意外と


    伊藤 潤二(いとう じゅんじ、1963年7月31日 - )は、日本の漫画家。岐阜県生まれ、千葉県在住。ホラー漫画家として有名であり、代表作は『富江』シリーズ、『うずまき』など。映像化された作品も多い。 保育園児(5歳)の頃から、楳図かずお、古賀新一らの怪奇マンガに熱中し、自らも怪奇マンガを描き始め
    62キロバイト (3,465 語) - 2022年6月9日 (木) 01:15

    (出典 rocketnews24.com)


    アメリカで 人気らしいな。mj

    1 muffin ★
    https://natalie.mu/comic/news/480858
    2022年6月9日 10:17

    伊藤潤二の作品をアニメ化するプロジェクトが始動。「伊藤潤二『マニアック』」として、2023年にNetflixで世界独占配信される。

    「狂気」「狂人」をコンセプトとした「伊藤潤二『マニアック』」では、代表作である「首吊り気球」や「富江」「双一」シリーズなど伊藤潤二作品の中から選りすぐりの20タイトルをアニメ化。“Netflix配信だからこそ”のホラーを追求した映像が制作される。本日6月9日には藤野輝美の首気球、川上富江、双一の設定画像が解禁された。なお「富江」「双一」シリーズのアニメ化されるエピソードは追って発表される。

    また伊藤によるインタビュー映像も公開。「このシリーズには多くの才能豊かなアニメクリエイターたちが、私の作品をアニメ化するべく懸命に取り組んでおり、彼らの創造力が、私のキャラクターたちを、どのような不気味な世界へ導いていくのか楽しみでなりません」と期待を語るとともに、各キャラクターの創作秘話や裏設定について語っている。


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    動画
    伊藤潤二『マニアック』を原作者が紹介 - Netflix


    (出典 Youtube)


    【【漫画家】伊藤潤二氏の作品が Netflixでアニメ化らしいが ネトフリってだけで絶望感…【意外と面白いかもよ??】】の続きを読む


    早見 沙織(はやみ さおり、1991年5月29日 - )は、日本の女性声優、歌手。東京都出身。アイムエンタープライズ所属。 幼少の頃から母親の影響で、オードリー・ヘプバーンの映画を吹き替えで鑑賞していた。小学4年生になるとオードリーの日本語は「誰かが後ろで声をあてている」と察するが、違和感がなく動
    332キロバイト (26,434 語) - 2022年5月14日 (土) 05:55

    (出典 img2.animatetimes.com)


    スゴい役だな!!mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/05/13(金) 18:56:36.32

    ハフポスト日本版編集部
    2022年05月12日 16時53分 JST
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_627c802be4b0b74b0e7ef688

    オードリー・ヘプバーン主演の映画史に残る名作『ローマの休日』が、5月13日に『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で放送されます。

    『金曜ロードショー』での放送は18年ぶりで、今回は「新吹き替え版」として吹き替えを担当する声優が新たな顔ぶれとなります。

    担当する声優さんの紹介とともに、映画を見る前に知っておきたいストーリーをおさらいします。

    ローマの休日、新吹き替え声優は誰?

    ●アン王女 早見沙織さん
    オードリーさんが演じる主人公のアン王女の声を新たに吹き替えるのは、声優で歌手の早見沙織さんです。

    大ヒットを記録した映画『鬼滅の刃』の胡蝶しのぶ役を演じて人気が広がり、現在テレビ東京系列で放送中のアニメ『SPY×FAMILY』ではヨル・フォージャー役を演じています。

    洋画の吹き替えも数多く経験していて、2018年公開の『パシフィック・リム:アップライジング』のアマーラ・ナマニや、2019年公開の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ではイーディスの声を当てています。

    早見さんはTwitterでアン王女の吹き替えを担当することについて「身に余る光栄です...!収録を終えた今でもドキドキしています」とつづっています。

    ●ジョー・ブラッドレー (新聞記者)浪川大輔さん
    アン王女に恋する新聞記者ジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック)の声を演じるのは、声優の浪川大輔さんです。

    子役時代から声優として活躍する浪川さん。吹き替えでは映画『スター・ウォーズ』シリーズのアナキン・スカイウォーカー役で知られています。

    アニメの声優としては『ハイキュー!!』の及川徹役、『鬼滅の刃』の鋼鐵塚蛍(はがねづか・ほたる)役、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のギルベルト・ブーゲンビリア役などを演じています。

    また、物語の中でアン王女をパパラッチするカメラマンのアービング・ラドビッチ役は声優の関智一さんが、劇中に登場する男性キャスターを日本テレビアナウンサーの藤井貴彦さんが担当します。

    藤井さんは「『ローマの休日』は、お恥ずかしながら見たことがありませんでした」と明かした上で、「しかし今回、不朽の名作に触れることができて本当に良かったです。「何で今まで見ていなかったんだろう?」と思うくらい素敵な時間が訪れました」とコメント。

