漫画家


    藤子F不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、1933年〈昭和8年〉12月1日 - 1996年〈平成8年〉9月23日)は、日本の漫画家、脚本家。本名:藤本 弘(ふじもと ひろし)。「F」とは「藤本(フジモト)」の頭文字を意味する。 富山県高岡市定塚町出身。富山県立高岡工芸高等学校電気科卒。
    52キロバイト (7,593 語) - 2021年10月16日 (土) 14:45



    (出典 fujiko-museum.com)


    子供向けではない作品が 多いねmj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/10/17(日) 18:25:31.28

     漫画家の藤子・F・不二雄先生は、『ドラえもん』や『キテレツ大百科』などの原作者として知られています。コミカルな作風をイメージする人は多いかもしれませんが、大人向けのブラックな作品も数多く輩出してきました。あと味が悪く、ゾッとする結末が記憶に残るブラックな作品をご紹介します。

     例えば、物語のラストが衝撃的なマンガ『ある日……』。自主映画サークルのメンバーである4人の男性たちは、それぞれ撮影した作品を持ち寄って上映会を行います。ひとりずつ順番に作品を披露していくなか、佐久間は「どれもこれもつまらない」と他の人たちの作品を否定します。かくいう佐久間の作品は平凡な日常風景を映し出すだけで、最後には何の前触れもなく突然終わってしまう淡白な映像でした。

     メンバーからは「単なる生活スケッチじゃないか」とばかにされますが、佐久間は「ある日突然…… 核戦争が始まって一瞬にして小市民の生活が消滅したという結末です」「『ある日』は『唐突』にやってくる。『伏線』など張るひまもなく」と説明。そしてこの作品はいつ日常が失われるかを熱く語る佐久間をよそに、「プツン」と音をたてて真っ白なコマで終わっています。佐久間の懸念していたことが実際に起きてしまうという恐ろしい終わり方から、藤子・F・不二雄先生のブラックユーモアさを感じられます。

     また記憶に残るブラック作品として、『ミノタウロスの皿』を思い浮かべる人も多いでしょう。物語の主人公となる青年は地球型の惑星に不時着し、人間にそっくりな少女・ミノアと出会います。次第に仲を深めていくものの、後に彼女は「ズン類」(牛のような生物)の家畜であることが判明。要するにミノアの住む惑星では、牛が人間を家畜として食べるという文明が栄えていたのです。青年はミノアを助けるために奔走しますが、結局ミノアは大皿の上に盛られてしまうハメに……。そして最後には、主人公がステーキ(家畜)を食べるという皮肉なシーンも描かれました。

    マグミクス2021.10.17
    https://magmix.jp/post/64753


    【【漫画家】藤子・F・不二雄先生の作品って 結構ヤバ目だよな…【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    高橋 留美子(たかはし るみこ、1957年〈昭和32年〉10月10日 - )は、日本の女性漫画家。有限会社るーみっくプロダクション代表取締役。新潟県新潟市出身。血液型A型。 1978年『勝手なやつら』でデビュー。代表作に『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』『犬夜叉』『境界のRINNE』など
    53キロバイト (7,796 語) - 2021年10月16日 (土) 16:19



    (出典 grapee.jp)


    日本が誇る漫画家!mj

    1 鳥獣戯画 ★

    日刊スポーツ2021年10月14日13時58分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202110140000376.html

    「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」などで知られる、漫画家の高橋留美子氏が、米国の漫画賞「ハーベイ賞」で殿堂入りを果たした。同氏の公式ツイッターが14日、同氏のコメントを発表した。

    「この度は素晴らしい賞をいただきありがとうございます。アメリカの皆様に楽しんでいただき、とても光栄です。『漫画』を通じて皆様と交流できることがとても嬉しいです。コロナ禍で大変世の中です。私の漫画が少しでも皆様の心の安らぎになればと願っています。高橋留美子」(コメントは原文のまま)

    「ハーベイ賞」は米国の漫画家、芸術家で、ポップカルチャーのアイコンとしても知られるハーベイ・カーツマンの名を冠した賞で、1988年(昭63)に創設された漫画、コミック業界で最も権威のある賞。高橋氏の殿堂入りは8日付。同電動には、日本からは20年に手塚治虫さんが選出。


