山寺宏一さん


    山寺 宏一(やまでら こういち、1961年6月17日 - )は、日本の声優、タレント、ナレーター、司会者、俳優、ものまねタレント。宮城県出身。アクロスエンタテインメント所属。愛称は「やまちゃん」、「バズーカ山寺」。 東北学院大学経済学部商学科(現:経営学部経営学科)卒業。
    291キロバイト (29,546 語) - 2022年4月27日 (水) 11:56

    (出典 i.ytimg.com)


    奥さん若いよなぁ!!mj

    1 フォーエバー ★ :2022/04/29(金) 19:26:07.55

     「七色の声を持つ男」と評される声優界のビッグネーム・山寺宏一さん。「同じ声優さんなの!?」と驚いてしまうほど、キャラクターによって声色や雰囲気をガラリと使い分けるその演技力が本当にすごいですよね。

    【画像:ランキング28位~1位を見る】

     今回は、そんな山寺宏一さんがこれまで演じたアニメキャラクターから3人を紹介しましょう。

    ●加持リョウジ(新世紀エヴァンゲリオン)
     アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のイケメン色男として、ファンに人気の「加持リョウジ」。飄々とした優男に見えますが、実は特務機関NERV特殊監査部所属職員かつ多重スパイという、頭も相当キレる有能な人物です。

     同じ大学の葛城ミサトとは元恋人同士で、セカンドインパクトの真相を追い求めるなかで複雑な関係を保っています。

    ●ビルス(ドラゴンボール超)
     アニメ「ドラゴンボール超」に登場する、第7宇宙の「破壊神ビルス」。薄紫色の肌に、古代エジプトの女神バステトの耳を長くしたような風貌が特徴です。世界のバランスを保つためという名目で、気まぐれに星や生命を破壊するなど異次元の強さを持ち、何億年も生きています。

     39年ぶりに目を覚まし、夢の中で見た自分のライバルとなりうる超サイヤ人ゴッドを探すために地球へやってきました。普段は寝る・食べる・テレビアニメを見るといった普通の人間のような暮らしぶりで、どこか憎めない性格をしています。

    ●吉田松陽(銀魂)
     アニメ「銀魂」に登場する、物語の中でも特に重要なキャラクターの「吉田松陽」。田舎に私塾を開いた教育者であり、主人公の坂田銀時や高杉晋助、桂小太郎などに大きな影響を与えた師匠的存在です。

     松陽は本作のキーパーソンでありながら、作中では長きに渡り謎に包まれた存在でした。とても複雑な役どころのキャラですが、山寺さんは見事な演技力でその魅力を表現しています。

    4/29(金) 18:35配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/850a7e01de65611d9f894694a8ac273eb400f9d8

    (出典 i.imgur.com)


    【【声優】「アンパンマン」のチーズ役等で お馴染みの 山寺宏一さん。1番印象深いキャラは誰や??【7色の声】】の続きを読む


    山寺 宏一(やまでら こういち、1961年6月17日 - )は、日本の声優、タレント、ナレーター、司会者、俳優、ものまねタレント。宮城県出身。アクロスエンタテインメント所属。愛称は「やまちゃん」、「バズーカ山寺」。 東北学院大学経済学部商学科(現:経営学部経営学科)卒業。
    289キロバイト (29,324 語) - 2022年2月22日 (火) 13:22



    (出典 www.crank-in.net)


    野沢雅子さんも大概だよな。mj

    152 名無しさん@恐縮です :2022/02/22(火) 04:02:33.24

    ジャム叔父とチーズ同時とか生では無理だろw
    後で編集しないとw


    【【声優】「アンパンマン」でマルチに役をしてる 山寺宏一さん。チーズって簡単そうだよな。【1人何役だよ?!】】の続きを読む


    山寺 宏一(やまでら こういち、1961年6月17日 - )は、日本の声優、タレント、ナレーター、司会者、俳優、ものまねタレント。宮城県出身。アクロスエンタテインメント所属。愛称は「やまちゃん」、「バズーカ山寺」。 東北学院大学経済学部商学科(現:経営学部経営学科)卒業。
    280キロバイト (28,354 語) - 2021年10月13日 (水) 08:35



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    度重なる結婚・離婚のせいもある??mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/10/06(水) 09:41:10.34

