好き嫌い


    うる星やつら』(うるせいやつら、ラテン文字表記: Urusei Yatsura)は、高橋留美子による日本の漫画作品。第26回(1980年度)小学館漫画賞少年少女部門受賞作。「うる星」とも。2020年11月時点で累計発行部数は3500万部を突破している。 浮気者の高校生・諸星あたると、彼を愛する一途…
    44キロバイト (6,749 語) - 2022年11月11日 (金) 09:56
    みんな厳しいな…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/11/03(木) 22:34:51.16ID:aFg5z4dR
    リアルサウンド2022.11.03 18:00のざわよしのり

    フジテレビの深夜アニメ専門枠「ノイタミナ」で、目下『うる星やつら』が放送中だ。原作は高橋留美子が描いた同名漫画で、1978年から1987年まで約9年に渡って雑誌連載された。宇宙から来た押しかけ女房のラムと、軽薄かつ浮気性な諸星あたるを中心に様々なキャラクターが入り乱れるコメディ作品として、連載期間中の1981年にはテレビアニメ化。以後、数々の劇場用長編とオリジナルビデオアニメも制作されたアニメ版は、初代チーフディレクターを務めた押井守監督のフィルモグラフィーとして重要な位置づけになっている。そんな『うる星やつら』が再アニメ化!という情報が2022年1月に解禁され、高橋留美子ファンや1981年のアニメ版を知る世代からは、驚きと喜びの声が挙がったのだ。

    1981年放送の『うる星やつら』(以下、81年版と表記)は、現在のようにキャラクターの絵柄が平均的に統一される総作画監督制のアニメではなかったので、各話ごとに担当する作画監督や担当パート毎のアニメーターの個性が画面に強く出るのが特徴だった。これは本作のみに限った話ではなく、1980~90年代のテレビアニメの大半が、アニメーターの絵の癖がそのまま本編に反映されていたのだ。トラブルメーカーの二枚目キャラ・面堂終太郎の登場回「面堂はトラブルとともに!」(放送第14回)で、面堂のスカイダイビングシーンでメリハリの利いたハイレベルな作画がクローズアップされ、同シーンを担当したアニメーター・山下将仁にアニメファンの注目が集まることとなった。このように突出したシーンや、個性的なキャラ作画を通して、それぞれのアニメーターが月刊アニメ誌で特集されるのも、当時のアニメの楽しみ方のひとつだったのだ。

    81年版は、それまでのギャグアニメよりもハイテンポ、ハイテンションで、もともと原作が持つポテンシャルの高さも相まって、あっという間に大人気アニメと化し、放送開始の翌々年に初の劇場版『うる星やつら オンリー・ユー』(1983年)、その翌年には劇場第2作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984年)が公開された。『ビューティフル・ドリーマー』で描かれる、夢か現実か?と不可思議な世界観で展開する物語は、押井守監督のその後の作品群の原点ともいえる作風で、今なお高い評価を得ている。81年度版はチーフディレクターやシリーズ構成担当、制作スタジオの変更を交えながらも5年間にわたる放送を成し遂げた。オープニング&エンディングのタイトルバックを手がけた南家こうじや、キャラクターデザインの高田明美、アニメーターの森山雄治、西島克彦、土器手司などは、このアニメを通じてアニメファンに広く知られたと言っても過言ではないだろう。南家こうじは既にNHK『みんなのうた』で知る人ぞ知るアニメーターではあったが、81年版『うる星やつら』のヒットから、『スプーンおばさん』(1983年)、『あんみつ姫』(1986年)などのオープニングアニメを次々と制作するようになった。

    さて、2022年度版の『うる星やつら』だが、ブラウン管テレビ、ラジカセ、ダイヤル式の黒電話といった小道具が出てくるところから、舞台設定は原作が発表された1980年代として描かれているようだ。一方でオープニングタイトルでは、あたるがスマートフォンを使っていて、他のキャラクターが両手にサイリウムを持ってオーバーに踊る“オタ芸”を見せるなど、2022年の今に合わせたポップな映像に仕上げている。

    現代的な文化をオープニングで描きながら、本編は(今の目で見て)レトロで懐かしい80年代としている辺りにスタッフのこだわりが見て取れる。一新されたキャスト陣は、81年度版の雰囲気を踏襲したかのような声質の人が起用されており、ラム役の上坂すみれ、あたる役の神谷浩史ともども好感が持てる。

    現代的な文化をオープニングで描きながら、本編は(今の目で見て)レトロで懐かしい80年代としている辺りにスタッフのこだわりが見て取れる。一新されたキャスト陣は、81年度版の雰囲気を踏襲したかのような声質の人が起用されており、ラム役の上坂すみれ、あたる役の神谷浩史ともども好感が持てる。

