模様


    2023年3月3日閲覧。 ポータル 漫画 プロジェクト 漫画 ウィクショナリーに関連の辞書項目があります。 漫画、en:comic 漫画作品一覧 漫画家一覧(世界の漫画家) 日本の漫画家一覧 漫画漫画原作:漫画、劇画における台本・脚本 漫画雑誌 漫画情報誌 漫画評論 コミックマーケット 原作 アンダーグラウンド・コミックス…
    40キロバイト (5,892 語) - 2024年1月5日 (金) 00:15
    多分 改善なんてあまり無いと思う…mj

    1 征夷大将軍 ★
     漫画『セクシー田中さん』で知られる漫画家・芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、日本漫画家協会は公式Xを更新した。

     Xでは「この度の訃報に接し、ご親族、関係者の皆様に心よりお悔やみ申し上げます」と追悼し、「会員の皆様は、契約等のお悩みがございましたら協会までご相談ください。専門知識、または経験則のある人間が対応いたします。※会員の方で事務局のメールアドレスが不明の方は、DMにてお問い合わせください」と呼びかけた。

     同協会への入会は入会金1万円、年会費2万円がかかるが、メリットとして「文芸美術国民健康保険」に加入できるほか、写真入り身分証明書が発行され漫画家として証明できたり、契約書や仕事上のトラブルの際は相談・同協会の著作権部などが対応、税務相談もできる。

     芦原さんは26日、ドラマ『セクシー田中さん』について「今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」経緯を長文で投稿していた。文章は小学館と事実確認したとするもので、自身の作品に込めた思いや、ドラマ制作前に提示していたとする条件、その後の局側とのやりとりなどを長文でつづっていた。

    ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2312553/full/
    2024-01-30 15:15

    【【漫画】漫画界、更に慌ただしい模様【こうなる前から何とかならんかったのか??】】の続きを読む


    月と湖(2007年、Betsucomi) Piece(全10巻) Bread & Butter(集英社、2013年 - 2020年、マーガレットコミックス、全10巻) セクシー田中さん(『姉系プチコミック』連載中、既刊7巻) 砂時計イラスト集 [脚注の使い方] ^ a b c d e f g h i j “プレスリリース 小学館からのお知らせ…
    5キロバイト (529 語) - 2024年1月26日 (金) 16:51
    だけど改変ってありがちじゃね??mj

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/01/27(土) 06:00:11.39 ID:/Ma0nseV9
    昨年10月クールに放送され、人気を呼んだドラマ『セクシー田中さん』(日本テレビ系)。12月24日の放送終了から1カ月が経ったが、漫画原作者の芦原妃名子氏がXで異例の声明を発した。

    『セクシー田中さん』は、『姉系プチコミック』(小学館)にて連載中の漫画で、単行本の累計部数が100万部を突破する人気作品だ。

    ドラマ化にあたって脚本を務めたのは、『失恋ショコラティエ』や『ミステリと言う勿れ』(ともにフジテレビ系)などこれまで数々の人気ドラマを手がけた相沢友子氏。しかし、ドラマ公式サイトのスタッフ欄を見ると相沢氏が脚本を手掛けたのは1~8話で、9~10話に関しては原作者である芦原氏の名前がクレジットされていた。

    1月26日、芦原氏は最近開設したXのアカウントを更新し、ブログにも綴った文章を訪問者が少ないとしてXにも転載した。

    《色々と悩んだのですが、今回のドラマ化で私が9話、10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った経緯や事情を、きちんとお伝えした方が良いのではと思い至りました。 この文章を書くにあたって、私と小学館で改めて時系列にそって事実関係を再確認し、文章の内容も小学館と確認して書いています》

    まず、芦原氏は《「セクシー田中さん」は一見奇抜なタイトルのふざけたラブコメ漫画に見えますが…。自己肯定感の低さ故生きづらさを抱える人達に、優しく強く寄り添える様な作品にしたいという思いが強くあり、ベリーダンスに纏わる方々の思いにも共鳴しながら、担当編集と共に大切に描いてきた漫画です》と自作への想いを説明。

    ドラマ化にあたって事前に、数話のプロットや脚本をチェックしたという芦原氏。その結果に加え、同作は連載途中で未完の作品であったことから《ドラマ化するなら「必ず漫画に忠実に」。漫画に忠実でない場合はしっかりと加筆修正をさせていただく》《漫画が完結していない以上、ドラマなりの結末を設定しなければならないドラマオリジナルの終盤も、まだまだ未完の漫画のこれからに影響を及ぼさない様「原作者があらすじからセリフまで」用意する。原作者が用意したものは原則変更しないでいただきたいので、ドラマオリジナル部分については、原作者が用意したものを、そのまま脚本化していただける方を想定していただく必要や、場合によっては、原作者が脚本を執筆する可能性もある》を条件に、ドラマ化に合意したという。

