感想


    あせとせっけん』は、山田金鉄による日本の漫画。『週刊Dモーニング』(講談社)にて2018年6月21日から連載を開始し、2019年10月3日からは『モーニング』(同社刊)へ移籍している。 化粧品バス用品を扱うメーカーを舞台に、重度の汗っかきであることがコンプレックスのOL・八重島麻子
    17キロバイト (2,291 語) - 2020年11月26日 (木) 11:12



    (出典 %E3%81%82%E3%81%9B%E3%81%A8%E3%81%9B%E3%81%A3%E3%81%91%E3%82%93.net)


    においフェチが また増えるかも?!mj

    250 名無しんぼ@お腹いっぱい :2020/11/29(日) 20:19:52.79 ID:lV71zUPD0.net

    精神に異常をきたすほどトラウマなのになんで多汗症の治療すらしないの?


    【【漫画】「あせとせっけん」 においフェチにはもってこいな漫画だよな!!【特殊フェチ??】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    そして2018年7月8日、『豊洲PIT』にて行われた『ワールドウィッチーズ みんながいたからデキたこと !〜10th Anniversary〜』にて、2019年に「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」、2020年に「第501統合戦闘航空団ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN
    209キロバイト (21,938 語) - 2020年12月3日 (木) 01:08



    (出典 img2.animatetimes.com)


    同じ事ばっかしてるとも思われてるし…mj

    126 なまえないよぉ~ :2020/10/19(月) 00:13:53.28 ID:GvlPas5Y.net

    ネウロイというのは直接の元ネタはガンパレとかかな。世界図や侵略設定もどこか共通点がある。
    しかも同様の作品はその後にいくつかある。姉妹品みたいなスカガもそうだし
    ただ、非ヒューマノイドで得体のしれない侵略者で長年戦争してる、という意味では
    古くはガルフォース、更には宇宙の戦士まで遡れそうだが


    【【アニメ】「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」何人か キャラが解らない人がいるんだが。【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    魔王城でおやすみ』(まおうじょうでおやすみ、英題:Sleepy Princess in the Demon Castle)は、日本の漫画家ある熊之股鍵次による漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2016年24号より連載中。 2020年10月時点、累計発行部数は200万部を突破している。
    58キロバイト (8,598 語) - 2020年12月1日 (火) 03:04



    (出典 prtimes.jp)


    睡眠は大事だもんな!!mj

    【【アニメ】「魔王城でおやすみ」スヤリス姫が眠りに誘ってくる…【スヤァ】【感想】】の続きを読む


    極主夫道』(ごくしゅふどう)はおおのこうすけによる日本の漫画。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。 2018年2月23日からウェブコミックサイト『くらげバンチ』(新潮社)に短期連載されたのち、同年5月18日から本連載を開始。
    29キロバイト (2,930 語) - 2020年12月2日 (水) 14:24



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    知恵袋的な所もあって 良質ドラマっぽいけどな。mj

    【【漫画】【ドラマ】「極主夫道」反応は概ね良き?!【アニメ化みてみたい!!】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    進撃の巨人』(しんげききょじん、Attack on Titan)は、諫山創による日本漫画作品。及びそれを原作とした小説(ライトノベル)、アニメ、ゲーム、映画など作品。 巨人と人間と戦いを描いたダーク・ファンタジー。『別冊少年マガジン』(講談社)で2009年9月9日発売
    291キロバイト (41,399 語) - 2020年11月26日 (木) 23:20



    (出典 www.cmoa.jp)


    フルカラーって よりいい感じなのになぁ…mj

    1 ひかり ★

     大人気漫画『進撃の巨人』のフルカラー版が、『別冊少年マガジン』(講談社)で連載されることが決定した。詳細は追って発表される。

     創刊号である『別冊少年マガジン 2009年10月号』(2009年9月9日発売)から連載がスタートした『進撃の巨人』は、「壁」の中で暮らす人類が、人を捕食する「巨人」相手に絶望的な戦いを強いられる物語。その巨人たちと闘う「調査兵団」に所属している主人公で直情型のエレン、クールな戦闘美少女・ミカサ、頭脳派・アルミンの3人を中心にストーリーが展開され、圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたダークファンタジーバトル漫画。

     コミックス(紙・電子書籍)の累計発行部数が、全世界で1億部を突破するほどの人気で、テレビアニメのシーズン1が2013年4~9月、シーズン2が17年4~6月、シーズン3のパート1が18年7~10月、パート2が19年4~6月に放送。最終章がNHKで12月7日より放送がスタートする。

     今回のフルカラー版連載は、『別冊少年マガジン』の新企画全7弾の1つとして実施するもので、そのほか、人気ライトノベル『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』作者・大森藤ノ氏が原作を務める、漫画『杖と剣のウィストリア』(漫画:青井聖)が、同誌2021年1月号より連載がスタートすることも発表された。


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    【【漫画】「進撃の巨人」フルカラー版連載って せっかくのカラーが 無茶苦茶なんだってな…【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