アニメ アニメーション - アニメーション(animation)の略語。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。アニメーションとは動かない絵や物体をコマ撮りと映写によって動いているように見せる表現技法。日本でのアニメーションの使用全般については「日本のアニメーション」を参照。 アニメ (日本のアニメーション作品)…
987バイト (177 語) - 2022年8月25日 (木) 06:28
たまに どっちが主役か解らんくなるけどな。mj

1 鳥獣戯画 ★
壮絶な戦いや旅路の果てに描かれる、キャラクターの最期。なかには生死が明言されていないために「実はまだ生きているのでは?」「あの描写なら死んだに違いない」とファンの間で意見が分かれるキャラクターもいます。とくにアニメ本編以外に手がかりが少ない、原作なしのオリジナル作品では安否がますます気になるはず。今回はそんな「最終回で生死の意見が分かれる主人公」が登場するアニメオリジナル作品を3つ紹介します。

※この記事には『コードギアス 反逆のルルーシュR2』『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』『91Days』の最終回に関する重要なネタバレが含まれますのでご注意下さい。

●『コードギアス 反逆のルルーシュR2』ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア

 強大な力を持つ神聖ブリタニア帝国に反旗を翻した少年・ルルーシュ。数々の困難を乗り越え、ついにブリタニア帝国の新たな皇帝として、世界を手中に収めます。ルルーシュが行う恐怖政治に人びとの反感が募った頃、仮面の男「ゼロ」が登場。悪逆皇帝となったルルーシュの胸を、剣で貫きました。

 死んだように見えるルルーシュでしたが、放送後は「実は生きているのではないか」と考察するファンも。作中で鍵を握る謎の力「不老不死のコード」をルルーシュが継承しているか否かで、結末の受け取り方は大きく変化します。

『R2』の放送から約10年後に公開された劇場版、『コードギアス 復活のルルーシュ』によってひとつの答えが示されましたが、これはあくまでも別ルートの物語。『R2』のルルーシュはどうなったのか、安否は謎に包まれたままです。

●『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』ヒタチ・イズル

『機動戦士ガンダムSEED』の平井久司さんがキャラクターデザインを担当したことでも注目を集めた本作。宇宙に進出した人類と謎の勢力「ウルガル」との戦いを描いたロボットSFアニメです。

 落ちこぼれパイロットだったものの、命がけの戦いを経て能力を覚醒させた主人公のイズル。最終回では機体を損壊させながらも、なんとか勝利を収めます。しかしその直後に発生した爆風に巻き込まれ行方不明に。仲間が必死に捜索し発見されますが、コックピット内で血を流すイズルは力なく笑みを浮かべるだけです。一言も発さないままTVシリーズが幕を閉じたため、「イズルの生死はどっちなの?」とファンの間で意見が分かれました。

 続編の『劇場版マジェスティックプリンス-覚醒の遺伝子-』が発表されたときも、予告映像に映ったのは瀕死状態のイズルだけ。安否の行方は劇場版を見た人にしかわかりません。

●『91Days』アヴィリオ

 マフィアに家族を殺された男・アヴィリオによる、91日間の復讐劇。仇のヴァネッティファミリーを壊滅させたアヴィリオは、ボスの息子であるネロに捕えられます。ネロの逃避行に同行させられ、海辺に到着したアヴィリオ。力なく浜辺を歩くアヴィリオの背に、ネロは銃口を向けます。

 海に響いた1発の銃声がアヴィリオの命を奪ったのか、明確には描かれません。しかもネロには、7年前にもアヴィリオを撃とうとして引き金を引いたものの狙いを外した過去があります。そのため放送後は視聴者から「生死不明のまま終わった」、「安否確認をさせてくれ」などの声が上がりました。続編は制作されていないため、銃声の意味は自分で考え続けるしかありません。

 原作ありのアニメでも、『あしたのジョー』のように主人公の生死に関する判断をファンに委ねた作品はいくつもあります。答えが明言されないラストはもどかしいかもしれませんが、余韻と考察の楽しみが増すはず。自分なりの答えが見つかるまで、とことん作品と向き合ってみてはいかがでしょうか。

ハシビロコ

マグミクス
11/18
https://magmix.jp/post/121572

【【アニメ】生死不明の 主人公って 結構いるよな??【死んだら そこで終わりじゃね??】】の続きを読む