懐アニ


    アニメーション > アニメ アニメは、アニメーション(英語: animation)の日本語における略語である。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。当記事では主に日本の一般向け商業アニメーション(テレビアニメ、劇場アニメ、OVAなど)について記述する。 日本では「アニメーション」の用語は時代にもより以下の訳語も使用された。
    109キロバイト (15,379 語) - 2021年1月24日 (日) 17:42



    (出典 i.ytimg.com)


    名作揃い!!mj

    【【懐アニ】1978~1983生まれのおまいらが 懐かしいアニメ挙げてけ!!】の続きを読む


    フランダースの犬』(フランダースのいぬ、英: A Dog of Flanders)は、イギリスの作家ウィーダが19世紀に書いた児童文学である。絵画をテーマとした貧しい少年と友情を描いた悲劇として知られる。 『フランダースの犬舞台は19世紀ベルギー北部フラーンデーレン(フラン
    26キロバイト (3,455 語) - 2020年11月25日 (水) 04:20



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    そんなのありかよ…mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/02/06(土) 17:38:33.29 ID:CAP_USER.net

    「(パチンコ)CRフランダースの犬以来の衝撃」

    あるツイッターユーザーは、情報を目にした際の驚きをこう表現した。カラオケ機器「JOYSOUND」などを手がけるエクシング(名古屋市)は、カラオケルームでテレビアニメシリーズ「世界名作劇場」の作品を観られるサービスを2021年1月20日に開始。その第1弾として『フランダースの犬』を配信しているが、見られるのは「第1話」「最終話」の2話分だけなのだ。

    一体なぜ「大幅省略」になってしまったのか。エクシングの広報担当者に話を聞いた。



    (出典 www.j-cast.com)

    「疲れるのが早すぎるフランダースの犬」が話題に(画像はエクシングのニュースリリースより)





    途中の50話分は「総スルー」

    『フランダースの犬』はイギリスの作家・ウィーダによる児童文学作品。ベルギーのフランダース地方を舞台に、絵を描くことが好きな少年・ネロと老犬・パトラッシュの暮らしを描いたストーリーだ。日本では1975年に放送された「世界名作劇場」(フジテレビ系)のテレビアニメで知られ、最終話でネロが天に召される場面は、アニメ史に残る名シーンとも言われる。

    放送から40年以上が経った今。DVDや動画配信サービスでの視聴も容易になっている中、この名作を一風変わった手段で視聴できるサービスがある。エクシング(名古屋市)のカラオケ機器「JOYSOUND」を通じて、カラオケルームにいながら作品を無料で見られるというものだ。音楽ライブやお笑いライブを視聴できるJOYSOUNDのサービス「みるハコ」では、1月20日から4月19日にかけて「世界名作劇場」のアニメ作品を無料配信。その第1弾として、「フランダースの犬」の配信がはじまった。

    しかし、視聴可能なのはネロとパトラッシュが出会う「1話」と、ネロが亡くなる「最終話」のみ。アニメ全52話のうち、途中の50話分は「総スルー」されてしまったのだ。

    このことは1月下旬、ツイッターユーザーの間で大きな話題に。「鬼かっ!」「健気な男の子だな~と思ってたら次の無料公開話で天に召されてるの急展開すぎる」「疲れるのが早すぎるフランダースの犬」「タイトルも『フラ犬』に変えよう」と反響が続出した。中には「忙しい人のためのフランダースの犬」「フランダースの犬RTA(リアルタイムアタック)」と表現する人もいた。




    他のメディアで「全てのストーリーを満喫頂ければ...」
        


    【【懐アニ】「フランダースの犬」実は 感動作品ではないらしい…【涙無しではみられないはずなのに…】【興ざめ…】】の続きを読む


    魔法騎士レイアース』(マジックナイトレイアース Magic Knight Rayearth)は、CLAMPによる日本の漫画作品。またはそれを原作としたテレビアニメ、ゲーム、OVAなどの作品である。 1993年11月から1996年4月まで『なかよし』で連載されたファンタジー漫画作品。また、1994
    123キロバイト (18,573 語) - 2021年1月31日 (日) 12:54



    (出典 www.cave.co.jp)


