感想


    君のことが大大大大大好きな100人の彼女』(きみのことがだいだいだいだいだいすきなひゃくにんじょ)は、中村力斗原作、野澤ゆき子作画による日本漫画。略称は『100カノ』。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2020年4・5合併号より連載中。『少年ジャンプ+』(集英社)でも2020年4月16日より…
    83キロバイト (15,153 語) - 2022年12月1日 (木) 14:58
    ブリブリの娘も可愛いけどね!!mj

    515 名無しんぼ@お腹いっぱい :2022/12/01(木) 10:15:41.37ID:2vuBriXc0
    この調子で行くと13巻のおまけは百八先生の過去話になりそう
    実家の酒屋時代かそれとも家出された直後の野宿生活の話なのか


    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    【【漫画】「君のことが大大大大大好きな100人の彼女」詩人ちゃんって 推しがかなり居る??【クールな所がいいのよ】【感想】】の続きを読む


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2022年10月時点でコミックス計1…
    136キロバイト (21,665 語) - 2022年11月30日 (水) 15:13
    『ちょる』って 西日本限定??mj

    20 風の谷の名無しさん@実況は実況板で (ワッチョイ 89c0-RPwI [160.237.156.47]) :2022/12/01(木) 21:44:44.06ID:+nrWnPJI0
    一番チェンソーマンのアニメ監督になってはいけない人がなった結果よ

    (出典 i.imgur.com)

    【【アニメ】「チェンソーマン」姫野は 結局何処出身なんや??【あの言葉って 東京じゃないよな】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    ウマ娘 プリティーダービー > ウマ娘 シンデレラグレイウマ娘 シンデレラグレイ』(ウマむすめ シンデレラグレイ)は、Cygamesによるメディアミックスプロジェクト『ウマ娘 プリティーダービー』を原作とした、久住太陽(漫画)、杉浦理史(脚本)、伊藤隼之介(企画構成)による日本の漫画作品。略称…
    27キロバイト (3,804 語) - 2022年11月30日 (水) 02:33
    未来の女性ジョッキーが出たりして。mj

    53 名無しんぼ@お腹いっぱい (ワッチョイ f768-OELS) :2022/12/01(木) 11:34:36.97ID:zSNJlRpU0
    今回は徹底してプリティーダービーだったな!ヨシ!
    (来週は休載)

    (出典 pbs.twimg.com)

    【【漫画】「ウマ娘 シンデレラグレイ」女児にも 知名度高いとか【お馬さん好きですか??】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2022年10月時点でコミックス計1…
    136キロバイト (21,665 語) - 2022年11月30日 (水) 10:11
    アニメにすると コンプライアンスがねぇ…mj

    1 Anonymous ★ :2022/11/30(水) 13:08:04.92ID:ziOTDO0y9
     テレビ東京系で毎週火曜24時から放送されているアニメ『チェンソーマン』が、盛り上がりをみせている。本作は、チェンソーの悪魔と契約した少年デンジが、公安のデビルハンターとして戦う姿を描いた物語で、原作は『週刊少年ジャンプ』で藤本タツキが連載していた同名漫画。現在は漫画アプリ『少年ジャンプ+』で第2部が毎週配信されているのだが、アニメと同じ火曜24時に最新話が配信されるため、火曜24時のSNSは『チェンソーマン』の話題でもちきりである。筆者も『週刊少年ジャンプ』で連載されていた時から『チェンソーマン』のファンだったので、アニメ化は楽しみにしていた。

     アニメ版『チェンソーマン』は、原作漫画の中にあった映画的な持ち味を活かした作りとなっており、実写映画的なアプローチが強まっている。大きな違いはアクションの見せ方だろう。たとえば第1話の、デンジがチェンソーマンに変身してゾンビの悪魔が率いる無数のゾンビたちと対決する場面は、漫画では見開きの大ゴマでデンジがゾンビたちと対峙する場面を描いた後、細かい戦闘描写は大胆に省略されている。対してアニメ版では、ゾンビと戦う場面を丁寧に描いており、動きの激しいアクションとカメラワークを用いることで、立体感のある戦闘シーンとなっている。


     第3話でデンジとコウモリの悪魔が戦う場面も同じアプローチとなっているのだが、静止画の連続によって読者に行間を想像させる漫画と、画を動かすことで物語を紡ぐアニメの違いが大きく表れている。また、第5話でマキマが「銃の悪魔」について語るくだりは、漫画では「11月18日 午前10時」「『銃の悪魔』日本に26秒上陸」「5万7912人 死亡」「アメリカ124秒上陸 54万8012人 死亡」と、各国の死亡者数を次々と表記していく場面があったのだが、アニメ版ではカットされている。好きなシーンだったため、カットされたこと自体は残念だったが、逆にカットされたことでこの描写が、漫画ならではの表現だったことに気付かされた。