    吹き替えに向けては、「まず英語版を何度も何度も聞きました。英語版を聞いた人も多いと思うので、その世界観を壊さないよう、スマートフォンに自分の声を何度も録音して聞き返しました。特に、私のナレーションが映像の邪魔をしないよう、雰囲気を壊さないよう心がけました」としていた。

    その他の役と担当声優は、以下の通りです。

    ヘネシー ハートリー・パワー/茶風林さん

    マリオ パオロ・カルリーニ/関俊彦さん

    大使 ハーコート・ウィリアムズ/浦山迅さん

    将軍 トゥリオ・カルミナティ/伊藤和晃さん

    ジョバンニ クローディオ・エルメリ/ふくまつ進紗さん

    タクシー運転手 アルフレド・リツォ/チョーさん

    (以下リンク先で)


    【【声優】「鬼滅の刃」胡蝶しのぶ役等の 早見沙織さん。名作のあの人役に!!【意外としっくり?!】】の続きを読む


    プリキュアーズ > デリシャスパーティプリキュアデリシャスパーティプリキュア』(Delicious Party♡Precure)は、2022年2月6日から朝日放送テレビの制作により、テレビ朝日系列で毎週日曜8時30分から9時に放送されている、東映アニメーション制作のテレビアニメ。「プリキ
    47キロバイト (5,085 語) - 2022年2月10日 (木) 09:29



    (出典 precurematome.com)


    中学生かよ。mj

    71 名無しさん@お腹いっぱい。 :2022/02/08(火) 07:00:43.77

    時々肩チラしてるのが何気にえっちだと思う
    この見え方だとインナーは当然ノースリーブだよねこれ

    (出典 i.imgur.com)


    【【アニメ】「デリシャスパーティ♡プリキュア」意外とセクシーなのね!!【3大欲求ってやつ??】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    異世界おじさん』(いせかいおじさん) は、殆ど死んでいるによる漫画作品。Webコミック配信サイト『ComicWalker』(KADOKAWA)にて2018年6月29日配信分から連載を開始し、2021年6月16日より『WebComicアパンダ』に移籍して連載中。略称は「いせおじ
    40キロバイト (6,505 語) - 2021年12月24日 (金) 22:39



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    子安ボイス 良いかもね?!mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/12/24(金) 18:23:34.17

    殆ど死んでいる氏による同名マンガを原作としたテレビアニメ『異世界おじさん』について12月24日(金)、キャスト・スタッフの詳細やキービジュアルを含む最新情報が明らかとなった。声優の子安武人さんが異世界からの帰還者「おじさん」役を務めるほか、放送時期が2022年に決定したことも伝えられている。

    同作は、2018年6月よりコミック配信サイトを通じて連載中のファンタジーコメディマンガをアニメ化したもの。異世界「グランバマハル」から帰ってきたと話す「おじさん」を引き取り、同居生活を始めた甥の「たかふみ」と周囲の人々を中心とした日常と異世界の生活模様が描かれる。

    たかふみ役に福山潤さんの起用が発表された以外にも、たかふみに好意を寄せる女子大生「藤宮」役を小松未可子さん、おじさんが異世界で知り合った冒険者「エルフ」役を戸松遥さん、氷の一族の末裔の少女少女「メイベル」役を悠木碧さん、神聖魔導士で駆け出しの冒険者「アリシア」役を豊崎愛生さんがそれぞれ演じることがわかった。

    また監督には河合滋樹氏、シリーズ構成および脚本には猪原健太氏、キャラクターデザイン並びに総作画監督に大田和寛氏を迎え、アニメーションはAtelier Pontdarcが制作するという。公開されたキービジュアルにはおじさんと彼が異世界で出会う、エルフ・メイベル・アリシアら3名の少女たちの姿が映っている。

    今回の発表に際し、キャストやスタッフ陣からのコメントも公式サイト上に掲載。子安さんからは「ついに私、子安武人も主人公として異世界に行くことになりましたー!! え!? もう帰ってきてる?」と祝いの言葉が寄せられた。なお同作については、作中でたびたび言及されるSEGAとコラボした特別映像を12月25日(土)午前0時にYouTube「KADOKAWAanime」チャンネルで公開予定だ。

    電ファミニコゲーマー2021年12月24日 14:05
    https://news.denfaminicogamer.jp/news/211224j


    【【漫画】「異世界おじさん」アニメ化にあたって 子安武人さんに決定したんだが 期待はされてない模様【意外と似合うかもよ?!】】の続きを読む


    アニメーション > アニメ アニメは、アニメーション(英語: animation)の日本語における略語である。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。当記事では主に日本の一般向け商業アニメーション(テレビアニメ、劇場アニメ、OVAなど)について記述する。 日本では「アニメーション」の用語は時代にもより以下の訳語も使用された。
    112キロバイト (15,770 語) - 2021年10月12日 (火) 09:31



