漫画家


    相原 コージ(あいはら コージ、本名:相原 弘治、1963年(昭和38年)5月3日 - )は、日本の漫画家。北海道登別市出身。 妻の両角ともえも漫画家で、現在は相原のアシスタント(元・いしかわじゅんのアシスタント)。兄はミュージシャンの相原ピリカ。 北海道室蘭東高等学校(現・北海道室蘭東翔高等学校)…
    9キロバイト (1,094 語) - 2024年2月29日 (木) 15:57
    漫画家って、本当しんどそうやな。mj

    1 湛然 ★ :2024/06/21(金) 07:05:33.40 ID:kFS/C6ym9
    退院して相原コージは何を思う?「うつ病になってマンガが描けなくなりました」完結巻
    2024年6月19日 18:40 46 6 コミックナタリー編集部
    https://natalie.mu/comic/news/578495
    「うつ病になってマンガが描けなくなりました 退院編」

    (出典 ogre.natalie.mu)



    相原コージ「うつ病になってマンガが描けなくなりました 退院編」が、本日6月19日に発売された。

    「うつ病になってマンガが描けなくなりました 退院編」は、コロナ禍の最中に突如うつ病を発症した相原が、病との戦いを描いたドキュメンタリーコミック「うつ病になってマンガが描けなくなりました」の完結巻。閉鎖病棟の保護室で治療をしていた相原だったが、症状が回復し、個室へと移る。その後自分でも調子が上向いていくのを感じながら、外出、外泊とステップを踏み、いよいよ退院の日がやってきて……。エピローグでは2024年2月時点での相原の近況が描かれた。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    「うつ病になってマンガが描けなくなりました 退院編」相原コージ | 1話まるごと試し読み - コミックナタリー
    https://natalie.mu/comic/comic_trial/utsubyoninatte

    【【漫画家】「コージ苑」等の、相原コージ氏。漫画家としての苦労を 身を持って激白!!【精神的に辛そう…】【感想】】の続きを読む


    荒木飛呂彦のサムネイル
    荒木 飛呂彦(あらき ひろひこ、本名:荒木利之、1960年〈昭和35年〉6月7日 - )は、日本の漫画家。宮城県仙台市宮城野区出身。仙台市立小松島小学校卒業、仙台市立台原中学校卒業、東北学院榴ケ岡高等学校卒業、仙台デザイン専門学校卒業。宮城教育大学中退。既婚者で二女の父。…
    90キロバイト (12,974 語) - 2024年6月1日 (土) 09:33
    羨ましい気もする。mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/06/09(日) 09:36:04.68 ID:qLcF5bxm9
    『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズで知られる漫画家・荒木飛呂彦氏がきょう7日に64歳の誕生日を迎え、改めてその“不老ぶり”が話題となっている。

    2024/06/07 13:15

    しばたけろこ

    世界的人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズで知られる漫画家・荒木飛呂彦氏が7日、64歳の誕生日を迎えた。Xでは今年も、荒木氏が全く老けないどころか、若返りしていることがファンの話題となっている。








    ■「また若返った?」

    荒木氏は1960年6月7日生まれで、1980年に漫画家デビュー。1986年より『ジョジョの奇妙な冒険』の連載をスタートし、現在はシリーズ第9部『The JOJOLands』を連載している。

    荒木氏といえば、単行本の巻末などで公開されている近影で、見た目がまったく変わらないどころか、最近ではむしろ若返っているようにさえ見えることがたびたび話題に。

    数週間前に公開されたインタビュー動画でも、60代には見えない若々しい様子に「荒木先生マジで不老だな」「まだまだ若いのを見て驚く」「また若返った?」「やっと40歳ぐらいに見えてきた」といった声が寄せられていた。








    ■「年取ってる…よね?」「ホントに何者」

    ■「波紋の呼吸を教えて」の声も

    https://sirabee.com/2024/06/07/20163297417/

    【【漫画家】「ジョジョの奇妙な冒険」の、荒木飛呂彦氏。老けないと話題に?!【若さの秘訣って何??】【感想】】の続きを読む


    久米田 康治(くめた こうじ、1967年〈昭和42年〉9月5日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身。和光大学人文学部芸術学科(現 和光大学表現学部芸術学科)卒業。 神奈川県に生まれる。和光大学在学中、美術の教員免許を取得。漫画研究会に所属し、松本大洋と同期だったが、入れ違いの形になったという。卒業…
    35キロバイト (5,075 語) - 2024年5月2日 (木) 20:54
    警察も、一応仕事してるって事なのかもな。mj

