感想


    機動戦士ガンダムのサムネイル
    ガンダムシリーズ一覧 > 機動戦士ガンダム機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム)は、1979年から放映された日本サンライズ制作のロボットアニメ。同作から創出された、バンダイナムコグループの象徴的なIP(知的財産)でもある。このガンダムIPを題材にしたガンダム
    118キロバイト (15,145 語) - 2024年3月20日 (水) 07:21
    再放送から、人気が高まって来たよな。mj

    1 ひかり ★ :2024/05/14(火) 19:57:24.41 ID:Xm0YOLjC
    ガンダムシリーズの45周年を記念して、珠玉の劇場5作品を上映するイベント「ガンダムシネマフェス」の開催が決定した。『機動戦士ガンダム』劇場版3部作、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が、6月7日より全国の劇場で順次上映される。

    ガンダムシリーズは、1979年に放送を開始した『機動戦士ガンダム』を皮切りに始まった。同作は、ロボットを「モビルスーツ」という「兵器」として扱ったリアルな戦争描写や緻密な科学考証、複雑に織り成す深い人間ドラマで、それまでのロボットアニメの潮流であった単純な勧善懲悪では語れない「リアルロボットアニメ」というジャンルを確立。一大ブームを巻き起こした。

    以後、現在に至るまでシリーズとして、TVアニメ24作品をはじめ劇場・上映30作品、OVA27作品、配信・イベント映像・TVスペシャル等が多数制作されてきた。国内外を問わず、長きにわたって高い支持を獲得している。

    このたびの「ガンダムシネマフェス」はそんなガンダムシリーズの45周年を記念して、6月7日より全国の劇場にて珠玉の劇場5作品を順次上映するもの。
    対象となるのはシリーズ初の劇場作品である『機動戦士ガンダム』劇場版3部作、アムロとシャアの最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、そして約100万人の動員を記録し大迫力の映像を体感できる、アムロとシャアの意志を受け継いだハサウェイ・ノアの活躍を描いた『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』だ。

    また本イベントは、大阪・関西万博が開催される2025年に向けて全国のガンダムファンの想いをつなぐ、ガンダムシリーズの大型イベント「GUNDAM NEXT FUTURE -ROAD TO 2025-」と開催場所・スケジュールが連動(一部劇場を除く)する。映画観賞とイベントの両方を楽しめる、ガンダムシリーズ45周年記念の特別な機会を見逃さないようにしよう。

    ガンダムシリーズの45周年を記念する、珠玉の劇場5作品を上映するイベント「ガンダムシネマフェス」は、6月7日より全国の劇場で順次開催される。


    ■「ガンダムシネマフェス」概要
    【鑑賞料金】
    通常料金
    ※上映時間やチケット販売スケジュールは各劇場HPをご確認ください。
    【上映作品】
    ・『機動戦士ガンダム』(1981年公開)
    ・『機動戦士ガンダム II 哀・戦士編』(1981年公開)
    ・『機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編』(1982年公開)
    ・『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年公開)
    ・『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(2021年公開)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/77a2b8d0c3091e432d0d95719f875c71c3d20918

    【【アニメ】「機動戦士ガンダム」ファーストシリーズより、ハサウェイ人気が高い??【続編希望の声が高い!!】【感想】】の続きを読む


    YAIBA』(ヤイバ)は、青山剛昌による少年漫画。1988年から1993年まで『週刊少年サンデー』で連載されていた。1993年、第38回小学館漫画賞児童部門受賞。 1993年には『剣勇伝説YAIBA』(けんゆうでんせつヤイバ)としてテレビアニメ化された。2024年には『YAIBA
    125キロバイト (21,019 語) - 2024年5月18日 (土) 07:48
    放送局は、テレ東??mj

    1 ひかり ★ :2024/05/08(水) 08:14:59.49 ID:a9APat53
    青山剛昌「YAIBA」が新たにアニメ化されることが明らかに。青山描き下ろしのビジュアルと特報映像が公開された。

    1988年から1993年まで週刊少年サンデー(小学館)で連載され、単行本は全24巻が発売されている「YAIBA」。主人公・鉄刃(くろがねやいば)は型破りの少年剣士で、父とともにジャングルで修行に励んでいた。そんな彼はふとしたことから日本に戻ることになり、道場一家・峰家に居候し学校へ通い出す。そこで待っていたライバル・鬼丸と真剣勝負の日々を続けていたが、鬼丸が「伝説の魔剣」を手にしたことから大冒険の扉が開き……。「名探偵コナン」が始まる1カ月ほど前まで連載されていたアクション活劇だ。なお1993年には「剣勇伝説YAIBA」としてTVアニメ化された。

    「YAIBA」の新作アニメは、青山がシナリオを完全監修。本日5月8日発売の週刊少年サンデー24号の誌面には、密かにアフレコ現場に潜入した青山からの「ヤイバを知ってる人も知らない人も、観てやってください! スゲーよ!!!」というコメントが掲載された。また青山の描き下ろしビジュアルがポスターとして収録されている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b3e1c848a7a2b66338c85a8aaba536c97bf2107a

