意外と


    0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。 『ゴールデンカムイ』(GOLDEN KAMUY)は、野田サトルによる日本の漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2014年38号から2022年22・23合併号まで連載された。略称は「金カム」。単行本(全31巻)の累計発行部数は、2024年1月時点で2700万部を突破している。…
    381キロバイト (56,661 語) - 2024年2月8日 (木) 11:39
    キャストが 良かった?!mj

    1 muffin ★
    https://www.cinematoday.jp/news/N0141445
    2024年2月13日

    野田サトルの累計発行部数2,700万部を突破する人気漫画を実写化する『ゴールデンカムイ』(公開中)が、公開25日間(1月19日~2月12日)で観客動員数142万人、興行収入20.8億円を突破。2月23日に札幌・東京・大阪の3劇場で「応援上映」が開催されることが決定した。

    中略

    大ヒットとファンのリクエストに応えて、2月23日に全国3劇場で19時より(全国一斉)応援上映の開催が決定。劇場はTOHOシネマズすすきの、TOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ梅田の予定。チケット発売は、2月16日0時(15日24時)~劇場HPにて。

    各キャラクターの登場シーンで名前を呼んで応援するのはもちろん、「俺は不死身の杉元だぁ!!!」「ロウソクボリボリしちゃおうか」「チタタプ …チタタプ…チタタプ…」などお馴染みのセリフを叫んで盛り上がるもよし。推しのグッズ、サイリウム、うちわなど応援グッズの持ち込みのほか、コスプレも大歓迎。注意事項など詳細は『ゴールデンカムイ』公式サイトで確認。(編集部・石井百合子)

    全文はソースをご覧ください


    【【漫画】【実写化】「ゴールデンカムイ」 実写化成功した??【意外と 高評価!?】【感想】】の続きを読む


    ポケットモンスター(Pocket Monsters)は、株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称。また、同作品に登場する架空の生物の総称、それらを題材にしたアニメを始めとするメディアミックス作品群を指す。略称及び欧米で展開する際の正式名称は「ポケモン(Pokémon)」。…
    79キロバイト (9,704 語) - 2023年10月18日 (水) 09:27
    タイトルに夢がありそうでいいんじゃね??mj

    1 名無しさんは見た!@放送中は実況板で :2023/09/03(日) 09:58:40.75 ID:XnnvrCjl
    テレビ東京系 木ドラ24枠
    2023年10月19日(木)スタート
    毎週木曜深夜24:30~25:00

    BSテレ東、BSテレ東4K
    2023年10月24日(火)スタート
    毎週火曜深夜24:00~24:30

    公式
    https://www.tv-tokyo.co.jp/poketsume/

    公式X(旧Twitter)
    https://twitter.com/poketsume

    公式Instagram
    https://www.instagram.com/tx_poketsume
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【ゲーム】「ポケットモンスター」が元ネタのドラマ『ポケつめ』西野七瀬さんファンなら 期待大みたいだな。【意外とよき?!】【感想】】の続きを読む


    とききメモリアル』は、1994年5月27日に、コナミ(現・コナミホールディングス)からPCエンジンSUPER CD-ROM2向けに発売された、恋愛シミュレーションゲーム。なお、2006年3月31日の持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテインメントに移っている。 略称は、一般的に「ときメモ
    80キロバイト (10,865 語) - 2023年6月25日 (日) 21:24
    一応 有名キャラだよな??mj

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/08/09(水) 21:55:24.09 ID:m8YP6yGY
    2023年8月9日 13:00

     コナミアミューズメントは、アミューズメント施設向けビデオゲーム「麻雀ファイトガール」において、「藤崎詩織/利用券」を8月9日10時より販売開始した。販売期間は10月10日5時まで。価格は3,850円。

     藤崎詩織は、コナミの恋愛シミュレーションゲーム「ときめきメモリアル」シリーズに登場するメインヒロイン。同社運営中のアーケードゲーム「麻雀ファイトガール」にて参戦が決定した。特設ページ内の「購買部」にて利用券を購入することで、藤崎詩織を選択してプレイすることができるようになる。