    1 muffin ★ :2024/04/30(火) 23:13:34.58 ID:I2NiZMlv9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b09d68ff6b325f4b7972dd2ee6130a7720258a5a
    4/30(火) 21:48配信

    漫画家・久米田康治氏(56)が30日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」(火曜後8・00)に出演。自身が職務質問される原因を分析した。

    「大人なのによく怒られちゃう有名人」のゲストとして出演した久米田氏は「よく職質にあうんですよ」と切り出してスタジオを驚かせた。続けて「昼間からウロウロして、時間帯も変な時間が多かったり。あと、なんで職質にあうのかな?って思ったら、やっぱり目的がなくてウロウロしてるから」と目的なく歩いているため「目線が定まってなくて」と不審に思われると分析していた。

    また、職務質問をされた際に「仕事を言えばいいんですけど、僕は漫画家って絶対に言いたくない」と明かすと、スタジオは「えぇー!?」「なぜ?」と驚きの声に包まれた。

    「漫画家」と明かしたくない理由について「漫画家って言ったら“何描いてるの?”って言われるじゃないですか」とした。これに、MCの明石家さんまが「答えたらええやないか」と告げると「いやいや。警察官なんて『ONE PIECE』しか読んでないですよ。本当に。実際、自分の作品を言っても変な空気になる。知らないから」と実体験と警察官への偏見を口にして共演者たちを笑わせた。

    【【漫画家】「かくしごと」等の漫画家、久米田康治氏。警察によく職質されてるらしいんだが…【警察には、オタさん居ないんだろうな。】【感想】】の続きを読む


    麻宮 騎亜(あさみや きあ、1963年3月9日 - )は、日本の漫画家・アニメーター。男性。本名およびアニメーターでの名義は菊池 通隆(きくち みちたか)。岩手県北上市出身。アーティストクルー所属。 『宇宙戦艦ヤマト』でアニメファンになり、東京デザイナー学院アニメ科(現東京クールジャパン)を卒業。…
    16キロバイト (1,910 語) - 2024年1月18日 (木) 08:58
    治療で、治ればいいのだが…mj

    1 muffin ★ :2024/04/29(月) 21:07:01.69 ID:2yqfH+Ee9
    https://www.daily.co.jp/gossip/2024/04/29/0017598178.shtml
    2024.04.29

    漫画家の麻宮騎亜氏が29日、自身のSNSへ投稿し、視力の低下により「自分の手を数える事も出来ません」と、現状を報告した。麻宮氏は漫画「サイレントメビウス」の作者として知られている。

    「【お知らせ】」と題した投稿の中で、麻宮氏は「現在の目の状況はかなり酷く自分の手の指を数える事も出来ません。なので個人的にラインやメッセンジャーを送られても読むことはおろか認識も出来ません。お急ぎの方は電話でご連絡ください」と、知人へ呼びかけている。

    また、同じ投稿の中で「今後の予定」も明かしており、「ただ、血糖値のコントロールがすこぶる上手くいき今週右目、来週左目の手術をすることになりました」と綴り、「上手くいけば5月11日の蒸気探偵団上映会、5月12日のジャパコミ、5月18日のキクチミチタカナイトには両目が見えているかと思います」と、イベントへの参加にも意欲を見せている。

    麻宮氏は2月9日の投稿で白内障の診断を受け、「像が二重に見えていて、ちょっと仕事の速度にも影響が出ています」と症状を明かし、手術を行うことを報告。その後、3月24日からは血糖値を下げ、コントロールするために10日間の「教育入院」を行っていた。


    (出典 i.daily.jp)

    【【漫画家】「サイレントメビウス」等の作者の、麻宮騎亜氏が、視力低下…糖尿病が原因らしいのだが、大丈夫なのか??【目が見えないって、ストレス半端なさそう。】】の続きを読む


    高橋 陽一(たかはし よういち、1960年7月28日 - )は、日本の漫画家・経営者。男性。東京都葛飾区四つ木出身。東京都立南葛飾高等学校卒業。元妻は声優の日比野朱里(旧名:小粥よう子)。血液型はA型。 主にスポーツを題材とした作品を執筆している。代表作はサッカーを題材にした作品『キャプテン翼』。…
    15キロバイト (1,816 語) - 2024年1月28日 (日) 07:15
    反応が…mj

