簡単に


    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略称: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用据置型ゲーム機。 PlayStation…
    60キロバイト (6,578 語) - 2023年1月1日 (日) 11:24
    この情報 ありがたいのか??mj

    1 muffin ★ :2023/01/02(月) 17:51:52.81ID:MIdBHWT79
    https://www.inside-games.jp/article/2023/01/02/142928.html

    (出典 www.inside-games.jp)

    2023-01-02


    2023年以降には、PS5だからこそ旬の時期に遊べるパワフルな注目作がいくつも登場します。そこで今回は、PS5の新たな追い風になりそうな3作品をピックアップしてお届け! PS5の購入意欲を再燃させる話題作たちを、どうぞお見逃しなく。

    ■発売日も決まった『ファイナルファンタジーXVI』!


    (出典 Youtube)



    もはや説明不要の人気シリーズ『ファイナルファンタジー』。そのナンバリング最新作『ファイナルファンタジーXVI』が、2023年6月22日に発売されます。現時点のリリース予定はPS5版だけなので、PS5ユーザーだけが楽しめる大作です。
    一部の報道では“6ヶ月間はPS5独占”といった話も出ており、長期的に見れば別のプラットフォームでも遊べるようになるかもしれません。国民的RPGシリーズの最新作を気兼ねなく楽しみたいのであれば、PS5で遊ぶのが最もいい選択肢と言えるでしょう。

    中略

    ■『ファイナルファンタジーVII リバース』で、舞台はPS4からPS5へ……


    (出典 Youtube)



    シリーズの中でも屈指の人気を誇る『ファイナルファンタジーVII』。この名作を3部構想で生まれ変わらせるリメイクシリーズが展開しており、その第2部に当たる『ファイナルファンタジーVII リバース』が、PS5独占で登場します。
    リリース時期は“来冬”なので2023年内とは限りませんが、大きく延期されない限り、あと1年前後で遊べるものと思われます。

    中略

    ■『デス・ストランディング2』(仮題)も期待大!


    (出典 Youtube)



    『メタルギアソリッド』シリーズなどを手がけた小島秀夫氏が率いる「コジマプロダクション」が放った『デス・ストランディング』は、個性的な世界観や力強いメッセージを込めた物語などが評価され、大きな注目を集めました。
    その続編となる『デス・ストランディング2』(仮題)が先日発表され、国内外で話題となっています。小島監督ファンにとっては、その最新作であれば気にならないはずがありません。また、前作を経験したプレイヤーも、新たな展開に心惹かれていることでしょう。まだ発表から間もないため、作品の詳細や発売時期などはまだ未定。タイトルも仮のもので、現時点ではティザートレーラーの情報と、PS5にリリースされることしか分かりません。

    全文はソースをご覧ください

    【【ゲーム】PS5のおすすめソフトって 少ない??【そもそもPS5って 簡単に入手できるの??】】の続きを読む


    ゲーム機(ゲームき)とは、ビデオゲーム(コンピュータゲーム)を動作させるための装置の総称。ゲーム用のハードウェア全般。あくまで総称なので、家庭用ゲーム機やアーケードゲーム機、(もっと素朴な)任天堂のゲーム&ウオッチや(初期の)たまごっちなどもゲーム機であり、さらに言うとビデオゲーム
    92キロバイト (12,187 語) - 2022年10月16日 (日) 03:31
    どれがええんか 解らんわ...mj

    93 なまえないよぉ~
    ハイエンドのグラボの価格を持ち出すのもどうかと思うが、今はミドル~ローエンドクラスの型番のグラボでも
    あり得ないくらい高いのがなぁ。

    >第三者が「ちょうどいい、ほどほど」を提案するのは至難の業
    これは当人がPC買ってまでやりたいゲームを聞き出して、そこから推奨スペックを
    割り出して予算からどこまで上乗せするか決めればいい。

    【【ゲームハード】ゲーミングPCは 簡単に手を出してええんか??【結局 何がおすすめなんや??】】の続きを読む


    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略称: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用据置型ゲーム機。 PlayStation
    44キロバイト (4,279 語) - 2022年6月21日 (火) 13:52

    (出典 assets.bwbx.io)


    ハード業界も 色々あるんだろ。mj

    1 爆笑ゴリラ ★
    2022年6月20日

    『PS5』ついに『Xbox』にも敗北!?“約束された神ゲー”参戦で「Xbox買うか…」

    先日行われた『Xbox』のゲームイベントにて、世界中のゲームファンが期待する新作の情報などが次々に発表された。「Xbox」の勢いは留まるところを知らず、このまま不調の『PlayStation5』にトドメを刺してしまうのかもしれない。


    『Xbox』ユーザー増間違いなし?

