漫画


    『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』・『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。また、2014年9月22日よりアプリケーションとして『少年ジャンプ+』を配信している。…
    147キロバイト (16,534 語) - 2023年2月20日 (月) 11:38
    あの頃 ジャンプ作品のアニメ化多かったな。mj

    1 Hitzeschleier ★ :2023/02/18(土) 20:37:14.81ID:PiFQKxHR
     1983年頃からおよそ13年ほどが「ジャンプ黄金時代」と称され、誌上には『北斗の拳』『ジョジョの奇妙な冒険』『ドラゴンボール』『SLAM DUNK』など多くの人気漫画が掲載されていた。

     ここ最近のアニメでは、かつてのヒット作品のリバイバルがブームとなっており、2020年10月から2年間に渡って『DRAGON QUEST-ダイの大冒険-』が再アニメ化され話題に。また2022年12月に新作映画『THE FIRST SLAM DUNK』が公開されると、国内だけでなくアジア各国で大ヒットを記録。また2023年にはフジテレビ系ノイタミナ枠でアニメ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の放送が決定しており、ジャンプ黄金時代の作品が再び注目を集めている。

     誌面のどこを開いても名作ばかりだったあの頃。再びアニメ化をすることで男女双方から人気を集めるのではないかと思うのがギャグ漫画『奇面組』だ。新沢基栄氏のデビュー作でもある同作は、発表時期や掲載雑誌の違うシリーズがあるが、今回はジャンプ掲載の昭和版を振り返りたい。

     1980年スタートの『3年奇面組』は主人公の中学時代が描かれ、連載途中の1982年から高校進学に伴い『ハイスクール!奇面組』に改題した珍しい漫画だ。なお1985年制作のテレビアニメでは駆け足ながら中学時代も放映されたが、タイトルは最初から『ハイスクール奇面組』のままだった。

     今回は、80年代の『ジャンプ』を代表するギャグ漫画のひとつである『奇面組』について、いかに革新的なおもしろさや魅力が詰まっていたかに加え、同作を現代にアニメ化したらはたして人気が再燃するのかを考えてみたいと思う。

    ※続きはソース元でご覧ください

    https://news.yahoo.co.jp/articles/43cedae5dd8bd4369f56ec06c38f0d06b70a944e

    【【漫画】「少年ジャンプ」再アニメするなら『奇面組』がいい??【コンプラとか大丈夫なのか??】】の続きを読む


    犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』(いぬねこどっちもってるとまいにちたのしい)は、松本ひで吉による日本の漫画作品。『Palcy』(講談社・pixiv)にて連載中。2021年4月時点のコミックスの累計発行部数は100万部を突破している。Twitterでは発表を続けるが、単行本の刊行は全7巻でいったん終了。…
    19キロバイト (1,821 語) - 2022年8月14日 (日) 12:14
    犬が先に亡くなったんだってな…mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2023/02/20(月) 19:23:06.92ID:yybOzQmI9
    By - grape編集部  公開:2023-02-20  更新:2023-02-20


    (出典 grapee.jp)


    2017年にTwitterに漫画が投稿されて以来、多くの人から人気を博している、漫画家の松本ひで吉(@hidekiccan)さんによる、エッセイ漫画『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』。

    松本さんと、『犬くん』の愛称で知られる犬、そしてファンの間では『猫様』と敬われる猫の賑やかな日常は、漫画を通してたくさんの人を笑顔にしてくれました。

    2022年5月に、天寿をまっとうして旅立ったことが、松本さんによって明かされた犬くん。

    その後も、猫様や、松本さんの夫と暮らしていた猫の『ガーラさん』、トカゲとのエピソードが描かれてきました。





    『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』猫が旅立つ

    2023年2月20日、松本さんは自身のTwitterアカウントを更新し、実家で暮らしていた猫が亡くなったことを報告しました。

    これまで漫画本編で、クールな姿や時々見せるかわいらしいギャップで、読者をとりこにしてきた松本さんの愛猫。

    松本さんによると、「『生き抜いた』という言葉がしっくりくる、立派な最期だった」とのことです。


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://twitter.com/hidekiccan/status/1627591619313819648