    【【漫画家】「うる星やつら」等の 高橋留美子氏 アメリカの漫画賞 ハーベイ賞殿堂入り!!【すごくね??】】の続きを読む


    さいとうたかを(本名:齊藤 隆夫、1936年11月3日 - 2021年9月24日)は、日本の漫画家。和歌山県和歌山市生まれ、大阪府堺市出身。東京都中野区、岩手県花巻市在住。 貸本漫画時代に劇画の分野確立した人物の一人であり、一般漫画の世界に転向後も『ゴルゴ13』はじめとする数々のヒット作品
    30キロバイト (4,541 語) - 2021年9月29日 (水) 17:43



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    巨星 落つ…mj

    379 ニューノーマルの名無しさん :2021/09/30(木) 01:09:38.53

    ある日、日本のとある山奥の古寺に一人の外国人記者が訪れる。忽然と消えたゴルゴ13とその莫大な財産の行方を追っているという。寡黙でオシの如く何一つ喋らない不気味な老和尚。剃髪だがその姿はかのゴルゴにそっくり。身体が不自由なのかどこかぎこちない…。
    全く相手にされないため呆れて帰る記者。その後ろ姿を遠くからじっと見ている寡黙な老和尚。眼光が鋭い…。
     その夜、謎の一団が山寺に侵入。昼間の記者が実はゴルゴに恨みを持つ*屋の一味の手先だったのだ。和尚の立ち居振舞いと顔つきから
    プロと見抜きゴルゴが生きていたと断定し恨みを持つボスと共に乗り込んできたのだ。狙い通り老和尚は反撃に応じ、数々のトラップが仕掛けられていた山寺に一団の殆どがやられしまう。
     ゴルゴ13、やはり生きていたのか!と問うボスに無言の老和尚。が、息も荒く汗も凄い。ボスの銃撃を避け武器を投げつけ辛くも勝利する老和尚だが震えが止まらない。やはり病気なのか?
    翌日の新聞に山寺の焼失と山奥での銃撃戦の報道が載る。その新聞を捨て空港ロビーより立ち去る男。その後ろ姿は老和尚にそっくりであった。

    という一時期出回った噂の最終回のプロット。


    【【漫画家】【訃報】「ゴルゴ13」の作者 さいとう・たかを先生…逝く…【又 昭和の代表が…】】の続きを読む


    葦原 大介(あしはら だいすけ、1981年2月13日 - )は、日本の漫画家。東京都出身、岡山県育ち。 高校卒業後はビジネスホテルでフロントマンのアルバイトをしていた。 入選を目指して第75回手塚賞にミステリー漫画『ROOM303』を投稿し、準入選を受賞する。この『ROOM303』が『週刊少年ジャ
    8キロバイト (756 語) - 2021年2月21日 (日) 05:29



    (出典 rebooto3.com)


    首の痛みは ツラ過ぎる…mj

    273 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 20:13:13.08

    首と腰は慢性化すると割とヤバイ
    ソースは俺

    長時間の座りっぱなしは年とると苦痛なんよ


    【【漫画家】「ワールドトリガー」の葦原大介先生。首の不調で休載…【まずは しっかり治してください。】】の続きを読む


    漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画などの絵を描く制作者が漫画家と呼ばれ、分類されている。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
    11キロバイト (1,650 語) - 2021年8月9日 (月) 10:54



    (出典 chiilabo.com)


    アニメ制作も 同じ。mj

    123 なまえないよぉ~

    ていうか、アニメ会社というチームワークの作業と漫画家という個人作業を同じ土俵に乗せて
    どっちが上だとか語るから議論がかみ合わないのだと思うけどな
    前者を軽視する人間に俺が幾ら言葉を重ねた所でそんなもん意味ないって言われたら
    俺は何も言う言葉がないw


    【【漫画家】読者は知らない 深い事情とは??【色々 苦労するんだよ…】】の続きを読む

    このページのトップヘ