漫画


    パリピ孔明』(パリピこうめい)は原作:四葉夕卜、作画:小川亮による漫画作品。『コミックDAYS』(講談社)にて、2019年12月31日から2021年11月16日まで連載。その後、同社の週刊誌『週刊ヤングマガジン』に移籍して、2021年52号より連載中。 五丈原の戦いで病死した諸葛亮孔明
    45キロバイト (5,839 語) - 2022年6月28日 (火) 15:00

    (出典 cv.bkmkn.kodansha.co.jp)


    乙女ゲームの様な キャラじゃないから いいとか??mj

    1 鳥獣戯画 ★
    MANTANweb2022年06月26日
    https://mantan-web.jp/article/20220625dog00m200029000c.html

    「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載中のマンガ「パリピ孔明」のコミックスの累計発行部数が100万部を突破したことが分かった。同作は4月に放送を開始したテレビアニメも話題になっている。コミックスが第9巻まで発売されており、最新10巻が7月6日に発売される。

    「パリピ孔明」は、四葉夕トさん原作、小川亮さん作画のマンガで、ウェブマンガサービス「コミック DAYS」(同)で2019年に連載を開始。2021年に「週刊ヤングマガジン」に移籍した。三国志の英雄にして天才軍師・諸葛孔明が渋谷に転生し、歌手を目指す月見英子の歌に心を打たれ、自ら軍師になることを申し出る……というストーリー。

    2020年に「次にくるマンガ大賞」のウェブマンガ部門「U-NEXT賞」に選ばれたことも話題になっている。アニメは、「SHIROBAKO」「白い砂のアクアトープ」などのP.A.WORKSが制作した。6月27日発売の同誌第30号の巻頭カラーを飾る。

    【【漫画】「パリピ孔明」アニメ化で 原作も人気になった??【諸葛孔明】【感想】】の続きを読む


    金の国 水の国』(きんくに みずくに)は、岩本ナオによる日本漫画作品。『月刊flowers』(小学館)にて2014年12月号から前後編読み切りを経て、2016年6月号まで不定期に掲載された。2016年、「このマンガがすごい!オンナ編1位」を受賞した。同年、「THE BEST MANGA 2017
    7キロバイト (682 語) - 2022年6月23日 (木) 14:38

    (出典 wwws.warnerbros.co.jp)


    何故かエルちゃんを思い出した。mj

    1 鳥獣戯画 ★
    アニメアニメ2022.6.23 Thu 11:40
    https://animeanime.jp/article/2022/06/23/70346.html

    「このマンガがすごい!」で史上初の2作連続1位を獲得したマンガ家・岩本ナオの『金の国 水の国』が、『時をかける少女』のマッドハウス制作でアニメーション映画化決定。あわせてティザービジュアルと岩本からのコメントも到着した。

    『金の国 水の国』は、「月刊flowers」にて2014年~2016年に掲載され、岩本ナオが「このマンガがすごい!」で初めて1位を獲得した少女マンガ。
    ある時代のどこかにある隣り合う仲の悪い2つの国を舞台に、A国の姫・サーラと B国の青年・ナランバヤルが偶然出会い、国の未来のために“夫婦役”を演じているうちに恋に落ちていく様子を描いている。
    連載終了から約6年経った今も、かつてない読後感から口コミが口コミを読んで単巻コミックスながら40万部を突破し、いまも部数を伸している傑作ファンタジーだ。

    これまで「この雄大な世界でキャラクターが動いている様子を見てみたい」など映像化を望む声が上がっていたが、ついにアニメーション映画化が決定に。
    監督は『ちはやふる』『俺物語!!』などで知られる渡邉こと乃、脚本は『HUGっと!プリキュア』のシリーズ構成を手掛けた坪田文、制作は『時をかける少女』『サマーウォーズ』『ちはやふる』のマッドハウスが担当する。

    今回公開されたティザービジュアルで描かれたのは、幻想的な月夜の下、サーラを呼び止めようとするナランバヤルと、彼の方へ振り返ろうとしているサーラの姿だ。
    原作の印象的なシーンからインスピレーションを受け、描き起こされたビジュアルとなっており、岩本は「このシーンにカラーを付けたことはなかったのですが、きれいな色使いがすごく神秘的で物語の世界観がよく表れていると思いました。ナランバヤルとサーラの動きと表情にも、何かが始まりそうな躍動感があり、映画の完成が一層楽しみになりました」とコメント。また、自身の作品のアニメ化についても「自分が紙の上に描いた人物たちがスクリーンの中で動いたり喋ったりしている姿を見れるのを楽しみにしてます」と期待を寄せた。

    『金の国 水の国』は2023年春に全国ロードショー。キャスト情報などの詳細も期待して待ちたい。

    【スタッフ】
    原作:岩本ナオ「金の国 水の国」(小学館フラワーコミックスαスペシャル刊)
    監督:渡邉こと乃(「ちはやふる」「俺物語!!」)
    脚本:坪田文(「HUGっと!プリキュア」「コウノドリ」「マッサン」)
    アニメーション制作:マッドハウス(『時をかける少女』『サマーウォーズ』「ちはやふる」)
    アニメーションスーパーバイザー:増原光幸(「ダイヤのA」「若おかみは小学生!」)
    製作幹事:日本テレビ放送網