    これらの条件について、芦原氏は《脚本家さんや監督さんなどドラマの制作スタッフの皆様に対して大変失礼な条件だということは理解していましたので、「この条件で本当に良いか」ということを小学館を通じて日本テレビさんに何度も確認させていただいた》としている。

    毎回、漫画を大きく改変した脚本が提出され…

    しかし、制作がスタートして以降、まさかの展開が。芦原氏は《毎回、漫画を大きく改編したプロットや脚本が提出されていました》と明かしたのだ。その詳細は次のようなもの。

    《・漫画で敢えてセオリーを外して描いた展開を、よくある王道の展開に変えられてしまう。
    ・個性の強い各キャラクター、特に朱里・小西・進吾は原作から大きくかけ離れた別人のようなキャラクターに変更される。
    ・「性被害未遂・アフターピル・男性の生きづらさ・小西と進吾の長い対話」等、私が漫画「セクシー田中さん」という作品の核として大切に描いたシーンは、大幅にカットや削除され、まともに描かれておらず、その理由を伺っても、納得のいくお返事はいただけない。
    といったところが大きなところですが、他にも細かなところは沢山ありました》

    1~7話の脚本については《枠にハマったキャラクターに変えないでいただきたい。私が描いた「セクシー田中さん」という作品の個性を消されてしまうなら、私はドラマ化を今からでもやめたいぐらいだ》と日本テレビ側に粘り強く説明し、加筆修正を行いなんとか完成させたという。

    芦原氏及び小学館の担当者と、脚本家らドラマ制作スタッフを繋ぐ窓口はプロデューサーのみだったといい、芦原氏は度重なる改変により、脚本家や監督に当初伝えたドラマ化の条件が伝わっているのか、疑問を抱いていたと明かしている。

    ■原作者が用意したドラマオリジナル編のあらすじも大幅改変

    ドラマオリジナルのシナリオとなる8~10話については、芦原氏自らがあらすじやセリフを用意した。しかし、ここでも条件は守られず、用意したものを大幅に改変したものが脚本として提出されたという。

    続きはソースをご覧ください
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2287558/

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706283863/

    【【漫画】【ドラマ化】「セクシー田中さん」原作者、ドラマのストーリー展開に困惑してしまってた模様【原作者の思いとは】【感想】】の続きを読む


    煌龍(こうりゅうまる) 声 - 玄田哲章 アニメ第9話に登場。すべての龍神丸欠片に宿った神部龍神力が合わさり誕生する金色の龍魔神で、本作での龍神丸最終形態でもある。龍神丸自身が変化するが他の龍魔神決定的な違いで、ドバズダーを配下魔神ごと消滅させるほど強さをもつ。また、搭乗したワタル
    74キロバイト (10,965 語) - 2024年1月7日 (日) 13:23
    テーマソングが秀逸!!mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/01/07(日) 17:00:54.97 ID:7L9Q9PMU9

    電撃オンライン

    公開日時
    2024年01月05日(金) 14:11

     アニメ『魔神英雄伝ワタル』シリーズの生誕35周年を記念して、YouTubeチャンネル“サンライズチャンネル”で1月7日21:00より、アニメ『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』全9話の一挙プレミア配信が行われます。


     以下、リリース原文を掲載します。



    「魔神英雄伝ワタル 35周年感謝祭」開催記念『七魂の龍神丸』一挙無料配信 決定‼ イベントグッズ情報も解禁!

     サンライズブランド作品であるオリジナルアニメ『魔神英雄伝ワタル』シリーズの生誕35周年を記念して、2024年1月13日に開催される「魔神英雄伝ワタル 35周年感謝祭」。
    本イベントの開催を記念して、『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』の一挙無料配信が決定‼ イベント前にシリーズ最新作をお楽しみください。

     さらに、本イベントのグッズ情報も本日解禁! イベントに出演の、田中真弓、林原めぐみ、西村知道、山寺宏一、
    伊倉一恵といった超豪華なキャスト勢ぞろいの座談会が収録されたパンフレットのほか、イベント最後に実施される予定のプログラム「みんなで歌おうStep」にちなんだグッズも発売!





    感謝祭開催記念『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』スペシャル無料配信

    2024年1月7日(日)21時より、全9話を一挙プレミア配信!

    配信先:YouTube「サンライズチャンネル」
    配信期間:2024年1月7日(日) 21:00~1月14日(日) 23:59



    (出典 Youtube)



    <各話リスト>
    第1話「立ち上がれ!救世主」
    第2話「メッセンジャーはダレなんじゃ?」
    第3話「龍蒼丸・空中決戦!」
    第4話「赤い閃光!ダブル×の字斬り!」
    第5話「激闘!結婚?風雲ブリキン城!」
    第6話「輝け!聖龍の力!」
    第7話「笑って、泣いて、大ゲンカ!?」
    第8話「ふたつのココロと最後のカケラ」
    第9話「夢の果て、虹の向こう」