    体調が悪く、飲まず食わずの状態でも、最期まで漫画本編通りに『ツンデレ』の姿勢を貫いたという、松本さんの愛猫。

    松本さんは、生きるために最期まで奮闘し続ける愛猫の姿を見て、たくさんの勇気をもらったといいます。

    素敵な家族に出会い、楽しく賑やかな日々を過ごすことができた松本さんの愛猫は、とても幸せだったはずです。

    愛犬と愛猫の旅立ちを見届けた松本さんは、「漫画で猫くんと犬くんのことを思い出して、笑っていただけたら嬉しいです」と述べています。

    今後も、漫画として残ったたくさんの思い出は、作品を通して笑顔や幸せを届けてくれるでしょう。

    [文・構成/grape編集部]

    出典 @hidekiccan

    https://grapee.jp/1296288
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【漫画】「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」猫も死んじゃったらしいな…【動物が死ぬと 悲しみが倍増しちゃうよな…??】【感想】】の続きを読む


    ジョジョの奇妙な冒険 (The JOJOLandsからのリダイレクト)
    “『ジョジョ』第9部、来年2月に連載開始 新連載タイトルは作者の予告通り『The JOJOLands』”. ORICON NEWS. 2022年12月19日閲覧。 ^ 日本のメディア芸術100選 Archived 2011年9月27日, at the Wayback Machine. ^…
    194キロバイト (26,168 語) - 2023年2月9日 (木) 10:14
    新シリーズなのに…mj

    1 muffin ★ :2023/02/17(金) 01:23:00.57ID:zObj8J819
    https://natalie.mu/comic/news/513170
    2023年2月17日 0:00

    荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」の第9部にあたる「The JOJOLands(ザ・ジョジョランズ)」が、本日2月17日発売のウルトラジャンプ3月号(集英社)でスタートした。

    「The JOJOLands」の舞台となるのは太平洋に浮かぶ火山の島・ハワイ。オアフ島に暮らす少年ジョディオ・ジョースターは「大富豪になる」という野望を胸に秘めていた。そのヒントは、“この世の仕組み(メカニズム)の頂点に立つこと”。頂点に立つため、ジョディオはある手段を選ぶことになる。連載開始を記念し、同号では表紙に使用されたジョディオのイラストをあしらった「The JOJOLands」Tシャツの応募者全員サービスを実施。応募には紙版に封入されるシリアルコードが必要となる。

    さらに5月26日に実写映画が公開される「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」が、新形態で刊行されることも伝えられた。新書版および電子版が4月4日に発売される。


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)

    【【漫画】「The JOJOLands」『ジョジョの奇妙な冒険』の9部がスタートしたのに ジョジョシリーズって飽きられてる??【期待感が余り無いじゃん…】【感想】】の続きを読む


    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。略称は「鬼滅」。単行本(全23巻)累計発行部数は、2021年2月時点で1億5000万部を突破している。 日本大正時代を舞台に、主人公少年が
    417キロバイト (72,929 語) - 2023年2月12日 (日) 12:54
    両者 譲りたくない模様mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2023/02/14(火) 19:21:03.87ID:EZ75eeRQ9
    2023.02.14 17:30

    2月3日の公開から大ヒットを記録している『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』。

    テレビアニメの総集編のような作品にもかかわらず、映画業界で無双するほど圧倒的なコンテンツ力を見せつけている。

    今回のワールドツアー上映は、アニメ第2期「遊郭編」の第10話と11話、さらに4月から放送される「刀鍛冶の里編」の第1話を先行上映する大型イベント。

    公開3日間で観客動員81万3422人、興行収入11億5876万円、公開10日間で興収20億円を突破しており、いまだ鬼滅ブームの根強さを知らしめている。

    2月13日に発表された『国内映画ランキング』(興行通信社)でも1位の座をキープ。上映1週目に続き、2週目もトップを独走していた。

    「『鬼滅の刃』といえば、国内歴代興収で1位を獲得した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の印象が強いでしょう。原作漫画は連載終了を迎え、一時はオワコンなどと騒がれていましたが、やはり歴代1位の力は伊達ではありませんでした。

    完全新作でなくてもここまでのヒットを記録することは、『鬼滅の刃』にしかできない芸当でしょう」(映画ライター)


    ジャンプ最強は『鬼滅の刃』一択?

