葬送のフリーレン』(そうそうのフリーレン)は、山田鐘人(原作)、アベツカサ(作画)による日本漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2020年22・23合併号より連載中。 2021年に第14回マンガ大賞および第25回手塚治虫文化賞新生賞を、2023年に第69回小学館漫画賞受賞。 魔王を倒した勇者一行の後日譚を描くファンタジー。…
136キロバイト (19,866 語) - 2024年3月16日 (土) 11:39
わがままは、嫌われちゃう。mj

1 爆笑ゴリラ ★ :2024/03/19(火) 01:33:42.27 ID:MNPsND9/9 BE:439362949-PLT(40200)
sssp://img.5ch.net/ico/999991500946716.gif
現在放送中のアニメ『葬送のフリーレン』(日本テレビ系)。魅力溢れるキャラクターが多数登場し、漫画もアニメも大人気の同作だが、そのキャラクターの人気投票が少々意外なものになっている。

現在、週刊誌『少年サンデー』の公式サイトでは、『葬送のフリーレン』の第2回人気投票を実施中で、ファンたちに投票を呼び掛けている。投票期間は2024年3月1日(金)午前0時 ~ 3月24日(日)23時59分。エントリーされたキャラクターの総数は116だ。

中間結果が一部発表

漫画の公式Xではその中間結果を少しだけ明かしているのだが、3月10日時点では、9位が「断頭台のアウラ」だったという。さらに、3月16日にはその中間結果の続報として、10位がフェルンであることも明かされた。
この二つの結果は大きな反響を集めている。
というのもまず、断頭台のアウラは登場してすぐにやられてしまった、いわゆる使い捨て系に類されるようなキャラであり、それも敵側だったにもかかわらず、かなり上位に食い込んでいるからだ。

一方のフェルンは、作品においてフリーレンに次ぐメインキャラ。準主人公として多く活躍の機会が与えられ、作品のヒロイン的な役割を担っているにも関わらず、ベスト10に入れるかどうか微妙な立ち位置で、アウラより下というのは驚きしかない。

この中間発表の理由を考えてみると、今回の投票がネット投票で行われたことが関係しているのではないかと思われる。アウラは相手を服従される「アゼリューゼ」という魔法を扱うが、それを利用した二次創作がネット上で流行し、アウラはネット民から大人気のキャラになっている。

ネットでの人気投票は、古くは『イナズマイレブン』の五条勝、『ポケットモンスター』のコイルのように、ネット民のおもちゃになりやすく、今回もターゲットの一つにされてしまったのだろう。

むしろ、9位というのはアウラレベルのネット人気キャラにしては低いくらいなので、ネット民のリテラシーが高くなったのか、ネット民の投票くらいではランキングが大きく動かないほどに『葬送のフリーレン』人気投票の総投票数が多いのかもしれない。

人間らしさ溢れる魅力がゆえに…人気投票では不利な予感

そしてフェルンが10位の理由。こちらもある意味で意外ではないと考えられる。フェルンは、簡単に言ってしまえば“めんどくさい女”の側面を持っている。急に不機嫌になったり、その理由を明かさずに拗ね続けたりと、なかなかなのだ。

3月15日放送の第27話「人間の時代」でも、フェルンはフリーレンの悪意ない行動に対して強く怒り、ずっと頬を膨らませていた。人間臭いフェルンと常人離れしているフリーレンの対比が本作の見どころでもあるのだが、フェルンの行動にSNSなどでは《フェルンちゃんかわいいから許されてるけどさ、かーなーりめんどくさい女だよね》《うーんやっぱ察してちゃんフェルン苦手すぎる》《かわいいと思うかめんどくさいと思うかでフェルンへの感情が分かれそう》と賛否がわれている。

そのために、メインキャラにも関わらず、人気投票で上位に食い込みにくいのかもしれない。約半年にわたり放送されてきた『葬送のフリーレン』も次回第28話で最終回を迎える。オンエアとともに、一体どんな結果になるのか…発表が楽しみだ。

https://0115765.com/archives/62194


『葬送のフリーレン』公式
@FRIEREN_PR
キャラクター人気投票開催中

現在10位はフェルン。

http://websunday.net/frieren2403/

(出典 pbs.twimg.com)

https://x.com/FRIEREN_PR/status/1768830902443094461?s=20

第1回人気キャラ投票結果
http://jump.5ch.net/?https://pbs.twimg.com/media/GA8YtvMaUAAzVVk.jpg

【【アニメ】「葬送のフリーレン」嫌われキャラって、誰??【好きなキャラがいれば、嫌いなキャラもいるんだな。】【感想】】の続きを読む