    1 冬月記者 ★ :2024/04/03(水) 01:38:38.14 ID:QSHjC/Bp9
    『キャプテン翼』作者・高橋陽一「漫画家は引退」 体力の衰え実感…あす漫画連載43年に幕でネーム連載へ

     サッカー漫画『キャプテン翼』(作者:高橋陽一 63歳)シリーズの漫画連載が、あす4月4日発売の『キャプテン翼マガジンvol.20』で終了し、1981年より続いたシリーズ連載が43年の歴史に幕を下ろす。

     漫画連載の終了理由は、作者・高橋氏の体力の衰えや執筆環境の変化により、漫画を描くことが困難になってきたことが理由で、高橋氏は「漫画家は引退しますが、絵を描くこと、ストーリーを考えることはまだ好きなことなので、それらはこれからも続けていくつもりです」とコメントを寄せた。

     漫画連載は終了するが、今後の物語について集英社は本日3日、今夏より掲載の場を新たに立ち上げたWEBサイト『キャプテン翼WORLD』に移して、鉛筆描きの「ネーム形式」で週刊連載していくと発表。

     これは、高橋氏曰く、まだ構想がある今後の物語をすべて漫画化すると40年以上かかることから、ペン入れなし、トーンも貼られていない状態のネームの形で制作を継続。この方法について「執筆ペースが速まり、みなさんにこの先の物語をお届けできるペースも速くなる予定です」と説明している。

     なお、1月に漫画連載を終了することを発表した際、高橋は「これまで、身体は大きな病気をすることもなく、現在も健康状態は維持できていると思います。ただ年齢も60を超え、「週刊少年ジャンプ」や「週刊ヤングジャンプ」で週刊連載をしていた頃と比べると、老眼やめまいなどに苛まれ、だいぶ身体にガタがきていることもたしかです」と告白。

     「ここ数年、この先の物語をいったいどこまで描けるのか、ずっと考えていました。そして今回、最後まで連載にこだわり体力の限界まで“漫画”を描き続けるよりも、連載をやめ『キャプテン翼』の最終回までの“物語”を残す決断をしました」と、今回のネーム形式での連載を決めたと説明していた。


     高橋氏の漫画家デビュー作品となる『キャプテン翼』は、サッカーの天才少年・大空翼を主人公に、翼やそのチームメイト、ライバルたちの成長を描いた物語。爽やかなストーリーと個性豊かなキャラクター、そして誰もが真似したくなる迫力のある技の数々で一躍大人気となり、国内外で多くのプロサッカー選手誕生のきっかけになるなど、現実世界に大きな影響を与えてきた。

     1980年4月に『週刊少年ジャンプ』にて読切作品として掲載、81年3月から同誌で連載をスタートさせ、翼の小学生~ジュニアユース時代を描いたのち、88年22号で連載が終了すると、翼の成長にあわせ物語の舞台を移し、これまで数々のシリーズを連載させてきた。

     『週刊少年ジャンプ』にて『キャプテン翼<ワールドユース編>』、『週刊ヤングジャンプ』にて『同 ROAD TO 2002』、『同GOLDEN-23』、『同 海外激闘編 IN CALCIO 日いづる国のジョカトーレ』、『同 海外激闘編 EN LA LIGA』を掲載。そして現在の最新シリーズ『同 ライジングサン』を『グランドジャンプ』で2013年末から2019年まで連載し、2020年からは発表の場を『キャプテン翼マガジン』に移し連載。コミックスの全世界シリーズ累計発行部数は9000万部以上で、テレビアニメ化、ゲーム化もされた。

     作者の高橋陽一氏は、1960年7月28日生まれ。東京都葛飾区出身。第10回月例フレッシュ☆ジャンプ賞入選作品として、「週刊少年ジャンプ」に読切『キャプテン翼』が掲載されデビュー。翌年連載を開始、サッカー漫画の金字塔と呼ばれる作品となった。

    続きはリンク先
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f80506fbfcb006e39231291c6baa30d10e325bc9

    【【漫画家】「キャプテン翼」の高橋陽一氏が、漫画の方を引退って言うけど、特に寂しさを感じてない模様【それも、悲しくね??】】の続きを読む

    このページのトップヘ