     藤崎詩織専用の特別なカットインも用意されており、カットイン8種セット(3,850円)も販売中。単体購入よりお得な利用券とガールズカットイン8種のセット商品(6,600円)も販売されている。なお、各商品購入には「麻雀ファイトガール」のプレイデータとKONAMI IDでのログインが必要。

     また、藤崎詩織登場記念として、Amazonギフトカード1,000円分が抽選で10名に当たるフォロー&リポストキャンペーンがTwitterにて実施されている。応募期間は8月20日まで。

    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1522966.html

    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    【麻雀ファイトガール/新ファイトガール「藤崎詩織」紹介】


    (出典 Youtube)


    【【ゲーム】「ときメモ」の藤崎詩織ちゃん。「麻雀ファイトガール」に出るらしいが 意外と好かれてないよな…【評価】】の続きを読む


    2023年3月3日閲覧。 ポータル 漫画 プロジェクト 漫画 ウィクショナリーに関連の辞書項目があります。 漫画、en:comic 漫画作品一覧 漫画家一覧(世界の漫画家) 日本の漫画家一覧 漫画漫画原作:漫画、劇画における台本・脚本 漫画雑誌 漫画情報誌 漫画評論 コミックマーケット 原作 アンダーグラウンド・コミックス…
    40キロバイト (5,894 語) - 2023年3月21日 (火) 08:30
    意外に知られてないのか。mj

    1 フォーエバー ★
    4/9(日) 15:25配信

    マグミクス
    たった1コマ、セリフなしで伝わってくる迫力
    あの有名なコマが表紙の『あしたのジョー2 COMPLETE DVD BOOKシリーズ』vol.5 (C)高森朝雄・ちばてつや/講談社・TMS

     世の中に名作マンガは多々ありますが、有名な「1コマ」に絞ったら、どんなものが挙げられるでしょうか。物語上でも伝説となった1コマは、グッズ化やパロディなどで拡散されていくため、「作品自体は読んだことないけど、この1コマは見たことある!」というものもあることでしょう。今回は、「セリフなし」の超有名な1コマを振り返ります。

    【金ぴか!】有名なラオウの大往生を再現した等身大黄金像を見る

    ●『あしたのジョー』:真っ白に燃え尽きたジョー

     リングサイドで力尽き、微笑みを浮かべながら目を閉じるジョー。『あしたのジョー』(作:高森朝雄、ちばてつや)の壮絶なラストシーンは、マンガ史上でも最も有名な1コマと言ってもいいのではないでしょうか。「燃えたよ…真っ白に…燃え尽きた…まっ白な灰に……」というセリフもあわせて有名ですが、実際には「真っ白な灰」のセリフはラストシーンでは描かれておらず、試合終了後の別のコマで使用されています。

     ホセ・メンドーサ戦終結後のこの有名なラストシーンですが、もともとは別のラストが想定されていたことを、ちばてつや先生が語っています。高森朝雄先生(梶原一騎先生の別名義)が考えていたというそのラストは、パンチドランカーになったジョーがヒロイン・白木葉子の屋敷で余生を過ごしており、それを葉子が離れた場所からそっと見守っている、というもの。これはこれで美しいラストなのかもしれませんが、悩み抜いた結果、この伝説的なラストシーンが誕生することになったのです。

    ●『北斗の拳』:ラオウの大往生

     格闘マンガの金字塔である『北斗の拳』(作:武論尊、原哲夫)で有名な1コマと言えば、ケンシロウに敗れたラオウが、自らの秘孔を突き、拳を掲げて大往生したシーンです。死に際のカッコよさが凝縮された、屈指の名シーンと言えるでしょう。

    「わが生涯に一片の悔いなし!!」というセリフと併せて有名ですが、こちらはエネルギーを天に放出する場面で発せられており、厳密には有名なコマとは別のコマで用いられています。セリフと併せさまざまなパロディ等で見かけるため、未読でも知っているという方が多そうな1コマです。