     アニメ版『チェンソーマン』は、漫画的表現を封印し、動かすことで全てを表現する映画的手法に落としこもうとしている。その姿勢はとてもストイックなもので、中山竜監督を中心とするアニメスタッフが、原作をリスペクトしているからこそ、漫画をそのままなぞるのではなく、アニメだからこそできる表現を追求していることがよくわかる。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/12f5b94ac5eeb63bbf9e867534ce8b2b5e910ac0

    【【アニメ】「チェンソーマン」原作の方がいいのかどうか よく解らない件【原作ファンには 不評らしいな】【感想】】の続きを読む


    炎の闘球ドッジ弾平』(ほとうきゅうじ ドッジだんぺい)は、こしたてつひろによるスーパードッジボールを題材にした漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメ、コンピュータゲームである。 『月刊コロコロコミック』(本編)と『別冊コロコロコミック』『小学四年生』(いずれも小学館)誌上において…
    52キロバイト (6,369 語) - 2022年11月28日 (月) 12:38
    悲しい雰囲気なんかよ。mj

    1 爆笑ゴリラ ★
    11/28(月) 12:45配信
    KAI-YOU.net

    ドッジボールブーム生んだ漫画『ドッジ弾平』に続編 娘が奮闘する物語が「コロコロ」で連載開始

    伝説のドッジボール漫画奇跡の復活!!──その謳い文句に偽りなし。漫画家・こしたてつひろさんの新連載『炎の闘球女 ドッジ弾子』が、小学館の漫画配信サイト「週刊コロコロコミック」でスタートした。

    主人公は弾平の娘・弾子。すでに気づいた人も多いかもしれないが、1980年代~1990年代にかけて『月刊コロコロコミック』で連載されたスーパードッジボール漫画『炎の闘球児 ドッジ弾平』の続編だ。

    以下、『炎の闘球女 ドッジ弾子』第1話のネタバレに触れるため、避けたい人は漫画を先に読むことをオススメする。
    一族の墓を前にする弾子、炎の闘球女が躍動

    11月28日に更新された第1話の冒頭、父・弾平と祖父・弾十郎の墓と向かい合う主人公・一撃弾子が登場。朝の挨拶とばかりに、巨大な墓石にドッジボールを投げつけ、『ドッジ弾平』のワンシーンを彷彿とさせる。

    作中には、弾平の親友で僧侶となった珍年や、その娘で弾子の友人である珍子、さらには弾平の超巨大な墓を立てた人物として、弾平最大のライバルだった二階堂大河の名前も登場する。

    『炎の闘球女 ドッジ弾子』の第1話では、弾子と珍子が通う小学校を舞台に、生徒たちが体育の時間にドッジボールを行うエピソードが描かれる。

    もはや小学生レベルではない弾子は、安全第一の授業に納得できず、巨大な鉄球でボールを受ける特訓やウンチボールを使ったトレーニングなど、いい意味で時代錯誤かつコロコロならではの練習法を提案していく。

    『炎の闘球児 ドッジ弾平』のキャラクターたちの今後の登場はあるのか。弾平と弾子とのエピソードは明かされるのか。気になることばかりの『炎の闘球女 ドッジ弾子』は、毎週月曜に更新される。
    一世を風靡したドッジボール漫画『炎の闘球児 ドッジ弾平』

    『炎の闘球女 ドッジ弾子』から見て前日譚にあたる『炎の闘球児 ドッジ弾平』は、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』で知られるこしたてつひろさんが、1989年から1995年まで『月刊コロコロコミック』で連載した熱血ドッジボール漫画。

    ドッジボールをベースに競技性を高めたスポーツ・スーパードッジボールを題材に、主人公の小学生・一撃弾平が、“闘球”を通じて二階堂大河などのライバルと出会い成長していく物語だ。

    『ドッジ弾子』の冒頭、墓石にボールを投げるシーンは、『ドッジ弾平』でもお馴染みであり、弾平も亡き父の墓石にボールを投げるのが日課だった。

    1991年にはTVアニメ化され、小学生を中心にドッジボールブームを巻き起こした。なお、漫画配信サイト「週刊コロコロコミック」では、『炎の闘球児 ドッジ弾平』も毎週月曜日に配信されている。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/73f20b562527b9749c765e207a5da6f17ce5499a

    1話試し読み
    https://www.corocoro.jp/episode/316190246973711126

    【【漫画】「炎の闘球女 ドッジ弾子」父親の弾平は 死んでしまったらしいな…【復讐劇じゃないよな??】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