嵐が


    ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダの伝説 ティアーズ オブ キングダムゼルダの伝説 ティアーズ オブ キングダム』(ゼルダのでんせつ ティアーズ オブ キングダム、The Legend of Zelda: Tears of the Kingdom)は、2023年5月12日に任天堂より発…
    7キロバイト (744 語) - 2023年2月14日 (火) 14:33
    何か よー解らん事を…mj

    1 爆笑ゴリラ ★
    2023年2月14日

    『ゼルダの伝説』続編に不安の声! 前作マップの“使い回し”疑惑が賛否を巻き起こす

    前作が世に放たれてから約6年、2023年5月12日に満を持して発売される『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』。先日、その最新トレーラー映像が公開されたのだが、なぜか一部のファンからは不安の声が噴出しているようだ。

    新要素への期待が高まる一方で…

    『ゼルダの伝説』シリーズ最新作にあたる『ティアーズ オブ ザ キングダム』は、広大な大地と大空が広がった世界を舞台としたオープンワールドゲーム。

    最新トレーラーではストーリーの片鱗を感じさせるシーンや敵キャラクターとともに、大空と大地を駆け巡る主人公・リンクの姿が収録されている。

    また映像内にはリンクが乗り物に乗って空を移動する場面も登場。他にも車のような乗り物に乗車している姿も確認することができ、前作にはなかった新要素が目白押しだ。

    はやくもファンたちは傑作の予感に期待を膨らませているが、その一方でマップの“既視感”に違和感を隠せない人も多いようだ。

    前作『ブレス オブ ザ ワイルド』と類似したような地形が広がっていたため、《見覚えのある風景が多いけど、まさか 1のマップ使い回しじゃないよね?》《ブレワイから結構マップ流用してない?》《杞憂であってほしいけど、同じマップの焼き増しで大丈夫?》《6年かけてこれかよ》《DLCじゃあかんかったのか?》《マップを使い回すならタイトル変えるな》といった不満げな声が上がっている。


    新作は「空」と「地下」のマップを追加?

    そもそも今作は前作と同じハイラル王国が舞台となっているので、既視感のある風景が多いのは致し方ないことだろう。しかし6年も待ってマップが前作の使い回しとあれば、ファンががっかりするのも無理はない。

    とはいえ最新映像では、地上だけでなく空や地下を探索する様子も確認できる。かねてより今作の舞台は《ハイラルの空の上にまで広がる》と告知されているため、『ティアーズ オブ ザ キングダム』では、少なくとも「空」のマップが追加されることは信じてよさそうだ。

    また同作は、ボリューム的にも前作「ブレス オブ ザ ワイルド」からかなり増量することになる予定だ。

    任天堂のストアページによると、ゲームの必要容量(予定)は18.2GBと記載されているのだが、「ブレス オブ ザ ワイルド」は14.4GB。約4GBも多くなっているため、それだけ未知のマップも増えているかもしれない。

    ふたたび日本を代表する名作ゲームが誕生するのか、続報を心待ちにしていよう。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/117849

    (出典 video.twimg.com)

    【【ゲーム】「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」続編疑惑に ツッコミの嵐が巻き起こった件【何が??】【評価】】の続きを読む


    ドラゴンボール > ドラゴンボール超 > ドラゴンボール超 スーパーヒーロードラゴンボール超 スーパーヒーロー』(ドラゴンボールスーパー スーパーヒーロー、英語: Dragon Ball Super: SUPER HERO)は、2022年6月11日に公開される予定の日本のアニメーション映画。ア
    14キロバイト (1,854 語) - 2022年4月14日 (木) 14:08

    (出典 bpnavi.jp)


    確かテレビの放映は 37年前だっけか…mj

    1 muffin ★ :2022/04/14(木) 22:15:06.61

    https://natalie.mu/comic/news/473900

    鳥山明原作による映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の新たな公開日が決定。6月11日に劇場公開される。

    4月22日に公開を予定していた「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」は、3月6日に東映アニメーションのネットワークが第三者による不正アクセスを受けたことから公開延期になっていた。

    「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」は、かつて孫悟空により壊滅した悪の組織・レッドリボン軍の意志を継いだ“新生レッドリボン軍”が、新たに最強の人造人間・ガンマ1号、2号を生み出したことから展開される物語。鳥山が原作・脚本・キャラクターデザインを務め、監督を児玉徹郎、作画監督を久保田誓、音楽は「マスカレード・ナイト」などの佐藤直紀が担当する。

    予告PART2

    (出典 Youtube)
    ' target='_blank'>(出典 Youtube)
    " target="_blank">https://youtu.be/EwXiAhcSv2o

    https://ogre.natalie.mu/media/news/comic/2022/0414/0611_dbs_honposter.jpg


    【【アニメ】【映画】【悲報】「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」酷評の嵐が巻き起こってしまう。【過去の様には 戻れないのか…】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