    オリコン 10/7
    https://www.oricon.co.jp/special/57495/

    数々の名作アニメに出演し、その声色で無数のキャラクターを演じ分けてきた声優の山寺宏一。2012年に始まった『宇宙戦艦ヤマト2199』からデスラー役を務め、それ以前に『宇宙戦艦ヤマト復活篇』等で古代を演じていたことを含めると20年以上もヤマトシリーズに関わっている稀有な存在だ。8日上映のアニメ『宇宙戦艦ヤマト2205新たなる旅立ち前章-TAKE OFF-』ではアベルト・デスラーを再び演じる。その山寺に、同作への想いをはじめ、今年60歳を迎えて思う声優としての在り方などを聞いた。

    ――山寺さんは、富山敬さんの後継として古代役を務めてから、約20年間にわたってシリーズに携わっていることになります。

    山寺宏一これだけいろいろなカタチで関わっている方は原作を除くとあまりいないでしょうから、本当にありがたいことだなと思っています。『ヤマト』のテレビシリーズが始まった頃、僕は中学1年生くらいで、そろそろアニメを卒業しようと思った時期でした。当時は大人向けのアニメというものは少なく、子どもが観るものだという風潮だったので、アニメを観ていたら子どもっぽいと言われるかなと思っていたら「なんだ、これは!」と。『ヤマト』と『ルパン』に関しては、背伸びして観るアニメだという認識がありました。中学生で多感な時期で、毎週ドキドキして観ていた『ヤマト』のファンである僕が、古代とデスラーを演じるっていう。今振り返ると驚きでしかないです。

    ――1970年代に起こった第一期アニメブームの中心だった『宇宙戦艦ヤマト』ですが、50年近く続く同シリーズに、声優としてどのような想いがありますでしょうか。

    山寺宏一社会現象とまで言われましたよね。まだ続いていることに驚きを感じています。尊敬する富山敬さんの後を、小さい頃に観ていたというイメージでやらせていただいて、『復活篇』の話が来た時もびっくりしました。でも、歴史のある作品だけにいろいろな意見が出てきてしまうので、コアなファンの方を意識しすぎてもいけないし、だからと言って全然違うものにもできない。非常に難しいと思います。時代が変わったからこそ描けるものがあり、変わらないものもある。ヤマト愛を持って、みなさんで受け継いでいるのだなという感じがずっとしています。『2199』が成功していなければリメイクシリーズも続いていないわけで、すごいことだと思います。

    ――本作は、ヤマトクルーたちの新たなる旅立ちを描きながらも、デスラーがとても印象的に描かれています。

    山寺宏一『2202』シリーズでデスラーの過去が明かされて、「そんなことがあったのか!」と僕もびっくりしたのですが、デスラーは生まれながらに冷徹で、手段を選ばないような男だったわけではないことが明らかになり、すべてはガミラス存続のために心を鬼にしてやっていたことがわかりました。ですので、本作では若い頃から大きなものを背負っているということをずっと感じながら演じています。

    今回は特に、前のシリーズでランハルト(クラウス・キーマン)という自分の甥っ子の思いも背負うということになり、彼との約束があるわけです。それをずっと胸に秘めているので、背負うものがさらに大きくなったかなと感じがしますね。

    ――原作シリーズでは、伊武雅刀さんがデスラー役を演じられていましたが、リメイク作品で役を引き継ぐことに関してはどう感じていたのでしょうか。

    山寺宏一『ヤマト』は長年続く人気作ですから、ずっと応援している人と、新たに観てくれる人が両方いらっしゃいます。最初、伊武さんが演じていたデスラーを聞いていた人はどう思うかを意識してしまって、そのことばっかり考えていました。僕自身が伊武さんじゃなきゃって思っていましたから。顔もストーリーも変わるので、やらせていただきますと言いましたが、伊武さんと比べられるとずっと思っていましたからね。プレッシャーはあったけれど、始まってしまえば目の前の作品に向き合い、その役をどう演じるかなんです。与えられたものをどれだけクオリティー高いものに仕上げるか、ということですから、あまり周りのことは気にしなくなりました。プレッシャーは相変わらずですけど。

