実写化して


    2023年3月3日閲覧。 ポータル 漫画 プロジェクト 漫画 ウィクショナリーに関連の辞書項目があります。 漫画、en:comic 漫画作品一覧 漫画家一覧(世界の漫画家) 日本の漫画家一覧 漫画漫画原作:漫画、劇画における台本・脚本 漫画雑誌 漫画情報誌 漫画評論 コミックマーケット 原作 アンダーグラウンド・コミックス…
    40キロバイト (5,892 語) - 2024年1月5日 (金) 00:15
    結構やってみると良かったりするよな。mj

    1 ネギうどん ★
    公開から2週間経たずして観客動員86万人、興行収入12.7億円を記録する大ヒット中の映画『ゴールデンカムイ』。原作は「週刊ヤングジャンプ」で連載された累計発行部数2700万部を超える大ヒット漫画だ。(略)

    とりわけ実写化で高い注目度を集めるのは、これまで数多くの作品が実写化され、今も圧倒的な発行部数を誇る「週刊少年ジャンプ」の作品群だろう。そこで、本誌は20-30代の男女を対象に、まだ映像化されていない歴代ジャンプ作品のなかから、「絶対に実写化してほしくない作品」について投票を行った。その結果をランキング形式で発表する。(略)

    1位に選ばれたのは『鬼滅の刃』。心優しい少年・竈門炭治郎が、鬼に家族の命を奪われたをきっかけに「鬼殺隊」に入り、復讐をするという作品。’19年にテレビアニメ化され、翌年公開された劇場アニメ『無限列車編』は日本歴代興行収入第1位を記録した国民的ヒット漫画だ。

    老若男女から人気を博す本作だが、作中で毒で顔が溶けるシーンや手で目を潰すなどグロテスクなシーンも多いことから、「実写では見たくない」という意見が多く寄せられていた。

    「血が飛び散るシーンやグロいシーンが多いから」
    「アニメだからこそ許容できるグロテスクな表現を実写できるするのが受け入れられないから」
    「残虐なシーンが結構あり、漫画だからこそ描ける。実写化には向いてない、というか無理」

    また、大正時代を舞台にしており、レトロな雰囲気といった独特の世界観が人気の同作。「原作の世界観を台無しにされそう」「コスプレ感がすごくなりそうなのと、世界観の表現が難しいと思う」と、現実と乖離した世界観を実写化するのは難しいのではない
    かいう声も多くあった。

    また、3位までにあがった作品はすでにアニメ化されており、「アニメのイメージを大切にしたい」「アニメのビジュアルですごく満足しているから」という声も多く寄せられていた。

    果たしてこの中から、実写化される作品は出てくるのか――。

    【絶対に「実写化してほしくない」ジャンプ漫画ランキング】

    1位:鬼滅の刃…92票
    2位:ハイキュー!!…78票
    3位:チェンソーマン…70票
    4位:スラムダンク…46票
    5位:北斗の拳…42票
    6位:僕のヒーローアカデミア…39票
    7位:キン肉マン…36票
    8位:呪術廻戦…34票
    9位:NARUTO…33票
    10位:HUNTER×HUNTER…25票
    11位:アイシールド21…5票

    全文はソースで
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2286544/

    【【漫画】ジャンプ作品で 絶対実写化して欲しくない作品って??【世界観の表現がむずかしいんだよ…】【感想】】の続きを読む


    漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。 漫画
    41キロバイト (5,966 語) - 2023年2月25日 (土) 02:56
    意外と面白いとか。mj

    1 豆次郎 ★ :2023/03/02(木) 21:02:53.61ID:Xgsf0k4O9
    3/2(木) 20:50配信
    オトナンサー
    漫画原作→実写化で「成功した作品ランキング」 3位「デスノート」、2位「るろうに剣心」…1位は?

     ゲーム・アニメ・漫画などのサブカル情報を配信するウェブメディア「otalab(オタラボ)」が、“Z世代”の男女を対象に「アニメや漫画の実写化作品に関する実態調査」を実施し、その結果をランキングなどで発表しました。

    「成功した実写化作品ランキング」“少女・女性向け”作品の1位は? 「実写化してほしい作品」ランキングTOP10も! 「SPY×FAMILY」「SLAM DUNK」は何位だ!

