映画


    映画「五等分の花嫁」公式ホームページ|TBSテレビ ごとぱず『五等分の花嫁 五つ子ちゃんはパズルを五等分できない。』運営サイト Switch/PS4「五等分の花嫁∬ 〜夏思い出も五等分〜」 五等分の花嫁【公式】 (@5hanayome) - Twitter TVアニメ『五等分の花嫁』公式 (@5Hanayome_anime)
    88キロバイト (10,532 語) - 2022年7月16日 (土) 13:11

    (出典 i.ytimg.com)


    タイトルからして アレな雰囲気なんよな…mj

    1 爆笑ゴリラ ★
    2022年8月1日

    映画『五等分の花嫁』が“まどマギ超え”で伝説に!? 特典商法をめぐって大論争

    五つ子の女子高生が織りなすラブコメ『五等分の花嫁』の劇場版が、大ヒットを記録している。大方の予想を裏切るほどの勢いで、アニメ史上でもまれに見る記録を残しているのだが、一部では“特典商法”の効果を疑われているようだ。


    伝説の深夜アニメを超えた?

    5月20日に公開された「五等分の花嫁」の劇場版は、2019年から始まったTVアニメシリーズの続きを描いたもの。完結編として、主人公・風太郎と五つ子たちによるラブストーリーの結末が描かれている。

    公式ツイッターによると、公開から約2カ月が経った7月16日には、観客動員数150万人、興行収入20億円を突破したという。これは深夜アニメの劇場版としては規格外の数字であり、歴代ランキングでもトップ10に入るようだ。


    その後も興行収入は伸び続けているようで、一部ではすでに20.9億に到達したというデータも。同じく深夜アニメの劇場版として、異例のヒットを記録した『魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』を上回る数字だ。

    “まどマギ”といえば、2010年代にオタクたちを熱狂させたメガヒット作。現在ほどのオタク作品バブルではなかった時代に、社会現象クラスのヒットを呼んでいた。「五等分の花嫁」がそんな同作を上回ったことには、時代の変化を感じざるを得ない。世間的には、そこまで話題になっている印象はないが…。


    ヒットは豪華特典のおかげ?

    中には劇場版「五等分の花嫁」のヒットについて、“来場者特典”の賜物と捉える人も。ネット上では、《五等分の花嫁の映画、まじで特典商法すぎるだろ》《興行収入20億越えは凄いとは思うが。 特典商法があったから、素直におめでとうとは言えません》《あんなん映画の興行収入じゃなくてグッズの売上やん》といった声が飛び交っている。

    たしかに同映画について、劇場に何度もファンの足を運ばせるような豪華な特典が用意されていたことは否定できない。公開から2カ月以上にわたって、来場者のための特典グッズをいくつも用意しており、およそ1~2週間おきに特典を総入れ替えするほどの気合。声優のメッセージつき描きおろし色紙や、映画のカットフィルム、複製原画など、ファンなら手に入れたいグッズばかりだった。

    特典は全部で第7弾まで展開されている上、数種類の内からグッズがランダムで手に入るものが多い。つまり五つ子のなかの“推し”グッズが欲しい場合には、リピートすることになる。

    もちろん売上を上げるために試行錯誤するのは、何も悪いことではない。そもそも興行収入は作品のクオリティや格を表すものではないので、数字にとらわれること自体が間違いなのだろう。今後もグッズが強いラブコメや萌え系の作品が、記録を塗り替えていくかもしれない。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/108789

    【【アニメ】【映画】「五等分の花嫁」ほんまに『まどマギ』に勝ったん??【これって嬉しい事なのか??】【感想】】の続きを読む


    SLAM DUNK (スラムダンクからのリダイレクト)
    animation スラムダンク I Love Basketball』(セガサターン):1995年8月11日 バンダイ 『From TV animation スラムダンク 〜SDヒートアップ!!〜』(スーパーファミコン):1995年10月27日 バンプレスト 『スーパースラムズ -FROM TV ANIMATION
    78キロバイト (7,496 語) - 2022年7月2日 (土) 12:57

    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    山王戦が見たいのに…

    1 風吹けば名無し :2022/07/02(土) 23:16:32.77
    https://www.oricon.co.jp/news/2240932/
    人気漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』の新作アニメ映画が12月3日に公開されることが2日、公式サイトで発表された。また、映画の正式タイトルは『THE FIRST SLAM DUNK』に決定し、湘北メンバーが描かれたキャラクターポスターも公開された。

    【【アニメ】大悲報‼︎スラムダンクの映画、山王戦じゃない??【豊玉戦とかやらそう】【何作作る気だろう??】rb】の続きを読む


    トイストーリー」を知らない。」。 1995年公開の『トイストーリー』、1999年公開の『トイストーリー2』、2010年公開の『トイストーリー3』に続くトイストーリーリーズ第4作目であり、ピクサーの長編映画としては2018年公開の『インクレディブル・ファミリー』に次ぎ『トイストーリー
    82キロバイト (9,597 語) - 2022年6月25日 (土) 21:03

    (出典 www.jigsaw.jp)


