漫画って


    漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。 漫画
    39キロバイト (5,792 語) - 2021年3月23日 (火) 09:02



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    意外に掘り出し物があるかもよ!!mj

    527 風吹けば名無し :2021/04/10(土) 07:47:51.94

    おやすみプンプンおもろいって言ったらボコろうとすんのやめろや


    (出典 res.booklive.jp)


    【【漫画】面白い漫画って 有名所ばっかりじゃない件【隠れた名作】】の続きを読む


    『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。 1968年7月11日に『少年ジャンプ
    131キロバイト (14,764 語) - 2021年3月15日 (月) 01:10



    (出典 www.shonenjump.com)


    それでも ジャンプ漫画って 人気だよな。mj

    420 風吹けば名無し :2021/03/21(日) 21:30:44.51


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    池沢くんの3作目は1話だけは可能性感じたわ
    題材は良かったしもっと練ってればヒットしてたわ


    【【漫画】少年ジャンプで 連載してた漫画で 良かったけど 打ち切りになっちゃった漫画って??【面白かったのに…】】の続きを読む


    漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。 漫画
    31キロバイト (4,495 語) - 2021年2月13日 (土) 04:10



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    個人の意見ですmj

    520 風吹けば名無し :2021/03/02(火) 10:01:31.58

    君ら百合漫画あんま読まんよな


    【【漫画】もっと売れてもいいと思う漫画って 何がある??【百合系って面白いかな…】】の続きを読む



    (出典 prtimes.jp)


    いわゆる黒歴史モノだよな。mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/11/19(木) 19:39:27.56 ID:CAP_USER.net

    なぜ満州はアヘンで滅びたのか? 人がクスリをやめられない意外な理由とは
    マンガ『満州アヘンスクワッド』原作者インタビュー

    現在、講談社コミックDAYSで連載中の人気作『満州アヘンスクワッド』の原作者・門馬司さんに話を聞いた。

    ◆ ◆ ◆

     1931年に起きた満州事変から90年が経とうとしています。

     その後に建国された満州国では、歳入予算6400万円のうちアヘン専売による収入が1000万円を占めていたといわれています。まさに、満州という国はアヘンという薬物で栄えた一方で、アヘンとともに滅びた国と言えると思います。






    アヘンで栄えた満州という地域の現実

     この『満州アヘンスクワッド』という作品は、関東軍として満州にやってきた貧乏兵士がアヘンの密売に手を染め、成りあがっていくクライムサスペンスとして描いているのですが、いろいろ過去の資料を調べてみると、いまの時代にもつながるいろんな人間心理が垣間見えてきます。


    満州国皇帝奉祝の人文字-1935年撮影 ©文藝春秋/amanaimages

    (出典 bunshun.ismcdn.jp)

    この記事の画像(8枚)
    https://bunshun.jp/articles/-/41213


     アヘンって実は日本国内だと御禁令が結構早めにでているんですよね。というのは、アヘン戦争で清がボロボロになったのを見ていたので、それをもって日本は結構早い時点から厳しく規制をしたんです。だから日本の人たちにとって「アヘン」ってあまりピンとこなかったんだと思うんです。

     ところが満州となると、その状況が変わってくる。満州はアヘンという薬物にかなり汚染された地域だなという印象でした。だからこそ、そこを舞台にしてみようかなと。日本人もたくさんいましたし、読者も興味を持ちやすいだろうということで満州を舞台に選びました。


    満州国のアヘンは政府が専売の形で小売人に売るシステムで、そのアヘン畑が各地にあった。当然、身近な畑からは違法栽培、密売が横行し、利権も生まれていた。 『満州アヘンスクワッド』第1巻より ©門馬司/鹿子 講談社

    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    【【漫画】「満州アヘンスクワッド」歴史を題材にした漫画って やっぱりデリケートで難しくね?!【感想】】の続きを読む


    如意自在(にょいじざい)は、日本の男性漫画家、イラストレーター。 高校時代は美術部に所属しており、主に油絵を描いていた。イラストを始めたきっかけは、あるゲームにはまり、その登場キャラを描きたいと思ったことだという。 同人誌即売会であるコミックマーケットに初めてサークル参加をしたのは2010年12月で
    2キロバイト (204 語) - 2020年8月1日 (土) 10:06



    (出典 pbs.twimg.com)


    ポールダンスって どうしても エロ系なイメージしかないよな。mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/08/03(月) 19:05:02.70 ID:CAP_USER.net

    「はるかなレシーブ」の如意自在による新連載「シルバーポールフラワーズ」が 8月1日にコミックDAYS(講談社)でスタートした。

    「シルバーポールフラワーズ」は妖艶に、そして官能的にポールダンサーとしてステージに立つ大学生の上崎華と、明るくポジティブにスポーツ競技としてのポールダンスに取り組む高峰花凛の2人を軸に描く物語。
    同じポールダンスでありながら、正反対の道を歩んできた2人の意地とプライドが火花を散らす青春ストーリーだ。


    【【漫画】「シルバーポールフラワーズ」ポールダンスの漫画って斬新だよな!!【注目されるかな?!】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