漫画家


    しげの 秀一しげの しゅういち、本名:重野 秀一〈読み同じ〉[要出典]、1958年(昭和33年)3月8日 - )は、日本漫画家・同人作家。新潟県十日町市松之山出身。新潟県立十日町高等学校卒業。血液型はA型。星座はうお座。 代表作に『バリバリ伝説』、『頭文字D』。…
    10キロバイト (1,296 語) - 2022年11月22日 (火) 04:57
    この間も 漫画家さん亡くなられたし…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/11/21(月) 21:58:11.86ID:Lp4OCnLH
    スポニチ2022年11月21日 16:46
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/11/21/kiji/20221121s00041000466000c.html

    大ヒット漫画「頭文字D」などで知られる漫画家のしげの秀一氏(64)が、体調不良のため現在連載中の「MFゴースト」の連載を休止すると発表した。週刊コミック誌「ヤングマガジン」編集部が伝えた。

    「MFゴースト」は、走り屋の物語としてテレビアニメ、映画化された大ヒット漫画「頭文字D(イニシャルD)」の後継作。未来の車の自動運転が普及した日本を舞台に、実在する公道でのレースを題材とした自動車漫画で、来年テレビアニメ化が決定していた。

    この日、同編集部ツイッターが「【MFゴースト 休載のお詫び】」と題する文書を掲載。「作者・しげの秀一氏の体調不良のため、ヤングマガジン52号よりしばらくの間休載いたします」と発表した。再開時期は未定。再開については、ヤングマガジン本誌で告知するとした。

    この投稿には「しげのさんが万全に回復して、永く今後も読んでいきたいので待ってます」「いつも楽しく興奮しながら読ませて頂いております!先生!充分にお休みしてください!」「アニメが始まる頃までには、復帰して欲しいです」「しげの秀一先生、ゆっくり休養してください」「どうか無理せず、慌てず元気になってからお仕事再開してください」とファンから心配や応援のコメントが多く寄せられた。

    【【漫画家】「頭文字D」等の作者 しげの秀一氏が 体調不良で 連載お休みに…【変な病気じゃないよな??】】の続きを読む


    漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画などの絵を描く制作者が漫画家と呼ばれ、分類されている。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
    10キロバイト (1,511 語) - 2022年10月23日 (日) 04:30
    大病だったのか…ご冥福をお祈りします…mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/22(火) 13:40:14.07ID:sI0UqEpv9
    11/22(火) 10:18配信
    スポニチアネックス

    漫画家・ウエノ直哉さん自宅で死去 直前に体重20キロ激減…SNSで「吐き気が酷い」「死にます助けて」

     漫画家のウエノ直哉さんが今年9月25日、自宅で死去したと三和出版「コミックマショウ編集部」公式が発表した。

     同編集部は21日、公式サイトで「弊誌にて執筆中のウエノ直哉先生がご逝去されました。編集部一同、謹んでご冥福をお祈りいたします」と訃報を伝えた。今年9月25日、自宅で倒れているところを発見したがすでに亡くなっていたという。「読者の皆様のこれまでのご愛顧に感謝し、謹んでお知らせ申し上げます」と伝えた。

     ウエノ氏は8月、自身のツイッターに「いやぁ夏バテと断酒が相まってこの2カ月半で約20kgも体重落ちたのはいいんだけど脂肪と一緒に筋肉も落ちちゃってメチャクチャ疲れ易い身体になっちまったよ…。ちょっとの買い出しでヘロヘロ。まるで半病人だ」と体重が激減したことを投稿。その後も「夏バテで脂肪と筋肉が落ちたせいで尻周りの造形が完全におじいちゃんのソレになっちゃった…コレはやばいぞ」「体調とメンタルが変な具合に結びついちゃってちょっと気が変になりそう。どうすりゃいいんだろこれ」「しばらく具合が悪い日々を過ごすと今現在の自分が具合がいいか悪いか判別つかない感じになるなぁ。何だかなぁ」「今日はもう寝ます。体ガタガタ 吐き気が酷い」「食事がめんどくさいとか胃腸が優れない人向けに点滴食事セットとかお手軽に売られる未来はないんだろうか。静脈注射必須だから不可能か」と体調不良をつづり、亡くなる直前の9月3日には「死にます助けて。」と訴えていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e0d87f6597761cd1884ea16eee56cb81435710ce

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1669081277/

    【【漫画家】【訃報】アダルト漫画家のウエノ直哉さんが 自宅で死去…原因不明…【体重-20キロって…】】の続きを読む


    漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画などの絵を描く制作者が漫画家と呼ばれ、分類されている。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
    10キロバイト (1,511 語) - 2022年10月23日 (日) 04:30
    う~ん…マニアック過ぎるのか…mj

    1 少考さん ★
    プロレス漫画家・河口仁さん死去 | 東スポ
    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/245320

    2022年11月17日 17:47


    (出典 tokyo-sports.ismcdn.jp)

    ザ・グレート・カブキ(右)と河口仁さん(2019年)

