新作は


    ベルサイユのばら』は、池田理代子による漫画作品。通称「ベルばら」。フランス革命前から革命前期ベルサイユを舞台に、男装麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットら人生を描く、史実を基にしたフィクション作品。 この項目では、集英社マーガレットコミックス第1巻から第10巻までを「本編」、第
    254キロバイト (38,983 語) - 2022年9月8日 (木) 11:47

    (出典 www.cdjournal.com)


    43年前位にやってたっけな。mj

    1 愛の戦士 ★
    ORICONNEWS 2022-09-07 06:00

     漫画『ベルサイユのばら』(略称:ベルばら 原作:池田理代子)の誕生50周年を記念して、完全新作となる劇場アニメが制作されることが7日、発表された。あわせてティザービジュアルと特報映像、池田氏描き下ろしのお祝いイラストが公開された。

     『ベルサイユのばら』は、18世紀後半・フランス革命の時代を舞台に、将軍家の跡取りで、“息子”として育てられた男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、隣国オーストリアから嫁いできた純真無垢な王妃マリー・アントワネットらの愛と人生を描いた作品。時代に翻弄されながらも、それぞれの人生を懸命に生き抜いた愛と運命の物語。

    『ベルサイユのばら』完全新作の劇場アニメ制作決定 誕生50周年記念で特報映像が公開
    2022-09-07 06:00
    comment tweet Facebook Hatena Bookmark LINE

     漫画『ベルサイユのばら』(略称:ベルばら 原作:池田理代子)の誕生50周年を記念して、完全新作となる劇場アニメが制作されることが7日、発表された。あわせてティザービジュアルと特報映像、池田氏描き下ろしのお祝いイラストが公開された。

     『ベルサイユのばら』は、18世紀後半・フランス革命の時代を舞台に、将軍家の跡取りで、“息子”として育てられた男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、隣国オーストリアから嫁いできた純真無垢な王妃マリー・アントワネットらの愛と人生を描いた作品。時代に翻弄されながらも、それぞれの人生を懸命に生き抜いた愛と運命の物語。

    1972年から1973年まで『週刊マーガレット』(集英社)にて連載され、マーガレット・コミックスは全10巻を刊行、2014年からは40年ぶりとなる新エピソードの単行本4巻も発売されており、累計発行部数は2000万部を突破している。

     メディアミックスの先駆けと言われており、1974年には宝塚歌劇団により舞台化され、その後、1979年にテレビアニメ化、1990年に映画化と、さまざまな方面で社会現象を巻き起こした。

     解禁となったティザービジュアルには「激しく、美しく、生きた―」というキャッチコピーとともに、オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、マリー・アントワネットが美しく描かれている。特報では、クラシック音楽にあわせて原作漫画とティザービジュアルが映し出されている。

     また、池田氏から寄せられた描き下ろしのお祝いイラストには、「いつまでも忘れないでね」のコメントとともにオスカルとマリー・アントワネットが描かれている。

     今回の劇場アニメ化について池田氏は「多くのファンの方たちから、新しいアニメをというご希望をよくいただくので、まさかそれが実現するなんて、驚きとうれしさでいっぱいです」とし、自身にとって『ベルサイユのばら』の存在は「作品は、読む読者が感じ取るもので、私にとってどうと聞かれると難しいのですが、世代を超えて読み継がれるということは、本当にうれしいです」とコメントを寄せた。

    https://www.oricon.co.jp/news/2248414/photo/1/
    劇場アニメ『ベルサイユのばら』のティザービジュアル (C)池田理代子プロダクション/ベルサイユのばら製作委員会

    【【漫画】【懐アニメ】「ベルサイユのばら」とりあえず 新作は 声優陣は変えないで欲しいよな!!【子供には難しいだろ】】の続きを読む


    富野 由悠季(とみの よしゆき、1941年11月5日 -)は、日本のアニメ監督・演出家・脚本家・漫画原作者・作詞家・小説家。本人は演出家・原案提供者としている。日本初の30分テレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』の制作に携わるなど、日本のテレビアニメ界をその創世期から知る人物。祖父は東京府大島町(現・東
    107キロバイト (15,446 語) - 2022年7月24日 (日) 17:05

    (出典 wpb.shueisha.co.jp)


    それより ガンダム…mj

    1 鳥獣戯画 ★
    MANTANWEB2022年08月05日
    https://mantan-web.jp/article/20220804dog00m200021000c.html

     テレビアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ(G-レコ)」の劇場版「Gのレコンギスタ」(富野由悠季総監督)の完結編となる第5部「死線を越えて」が、8月5日に公開された。「G-レコ」は、“ガンダムの生みの親”の富野監督が手がけるアニメで、2014年にテレビアニメの放送がスタートしてから約8年がたち、劇場版が第5部でついに完結を迎えることになった。富野監督には次作の構想があるという。タイトルは「ヒミコヤマト」。一体どんな作品になるのか? 富野監督に聞いた。