    割と印象が悪かった気がしたが…mj

    602 名無しさん@恐縮です :2022/06/26(日) 12:00:58.51
    3から4は何年後に公開されたんだっけ
    CG技術はだいぶアップしてたな

    【【アニメ】【映画】「トイ・ストーリー4」かなり酷評だった件【思い入れが違うからなのか】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    ドラゴンボール > ドラゴンボール超 > ドラゴンボール超 スーパーヒーロードラゴンボール超 スーパーヒーロー』(ドラゴンボールスーパー スーパーヒーロー、英語: Dragon Ball Super: SUPER HERO)は、2022年6月11日に公開された日本のアニメーション映画。アニメ『
    34キロバイト (5,173 語) - 2022年6月14日 (火) 12:15
    images (5)



    今でも人気あるんだな!!mj

    1 ひかり ★ :2022/06/14(火) 08:08:46.15
     11日に公開されたアニメ映画「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」(児玉徹郎監督)が、12日までの2日間で50万人を動員し、興行収入6・7億円の好スタートを切った。同映画の宣伝担当が13日、発表した。これを受け、映画の原作・脚本・キャラクターデザインを担当した漫画家の鳥山明氏がイラスト入りのコメントを寄せた。

     1984年から1995年まで集英社「週刊少年ジャンプ」で連載され、単行本の全世界累計2億6000万部の大ヒット漫画。今も絶大な人気を誇る最新作では、新生レッドリボン軍が登場し、最新技術を使した映像クオリティに、鳥山ワールド全開のコミカルなギャグ満載の日常シーンと大迫力のバトルが見どころ。

     鳥山氏は「ひとことで言って、スゴいアニメ映画です!」と切り出した。「これまで宇宙などの大きなスケールを舞台にしてきたので、ちょっと原点に帰ったつもりで今回は、地球のほんの小さなエリアが舞台です。しかも、敵は連載当時もたいしてインパクトの無かったレッドリボン軍。さらに、悟空もベジータも今回主役ではありません。おもしろい話にしたつもりではありますが、ちょっと地味かもしれないと、ずっと心配をしていました」と公開前の心境を明かした上で、児玉徹郎監督はじめ制作陣の働きを絶賛。「ピッコロかっこいい!悟飯かっこいい!ガンマ1号も2号も、みんなかっこいい!いつもは、自分の作品に冷静な僕でさえ、不覚にもそんなことを思ってしまいました。こんなこと初めてです」と、興奮を隠さなかった。

     添えられた自画像イラストはピッコロの衣装をまとったおなじみのロボット姿。「感謝しかありません。僕的には、もう大満足です」などと述べ、鑑賞を呼び掛けた。

    (よろず~ニュース編集部)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c5b07014f189f154e6a429dd3cc18f2995fa5b3

    (出典 img2.animatetimes.com)

    【【アニメ】【映画】「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」鳥山明氏。大いに喜んでる模様【作者として 嬉しそう!!】【感想】】の続きを読む


    ドラゴンボール > ドラゴンボール超 > ドラゴンボール超 スーパーヒーロードラゴンボール超 スーパーヒーロー』(ドラゴンボールスーパー スーパーヒーロー、英語: Dragon Ball Super: SUPER HERO)は、2022年6月11日に公開された日本のアニメーション映画。アニメ『
    30キロバイト (4,564 語) - 2022年6月13日 (月) 15:45

    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    あの『トップガン マーヴェリック』を抜いたもんな!!mj

    1 muffin ★
    https://natalie.mu/eiga/news/481396
    2022年6月13日

    6月11日から12日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」が初登場で1位を獲得した。

    原作者の鳥山明が脚本とキャラクターデザインを手がけた「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」は、かつて孫悟空が壊滅させた世界最悪の軍隊・レッドリボン軍が復活する物語。児玉徹郎が監督し、野沢雅子、古川登志夫、入野自由、神谷浩史、宮野真守らが声のキャストに名を連ねた。

    また、「劇場版 からかい上手の高木さん」が初登場で6位にランクイン。山本崇一朗のマンガを原作とする同作では、隣の席になった女の子・高木さんに何かとからかわれる男子・西片の日常が描かれる。赤城博昭が監督を務め、高橋李依が高木さん、梶裕貴が西片に声を当てた。

    2022年6月11日~12日の全国映画動員ランキングトップ10
    1. ドラゴンボール超 スーパーヒーロー(NEW)
    2. トップガン マーヴェリック(1↓ / 3週目)
    3. シン・ウルトラマン(2↓ / 5週目)
    4. 映画 五等分の花嫁(4→ / 4週目)
    5. 名探偵コナン ハロウィンの花嫁(5→ / 9週目)
    6. 劇場版 からかい上手の高木さん(NEW)
    7. 機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(3↓ / 2週目)
    8. 極主夫道 ザ・シネマ(6↓ / 2週目)
    9. 映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(7↓ / 8週目)
    10. 死刑にいたる病(8↓ / 6週目)
    ※()内は先週の順位と公開週数
    ※興行通信社調べ


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)

    【【アニメ】【映画】「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」はつえーなぁ!!【ガンダムは 高木さんに負けてるって言う…】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