漫画


    すべて日本コロムビアより発売。 ロック組曲 超人ロック 【AF-7050】 超人ロック 炎の虎 【CX-7046】 超人ロック ロード・レオン 【CX-7059】 超人ロック コズミック・ゲーム 【CX-7084】 超人ロック剣 【CX-7174】 超人ロック ロンウォール嵐 【CX-7508】 超人ロック DiGiTALTRiP…
    249キロバイト (38,128 語) - 2022年12月29日 (木) 08:41
    作者さん 亡くなってたんよな…mj

    1 朝一から閉店までφ ★
    2022年12月28日 17:07

    コミックナタリー編集部

    本日12月28日発売のヤングキングアワーズ2023年2月号(少年画報社)では、去る10月30日に死去した聖悠紀の追悼企画を展開。1979年に連載がスタートした「超人ロック 炎の虎」の冒頭48ページを、当時の雰囲気を再現して掲載している。


    ヤングキングアワーズ2023年2月号

    (出典 pbs.twimg.com)



    「超人ロック」は聖が商業デビュー以前から、その生涯にわたり描き続けたシリーズ。中でも週刊少年キング(少年画報社)で発表された「炎の虎」は、
    「超人ロック」が初めてマンガ専門誌に連載作品として登場した、「超人ロック」と聖にとって大きな一歩となった作品だ。追悼企画の中では、聖の55年の歩みも振り返っている。

    そのほか今号では、吉川景都「こまったやつら」が完結。単行本の最終3巻は2月に発売される。

    https://natalie.mu/comic/news/507061

    【【漫画】「超人ロック 炎の虎」ロックと 009って似てたよな??【そこかよ…】【感想】】の続きを読む


    孤独のグルメ』(こどくのグルメ)は、久住昌之原作を谷口ジローが作画した漫画作品である。 扶桑社で、『月刊PANJA』誌上で1994年から1996年にかけて連載されたのちに『SPA!』2008年1月15日号に読み切りとして復活し、以後『SPA!』上で2015年まで新作が掲載された。食品会社とコラ…
    56キロバイト (4,576 語) - 2023年1月1日 (日) 02:58
    松重豊さん。還暦直前だっけ…??mj

    1 シャチ ★ :2023/01/02(月) 19:19:48.70ID:A3+fxhC09
    2022/12/31(土) 19:02配信 週刊女性PRIME
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0e0bb59bea33619a3ad2cf354b23c7d086a9270b

     テレビ離れが進む昨今でも、年末年始は自宅で特番を楽しむという人は多い。特に、大みそかのゴールデン・プライム帯は、テレビ各局の腕の見せどころだ。

    《年末年始の数日間、テレ東はこの番組の再放送ばかり流しています。最も劣化が進んだ井之頭五郎を見られるのはこの大晦日スペシャルだけです》

     2022年の大みそか、テレビ東京系では6年連続『孤独のグルメ』が放送される。主役の井之頭五郎を演じる松重豊は、特番に臨むにあたり、自虐まじりにそうコメントを寄せた。

     マンガを原作とする同作は、松重演じる輸入雑貨商が営業先で見つけた食事処に立ち寄り、1人で食事をする姿を淡々と描くグルメドキュメンタリードラマだ。

    素顔の松重さんは小食で……
    「2012年に放送開始し、シーズン10が12月23日に最終回を迎えたばかりです。大みそかスペシャルの舞台は北海道で、番組のサブタイトルに“食の格闘技”など、他局の特番を意識するかのような要素が散りばめられているのも『孤独のグルメ』らしいユーモアセンス(笑)。放送前から期待が寄せられています」(テレビ誌ライター)

     お酒が飲めない設定の“五郎”だが、食べものに対しては貪欲で、1度お店に入るとこれでもかという量を注文。その食べっぷりは、視聴者をすがすがしい気持ちにさせてくれる。

    「“腹が、減った”というセリフがお決まりですが、素顔の松重さんは小食で、収録の前夜から食事をセーブし、当日の朝食は抜いてロケに臨んでいるんだとか。年を重ねれば自然と食欲は落ちますし、ご本人にとってはそうとうハードなロケだと思います」(制作会社関係者)