    ――今では、山寺さんのデスラー役は広く受け入れられています。

    山寺宏一声優は作品との出会いがすべてなんですよね。そこで力を発揮できるかどうか。まず出会えるか、次に力を発揮できるか。本当にやりがいのある、心震えるようなセリフを言えるっていうのは、本当に喜びですね。だから、そういう作品に出会えたことはよかったです。伊武さんのデスラーでしょって、ビビッてお断りしなくてよかった。
    (以下リンク先で)


    【【声優】マルチに活躍してる 山寺宏一さん。マルチ過ぎて おなかいっぱいと言われちゃう…【役が多いからかな】】の続きを読む


    山寺 宏一(やまでら こういち、1961年6月17日 - )は、日本の声優、タレント、ナレーター、司会者、俳優、ものまねタレント。宮城県出身。アクロスエンタテインメント所属。愛称は「やまちゃん」、「バズーカ山寺」。 東北学院大学経済学部商学科(現:経営学部経営学科)卒業。
    274キロバイト (27,589 語) - 2021年6月18日 (金) 09:40



    (出典 geitopi.com)


    年の差婚が 羨ましいのかよ??mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/06/22(火) 18:09:12.14

    週刊女性2021年7月6日号
    https://www.jprime.jp/articles/-/21196

    《世代も育って来た環境も全く違う二人ですが、互いに支え合い人生を共に歩んで行く事にした次第です》

     6月14日、声優の山寺宏一とアイドルグループ『チャオ ベッラ チンクエッティ』の元メンバーで、タレントの岡田ロビン翔子が“32歳差”結婚を発表。大きな話題になった。

    「出会いは岡田さんが現在も出演するbayfmのラジオ番組での共演。32歳差を感じさせない名コンビぶりで、お互いのファンからも大好評でした。いい夫婦になれると思いますよ」(アイドル誌編集者)

     ディズニー映画のドナルドダックや『アラジン』のジーニーなど、人気キャラクターを演じる山寺の3度目の結婚に驚く人も続出。しかし山寺を知るテレビ局関係者は、「モテるのも納得」と素顔をこう明かす。

    「声優界のレジェンドにもかかわらず、新人やスタッフにもとにかく優しいんです。私服はハイブランドをさらっと着こなしているし、住んでいるのは港区の高級タワーマンション。そんな彼に優しく話しかけられたら、イチコロになっちゃいますよ。実際、ハイスぺ男子の山ちゃんに寄ってくる女性は多かったそう」

    愛されキャラのウラで……
     今回ゴールインした岡田も含め、結婚時の妻の年齢がアラサーばかりという点も、ネットでは話題になっている。

    「最初の結婚は山寺さんもアラサーだったので同世代ですが、2回目の結婚は18歳差と年の差婚でした。今でこそモテモテですが、意外にも学生時代は女子と話したこともないぐらいの“非モテ男子”。甘酸っぱい恋愛を経験していないことが心残りみたいですね。若い女性を求めるのは、そんな青春時代を取り戻したいという気持ちの表れなのかも」(芸能プロ関係者)

     年下好きは業界では有名なため、結婚発表後はこんな反応が見られたという。

    「一緒に仕事をしたことがあるスタッフたちは、“英雄色を好むだよね!”“まるで加トちゃんみたい!”と年下好きをイジっているような反応ばかりでした(笑)」(映画配給会社関係者)

     そんな反応が出るのも、それだけ山寺が愛されキャラということなのだろう。一方で、気になる声も……。

    「長年MCを務めていたテレビ東京系の『おはスタ』のアシスタントである“おはガール”出身のタレントたちが、祝福ツイートをほとんどしていないんですよ……。OGによっては、結婚相手である岡田さんと年齢が変わらないですからね。パパのような存在だった山寺さんが、自分たちと同世代の共演タレントを異性として見ていたことに引いちゃっているのかも」(前出・芸能プロ関係者)

     さすがに“娘”たちを、そんな目で見ていないよね!?