    6月14日、『マイクロソフト』が主催するゲームイベント『Xbox & Bethesda Games Showcase 2022』が開催。発売を控えているタイトルや、これまで未発表だった新作の情報などが公開された。

    中でも話題となったのが、2023年にリリースが予定されている『Starfield』のプレイ動画。『The Elder Scrolls V: Skyrim』や『Fallout』シリーズなどで知られる『ベセスダ・ソフトワークス』の新作ということで、世界中から注目を浴びている。

    しかし、「ベセスダ・ソフトワークス」の親会社である『ゼニマックス・メディア』は、2020年に「マイクロソフト」によって買収。それを受けて「Starfield」の対応ハードは今のところ「Xbox」とPCのみとなっており、競合ハードである「PS5」向けにはリリースされないようだ。

    「Xbox」がマイナーハードである日本でも、「Starfield」の動画を見た人は購入意欲をそそられてしまった模様。《ベセスダの新作PSじゃ出ないよね…Xbox買うか…?》《ベセスダのStarfieldめっちゃ面白そうなんだけどっ! これはXbox買うしかないのか?》《スターフィールドのためにXbox 買うかな》《スターフィールド凄いな! 初めてXbox買うか…》といった声が続出している。


    悲惨すぎる『PS5』の現状

    さらに、イベントには『メタルギア』シリーズでお馴染みのゲームデザイナー・小島秀夫監督も登場。「マイクロソフト」のゲーム部門である『Xbox Game Studios』と提携し、新作を共同開発することが明らかに。ここから、「Xbox」独占タイトルではないかという説が浮上した。

    一応、コジマプロダクションはツイッター上で《SIE様とも非常に良いパートナーシップを継続しています》とも説明していたが、新作の対応ハードについてはまだ明言されてはいない。

    そして現在の「Xbox」の快進撃を語るうえで欠かせないのが、『Xbox Game Pass』の存在。発売直後の新作から過去の名作まで、さまざまなタイトルがプレイできるサブスクサービスなのだが、今年1月時点で加入者が2,500万人を超えるほどの人気となっている。

    一方「PlayStation」でも、6月2日から『PlayStation Plus』をリニューアル。「ゲームパス」への対抗なのか、過去の作品数百タイトルが遊び放題になるプランを導入した。

    とはいえ、そもそも「PS5」にはソフトやサブスク以前にもっと大きな問題がある。それは、発売から1年半以上が経過しているにもかかわらず、未だに抽選販売を行っているということだ。

    いつまでこの体たらくが続くのかは不明だが、この問題が解決されないのであれば、日本において「PS5」が「Xbox」に敗北する日も近いかもしれない。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/105348

    【【ゲーム】PS5もXBOXも どっちも簡単に 手に入らないと言う事実【転売ヤーのせい??】】の続きを読む


    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略称: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用据置型ゲーム機。 PlayStation
    44キロバイト (4,272 語) - 2022年5月2日 (月) 05:36

    (出典 sm.ign.com)


    もう 買えなくてもいいや…mj

    1 征夷大将軍 ★ :2022/05/04(水) 21:25:00.86

    マグミクス2022.05.04
    https://magmix.jp/post/89557

    ●発売開始から1年半、今も転売されるPS5
    ここ数年、SNSやニュースサイトなどで「転売」という言葉をよく目にするようになりました。転売行為自体は昔から行われていましたが、限定商品や日用品(一時期のマスクなど)といった、世情に合わせた転売が昨今増えています。スマートフォンなどの普及で個人が売買しやすい環境になったのも、転売増加の一因でしょう。

    たびたび問題視される「転売」ですが、実はそれ自体は違法な行為ではありません。一定以上の利益を得た場合の確定申告など必要な手続きこそありますが、扱う品物や状況によっては古物商許可証すら必要ありません。

    そのため、転売屋(転売を行う者の通称)側が「転売目的で購入しても、企業に入るお金は同じだから問題ない」と主張するケースを見かけます。ですが、本当に「問題はない」のでしょうか。

