/news/N0141061
    2024年1月22日

    1月19日~21日の週末映画動員ランキングが22日、興行通信社より発表され、野田サトルの累計発行部数2,700万部を突破する人気漫画を実写化する『ゴールデンカムイ』が初登場で首位を獲得した。19日より全国393館(通常343館+IMAX50館)で公開され、公開3日間で観客動員数35万人、興行収入5.3億円を突破。物語の舞台となる北海道でも大ヒットとなり、全国の上映劇場で集客トップ10に北海道の4館がランクインする盛り上がりを見せた(※数字は配給調べ)。
    中略

    初日3日間の成績は、観客動員数35万6,186人、興行収入5億3,384万8,690円。東宝が行った初日アンケートによると「非常に良かった」が61.6%、「良かった」が34.4%と鑑賞の満足度が高く、男女比は41.3%、58.7%と女性がやや上回る結果となり、女性2人組や20代カップル、30代以上の夫婦や家族など幅広い年齢層を集客。鑑賞理由の1位は「原作漫画が好きだから」が47.3%で、今週末にすでに2~3回鑑賞するファンも。なお、2月16日より4DX版(60館)も上映されることが決定した。

    【2024年1月19日~1月21日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

    1(初)『ゴールデンカムイ』:1週目
    2(1)『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』:5週目
    3(4)『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』:7週目
    4(5)『ウィッシュ』:6週目
    5(2)『ある閉ざされた雪の山荘で』:2週目
    6(3)『アクアマン/失われた王国』:2週目
    7(8)『カラオケ行こ!』:2週目
    8(7)『ゴジラ-1.0』:12週目
    9(6)『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』:10週目
    10(9)『TVシリーズ特別編集版『名探偵コナン vs. 怪盗キッド』』:3週目


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)

    【【漫画】【実写化】「ゴールデンカムイ」色々ありそうだったけど 結局高評価らしいな【感想】】の続きを読む


    スランプ』の連載と平行して描いた読み切り作品『騎竜少年(ドラゴンボーイ)』、『トンプー大冒険』(両作品とも『鳥山明○作劇場VOL.2』に収録)を基に、『ドラゴンボール』のネタを固めていった。 プロット段階においては『西遊記』の要素も取り入れると共に、「ボールを集める」というアイデアは『南総里見八犬伝』から…
    345キロバイト (41,489 語) - 2024年1月4日 (木) 14:33
    御飯じゃねぇし!!mj

    1 愛の戦士 ★
    マグミクス 1/9(火) 18:10

    主人公交代は正解だったのか

    『ドラゴンボール』の主人公といえば孫悟空です。少年期から長きに渡り主役を張っていましたが、「セル編」で一時的に悟飯が主人公のように描かれるようになりました。

     この主人公交代について、一部のファンからは「悟空から悟飯への主人公交代は正解だったのか」と疑問の声があがっているようです。

     悟飯が主人公を務める展開について、ネット上では「悟飯って戦う気がないから盛り上がりに欠ける」「悟空ほどの迫力がない」といった声があがっていました。

     確かに父である悟空と比べると、悟飯は戦闘を好まず、平和を愛する性格の持ち主です。特にバトルシーンが魅力的な本作において、ファンはつい激しい戦いを求めてしまうことでしょう。「戦闘嫌い」が主人公という展開に対して「……え?」と戸惑ったファンの気持ちもうかがえます。

     悟飯への戦いへ対する姿勢に疑問を感じる声があがる一方で、純粋な戦闘力に関しては圧倒的な力を見せつけファンを喜ばせました。

    「セル戦」では、怒りをパワーに変えたことで、強烈なパンチとかめはめ波によってセルを圧倒します。これには「悟飯かっこよすぎだろ」「覚醒して強くなるって王道の展開に震える」などと高評価な様子です。

     それ以降にも悟飯にはさまざまな意見が飛び交っていました。「魔人ブウ編」では学生生活を楽しむ傍らで、正体を隠してサタンシティの平和を守る「グレートサイヤマン」となって強盗を捕まえるなど、街のヒーローとして活躍する様子が描かれています。

     この悟飯には「少年悟飯のカッコよさを捨てて謎の学生ヒーローか……」「あんだけかっこええ悟飯見せたあとに、グレートサイヤマンはつらいな」といった声があがっていました。やはり、「セル編」で悟飯が圧倒的な力を発揮しただけに、その後も激しいバトルシーンを期待したファンが多かったのでしょう。

     一方で「悟飯とビーデルの純愛と、悟飯を起点にしたストーリーが一番好き」と和やかな物語を評価する声も聞かれます。

     偉大すぎる親を持つ悟飯はベジータやピッコロのみならず、読者からの期待がかなりあったことがうかがえます。それでもなお、自らの意思を貫き通した悟飯は少年マンガの主人公として魅力を十分に持ち合わせており、現在まで愛され続けているのがその証でしょう。

    マグミクス編集部
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/c4c3c29fabdeb7be93c3ddeb1766029b4c048b3a&preview=auto

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【【漫画】「ドラゴンボール」結局 主役は悟空と悟飯、どっちだったんや??【悟飯は父を超えたのか??】【感想】】の続きを読む


    翔んで埼玉』(とんでさいたま)は、魔夜峰央による漫画。『花とゆめ』(白泉社)1982年冬の別冊および、1983年春の別冊・夏の別冊に3回に分けて連載された。 2019年2月22日に実写映画版が公開。 2021年8月、2022年に実写映画版の続編『翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜』が公開予定であ…
    86キロバイト (13,156 語) - 2023年12月12日 (火) 05:24
    結局面白いのか??mj

    1 ネギうどん ★
    久々のヒットに沸くフジテレビ

    フジテレビが久々の朗報に沸いている。11月23日に公開された映画『翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~』が大ヒットを記録しているのだ。

    「フジが製作委員会の幹事社を務めており、プロデューサーは現役局員。さらに監督も元局員で、『フジテレビの映画』といってもいい作品です。観客動員数83万8000人、興行収入は11億5000万円を突破。前作の興収37億6000万円越えは確実視されています。本業のコンテンツビジネスが注目されることは局員のやる気に繋がるし、局内が明るい雰囲気になる。今後も大事にしたい優良コンテンツです」(フジ関係者)

    活気づくフジは、早くも映画化第三弾の企画をスタート。来年5月にクランクインし、12月に公開という異例のスピードで実現させるという。

    「今度は九州が舞台。主演のGACKTと二階堂ふみには内諾をもらったそうです」(同前)

    加えて、連ドラ化も打診しているという。

    「フジはこれまで多くの失敗を重ねてきた。この失敗から学んだのはスピードです。思いついたらとりあえず”動いてみる”というのが局のスローガンになった」(同前)

    フジ上層部は『翔んで埼玉』を同局の大ヒットコンテンツ『踊る大捜査線』シリーズの再来にしたいと考えているという。『翔んで埼玉』はフジの救世主となるか。

    「週刊現代」2023年12月16日号より

    https://gendai.media/articles/-/120392

    前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1702432849/

    【【漫画】【映画】「翔んで埼玉3」今度は九州らしいけど 結局全国を舞台にしちゃう??【フジならやりそう】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