感想


    では、アニメとテレビドラマについても述べる。 『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンド砕けない』の登場人物、漫画家の岸辺露伴を中心として展開するスピンオフ作品。タイトルの「動かない、「露伴は主人公ではなく、あくまで物語のナビゲーターである」という意味である。…
    106キロバイト (16,480 語) - 2023年1月6日 (金) 02:37
    高橋一生さんファンには 辛い??mj

    631 名無しさんは見た!@放送中は実況板で :2023/01/09(月) 08:51:32.69ID:LrH8rWWA
    共演者が恋人だと知ってると妄想が湧く視聴者には辛いんだろうね

    【【漫画】【ドラマ化】「岸辺露伴は動かない」飯豊まりえちゃんが可愛いのだが【お似合いじゃん】【感想】】の続きを読む


    ぼっちろっく!』(BOCCHI THE ROCK!)は、はまじあきによる日本の4コマ漫画。『まんがタイムきららMAX』(芳文社)にて、2018年2月号から4月号までゲスト連載後、同年5月号から連載中。略称は「」。キャッチコピーは「陰キャならロックをやれ!」。…
    113キロバイト (16,894 語) - 2023年1月8日 (日) 15:28
    コレクションにいいかもな!!mj

    【【アニメ】「ぼっち・ざ・ろっく!」人気作品だけに 円盤売れてるんじゃね?!【2期確定??】【感想】】の続きを読む


    アニメ アニメーション - アニメーション(animation)の略語。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。アニメーションとは動かない絵や物体をコマ撮りと映写によって動いているように見せる表現技法。日本でのアニメーションの使用全般については「日本のアニメーション」を参照。 アニメ (日本のアニメーション作品)…
    987バイト (177 語) - 2022年12月5日 (月) 06:51
    原作に 居ないキャラだからこそ大事?!mj

    1 muffin ★ :2023/01/08(日) 18:03:22.21ID:jhzSDAgu9
    https://magmix.jp/post/131191
    2023.01.08

    大好きなマンガ、アニメが映画化されて、楽しみに見に行ったら、「アニメオリジナル」のキャラクターや展開に驚かされたことはありませんか? この記事では、良くも悪くも「好き放題やりすぎてしまった」劇場版アニメをご紹介。

    ●『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984年公開)
    2022年10月からの「令和版」新作アニメも絶賛放送中の『うる星やつら』(原作:高橋留美子)では、初代TVシリーズの劇場版第2作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』は、完全アニメオリジナルで描かれています。前作『うる星やつら オンリー・ユー』(1983年公開)から続投した、奇才・押井守監督の代表作のひとつとなった作品です。

    主人公・諸星あたるやラムたちが通う友引高校の、「文化祭前日」が繰り返される様子をミステリータッチで描いており、タイムループものの先駆けともいわれるストーリーや、SF表現はファンからも高く評価され、今もなお傑作アニメ映画として語り継がれています。

    一方、シリアスで陰鬱なシーンやメタ的なセリフも多く、本来のラブコメらしい雰囲気からはかけ離れている面もあり、原作初期のようなドタバタ感の『オンリー・ユー』を賞賛していた高橋先生が、激怒してしまったという逸話も残されています。また、終盤のあたるの言動には、原作やTVアニメからは考えられないものもあり、一部ファンの間では「解釈違い」「パラレルワールドだと思いたい」といった意見もあったほどです。


    ●『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(2005年公開)
    2022年公開の『ONE PIECE FILM RED』も話題となった『ONE PIECE』(原作:尾田栄一郎)の劇場版シリーズから、『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』をご紹介します。 『時をかける少女』などで知られる細田守監督にとって、初の長編アニメーション作品となった本作は、TVシリーズで見慣れた明るい雰囲気の前半と、まさかの「トラウマ」シーンが繰り広げられる後半のギャップが衝撃的で、今でも賛否両論を巻き起こしています。
    中略

    ●『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』(2013年公開)
    アニメで「好き放題」やっていた作品といえば、『銀魂』(原作:空知英秋)を思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。そのなかでも、劇場版第2作にして、当時「アニメシリーズ完結編」と銘打たれていた『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』は、原作者の空知先生がストーリーとキャラクター原案を手掛けた完全オリジナルエピソードとなりました。
    中略

    全文はソースをご覧ください


    (出典 magmix.jp)

    【【アニメ】ガッカリしたアニオリキャラって何や??【悪い影響??】【感想】】の続きを読む


    母をたずねて三千里』(ははをたずねてさんぜんり)は、1976年1月4日から12月26日まで、フジテレビ系列で毎週日曜19:30 - 20:00(JST)に全52話が放送され、日本アニメーション制作のテレビアニメ。世界名作劇場の2作目に当たる。 エドモンド・デ・アミーチスの著作・ "Cuore"…
    64キロバイト (7,830 語) - 2023年1月5日 (木) 14:24
    ハッピーエンドだけど 暗いストーリーだったな。mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/12/26(月) 21:21:42.60ID:zNxQ97uS
    マグミクス2022.12.26
    https://magmix.jp/post/128952
    宮崎駿・高畑勲・富野喜幸(現:富野由悠季)

