死去


    漫画家(まんがか)は、漫画作品の制作を生業とする人のこと。風刺漫画から、四コマ漫画などのギャグ漫画や短編のギャグストーリー漫画を描く人、シリアスな展開が求められる長編漫画まで、いずれの場合も制作者は漫画家と呼ばれる。 日本における一コマ漫画や4コマ漫画、欧米におけるコミック・ストリップのような比較的
    7キロバイト (1,019 語) - 2020年6月16日 (火) 13:37



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    ご冥福をお祈りします…mj

    83 なまえないよぉ~ :2020/08/29(土) 22:05:10.32 ID:qzdPlA0+.net

    明かしたくない病気だって世の中にはある


    【【漫画家】「キミオアライブ」の恵口公生氏が死去…色んな憶測が浮上…】の続きを読む


    もりしげ(4月10日 - 2020年6月30日)は、日本の男性漫画家。茨城県出身。代表作に『花右京メイド隊』、『こいこい7』、『フダンシズム-腐男子主義-』など。 ろんどべる名義にて1996年、「おさわがせ悪魔っ娘(デビルン)」(司書房『コミック一番』、オークラ出版「子供の森」収録)で漫画家デビュー
    7キロバイト (899 語) - 2020年7月3日 (金) 17:09



    (出典 decadeview.ocnk.net)


    ごめん…この漫画家さん解んないや…mj

    29 なまえないよぉ~

    >>27
    水樹奈々に変な演技やらせてDVDでカットされるという貴重な伝説を残したな。


    【【漫画家】【訃報】もりしげさん死去…代表作は 『こいこい7』等【噂では 自死だとか…】】の続きを読む


    シンフォギア ジー)、2015年7月から9月まで第3期『戦姫絶唱シンフォギアGX』(せんきぜっしょうシンフォギア ジーエックス)、2017年7月から9月まで第4期『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』(せんきぜっしょうシンフォギアアクシズ)、2019年7月から9月まで第5期『戦姫絶唱シンフォギアXV』(せんきぜっしょうシンフォギア
    347キロバイト (50,699 語) - 2020年6月16日 (火) 22:39



    (出典 askul.c.yimg.jp)


    何でアニメ関係ばっか…mj

    1 ひかり ★ :2020/07/01(水) 16:09:34.24 ID:CAP_USER.net

     TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギア』第1期の監督などを務めた伊藤達文さんが、5月23日に脳幹出血のため亡くなっていたことが1日、わかった。55歳。同日、
    妻でアニメーターのいとうまりこ氏が伊藤さんのツイッターアカウントで伝えた。

     まりこ氏は伊藤さんのアカウントを通じ「妻のいとうまりこです 5月23日伊藤達文が脳幹出血のため亡くなりました(享年55歳)」と報告。

     「突然の事だったので気持ちが追いつかない日々でしたが、少しずつ落ち着いてきましたので報告させていただきました」と心境をつづるとともに、
    「今まで応援してくださった皆様、仲良くしてくださった皆様本当にありがとうございました」と感謝を込めている。

     伊藤さんは『戦姫絶唱シンフォギア』第1期で監督を務めたほか、『まじかる☆タルるートくん』の作画監督など数多くの作品でアニメーターとしても活躍した。


    【【アニメ】【訃報】「戦姫絶唱シンフォギア」の監督・伊藤達文さんが 5月に死去…55歳【若過ぎるよ…】】の続きを読む


    漫画家の野間美由紀さんが虚血性心疾患で死去 「パズルゲーム☆はいすくーる」
    ミステリー漫画「パズルゲーム」シリーズで知られる漫画家の野間美由紀(のま・みゆき)さんが2日正午、虚血性心不全のため死去していたことが14日、分かった。白泉社が公式…
    (出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))


    野間 美由紀(のま みゆき、1960年12月4日 - 2020年5月2日)は、日本の漫画家。千葉県千葉市出身。 千葉県立千葉南高等学校卒業。 1979年、18歳の時、『トライアングル・スクランブル』(『花とゆめ』19号)でデビュー。同年『ひっくりかえって恋をして』で、第4回アテナ大賞2席を受賞。当初
    6キロバイト (540 語) - 2020年5月14日 (木) 10:42



    (出典 res.booklive.jp)


    つい最近まで元気だったらしい…

    【【漫画家】「パズルゲーム☆はいすくーる」シリーズの 野間美由紀氏 死去…【野間美由紀さん】】の続きを読む


    増岡 (ますおか ひろし、1936年8月7日 - 2020年3月21日)は、日本の声優、俳優、ナレーター。埼玉県出身。埼玉県所沢市在住。東京俳優生活協同組合所属。 埼玉県南埼玉郡(現在のさいたま市岩槻区)出身。埼玉県立大宮工業高等学校卒業。 当初は絵描きを志しており東京芸術大学美術学部に入るが、「
    68キロバイト (7,262 語) - 2020年3月26日 (木) 10:21



    (出典 s.eximg.jp)


    『え~~??』がもう聞けないのか…

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/03/26(木) 17:30:44.34 ID:CAP_USER.net

    増岡さんは「親しみやすさと優しさが僕のモットーです」と自己紹介していた。
    2020年03月26日 17時06分 JST
    ハフポスト日本版編集部

     
    フジテレビ系『サザエさん』のフグ田マスオ役や日本テレビ系『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさん役で親しまれた声優の増岡弘さん(享年83)が3月21日午前2時53分、直腸がんのため死去した。所属の俳協が3月26日に発表した。

    増岡さんは病気療養中だったという。葬儀は家族で執り行った。お別れの会は故人の意思により行わない。

    増岡さんは1936年、埼玉県出身。『サザエさん』では2代目マスオ役として約40年間、『アンパンマン』ではジャムおじさん役として約30年間担当。『ドラゴンボール』の亀仙人役としても知られた。

    俳協の公式ページでは、増岡さんが「親しみやすさと優しさが僕のモットーです」と自己紹介する音声が公開されている。


    【【声優】増岡弘さん、直腸がんで死去…長年 本当にお疲れ様でした…【合掌】】の続きを読む

    このページのトップヘ