悪女


    永瀬正敏にとっては1990年代最後連続ドラマレギュラー出演であり、以降は主に映画に出演している。 『悪女わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(わる〜はたらくのがかっこわるいなんてだれがいった?〜)タイトルで、2022年4月13日より日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送中。 主演は本作ドラマ初主演となる今田美桜。
    63キロバイト (8,394 語) - 2022年5月7日 (土) 11:44

    (出典 blog-imgs-150.fc2.com)


    痛い展開だなぁ…mj

    2 名無しさんにズームイン!

    記憶喪失!?


    【【漫画】【ドラマ】「悪女(わる)働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?」まりりんが ヤバい事になったらしいんだが…【犯人は あの人】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    悪女』(わる)は、深見じゅんによる日本の漫画作品、およびそれを原作としたテレビドラマ。 漫画作品は、1988年から1997年まで『BE・LOVE』(講談社)に連載された。1991年、第15回講談社漫画賞一般部門を受賞。 テレビドラマ作品では1992年に読売テレビの製作により、石田ひかり主演で日本テ
    37キロバイト (4,668 語) - 2022年3月23日 (水) 22:42

    (出典 i.ytimg.com)


    30年前にやってたねぇ!!mj

    1 湛然 ★ :2022/03/24(木) 05:23:42.64

    『悪女(わる)』30年前に主演務めた石田ひかりが特別出演 今田美桜と“新旧・田中麻理鈴”対決も?
    3/24(木) 5:00 オリコン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/40ccd51472158503213020736757a129adf50270
    今田美桜主演4月期水曜ドラマ『悪女(わる)』に初代マリリン・石田ひかりの特別出演が決定 (C)日本テレビ
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220324-00000301-oric-000-1-view.jpg


     女優・今田美桜が主演する、4月13日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(毎週水曜 後10:00)にて、30年前に放送された同ドラマで主演を務めた石田ひかりが特別出演すると24日、発表された。

     1997年まで『BE・LOVE』(講談社)で連載していた深見じゅん氏原作の大人気コミックが、30年の時を経て、再びドラマ化。三流の大学を四流の成績で卒業した、ポンコツだけど型破りな新入社員・田中麻理鈴(今田)は運よく大手IT企業に就職するものの、配属されたのは備品管理課という超がつくほど窓際部署。先輩で正体不明・クールな峰岸雪(江口のりこ)から「あなた、出世したくない?」というこの言葉をきっかけに、麻理鈴の会社人生が大きく一変していく。

     石田が主演を務めた平成版『悪女(わる)』は、当時19歳だった石田のドラマ初主演作でもあり、その後のNHK連続テレビ小説『ひらり』やフジテレビ系ドラマ『あすなろ白書』に続いていく礎となった作品ともいえる。キラキラネームが存在していなかった当時、「マリリン」という名前のインパクトは絶大で、自由奔放な新入社員が大企業で「出世」を目指していく内容は大きな話題になった。

     30年前は「出世」を目指す新入社員役だったが、今回はなんと巨大IT企業の人事課長役としての出演となる。初代マリリンは、30年の時と共に、キャリアウーマンになっていた。また今回、令和版の田中麻理鈴を演じる今田も、本作品がドラマ初主演となる。ドラマ初主演つながりの新旧マリリン対決に期待が高まる。

    ■各コメント

    ・石田ひかり
    ――初日の撮影を終えた感想。
    今日は何とも言えない不思議な気持ちで、ずっとふわふわしていました。麻理鈴を客観的に見る事が初めてで、30年前に自分が演じていた麻理鈴が美桜ちゃんになって目の前にいるという、とても不思議な気持ちでした。美桜ちゃんの麻理鈴はとても可愛くて共演できて幸せでした。この気持ちは私しか味わえない気持ちだなと思いました。ちょっと心の整理がつきません。

    ――石田が演じた30年前の麻理鈴と令和版の麻理鈴の違う点は?
    麻理鈴という役は現場をとても明るく楽しくする役なんだなと思います。今日の雰囲気もとても良かったですし、30年前の現場も本当に明るくて楽しくてとても良い現場でした。もちろん美桜ちゃんの存在も大きいですけど、麻理鈴という独特なキャラクターが持つ力なんだなと実感しました。
    『悪女(わる)』をこの時代に再ドラマ化すると一番最初に聞いた時にどう思われましたか?
    『悪女(わる)』を令和の世に蘇らせようとしているプロデューサー(しかも若い!)がいることに、驚きと喜びを感じました! 原作や平成版をご存知の多くの方が思った、「あのシーンはあるのか?」「あのシーンはどうするのか?」と、ワクワクしました。そしてやはり、「あのリュックどこかにあるのかな~」とは思いましたね!

    ――初代麻理鈴(を演じた石田)は、30年経って、なんと夏目人事課長に「出世」。夏目課長を演じることになった思いは?
    それはご縁ですね! 素直にうれしいです! 撮影をしてみて確信したことは、「マリリン」というキャラクターは、現場を明るく楽しくする力を持っていることです。わたしの時も、本当に雰囲気のいい、明るく元気で楽しい現場でした。今回もそれは間違いなさそうです!今回わたしが演じる夏目課長は、仕事もプライベートも全力で頑張る、タイプは違うけど「マリリン」そっくりなのだと思います。しっかりと、彼女の出世を阻む壁にならなければと思っております。


    【【漫画】【ドラマ】「悪女(わる)」30年振りの 再ドラマ化に 賛否両論ありあり?!【コケる?!】【感想】】の続きを読む


    葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 魔王を倒した勇者一行その後を描く後日譚ファンタジー。2021年11月時点で累計発行部数は450万部を記録している。
    52キロバイト (8,964 語) - 2021年12月14日 (火) 12:26



    (出典 i.ytimg.com)


    ちょっとのワガママは可愛いけどな。mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/11/22(月) 18:55:06.56

    2021年11月18日 22:08

    山田鐘人さん原作、アベツカサさん作画の漫画「葬送のフリーレン」第6巻が発売された。

    勇者一行の魔法使いである主人公・フリーレンの、魔王を倒した後の長い人生を描く後日譚ファンタジー。人間であった勇者・ヒンメルは亡くなり、僧侶・ハイターより一人の少女・フェルンを託され、エルフで長生きなフリーレンは人間を知る旅に出る。

    第6巻には特装版が用意され、「魔導書風カレンダー2022」が同梱。サンデー表紙などのカラーイラスト12点、連載前に描かれたキャラクター表などのモノクロカットが掲載。コミックスと同じサイズとなる。

    小学館による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、サンデーうぇぶりで第1~3話と連載分が読める。

    http://www.new-akiba.com/news/194713

    特装版! 魔導書風カレンダー付き!

    『葬送のフリーレン』初のカレンダー付き特装版が登場!
    『魔導書風カレンダー2022』は、
    ■サンデー表紙などの超美麗カラーイラスト12点収録!
    ■連載前に描かれたキャラクター表などのモノクロカットも掲載
    ■フリーレンが解読した賢者エーヴィヒの魔導書風デザイン
    コミックスと同じサイズなので机に飾って楽しめます。
    ※コミックスの内容は通常版と同じです。

    魔王を倒した勇者一行の魔法使い・フリーレン。
    魔法使い試験、第二次試験は迷宮(ダンジョン)攻略です。
    多彩な魔法使いたちと、紐解かれるフリーレンの本領――
    物語は、魔法使い師弟の絆を紡いでいく。
    英雄たちの“真意"が語られる後日譚ファンタジー!


    【【漫画】「葬送のフリーレン」フェルンって 悪女?!【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