    イラスト

    (出典 animeanime.jp)

    【【漫画】【アニメ化】「金の国 水の国」キャラが 微妙過ぎる件【ふくよかな女性に 希望の光が刺すかもよ??】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
    279キロバイト (35,615 語) - 2022年6月24日 (金) 00:12

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    で 海賊王にはいつなるの??mj

    794 名無しさん@恐縮です :2022/06/25(土) 02:56:36.56
    ルフィって海賊らしいこと何もしてないよな


    (出典 m.media-amazon.com)

    【【漫画】「ONE PIECE」ルフィって どんな役柄だったか覚えとるか??【海賊…??】】の続きを読む


    者たちによって肥料としてぞんざい扱い食わせている。ウェントリコススからグルメ評価によると、宝石たち砂は甘いらしい。 宝石の大気が苦手なため息を止めており、一切言葉を発しないが、月では呼吸できるため通常に会話する。機械文明をもたない宝石の国
    103キロバイト (17,318 語) - 2022年6月24日 (金) 04:46

    (出典 m.media-amazon.com)


    キャラデザって大事なんだな。mj

    332 名無しんぼ@お腹いっぱい (ワッチョイW 13cb-+L2Y) :2022/06/24(金) 19:24:00.96
    いろいろキャラ崩壊しまくってるんだけど作中で「月人化してインクルージョンのバランスが~」とか言われるとはいそうですかと納得するしかないし、あまり真面目にフォス心配したり感情移入もできなくなってしまった

    【【漫画】「宝石の国」名前出してもらわないと キャラがわかんなくなってしまうんだが…【誰が誰やら…】【感想】】の続きを読む


    ベルセルク』(BERSERK)は、三浦建太郎による日本の漫画作品。白泉社発行の漫画誌『ヤングアニマル』にて連載中。単行本は白泉社からヤングアニマルコミックスのレーベルで刊行されていた。 中世ヨーロッパを下地にした「剣と魔法の世界」を舞台に、身の丈を超える巨大な剣を携えた剣士ガッツの復讐の旅を描い
    126キロバイト (16,674 語) - 2022年6月21日 (火) 08:55

    (出典 raikogatretop.com)


    どこまで描くんだろうな。mj

    1 征夷大将軍 ★ :2022/06/24(金) 07:04:26.83
    オリコン 6.24
    https://www.oricon.co.jp/news/2239756/

    大人気漫画『ベルセルク』が、24日発売の連載誌『ヤングアニマル』(白泉社)13号より連載が再開された。原作者・三浦建太郎さんが昨年5月に急性大動脈解離により54歳で亡くなっており、2021年9月の最新話掲載を最後に休載していたが、親交があった漫画家・森恒二氏が監修し、三浦さんの元で学んだスタッフが所属しているスタジオ我画が漫画を描く形で第365話より連載。今後は、まず「幻造世界篇/妖精島の章」のラストまで計6話分を掲載し、初回となる同号では一挙2本立ての掲載となっている。

    『ベルセルク』は、昨年5月に死去した漫画家の三浦さんが、1989年に連載開始したダークファンタジー作品で、全世界でコミックス累計5000万部を突破。剣と魔法、そして魔物が存在する世界を舞台に主人公・ガッツの壮絶なる生き様を描き、1997~98年にテレビアニメ化、2012年~13年に三部作で劇場アニメ化、2016~17年に再度テレビアニメ化された。

    連載再開の理由にヤングアニマル編集部は「三浦建太郎さんは生前、親友である漫画家・森恒二さんに、『ベルセルク』のストーリーやエピソードを話していました」とし、三浦さんが描いた構想メモとキャラクターデザインが見つかったこともあり、今後は親交の深い森氏が監修しながら連載すると報告。

    「我々が持ち寄ったラストエピソード・最後の一コマまでを読んでほしいのです。再開にあたり我々制作陣は基本姿勢を決めました」とし、「『幻造世界篇/妖精島の章』のラストまで、まず6話分を掲載いたします。その後は新篇に入る予定です。再開後のクレジットは『原作・三浦建太郎 漫画・スタジオ我画 監修・森恒二』とさせていただき、単行本のナンバリングも承継いたします」と説明している。

    また、劇場アニメ『ベルセルク 黄金時代篇』三部作が、『ベルセルク 黄金時代篇 MEMORIAL EDITION』としてテレビ放送されることが決定。初の地上波放送となり、年内の放送が予定されている。三部作のタイトルは、12年2月4日公開の『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』、同年6月23日公開の『ベルセルク 黄金時代篇 II ドルドレイ攻略』、13年2月1日公開の『ベルセルク 黄金時代篇 III 降臨』。

    【【漫画】「ベルセルク」復活!!作画はなかなかのモノらしいぞ!!【いい仕事してる?!】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