少年のアビス』(しょうねんのアビス、Boy's Abyss)は、峰浪りょうによる日本漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2020年13号から連載中。「次にくるマンガ大賞2021 コミックス部門」で11位を獲得。2022年7月時点で累計発行部数は100万部を突破している。
19キロバイト (2,047 語) - 2022年8月10日 (水) 02:53

(出典 homobinoyaiba.com)


何だか 不幸のにおいがする。mj

395 名無しんぼ@お腹いっぱい (ワッチョイW 0b91-wg88) :2022/08/11(木) 22:45:50.30ID:UWqlGpmk0
篠岡さんと野添は明らかにチャコと令児の関係に重ねて描かれている(「本当に街を出ないといけないのは◯◯だよ」のセリフ、ベタの扱いなど)けど、決定的に違うのは、チャコと令児は肉体関係がない点
篠岡さんと違って、チャコはまだアビスに落ちきってないしまだ救いがある展開が用意されているんじゃないかと思いたい

【【漫画】「少年のアビス」複雑展開に 色々想像が膨らむ件【ドロドロやなぁ…】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む