    (出典 hobby.dengeki.com)


    昔みたいな ロボットアニメは ウケないのかな。mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/10/21(木) 12:40:10.78

    リアルサウンド2021.10.21 08:00
    https://realsound.jp/movie/2021/10/post-885164.html

     2021年秋アニメの放送が始まったが、一通りチェックしている人の多くはこう思っただろう。「今期はロボットアニメが多い!」と。しかし実はこれはあらかじめ決まっていたことかもしれない……ややオカルトめいた話ではあるが、ぜひ最後まで読み進めてほしい。なお本記事におけるロボットアニメとは、巨大な人型ロボットがおもに戦闘で活躍するものとする。

     まず今期アニメを考えると、SUNRISE BEYOND企画の『境界戦機』、サテライト制作の『サクガン』、レベルファイブ原作の『メガトン級ムサシ』、PCゲーム原作でファン待望のアニメ化となる『マブラヴ オルタネイティヴ』、全6話のショート作品『ガンダムブレイカーバトローグ』と、ずいぶん前からバラエティ豊かなロボットアニメが揃っていることはわかっていた。

     さらに放送の3週間ほど前にガランドールと呼ばれるロボットの姿を公開した『逆転世界ノ電池少女』、放送の1週間前に突如発表されてアニメファンを驚かせた『闘神機ジーズフレーム』もラインナップに追加。新作だけで全7作となった。なお多脚兵器が多数登場する『86-エイティシックス-』第2クールや、パワードスーツで戦う『シキザクラ』といったテイストの近い作品もあり、ロボットアニメファンにとっては興奮冷めやらぬクールだ。

     ただしこの充実は秋クールに限った話ではない。2021年は地上波で放送されたTVアニメだけでも『バック・アロウ』『新幹線変形ロボ シンカリオン Z』『SSSS.DYNAZENON』『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』『ゲッターロボ アーク』と毎クール話題作があり、劇場作品では『エヴァンゲリオン』や『シドニアの騎士』といった人気シリーズが堂々と完結する一方で、新たに『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の展開がスタートした。このように多種多様な力作が揃った2021年は、ロボットアニメが充実していたと断言してもいいだろう。

     閑話休題。この秋クールにおけるロボットアニメの多さはSNSでも話題となった。その中で筆者が見かけたのが“7年周期でロボットアニメが爆発的に増えるクールがある”という説だ。深夜アニメが増加した2000年以降のTVアニメに限定しても、確かに多い(なお、カッコ内は本稿での定義とは異なるがテイストの近い作品だ)。

    ●2014年春クール
    M3-ソノ黒キ鋼-、キャプテン・アース、健全ロボ ダイミダラー、シドニアの騎士、ノブナガ・ザ・フール(第2クール)、風雲維新ダイ☆ショーグン、ブレイク ブレイド、(テンカイナイト)
    ※この前後のクールにもロボットアニメが複数放送された。

    ●2007年春クール
    アイドルマスター XENOGLOSSIA、機神大戦ギガンティック・フォーミュラ、鋼鉄神ジーグ、ヒロイック・エイジ、天元突破グレンラガン、ぼくらの、(キスダム ENGAGE planet)
    ※2007年は『コードギアス』が第2クールに突入し、『機動戦士ガンダム00』や映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズもスタートした。

    ●2000年秋クール
    アルジェントソーマ、機巧奇傳ヒヲウ戦記、GEAR戦士電童、無敵王トライゼノン、(メダロット魂)
    ※当時の放送作品数を考慮すると割合的に多い。

     もちろんこの間にもロボットアニメが少なかったわけではなく、ジャンルが脚光を浴びた時期もあった。例えば『革命機ヴァルヴレイヴ』『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』『翠星のガルガンティア』という3つのオリジナル作品が揃った2013年春クールを覚えている人もいるだろう。ただこれほど集中的に放送されるクールが、7年ごとに訪れているのは確かなようだ。

     この“7年周期説”の原因は残念ながら不明だ。2016年の『君の名は。』大ヒット以降、多くの似た路線のオリジナルアニメ映画が作られているように、ある種模倣的なブームの波は繰り返すものなのかもしれない。高校や大学時代にロボットアニメを好きだった人がアニメの作り手側となって数年後、原点であるロボットアニメを企画する……というのも想像しやすいストーリーだが、多くの人がそうだという確証は持てない。

     ただ2014年頃に比べ、最近はアニメ作品においてCGで描かれる割合はさらに増え、キャラクターがCGの作品も珍しくない。ロボットアニメにおけるロボットも大半がCGとなり、より小馴れて、見事なアクションシーンを見せてくれているのは間違いない。そんな時代に、あくまで手描きにこだわっている『境界戦機』の試みも面白い……このような作品ごとの違いを感じながら、今期のロボットアニメ群を楽しむのも一興だろう。


    【【アニメ】ロボットアニメって 意外と多くね??【どれがいい??】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