    ●『SLAM DUNK』:桜木と流川のハイタッチ

     劇場版も大ヒット中で、再度注目を集めている『SLAM DUNK』では、安西先生の「あきらめたらそこで試合終了だよ」や、三井の「バスケがしたいです…」も有名ですが、やはり一番の「1コマ」と言ったら、桜木と流川のハイタッチでしょう。

     山王戦のラスト、ふたりの初めての協力プレイの後、見開きで描かれたこのシーンは読者に息を呑ませました。圧倒的な作画の美麗さが際立つなか、セリフはなし。2人の昂ぶりが伝わってくる、何度読み返しても熱くなる1コマです。

    ●『ONE PIECE』:仲間の印

     続いては、国民的マンガの『ONE PIECE』(作:尾田栄一郎)の「アラバスタ編」のラストです。冒険をともにした麦わらの一味との別れ際で、「いつかまた会えたら!!! もう一度仲間と呼んでくれますか!!!?」と訴えかけるビビ。それに対してルフィたちは、後ろを向き腕を突き上げて、「×印」を見せつけました。言葉を返さずとも、「仲間の印」を見せることで心が通じ合った、屈指の名シーンです。

     ネット上には、この構図を真似して写真を撮る人が見受けられるなど、「仲間」を象徴するシーンとして浸透しているイメージがあります。世界一のヒットマンガである同作でも、ひときわ知名度のある1コマと言えるでしょう。

    ●『AKIRA』:ネオ東京壊滅

     斬新な表現で多くの作品に影響を与えたSFマンガの金字塔『AKIRA』(作:大友克洋)は、アニメ版ではバイクアクションのシーンも有名ですが、原作でひときわ印象的な「1コマ」と言えば、「アキラ」の覚醒によってネオ東京が崩壊するシーンではないでしょうか。

     緻密に描かれた都市のスケール感に加え、黒い球体として描かれた爆発が不気味さを感じさせる、圧倒的なインパクトを持った1コマです。週刊連載でこれを描いていたと思うと、気が遠くなります。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/784185be03f0a3e12a145994f9711f3df6226a64


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800

    【【漫画】セリフが無くても 分かるシーンの漫画を挙げて欲しいのに 意外と少ない件【表現は難しい…】】の続きを読む


    メ全78話の中から、わたせが自ら選んだ15話のエピソードを収録した『ハ-トカクテル15th Anniversary Collection』を講談社より発売。 2009年に傑作選『ハートカクテル bitter』と『ハートカクテル sweet』の2種類を刊行。 2013年6月には本作の電子書籍の配信が開始。…
    30キロバイト (3,698 語) - 2022年10月24日 (月) 02:25
    豊かな時代だったからこその 作品だよな。mj

    1 少考さん ★ :2023/01/09(月) 23:43:31.75ID:DLBR62pL9
    わたせせいぞうが描く現代の多様な恋をNHKがアニメ化 『ハートカクテル カラフル』2月放送 - amass
    https://amass.jp/163675/

    2023/01/09 19:26掲載

    https://amassing2.sakura.ne.jp/image/ja*et/300/2023/127399.jpg

    都会的で色鮮やかな描写で、80年代に大ブームを巻き起こした『ハートカクテル』。80年代ブームやシティポップブームで人気が再燃する中、作者わたせせいぞうが20年ぶりに書き下ろした新作をNHKがアニメ化します。題して『ハートカクテル カラフル』。NHK総合で2月末放送予定です。

    ■『ハートカクテル カラフル』
    NHK総合 2023年2月末(#1~5)

    年の差の恋、コロナ禍で会えなくなった恋人たち、シングルマザーの恋…

    現代の“多様な恋”を、恋愛の名手・わたせせいぞうさんが四季の美しい風景と共に描きます。

    声優をつとめるのは「ハートカクテル」の大ファンを公言する亀梨和也さん。さらに、80年代にハートカクテルがアニメ化された際に声優をつとめた奥田民義さん。そして、実力派俳優の満島ひかりさん。

    https://www.nhk.jp/g/blog/4zbxvpwqpipf/

    【【漫画】【アニメ化】「ハートカクテル カラフル」果たして 今の時代に合うのか??【意外と 不評なのね…】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