     体当たりの演技に限界を感じているのか2021年のシーズン9放送時には、

    《老けました。もう痛々しいから辞めろという声が聞こえてきたら、辞める覚悟は出来ています》

     とコメント。過去にも同様のネガティブ発言を繰り返していることから、降板説も取り沙汰されている。

     一方、制作サイドとしては、なんとしても続けたい理由があるようで……。

    「松重さんの役者魂はすさまじく、撮影で出された食事は完食します。ドラマの撮影というのは、どうしても撮影時間が予定より長引くことが多い。でも、『孤独のグルメ』の松重さんは、1発の撮影にかけています。なので“食事時間イコール撮影時間”となって、予定より早く進行することが多いんです。アフレコ収録で制作費もかからないため、テレビ東京にとっては手放せない大事なコンテンツになっているんです」(同・制作会社関係者)

     来たる2023年1月に還暦を迎える松重。減退する食欲との“孤独な闘い”は続く――。

    【【漫画】【ドラマ】「孤独のグルメ」松重豊さん 実はツライ??【若手にバトンタッチ??】【感想】】の続きを読む


    孤独のグルメ』(こどくのグルメ)は、久住昌之原作を谷口ジローが作画した漫画作品である。 扶桑社で、『月刊PANJA』誌上で1994年から1996年にかけて連載されたのちに『SPA!』2008年1月15日号に読み切りとして復活し、以後『SPA!』上で2015年まで新作が掲載された。食品会社とコラ…
    56キロバイト (4,576 語) - 2023年1月1日 (日) 02:58
    焼肉屋なら 結構煙がすごいもんな。mj

    104 名無しさんは見た!@放送中は実況板で :2023/01/01(日) 16:00:07.70ID:5CjGGuHo
    大晦日スペシャル、エレキのツンドラ流れなかったな

    【【漫画】【ドラマ】「孤独のグルメ2022大晦日スペシャル」意外なお店に入って行ったのが ちょっとびっくりした件【意外と美味そうやったで??】【感想】】の続きを読む


    HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は、冨樫義博による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて1998年14号より連載を開始。2022年7月時点でシリーズ累計発行部数(デジタル版を含む)は8400万部を突破している。略称は「H×H」。『ONE PIECE』に続く2番目の長期連載中作品となっている。…
    131キロバイト (21,301 語) - 2022年12月26日 (月) 00:52
    無理し過ぎたんだな…mj

    1 ひかり ★ :2022/12/26(月) 10:13:07.69ID:PdBGLzdD9
     週刊少年ジャンプ編集部は26日、同日発売の『週刊少年ジャンプ』新年4・5合併号で、人気漫画『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター 作者:冨樫義博)について、第401話以降は週刊連載ではない形で掲載していくことを発表した。なお、同誌の同号にて第400話は掲載されている。

     理由についてジャンプ編集部は「『HUNTER×HUNTER』No.401以降の掲載につきまして、冨樫先生の体調などを鑑み、先生と編集部とで相談をした結果、今後は週刊連載ではない掲載形態で皆様にお届けすることになりました」と説明。

     続けて「冨樫先生は以降の物語の執筆を続けておりますし、編集部も引き続き『HUNTER×HUNTER』の完結まで、先生のサポートを継続していきます」とし、「具体的な掲載時期・掲載方法につきましては、今後の週刊少年ジャンプ本誌にてお知らせします。今後とも『HUNTER×HUNTER』をどうぞよろしくお願いします」と伝えている。

     なお、冨樫氏は巻末にて「極力他の方々に迷惑がかからない形で継続していければと思案中です」とコメントしている。

     冨樫氏は以前より、体調不良を訴えており、展覧会「冨樫義博展 -PUZZLE-」が開催されることが決定した際、直筆メッセージで「2年ほど椅子に座れない状態で描けませんでしたが、従来のやり方をあきらめることで現在は何とか執筆を再開しております」と告白。

     「皆さま、くれぐれも腰は大切に。これを書いている2週間前までお尻をふく姿勢がとれず、ウンコするたびシャワー浴びてました。あらゆる動作が常人の3~5倍時間がかかります。腰大事」と体調不良で『H×H』を休載していたことを打ち明けていた。

     1998年に連載がスタートした同作は、主人公の少年ゴンが、親友キルアら仲間たちと旅に出る冒険ファンタジー。現在、未開の大陸への渡航を目指す船の中で、クラピカや幻影旅団のメンバーなど各キャラクターたちの思惑がぶつかり合う「暗黒大陸編」(王位継承編)が描かれており、2022年10月24日に3年11ヶ月ぶりに第391話から連載をスタートさせていた。