    アニメは短命だったな…mj

    962 名無しさん@お腹いっぱい。

    原作のザガートがアルシオーネをあっさり殺したのは、自分にまとわりついてウザいからとしか思えん


    【【懐アニ】「魔法騎士レイアース」最後は グダグダだったのが 残念な件【テーマソングは凄く良かったのにな…】【感想】】の続きを読む


    Theかぼちゃワイン』(ザ かぼちゃワイン)は、三浦みつるによる日本の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメ、劇場版アニメ、実写オリジナルビデオである。 講談社『週刊少年マガジン』掲載の読切短編『武蔵とエル』を原型としてキャラクターを練り直し、同誌で連載がスタート。1981年4・5合併号から1984年26号まで掲載された。
    40キロバイト (3,628 語) - 2020年6月23日 (火) 08:02



    (出典 www.g-root.jp)


    これって良質アニメの『一休さん』の後番組なんだよな!!mj

    15 なまえないよぉ~

    大きい女の子好きだけど怒らせて走って逃げたけど
    体重乗った左フック防いでスマッシュストレートもらった時は
    少し悲しい気持ちになったな


    【【懐アニ】「The・かぼちゃワイン」エルちゃんは ストーカー?!【一途なだけ?!】【感想】】の続きを読む


    編のページを作中に挿入し、その演出意図や制作秘話などが並行して語られている。本作の『デビルマン』は再録ではなく新規描き下ろしであり、この章に関しては漫画版『デビルマン』のリメイク版的な側面も含まれる。 デビルタカマン とんねるずのバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』内のコント。本作のテ
    107キロバイト (16,457 語) - 2020年7月16日 (木) 02:57



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    それで ちゃんと視ていたのか?!mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/07/08(水) 22:09:33.02 ID:CAP_USER.net

    1972年7月8日、TVアニメ『デビルマン』の放送が開始されました。「誰も知らない 知られちゃいけない」という歌詞のオープニングテーマ『デビルマンの歌』は、強烈な印象を残しました。エンディング曲も、絵と歌詞、曲が調和して作品世界を体現した、70年代アニメソングのなかでも屈指の傑作です。

    誰も知らない 知られちゃいけない

     1972年7月8日は、TVアニメ『デビルマン』の放送が開始された日です。当時の若者に絶大な影響を与えたマンガ版とほぼ同時に放送されていたためストーリーは辻真先氏が担当し、アニメはマンガ版とは異なる展開ながらもヒット作となって繰り返し再放送されました。子供の頃に再放送で『デビルマン』を知り、成長してからマンガ版を読んで大きな衝撃を受けた、ライターの早川清一朗さんが当時を回想します。

    * * *

     マンガ版『デビルマン』は筆者が生まれる前に連載されていたため、当時の空気は分かりません。しかしながら少し年上の方と話をすると、『デビルマン』という単語に強烈な反応が返ってくることも多く、当時どれだけ強い影響力を持っていた作品だったのかを、たびたび思い知らされてきました。

     それよりも、筆者にとってはTVアニメ版『デビルマン』の方が、より親しんできた存在です。本放送こそ連載とほぼ同時期ですが、筆者が物心ついたころには繰り返し再放送されており、何度も見返した記憶があります。小さい頃は敵のデーモン族がちょっと怖かったので、母や姉の陰に隠れるようにして見ていた、思い出深い作品です。
     
     TVアニメ版の『デビルマン』はマンガ版と比較するとヒーロー指向の作品となっており、主人公の不動明(以下、明)は「デービール!」の掛け声と共にデビルマンに変身します。必殺のデビルビームで毎話登場するデーモン族の刺客たちを返り討ちにするデビルマンの姿は、当時子供だった筆者の目には、とても頼もしい存在に映っていました。

    そしてデビルマンと言えば、オープニングとエンディングを外して語ることはできません。オープニングテーマ『デビルマンの歌』はデビルマンがデーモン族の裏切り者でありながらも、人のためにさまざまな力を駆使して戦っていることを表現しています。 エンディングテーマ『今日もどこかでデビルマン』は、ビルの骨組みに座り込み腕組みをしている姿が、デビルマンの孤独を見事に示しています。両曲とも、絵と歌詞、曲が調和して作品世界を体現した、70年代アニメソングのなかでも屈指の傑作なのではないでしょうか。


    【【懐アニ】「デビルマン」OPとEDを盛大に間違えてる件【違うだろッ!!】】の続きを読む

    このページのトップヘ