    【【漫画】「YAIBA」改めてアニメ化って、もしかしてコナン君も登場する??【コラボばっかだもんな。】【感想】】の続きを読む


    美少女戦士セーラームーン ザ・ミラクル 4-D 〜ムーン・パレス編〜』 2019年5月31日から8月25日まで上映のシリーズ第2弾。原作第3期がベースとなっており、新たに外部太陽系戦士やスーパーセーラームーンが登場し、セーラー10戦士が勢揃いする。 『美少女戦士セーラームーン ザ・ミラクル…
    137キロバイト (18,496 語) - 2024年5月24日 (金) 15:56
    写真を撮って、我慢するしかない?!!mj

    1 ひかり ★ :2024/03/29(金) 17:44:10.61 ID:d0kRnCgX
     武内直子さんの人気マンガ「美少女戦士セーラームーン」のキャラクターがデザインされたマンホールの蓋(ふた)が、作品の舞台である東京都港区の麻布十番エリア、東京タワー、芝公園ほかに設置された。マンホール蓋のデザインは全5種で、セーラー戦士、タキシード仮面など武内さんの美しいイラストがデザインされている。

     麻布十番商店街入口にはセーラームーン&タキシード仮面、芝公園付近にはセーラー5戦士(青)、東洋英和女学院小学部・幼稚園前にはうさぎ&亜美&レイ&まこと&美奈子、東京タワー付近にはセーラー5戦士(新緑)、慶応仲通り商店街入口にはセーラー5戦士(レモン色)のマンホール蓋がそれぞれ設置されている。

     パンフレット「美少女戦士セーラームーン×港区 デザインマンホールマップ」が、港区観光インフォメーションセンターほかで配布される。アンケートに回答すると、デザインマンホールの絵柄の紙製コースターがプレゼントされる。4月26日からは、港区のマンホールカードが配布される。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/39897ec612737f455ce00c2f94266716beee0036

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    【【漫画】「美少女戦士セーラームーン」マンホールの蓋に!!盗まれない??【ファンなら、欲しくなっちゃう?!】【感想】】の続きを読む


    2023年3月3日閲覧。 ポータル 漫画 プロジェクト 漫画 ウィクショナリーに関連の辞書項目があります。 漫画、en:comic 漫画作品一覧 漫画家一覧(世界の漫画家) 日本の漫画家一覧 漫画漫画原作:漫画、劇画における台本・脚本 漫画雑誌 漫画情報誌 漫画評論 コミックマーケット 原作 アンダーグラウンド・コミックス…
    41キロバイト (5,980 語) - 2024年4月28日 (日) 08:30
    男向けじゃないのがね…mj

    1 征夷大将軍 ★ :2024/05/25(土) 21:46:17.09 ID:T4sW08Y89
    オリコン2024-05-24 08:40
    https://www.oricon.co.jp/news/2328334/

    スキマ時間を埋めるエンタメとして、老若男女に定着した電子コミック。独自発展をしたジャンルも多く、中でも「異世界転生」はブームを超えた定番ジャンルとなった。また近年、女性読者の間で急激に人気を伸ばしているのが「溺愛系」と呼ばれるもの。読者層に性差はあれど、共通するのは“強烈な現実逃避感”だ。「異世界転生」や「溺愛系」にハマる現代人の心理に潜むものとは? エンタメを用いたカウンセリングも行う、心理カウンセラーの浮世満理子氏に聞いた。

    ■「オバロ」「このすば」「転スラ」「リゼロ」…名作続々、20年人気衰えぬ「異世界転生」
    今や一大ジャンルを築いている「異世界転生ファンタジー」が登場したのは、2000年代。Web小説投稿サイト『小説家になろう』内の小説を原作としたアニメ・コミカライズ作品(なろう系)がブームとなったのがその始まりだ。火付け役となったライトノベル発作品には、『オーバーロード』、『この素晴らしい世界に祝福を!』、『Re:ゼロから始める異世界生活』、『転生したらスライムだった件』などがある。

    すでに20年近い歴史がありながら人気は衰えることなく、コミック市場でも好調。電子書籍サービス・コミックシーモアの2023年売上は5年前比9.8倍と、新規読者を掴み続けていることが窺える。なお同サイト運営担当者によると、主な読者層は30~40代の男性と、初期ファンも根強く愛好。また、「男性向けコンテンツではあるものの、女性ユーザーの読者も多く、幅広い層に好まれるジャンルとなっている」という。

    おおまかな内容は「現世ではパッとしなかった主人公が転生先でチートスキルを発揮し、無双する」といったもの。定番のバトルアクション系は相変わらず人気だが、昨今は転生先で積極的に冒険することなく、スローライフを謳歌するまったり系の作風も支持されている。

