漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画などの絵を描く制作者が漫画家と呼ばれ、分類されている。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
10キロバイト (1,511 語) - 2022年10月23日 (日) 04:30
う~ん…マニアック過ぎるのか…mj

1 少考さん ★
プロレス漫画家・河口仁さん死去 | 東スポ
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/245320

2022年11月17日 17:47


(出典 tokyo-sports.ismcdn.jp)

ザ・グレート・カブキ(右)と河口仁さん(2019年)

 大のプロレスファンとして知られた漫画家の河口仁(かわぐち・じん)さんが、誤嚥性肺炎のため療養先の群馬県内で12日に死去していたことが分かった。72歳だった。

 1950年に山口・長門市に生まれ、赤塚不二夫さん(故人)のフジオプロでアシスタントとして漫画家デビュー。79年には週刊少年マガジンに〝呪術師〟ことアブドーラ・ザ・ブッチャーをモデルにした、プロレス・ギャグ漫画「愛しのボッチャー」を連載して独立した。

 その後は、週刊ゴングで「河口仁のワンポイント・パフォーマンス」を終刊まで連載するなど、プロレス専門誌を中心に執筆活動を行っていた。

 河口さんはブッチャーをはじめ、ジャイアント馬場さん、アントニオ猪木さん、ドリー・ファンク・ジュニア、天龍源一郎、大仁田厚、鈴木みのる、藤原喜明らが好きで、プロレス会場には温かいまなざしでリングを見守る河口さんの姿があった。

 交流が深かったみのるは、2013年11月に河口さんから送られた文面を自身のツイッターに投稿。(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【【漫画家】【訃報】「愛しのボッチャー」の 河口仁氏 死去…【どうか安らかに…】】の続きを読む