    <メインスタッフ>
    監督:神志那 弘志(スタジオ・ライブ)
    シリーズ構成:永井 真吾
    キャラクターデザイン:牧内 ももこ(スタジオ・ライブ)
    メカニックデザイン:新谷 学(アストレイズ)
    美術監督:池田 繁美、丸山 由紀子(アトリエムサ)
    音響監督:藤野 貞義
    撮影監督:長田 雄一郎(旭プロダクション)
    企画協力:BANDAI SPIRITS
    制作:サンライズ

    <メインキャスト>
    戦部ワタル:田中 真弓
    忍部ヒミコ:林原 めぐみ
    虎王:伊倉 一恵
    剣部シバラク:西村 知道
    龍神丸:玄田 哲章

    https://dengekionline.com/articles/216450/
    続き

    【【アニメ】「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」YouTubeチャンネルで 無料配信!!視聴者、期待大の模様!!【感想】】の続きを読む


    鈴木 達央(すずき たつひさ、1983年11月11日 - )は、日本の男性声優、歌手。アイムエンタープライズ所属(2023年10月まで)を経てフリー。千葉県市川市生まれ、愛知県岡崎市育ち。既婚。一児の父。 小学校4~5年生の頃は「家のデザインとか設計とかしたいな」と思い一級建築士になろうとしていた…
    202キロバイト (18,137 語) - 2023年12月21日 (木) 00:46
    たかが不倫 されど不倫…mj

    8 名無しさん@お腹いっぱい。 :2023/12/13(水) 15:58:10.68
    ぶっ飛びすぎ

    【【声優】「東リベ」の 初代・龍宮寺堅役等の 鈴木達央さん。復帰はまだ無理な模様…【でも このまま引っ込む訳には行かないだろう…】】の続きを読む


    ドラゴンクエストシリーズ > ドラゴンクエストモンスターズ ドラゴンクエストモンスターズ(DRAGON QUEST MONSTERS)は、スクウェア・エニックス(旧・エニックス)から発売されているRPGシリーズ作品。『ドラゴンクエストシリーズ派生作品。 略称は「DQM」。開発はナンバリング作品…
    12キロバイト (1,476 語) - 2023年12月1日 (金) 15:18
    新作だっつーのに…mj

    1 ネギうどん ★ :2023/12/09(土) 13:51:52.01 ID:sVkEmPLM9.net
    スクウェア・エニックスによる新作RPG『ドラゴンクエストモンスターズ3 魔族の王子とエルフの旅』が、12月1日にニンテンドースイッチで発売された。ファン待望のタイトルだったにもかかわらず、さまざまな点で賛否両論を招いている。

    満を持して発売されたシリーズ最新作

    同作は、1998年の『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』から始まった「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズの最新作。外伝的立ち位置の『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』などを除くナンバリングタイトルとしては、前作からおよそ22年ぶりの新作となる。

    ゼネラルディレクターに堀井雄二、キャラクターデザインに鳥山明、音楽に故・すぎやまこういちさんがクレジットされており、豪華な布陣は本家『ドラゴンクエスト』シリーズと変わらない。

    ゲームシステムは、モンスターを仲間にしたり、配合することによってパーティを充実させ、不思議な世界を旅していくというもの。新規モンスターを含め、500以上の種族が登場するという。

    また、主人公が『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』の登場人物だったピサロであり、アナザーストーリーとして構成されている点も注目を浴びていた。

    しかし大きな話題作にもかかわらず、12月6日時点で通常版のAmazonレビューが星5中2.9にまで落ち込んでいる。

    賛否両論を呼んでしまったポイント

    ファンの評判は、まさしく賛否が真っ二つに割れている状況。一方では《配合が楽しいだけで神》《神作とは言えないが良作》《意外と面白い》と評価する声が上がっており、他方では《どれだけゲーマーのヘイト集めれば気が済むの?》《スクエニのやり方に納得いかない》と辛らつな意見が飛び交っている。

    「シリーズのファンが最新作に難色を示している理由は、いくつかあります。グラフィックの品質やシナリオの完成度、キャラクターの魅力のなさ、処理落ちの多さなど、さまざまな点がやり玉に挙がっています。

    なかでも火種となったのが、DLC商法とコラボ商法。別売りのDLCとして、配合が楽になるダンジョンなどが用意されていることや、『マクドナルド』とのコラボ企画でしか手に入らないオリジナルモンスターが用意されていることが、不満の種となってしまったようです」(ゲームライター)

    ただ、「ドラゴンクエスト」宣伝担当の公式Xによると、同作は好評らしく、パッケージ版が一部店舗で欠品するほど好調だという。

    古参ファンはいろいろと思うところがあったとしても、新規ユーザーにとっては新鮮な気持ちで楽しめる“神ゲー”なのかもしれない。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/121976

    /original

    【【ゲーム】「ドラゴンクエストモンスターズ3 魔族の王子とエルフの旅」もう 期待されてない模様【昔は面白かったのにな…】【評価】】の続きを読む

    このページのトップヘ