    【【声優】「アンパンマン」等でおなじみの 山寺宏一さん。せっかく結婚したのに 雑誌記事に あらぬ事を書かれてる件【人の事だから いいんじゃねぇかよ??】】の続きを読む


    山寺 宏一(やまでら こういち、1961年6月17日 - )は、日本の声優、タレント、ナレーター、司会者、俳優、ものまねタレント。宮城県出身。アクロスエンタテインメント所属。愛称は「やまちゃん」、「バズーカ山寺」。 東北学院大学経済学部商学科(現:経営学部経営学科)卒業。
    274キロバイト (27,589 語) - 2021年6月18日 (金) 09:40



    (出典 getnews.jp)


    末永く幸せに!!mj

    1 首都圏の虎 ★ :2021/06/18(金) 16:58:09.02

     31歳という年の差婚が大きな話題を集めた、声優・山寺宏一とタレント・岡田ロビン翔子との結婚。

     もしかしたら今回の報道で初めて岡田の名前を知った人もいるかもしれない。

     現在28歳の岡田ロビン翔子は、アップフロントグループの女性アイドルグループ『チャオ ベッラ チンクエッティ(2015年まで旧名・THEポッシボー)』のメンバーとして、18年の解散まで活動した。

     グループの結成は2006年。モーニング娘。やアンジュルムらが所属するアップフロントの女性アイドル集団・ハロー!プロジェクトの、当時の研修生「ハロプロエッグ」からの選抜メンバーで結成されたグループで、岡田はのちにリーダーに就任している。

     夫となる山寺宏一は、言うまでもない超大物声優。今回の結婚報道を受け、一部では、

    「ちょっと待って、アップフロントって、モー娘。以外のほうが大物と結婚してない!?」

     という不思議な傾向が指摘されている。

    モーニング娘。の結婚相手は
     その例のひとつが、現在東北楽天ゴールデンイーグルスで活躍する田中将大投手と2012年に結婚した、里田まいだ。里田は2002年から『カントリー娘。』の一員として活動していた。

     もう一人はハロプロのソロタレントとして活動後、女優に転身、そして2018年に現在スペインで活躍するサッカー選手・柴崎岳と結婚した真野恵里菜。

    「どちらもお相手は世界で活躍し、誰もが知る大物アスリート。里田も真野も、もちろん知られた存在でしたが、失礼ながら結婚相手との認知度や格差が明らかで驚いた人は多かった。いまではどちらも円満なようで、憧れられる夫婦となっています。また、今回結婚を発表した山寺さんも、知らない人はいないのでは、という大物声優。一方、ロビンさんはあまり知名度がなく“玉の輿”と言えるのではないでしょうか」(芸能ジャーナリスト)

     いっぽう、アップフロントでもっとも人気を誇った歴代モーニング娘。の主なメンバーのお相手に目を向けてみると……。

    ・中澤裕子→IT関連企業社長の一般人
    ・福田明日香→一般人男性(離婚)
    ・石黒彩→真矢
    ・安倍なつみ→山崎育三郎
    ・後藤真希→一般人男性
    ・矢口真里→元モデル男性(前夫は俳優の中村昌也)
    ・加護亜依→一般人男性(過去に離婚)
    ・辻希美→杉浦太陽
    ・石川梨華→読売ジャイアンツ・野上亮麿
    ・藤本美貴→庄司智春
    ・高橋愛→あべこうじ

     誰と結婚したのか、その肩書きや収入などで優劣をつけるものではないが、世界で活躍した経験のある、前述の田中将大投手、柴崎岳選手、山寺宏一と比べてしまう。

     この傾向について、あるアイドルウォッチャーはこう語る。

    「国民的人気アイドル、しかもグループのエース格の人気メンバーともなると、やはりいろいろな制約もあり、交際自体が難しいこともあります。女性アイドル側の熱愛スクープをとろうと、マスコミに張り付かれることもありますしね。有名なアイドルであればあるほど、“大物”男性たちも声をかけにくいのかもしれません」

     とはいえ、運命を感じて結婚まで至った2人なら他人がとやかく言うことではない。

     3度目の結婚となった山寺宏一。1度目は2歳年下、2度目は17歳年下、そして3度目の岡田ロビン翔子とは31歳の差がある。年を追うごとに奥さんがどんどん若くなり、世の男性を勇気づけ、世の女性を驚かせている。今度こそは円満であることを願いたい。

    〈取材・文/渋谷恭太郎〉

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e14249d865459fdbdc515203c778b7cb673cff1e

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【声優】「アンパンマン」のジャムおじさん役等の 山寺宏一さん。知名度の高さで 奥さんは 幸せ者??【年の差婚】】の続きを読む

    このページのトップヘ