    ■近年の休載の流れ
    ・12年3月~14年5月(約2年3ヶ月)※12年12月に劇場版の序章となる特別編2話掲載も本編は休載
    ・14年8月~16年4月(約1年8ヶ月)
    ・16年7月~17年6月(約11ヶ月)
    ・17年9月~18年1月(約5ヶ月)
    ・18年4月~18年9月(約5ヶ月半)
    ・18年11月~22年10月(約3年11ヶ月)

    オリコン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6ec42b29769b97f4a894a4ab280234a12c970fe6

    前スレ
    【漫画】『HUNTER×HUNTER』週刊連載終了 冨樫義博氏体調配慮で第401話から掲載形態が変更 [ひかり★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1671980607/

    【【漫画】「HUNTER×HUNTER」週刊終わるのなら 再開しない方が良かったんじゃね??【残念?!】【感想】】の続きを読む


    HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は、冨樫義博による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて1998年14号より連載を開始。2022年7月時点でシリーズ累計発行部数(デジタル版を含む)は8400万部を突破している。略称は「H×H」。『ONE PIECE』に続く2番目の長期連載中作品となっている。…
    131キロバイト (21,301 語) - 2022年12月26日 (月) 00:52
    中途半端に 体調整えるのは良くないよね…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/12/26(月) 06:41:12.35ID:zNxQ97uS
    オリコン2022-12-26 00:00
    https://www.oricon.co.jp/news/2261723/full/

     週刊少年ジャンプ編集部は26日、同日発売の『週刊少年ジャンプ』新年4・5合併号で、人気漫画『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター 作者:冨樫義博)について、第401話以降は週刊連載ではない形で掲載していくことを発表した。なお、同誌の同号にて第400話は掲載されている。

     理由についてジャンプ編集部は「『HUNTER×HUNTER』No.401以降の掲載につきまして、冨樫先生の体調などを鑑み、先生と編集部とで相談をした結果、今後は週刊連載ではない掲載形態で皆様にお届けすることになりました」と説明。

     続けて「冨樫先生は以降の物語の執筆を続けておりますし、編集部も引き続き『HUNTER×HUNTER』の完結まで、先生のサポートを継続していきます」とし、「具体的な掲載時期・掲載方法につきましては、今後の週刊少年ジャンプ本誌にてお知らせします。今後とも『HUNTER×HUNTER』をどうぞよろしくお願いします」と伝えている。

     なお、冨樫氏は巻末にて「極力他の方々に迷惑がかからない形で継続していければと思案中です」とコメントしている。

     冨樫氏は以前より、体調不良を訴えており、展覧会「冨樫義博展 -PUZZLE-」が開催されることが決定した際、直筆メッセージで「2年ほど椅子に座れない状態で描けませんでしたが、従来のやり方をあきらめることで現在は何とか執筆を再開しております」と告白。

     「皆さま、くれぐれも腰は大切に。これを書いている2週間前までお尻をふく姿勢がとれず、ウンコするたびシャワー浴びてました。あらゆる動作が常人の3~5倍時間がかかります。腰大事」と体調不良で『H×H』を休載していたことを打ち明けていた。

     1998年に連載がスタートした同作は、主人公の少年ゴンが、親友キルアら仲間たちと旅に出る冒険ファンタジー。現在、未開の大陸への渡航を目指す船の中で、クラピカや幻影旅団のメンバーなど各キャラクターたちの思惑がぶつかり合う「暗黒大陸編」(王位継承編)が描かれており、2022年10月24日に3年11ヶ月ぶりに第391話から連載をスタートさせていた。

    ■近年の休載の流れ
    ・12年3月~14年5月(約2年3ヶ月)※12年12月に劇場版の序章となる特別編2話掲載も本編は休載
    ・14年8月~16年4月(約1年8ヶ月)
    ・16年7月~17年6月(約11ヶ月)
    ・17年9月~18年1月(約5ヶ月)
    ・18年4月~18年9月(約5ヶ月半)
    ・18年11月~22年10月(約3年11ヶ月)

    【【漫画】「HUNTER×HUNTER」もう終わりなの??【冨樫氏 しんどいのか??】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