感想


    怪獣8』(かいじゅうはちごう)は、松本直也による日本の漫画作品。怪獣発生率が世界屈指となっている架空の日本を舞台としたバトル漫画。ウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(集英社)2020年7月3日より連載中。 松本にとって3作目の連載作品。本作の連載前から『少年ジャンプ+』では、能力は高い
    11キロバイト (1,459 語) - 2021年3月4日 (木) 03:13


    ジャンプ系漫画つえーな!!mj

    【【漫画】「怪獣8号」この作品が 次に来そうな勢いな件!!【評判上々!!】【感想】】の続きを読む


    チェンソーマン』(英: Chain saw man)は、藤本タツキによる日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部は『少年ジャンプ+』(同社)にて連載予定。2021年1月時点で累計発行部数は640万部を突破している。202
    84キロバイト (14,562 語) - 2021年3月2日 (火) 08:29


    現実では ありえないからかな。mj

    【【漫画】「チェンソーマン」クセが強い分 虜になる人が 続出!!【感想】】の続きを読む


    呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年14号から連載中。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。 本作は、『ジャンプGIGA』2017 vol.1から2017 vol
    201キロバイト (34,096 語) - 2021年3月1日 (月) 18:18



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)


    個人的な感想が 続々!!mj

    99 カンピロバクター(大阪府) [US]

    キャラ設定やらなんやらが薄っぺらいな
    原作はもっと掘り下げてんの?
    みんな主人公にすぐ傾倒して信じてるけど微妙な描き方やね…


    (出典 www.lisani.jp)


    【【アニメ】「呪術廻戦」人気みたいだが 実際どうなん??【感想】】の続きを読む


    キン肉マン』(キンにくマン)は、ゆでたまごによる日本の漫画作品。およびそれを原作としたアニメ作品であり、作中に登場するヒーローの名前でもある。 集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年22号(1979年5月28日号)から1987年21号(1987年5月4日号)まで連載。日本に住む
    137キロバイト (19,247 語) - 2021年2月9日 (火) 10:11



    (出典 animeanime.jp)


    今でも 人気だよな!!mj

    707 名無しさん@恐縮です

    知恵の輪マンとかルービックキューブマンとかも強敵と闘うのかな。


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【漫画】「キン肉マン」キン肉マングレートってかっこいいけど もう出て来ないのかよ?!【でも素顔は イケメン!!】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    おじさまと猫』(おじさまとねこ)は、桜井海による日本の漫画作品。スクウェア・エニックスpixivのウェブコミック配信サイト『ガンガンpixiv』および『月刊少年ガンガン』にて、連載中。2017年6月12日に、桜井海が自身のTwitterアカウントにて公開した『おじさまと猫』が瞬く間に人気を博し、単行本の発売、雑誌連載に至った。
    26キロバイト (3,215 語) - 2021年2月25日 (木) 08:53


    ぬいぐるみと人物って『セサ〇ストリート』以来な気がする。mj

    【【漫画】【ドラマ】「おじさまと猫」涙腺キラードラマな件【同時に癒される〜!!】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