     大のプロレスファンとして知られた漫画家の河口仁(かわぐち・じん)さんが、誤嚥性肺炎のため療養先の群馬県内で12日に死去していたことが分かった。72歳だった。

     1950年に山口・長門市に生まれ、赤塚不二夫さん(故人)のフジオプロでアシスタントとして漫画家デビュー。79年には週刊少年マガジンに〝呪術師〟ことアブドーラ・ザ・ブッチャーをモデルにした、プロレス・ギャグ漫画「愛しのボッチャー」を連載して独立した。

     その後は、週刊ゴングで「河口仁のワンポイント・パフォーマンス」を終刊まで連載するなど、プロレス専門誌を中心に執筆活動を行っていた。

     河口さんはブッチャーをはじめ、ジャイアント馬場さん、アントニオ猪木さん、ドリー・ファンク・ジュニア、天龍源一郎、大仁田厚、鈴木みのる、藤原喜明らが好きで、プロレス会場には温かいまなざしでリングを見守る河口さんの姿があった。

     交流が深かったみのるは、2013年11月に河口さんから送られた文面を自身のツイッターに投稿。(略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【【漫画家】【訃報】「愛しのボッチャー」の 河口仁氏 死去…【どうか安らかに…】】の続きを読む


    赤坂 アカ(あかさか アカ、1988年8月29日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。男性。新潟県佐渡市出身。血液型はO型。 漫画作品執筆の他、イラストレーション、キャラクターデザインなどの多岐にわたる分野で活動を展開している。 下積み時代には、片岡人生、樋口彰彦などのアシスタントを務めていた。…
    11キロバイト (1,537 語) - 2022年11月3日 (木) 05:08
    漫画家って 疲れるんやろな…mj

    1 朝一から閉店までφ ★
    2022.11.03

     人気漫画「かぐや様は告らせたい」の作者の漫画家・赤坂アカが3日、自身のツイッターを更新し、「かぐや様」の連載終了にあたっての思いをよせ、
    「今後の活動についてなのですが、漫画家としての赤坂は今作を最後に引退という形を選ぼうと思っています」と、つづった。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2022/11/03/0015776351.shtml

    【【漫画家】「かぐや様は告らせたい」の 作者赤坂アカ氏。漫画家は 辞めちゃうってまじか??【疲れたのか。】】の続きを読む


    魔夜 峰央(まや みねお、本名山田 峰央、1953年(昭和28年)3月4日 - )は、日本の男性漫画家。新潟県新潟市(現・中央区)出身。血液型はO型。通称(作品内での一人称)「ミーちゃん」。 新潟市立関屋中学校卒業後、新潟県立新潟南高等学校に入学。高校2年の夏休み中の8月28日より漫画を描き始め、以…
    23キロバイト (2,926 語) - 2022年1月27日 (木) 14:58
    この独特さに なかなか着いて行けれなかったり...mj

    1 muffin ★ :2022/10/29(土) 13:32:06.38ID:fIvo2sua9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/10/29/kiji/20221029s00041000248000c.html
    2022年10月29日

    人気のアニメや漫画のクリエーター、声優に迫る「アニ漫研究部」。今回はアニメ化40周年を迎えた「パタリロ!」作者・魔夜峰央氏のインタビュー後編です。少女漫画を描き続ける数少ない男性作家。この道を選んだ思いを語ってもらいました。

    かつては、ちばてつや氏や赤塚不二夫氏ら多くの男性作家も描いた少女漫画。だが、1970年代に入ると、その数は徐々に減っていく。そんな中、73年デビューの魔夜氏は今も少女漫画のカテゴリーで描き続ける数少ない男性作家だ。

    「長く描き続けているのは私一人かもしれない。以前は『スケバン刑事』の和田慎二氏をはじめ、柴田昌弘氏、赤座ひではる氏、あなだもあ氏…結構いましたけどね。今や絶滅危惧種ですよ(笑い)」

    少女漫画の道を選び、描き続けるのはなぜか。

    「実は少女漫画を描いているつもりはないんです。少女漫画家になろうと思ったというよりは、少年漫画に行きたくなかったんです。私が描き始めた頃の少年漫画ってメチャクチャ汚かった。絵もストーリーもガチャガチャで“こんなところで描きたくない、一緒にされたくない”と思った(笑い)。やたら男臭い番長の話などが多くて“やめてくれ!”って思いでした(笑い)。だったら少女漫画だな、となったわけです」

    少女漫画誌を本格的に読み始めたのは中学時代。

    「同級生の家に遊びに行ったとき。週刊マーガレット(集英社)があって、そこで初めて読んだ。それまで少女漫画は『りぼん』や『なかよし』など月刊誌が多く、週刊の少女漫画誌を読んだのはそれが初めてだったと思う。“うわっ!きれいな世界があるんだな”と気になって読むようになったと記憶している。買っていた時期もあったと思う」

    続きはソースをご覧下さい


    前編
    アニメ40周年「パタリロ!」魔夜峰央氏「気づけば遠くまで…よくアレをテレビで」
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/10/22/kiji/20221022s00041000158000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    【【漫画家】「パタリロ!」の魔夜峰央氏。どうしても 独特の世界観しか思い付かない件【BLだっけか。】】の続きを読む

    このページのトップヘ