    業界や商品によって事情は異なりますが、転売がもたらす影響は少なからずあります。また、一般的な日用品などの転売問題とは全く異なる悪影響が、ゲームハードの転売には潜んでいるのです。

    ●転売で抽選倍率は上がり、エンドユーザーは入手難に
    転売の絶対条件は、購入した価格よりも高い金額で売れる商品をチョイスすること。その点で現在最も適しているゲームハードは、PlayStation 5(以下、PS5)でしょう。

    2020年11月12日に発売されたPS5は、今も需要が供給を上回っており、販売店の多くで抽選販売を実施するほど。この抽選に当たらなければ、PS5を買うことはできません。一部の店舗では先着販売を行っていますが、これも早々に売り切れています。

    高い需要があり、これでしか遊べないゲームがあるので替えが利かず、単価が高いため利益も上積みさせやすいと、軽く考えただけでも転売に向いた条件がいくつもあるPS5。実際の比率は不明ですが、こうした転売目的の購入者の影響でエンドユーザーが抽選に漏れているのでは、といった話も出るほどです。

    実際、Twitterなどで「また落選した」「何回応募しても全然当たらない」と落胆の声が飛び交う一方、フリマ系アプリでは「新品、未使用」と書かれたPS5本体が高値で何台も並んでいます。

    ●ゲームハードの転売が、業界に悪影響をおよぼす
    転売による悪影響はいくつもありますが、ゲームハードの場合だと、「企業に入るお金は同じだから問題ない」が全く通じない点にあります。

    ゲームハードの多くは、それ自体の売上を利益の柱とはしていません。むしろ歴代ゲームハードのなかには、「売れた分だけ損をする」といった逆ざや状態で販売したものもありました。

    利益が少なく、時には赤字でも売るゲームハードの戦略は、「ゲームソフト」が鍵であり収益の主体です。例えば、PS5の前世代機にあたるPS4で遊べるゲームを販売する場合、ソフトを出す会社は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)に一定のロイヤリティを払う必要があります。

    内訳や比率はメーカーやハードによって異なりますが、こうしたソフト会社が次々にゲームを出すと、その分だけロイヤリティが発生し、ハード会社が潤います。このロイヤリティ(+自社販売のゲームソフトの売上)が、ゲームハードビジネスを支えているのです。

    この話を踏まえると、PS5の転売がゲーム業界に与える影響が浮かび上がってきます。転売目的で購入した場合、そのPS5はただの在庫です。仮に、転売目的でPS5が10万台売れたとしても、その10万台は全て休眠状態に過ぎません。

    しかし10万台がゲームを遊ぶユーザーの手元に渡っていた場合、遊びたくて買ったため、当然ソフトを購入します。そこから、2本、3本と増えていくのも珍しい話ではありません。つまり10万台のPS5が、20万本、30万本のゲームソフト販売に繋がっていくのです。

    ユーザー数が増えればゲームソフト全体の売上は割合的に増加し、ハード会社に入るロイヤリティも自然と膨らみます。これは、逆もまた真なり。転売の在庫品としてどれだけPS5が売れても、ユーザーの手元に届かない限り、ゲームソフトの売上には一切貢献しません。

    ユーザーが増えなければソフトの売れ行きは伸びず、ソフト会社・ハード会社ともに十分な収益を得られません。最悪、次のゲームが作れなくなったり、ハード事業から撤退する可能性もあるのです。

    PS5の品薄の背景には、半導体の不足などさまざまな理由があり、転売だけが原因の全てではありません。ですが、表面化するほどの規模になっているのも事実。また、「企業が得る利益は同じ」という転売側の言い分は、ゲームソフトの売上が肝心なゲーム業界において全く当てはまらず、明確な悪影響すらあります。
    ※以下リンク先で


    【【ゲーム】「PS5」結局 購買意欲がなくなっちゃうよな…【簡単に手に入らんしさ…】】の続きを読む


    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』(ボルト ナルト ネクスト ジェネレーションズ)は、原作・監修:岸本斉史、作画:池本幹雄、脚本:小太刀右京による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年23号から2019年28号まで月1で連載された後、
    213キロバイト (31,755 語) - 2020年9月6日 (日) 10:34


    【【アニメ】「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」岩隠れの忍さん。忍びの者なのに 情報を簡単に暴露してしまう。【あちゃー】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