     調査は、2023年月2月13~14日にかけて、全国の15~27歳の男性352人、女性360人にインターネットで実施。712の有効回答を基に作成しています。

    「アニメ・漫画原作の実写化作品は許容できるかどうか」について質問したところ、63%が「許容できる」と回答。その理由について「クオリティーが高かったから」「原作が好きだから」「納得できるキャストだったから」という声が多数を占めました。

    「成功した実写化作品ランキング」では“少年・青年向け”作品と“少女・女性向け”作品で分けて調査。

     “少年・青年向け”作品での3位は、大場つぐみさんが原作、小畑健さんが作画を担当した漫画を、俳優の藤原竜也さんと松山ケンイチさんのダブル主演などで実写化した映画「デスノート」でした。同作は、ノートに名前を書かれた人間が死ぬ「デスノート」を手に入れた夜神月(藤原さん)と、世界的な名探偵「L」(松山さん)の頭脳戦が展開。数々のスピンオフ作品が公開、放送されました。

     2位は、和月伸宏さんの人気漫画を俳優の佐藤健さん主演で実写化した映画「るろうに剣心」。幕末時代を舞台に、凄腕の暗殺者・緋村剣心(佐藤さん)の戦いを描きました。2012年からこれまでに5作、公開されました。

     1位は、空知英秋さんの漫画を俳優の小栗旬さん主演で実写化した映画「銀魂」でした。パラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む坂田銀時(小栗さん)と仲間たちの姿をユニークに描いた作品で、これまでに2作、公開されました。

     また、「実写化してほしい作品」ランキングも公開。3位は芥見下々さんの人気漫画「呪術廻戦」、2位は尾田栄一郎さんの人気漫画「ONE PIECE」、1位は藤本タツキさんの人気漫画「チェンソーマン」という結果でした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/73f1ed8ed42b14d5d4e2702d6caf0e3eda017cfd

    【【漫画】実写化して 成功した作品は何や??【ドラマ・映画の印象が 強め?!】】の続きを読む


    漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。 漫画
    41キロバイト (5,967 語) - 2022年8月28日 (日) 18:55
    『GTO』は無いのね。mj

    1 muffin ★
    https://futaman.futabanet.jp/articles/-/122724
    2022.10.22

    今回は漫画を原作としたドラマの中でもとくに完成度が高く、評判の良かったおすすめの実写化作品を紹介していきたい。

    ■『今日から俺は!!』

    まずは西森博之氏によるヤンキー漫画『今日から俺は!!』のテレビドラマ。『ごくせん』『ROOKIES』『東京リベンジャーズ』など、比較的ヒット作の多いヤンキー漫画からの実写化で、コメディ要素をうまく表現して成功をおさめた作品だ。

    同作の脚本や演出を手がけたのは、『銀魂』や『斉木楠雄のΨ難』など漫画原作の実写作品を次々と成功させている福田雄一氏。絶妙なキャスティングと独特の間によって、視聴者をクスッとさせる場面が多い。なかにはキャストのアドリブと思われる場面もあり、全力で俳優陣がふざけている点も作品にマッチしていた。
    中略

    ■『JIN -仁-』

    続いては、村上もとか氏による『JIN -仁-』のテレビドラマだ。医療系ドラマにSF要素を加えた設定は斬新で、瞬く間に人気が出た実写ドラマである。

    現代の医者が幕末にタイムスリップをするという設定は、「現代医学をどのように再現するのか?」というのが見どころ。知識はあるが道具や薬がないという状況を打破するために、主人公の南方仁が試行錯誤する展開が面白かった。しかも医療面だけでなく、そこに幕末を生きる実在の人物が登場するので時代劇としても楽しめる。原作漫画を知っている人だけでなく、知らない人の支持も集め、幅広い年齢層の視聴者を獲得し、高い視聴率を記録した。
    中略

    ■『金田一少年の事件簿』

    最後は天樹征丸氏(原案・原作)、金成陽三郎氏(原作)、さとうふみや氏(作画)による推理漫画『金田一少年の事件簿』の実写ドラマ。高校生の金田一一(はじめ)が数々の難事件を解決していくミステリーで、奇想天外なトリックや異色の犯罪者などが印象的な作品である。

    最初にドラマ化されたのは1995年で、そこから俳優陣を変えて何と5代にわたって実写ドラマ化。主人公の金田一一役は初代の堂本剛を筆頭に、ジャニーズのメンバーが代々受け継いでいるのも人気につながった要因と言えるだろう。テレビドラマ以外にも単発ドラマや映画にもなっているので、漫画原作のドラマとしてはかなり長期にわたって支持された作品と言えるだろう。
    後略

    全文はソースをご覧ください


    (出典 futaman.ismcdn.jp)

    【【漫画】実写化して大成功した漫画って??【最初は キャスティングに 色々物申してたが…】】の続きを読む

    このページのトップヘ