    1976年12月26日は、TVアニメ『母をたずねて三千里』の最終回「かあさんとジェノバへ」が放送された日です。イタリアのジェノバからアルゼンチンへと出稼ぎに向かい、病気になったという手紙を最後に音信不通となった母親を探すため旅に出たマルコが、苦難の果てに母親と再会し祖国へと戻るストーリーは、多くの人に感動を与えました。

     数々の傑作名作で知られる「世界名作劇場」(当時は「カルピスこども劇場」)の第2作として製作された『母をたずねて三千里』ですが、いま改めてスタッフを見ると、驚くべき名前が次々と登場します。

     監督・演出は『アルプスの少女ハイジ』で大きな注目を浴び、後に『火垂るの墓』を手掛けた高畑勲氏。場面設定とレイアウトはスタジオジブリの中核として『天空の城ラピュタ』や『となりのトトロ』などを手掛け、いまもアニメの歴史をけん引し続けている宮崎駿氏。そしてアニメの設計図である絵コンテを『機動戦士ガンダム』で知られる富野喜幸(現:富野由悠季)氏が最終回も含めて約20話分も担当するなど、現代に至るまで大きな影響力を持つ人物が顔をそろえていました。

     さて、最終回のストーリーでは、マルコの苦難の旅が報われた姿が描かれます。前話「とうとうかあさんに」でついに母親のアンナと再会したマルコでしたが、アンナは病気のために危篤状態に陥っていました。しかしマルコの存在に励まされたアンナは周囲の助けもあり無事に回復します。いよいよふたりで故郷・ジェノバへと帰る日がやってきたのです。

     お世話になった人たちに別れを告げ、マルコとアンナは汽車に乗ってロサリオへと向かいます。道中、コルドバのサン・イシドロ地区で仲良くなったパブロとフアナにひと目会いたいマルコが事前に連絡を入れておいたところ、ふたりは線路わきでマルコが来るのを待っていてくれたのです。汽車が通過するほんのわずかな時間に互いの名を呼び、手を振り、別れを惜しむ姿は、3人の間に本物の友情が宿っていたことを示す名シーンと言えるでしょう。

    その後もマルコは、お世話になった人たちへの挨拶を続けます。ロサリオではコルドバまでの汽車賃を酒場で用立ててくれたフェデリコ爺さんに。船でブエノス・アイレスへと向かう道中では、すれ違ったアンドレアドーリア号の船長たちに。ブエノス・アイレスではマルコの旅を何度も助けてくれた人形劇のペッピーノ一座に。

     ペッピーノの娘であるフィオリーナと、将来は医者になって帰ってくると再会の約束をしたマルコは、アンナと共にいよいよジェノバへと向かう船に乗り込みます。マルコが何度も死ぬような思いで歩んできた旅路も、ついに終わりが来たのです。

     航海の末にジェノバへとたどり着いたマルコとアンナを、父・ピエトロとマルコの兄、トニオが出迎えます。ついに家族がひとつとなり、物語はエンディングを迎えたのでした。

     なお、若干9歳のマルコがひとりで旅に出た背景としては、ピエトロは貧しい人びとを無料で診察できる診療所を抱えていたために動けず、トニオは鉄道学校に通っていたという事情がありました。ネットもSNSもない時代、たったひとりで遥か海の彼方のアルゼンチンを目指すマルコの覚悟がどれほどのものだったのか、いまの時代の私たちではおそらく察することもできないのでしょう。

     ところで、なぜマルコの母親はアルゼンチンに出稼ぎに行ったのでしょうか。実は今でこそ経済的には目立った国ではないアルゼンチンですが、『母をたずねて三千里』は西暦1882年を舞台にした物語であり、この時代のアルゼンチンは世界トップクラスに豊かな国だったのです。

     特に1860年代から1930年代までは農産物の輸出により莫大な利益を挙げており、先進国のひとつとして大きな存在感を持っていました。汽車のような当時最先端の交通インフラが存在していたのも、経済の強さを物語っています。現代のように資料が簡単に手に入らない時代、アルゼンチンの描写をどのように作り上げていったのか。当時のクリエイターたちが注ぎ込んだ努力と熱量がどれだけ膨大な量だったのかをうかがい知ることができる気がします。

    (早川清一朗)

    【【アニメ】「母をたずねて三千里」富野由悠季氏が 関わっていた事に驚き!!【そんな要素は 見受けられなかった気はしたのだが】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    龍役の津田健次郎が本人役で主演する実写ミニドラマ『夫道』が、8月29日よりNetflixで配信。地上波ではアニメとのセット放送になっている。 ^ 原因は龍が虎二郎の組や他の組を纏めて撃破したから。 ^ a b ドラマ版オリジナルキャスト。 ^ a b “元・最凶ヤクザ、主夫を極めるコメディ「極主夫道」が本連載化”. コミックナタリー…
    50キロバイト (5,778 語) - 2022年10月13日 (木) 08:40


    元旦に配信されたのが season2だったのね。mj

    【【アニメ】「極主夫道 season2」意外に好印象だった様だな。【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