     ◇やる!とは言えない
     富野監督に次作の話を聞こうとしたら「僕、いくつだと思う? 80歳だよ。あとは死ぬのを待っているだけ」と怒られた。

     「20年前と違って体も自由に動けない。この2、3年はちゃんと歩けなくなっているの。そんな人が次の作品なんて、できる? 順調にいってもシナリオに1年、コンテで1年、実際に作画すると3、4年かかる。全部で5年くらいかかる。85歳まで仕事ができる? コラボレーションしようとも思ったけど、失敗してるんです。結局、他人に渡せないんですよ」

     富野監督のこれまでの仕事を回顧、検証した初の展覧会「富野由悠季の世界」では「ヒミコヤマト」という作品の資料が展示されていた。富野監督は過去にも同作について語ったこともあったので「『ヒミコヤマト』を次作として進めているのでは?」と聞いてみた。

     「『ヒミコヤマト』はやろうと思ったけど、全然できないから一度やめた。忘れていたけど、『富野由悠季の世界』が始まった時、資料を全部出してくれというので、スケッチを渡した。これで公表したら、考えるかな?と思ったけど、考える気が全然なかった。『G-レコ』が終わりそうになった去年くらいから、ほかにないからやろうとした。もう1年以上たつけど、めどが立っていないから、やる!とは言えない」

     ◇男の思い込みを揺るがす物語を作りたい
     富野監督は「ヒミコヤマト」について「卑弥呼が戦艦大和を宇宙戦艦ヤマトみたいに飛ばしちゃうという話を作りたいわけ」と話す。突拍子もない構想だが、一体どんな作品になるのだろうか?

     「1年くらい前、本気になって、シナリオを書いてみたことがあったけど、制作進行の若い連中に『これダメ』と言われてしまった。動機付けを考えようとした時、一番問題になったのが、卑弥呼というキャラクター。卑弥呼を理解する必要がある。実を言うと、卑弥呼がどういう女性であるかはちゃんと書かれていない。卑弥呼には、知識があったと思うんですよ。1年前に、卑弥呼が知ってる知識が書かれた本を見つけたんです。大陸の歴史を総覧したような百科事典的な『淮南子』があって、卑弥呼は、そこに書かれているようなことを知っていたかもしれない。卑弥呼の教養論を考えていくと、人格が見えてくるだろう。そこは思いついたけど、いろいろな説もある。卑弥呼というのは役職名で何人もいたという説もあって、稲作が始まって、土地をめぐる争いがあって、男が支配しているとそういうことが起きたから女が支配するようになったという説もある。それと、戦艦大和の復活をつなげようとするけど、つなぎ方が分からない」

     卑弥呼の時代が舞台と思いきや、どうやら舞台は現代になるという。

     「バカ共に地球を任せておけない!と卑弥呼が現代に現れる。それで沈んでいた戦艦大和を飛ばすんです。戦艦大和は、もろかった。だからバラバラになってしまった。男の力でなんでもやろうとすると、沈んでしまう。男社会の問題を考えないといけない。このままでは地球がもたない。男の思い込みを揺るがす物語を作りたい。作りたいけど、作ることができるとは思っていない。今はこれくらいしか話せることがない。すみません」

     富野監督は80歳でも創作意欲が衰えることはない。「できるとは思っていない」というが、期待が高まる。

    【【アニメ】富野由悠季氏。新作は 戦艦大和を題材にするらしいな。【若い人には負けれん!!】】の続きを読む


    ヤマノススメ』は、しろによる日本の漫画作品。アース・スター エンターテイメント発行の月刊漫画雑誌『コミック アース・スター』にて第6号(2011年9月号)より連載中の、女子高生による登山をテーマとするストーリー漫画である。 インドア趣味で高所恐怖症の主人公の少女・あおいが、アウトドア志向の幼馴染・
    94キロバイト (11,226 語) - 2021年9月5日 (日) 14:22



    (出典 www.kinokuniya.co.jp)


    ちゃんと 山の怖さも描いてな!!mj

    1 ひかり ★ :2021/09/05(日) 23:05:05.97

     テレビアニメ『ヤマノススメ』の新作『ヤマノススメNext Summit(ネクストサミット)』が、2022年に放送されることが決定した。あわせて、最新PVと新キャストも発表。新キャラクター・小春役を岩井映美里が担当する。

     PVでは、あおいやひなた、これまでに登場しているおなじみのキャラクターに加え、今回より登場する新キャラクター・小春のカットを含む、新規カットがふんだんに使用されている。

     同作は、女の子だけのゆるふわアウトドア漫画が原作で、主人公・あおいたちの友情や成長を描くだけでなく、山や登山の描写にもこだわった本格的な登山作品。テレビアニメは現在3期まで、OVAも制作される人気作品となっている。

    ■キャスト
    あおい:井口裕香
    ひなた:阿澄佳奈
    かえで:日笠陽子
    ここな:小倉唯
    小春:岩井映美里

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6dee6a312fcc08b350f32c8303ccccf26a02d279


    【【アニメ】「ヤマノススメ」今度の新作は どこまで描いて行くのか気になるんだが【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