    ■学園ものから異世界まで、王道ストーリーにプラスされた「溺愛」要素が女性に人気
    一方、女性向けコンテンツでは、王道の学園ものに「溺愛」要素が多い作品が人気となり、オフィスラブなどへも派生。そこに、男性向けでブームとなっていた異世界ファンタジーの要素が加わった作品が増加、さらに読者層は拡大していく。舞台を変えながらも、「報われない境遇にいる主人公が、ハイスペ男性に打算抜きでイチャラブされる」といった設定は踏襲され、「溺愛系」といった一大ジャンルを形成するまでとなった。

    2023年、2024年と、『電子コミック大賞』大賞を受賞したのも、『鬼の花嫁』『ホタルの嫁入り』という「溺愛系」だ。最近でも、『東郷家へ嫁いだ話』など人気作が続々登場。コミックシーモアの2023年売上では5年前比で実に26倍と、「溺愛系」のここ数年の盛り上がりは数字にも表れている。

    「異世界転生」と「溺愛系」に共通するのが、何かを手に入れるための努力や人間関係の苦悩といったプロセスをすっ飛ばし、たちまちハイステイタスに至るチート展開だ。エンタメにも詳しい心理カウンセラーの浮世満理子氏は、これらのジャンルが好まれる背景に男性と女性それぞれが抱える現代の生きづらさを指摘する。

    「どちらも現実逃避の願望が見て取れますが、そこにも性差はあります。特に男性は社会的枠組みに縛られがちで、就活に成功するか失敗するかで人生が決まってしまうという風潮も。さらに同窓会に行けば企業マウントが繰り広げられ、社会に出てから本当の仲間に出会える機会は極めて少ない。努力がしたくないわけではないと思うんですよ。異世界転生の主人公だって、転生先である種の努力はしていますから。しかし、現世では努力のチャンスすら与えられない。そのことに失望している男性は多いのではないでしょうか。転生という形での“生き直し”は、自分を認めてくれる仲間たちとともに本来生きたかった自分の姿を投影する、癒しや憧れになっているのだと思います」

    一方、「溺愛系」需要の背景として浮世氏が指摘するのは、疲れ切った現代女性の姿だ。

    「溺愛系コミックに見て取れるのは、『幸せな結婚をして家庭に収まる』といった保守的な価値観への憧れです。それも1つの生き方として尊重されるべきなのに、現代はすべての女性に社会活躍や経済的自立が求められる。さらに婚活も妊活も家事も子育ても…と、女性にのしかかるプレッシャーは重くなるばかり。女性が“受け身で生きられない”現代において、『溺愛系』は浸かっているだけで心地良い気分にしてくれる、ジャグジーのような存在になっているのではないでしょうか」

    ■ハイスペ求められる現代に必要不可欠な現実逃避、コミックが“心の非常駐車帯”に

    ※以下リンク先で

    【【漫画】異世界転生モノの次は、これが主流になる??【マンさん系??】【感想】】の続きを読む


    スタジオジブリのサムネイル
    日本テレビホールディングス > 日本テレビ放送網 > スタジオジブリ 株式会社スタジオジブリ(英: STUDIO GHIBLI INC.)は、日本のアニメーション制作会社。日本動画協会準会員。日本テレビホールディングスおよび日本テレビ放送網の子会社。通称「ジブリ」。長編アニメーション映画の制作を主力事業としている。…
    113キロバイト (13,571 語) - 2024年5月21日 (火) 12:46
    ただじゃ転ばない!!mj

    1 muffin ★ :2024/05/24(金) 19:07:00.40 ID:EGXjNPCL9
    https://www.oricon.co.jp/news/2328425/
    2024-05-24 14:29

    東京・三鷹の森ジブリ美術館にて24日、あす25日からスタートする企画展示「君たちはどう生きる展」第二部・レイアウト編の内覧会が開催され、スタジオジブリの宮崎吾朗監督が出席。宮崎駿監督が次回作になるかもしれない創作活動を行っていることを明かした。

    同企画展には、宮崎駿監督自ら描き下ろしたパノラマボックス「ワラワラ」が展示されるが、このパノラマボックスは、7年かけて制作した映画『君たちはどう生きるか』がひと段落した後、「本人の暇つぶし」(吾朗監督)として過去作のパノラマボックスを制作し始めたという。

    吾朗監督は「過去作ばかりではつまらないから、次回作でもつくってよ、と言ったら、今それをつくっているんですけど」と明かし、「それが本当に次回作になるかはわからないけど、昔懐かしい冒険活劇風で、期待している」と漏らしていた。

    同企画展は、映画『君たちはどう生きるか』のために描かれた手描きの絵を3回に分けて展示する企画展示の第二部、レイアウト編(11月10日まで)。宮崎駿監督による絵コンテをもとに、カットを担当する原画マンが描いたレイアウト206点が展示される。レイアウトには、宮崎駿監督や作画監督、美術監督など、多くの人の手を渡りながら、描いては消され、描き直され、修正が入れられ、指示が書き足され、それが、その後のアニメーション制作作業の設計図となっていく。

    続きはソースをご覧ください


    (出典 contents.oricon.co.jp)

    【【アニメ】スタジオジブリの宮崎駿氏、まだまだやる気満々の様子!!【凄いよな!!】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