    さらに巷では、ワールドツアー上映の興行収入が40億円を超えるとのウワサが囁かれている。

    「ネットメディア『M&A Online』は、同作と『名探偵コナン』の劇場版を比較していました。後者は劇場版の公開に合わせて、テレビアニメのエピソードを再編集した特別編を劇場公開しており、長編映画の約1割を超える興行収入を記録しています。

    この数値が『鬼滅の刃』にも当てはまるのであれば、興収400億円を超える『無限列車編』の1割、つまり40億円に到達するという計算でした。

    ちなみに、昨年8月に公開された『ONE PIECE FILM RED』は5カ月で197億円という数値をたたき出しているので俄然上ですが、お手軽総集編と揶揄された2007年の『ONE PIECE ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』はたったの9億円でした」(同・ライター)

    「鬼滅の刃」は『週刊少年ジャンプ』史上、最も成功したコンテンツといっても過言ではなく、かつて覇権を握っていた『ドラゴンボール』の最新映画ですら、およそ25億円しか興収をあげていない。

    そのためアニメファンの間では《テレビ版そのまま垂れ流しで40億いったらマジでやばいわ》《ドラボは新作で25億だったのに鬼滅はTV用のまとめで40億円なんてな…》《映画じゃないのにすごくない? ドラゴンボール涙目やろ》《これが本物の社会現象ってやつか》《ドラゴボとワンピなんて足元にも及ばないな》といった驚きの声が続出している。

    鬼滅コンテンツが第一線を退く気配はまだまだなさそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/409952

    【【漫画】「鬼滅の刃」『ドラゴボ』超えた?!【両作品ファン 対立?!】】の続きを読む


    ブルーロック』(BLUELOCK)は、金城宗幸(原作)、ノ村優介(作画)による日本の漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2018年35号より連載中。2021年5月に第45回講談社漫画賞の少年部門を受賞。2023年2月時点で累計発行部数は2000万部を突破している。…
    153キロバイト (24,295 語) - 2023年2月11日 (土) 17:22
    腐女子向けってほんまか??mj

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/02/13(月) 01:55:29.13ID:ytz136ox9
    2/10(金) 15:18配信 ORICON NEWS

     サッカー漫画『ブルーロック』のコミックス累計発行部数が2000万部を突破した。作品公式ツイッターで発表された。

     ツイッターでは「全巻重版2000万部突破 『ブルーロック』1~22巻 全巻重版です」とし、「ついに2000の大台に…皆様のエゴい応援のおかげです、本当にありがとうございます 何か御礼企画を考えねば!! さらなる大台目指して頑張ります」と読者に感謝した。

     『ブルーロック』は、週刊少年マガジンにて連載中の人気漫画で、サッカーW杯で敗れた日本代表に足りない“圧倒的エゴイズムを持ったFW選手”の誕生を目指し、日本が国を挙げた高校生選手育成プロジェクトを開始するサッカー作品。

     その計画の名は、“ブルーロック(青い監獄)”プロジェクト。集められたのは300人の高校生、しかも全員FWという299人のサッカー生命を犠牲に誕生する、日本サッカーに革命を起こすストライカーの誕生までを描くストーリー。現在、テレビアニメが放送されている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/771144a57aeb0ba4d41732258f89ffbf6be63e10

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1676121355/

    【【漫画】「ブルーロック」漫画の累計発行部数が スゴいらしい件【サッカーって 人気あるらしいな??】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