    10月6日に放送された『めざましテレビ』(フジテレビ系)で流れた81年度版の主演2人・古川登志夫、平野文との対談で、神谷が「過去作と比べられてどうこう言われるのは当然だと思う。でもその色々な感想も含めて僕は全部受け止めるから、とにかく(あたるを)やらせて欲しいという気持ちでオーディションを受けた」と話していた通り、再アニメ化に際してプレッシャーを抱きつつも前向きに取り組む姿勢が伺える。初代あたる役の古川と、初代ラム役の平野が、今回はそれぞれのキャラクターの親の役柄で出演しているのも、作り手の愛情と共に81年度版へのオマージュが感じられるところだ。

    ※長文の為以下リンク先で

    【【アニメ】「うる星やつら」令和版って とことん好き嫌い多いよな【リメイク失敗??】【感想】】の続きを読む


    僕とロボコ』(ぼくとロボコ)は、宮崎周平による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2020年31号より連載中。2022年3月時点の累計発行部数は約50万部を記録している。 2022年5月30日発売の2022年26号にてテレビアニメ化が発表された。 ギャグコメディであるが、登場キャラクター
    27キロバイト (4,371 語) - 2022年5月29日 (日) 15:07

    (出典 res.booklive.jp)


    純粋ギャグ系??mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/30(月) 00:23:14.60

    5/30(月) 0:08
    オリコン

    漫画『僕とロボコ』TVアニメ化決定 ジャンプの話題ギャグコメディー

     『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画『僕とロボコ』(著・宮崎周平)が、テレビアニメ化されることが決定した。

     2020年7月6日より連載がスタートした同作は、美少女メイドロボ「オーダーメイド(OM)」が一家に一台普及した時代が舞台。平凡な小学5年生・平凡人(たいら・ボンド)は、家でもようやく、念願のオーダーメイドを買うこととなり、心躍らせていた。しかし、家にやってきたのは、カタログと違うOMで…。最強のドジっ娘メイドロボ・ロボコと心優しい少年ボンドの奇妙な日常が始まるドタバタギャグコメディー。

     本日30日発売の連載誌『週刊少年ジャンプ』26号にてTVアニメ化が発表され、表紙&巻頭カラーを飾っている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4ac64a294dce8236618fa86dd3f3ebcb51fae65b

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【漫画】【アニメ化】「僕とロボコ」果たして この絵柄は 受け入れられるのか??【好き嫌いありそうだな。】【感想】】の続きを読む


    ルパン三世 > ルパン三世 PART6ルパン三世 PART6』(ルパンさんせい パートシックス)は、モンキー・パンチの漫画作品『ルパン三世』を元に作られた連続テレビアニメの6作目。アニメ化50周年記念作品。2021年10月10日から日本テレビほかにて放送中。多数の作品がある為、本項では本作を含
    60キロバイト (6,270 語) - 2022年2月28日 (月) 11:09



    (出典 news.mynavi.jp)


    意外と そうでも無いみたいだなmj

    192 風の谷の名無しさん@実況は実況板で (ワッチョイ 03e2-g6h8) :2022/02/28(月) 01:17:44.61

    6期不二子のキャラデザほんと好き
    可愛い


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【アニメ】「ルパン三世 PART6」今作の峰不二子は 好き嫌い別れてるな【昔は セクシーキャラの代名詞みたいだったけどな】【感想】】の続きを読む


    ルックバック』は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『少年ジャンプ+』(集英社)にて2021年7月19日に公開された、全143ページからなる長編読み切りである。小学生4年生の藤野と、同校に在籍する不登校の京本の、漫画を描く女子2人の人生が描かれている。 小学4年生の藤野は学年新聞で4コマ漫画を毎週連
    18キロバイト (2,503 語) - 2021年12月8日 (水) 10:19



    (出典 img.bookmeter.com)


    絵柄って 人を選ぶのかもな。mj

    915 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です

    藤本タツキの漫画って大体映画と青年漫画で見たことある手法ばっかだよね
    それを少年漫画でやってるだけで随分奇才扱いされてるけどあんまり映画とか青年漫画読まない人が褒めてるのかね?


    【【漫画】【祝!!】「ルックバック」さん。このマンガがすごいで 1位に!!…でも 受け付けられない人達も多数…【好き嫌いあるもんだな…】】の続きを読む


    週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。
    48キロバイト (4,609 語) - 2021年7月20日 (火) 15:09



    (出典 www.cmoa.jp)


    好みによるかな…mj

    391 メディアみっくす☆名無しさん :2021/06/29(火) 22:53:01.04

    ヘイト溜めるよりつまらない方がマシだわ
    ペダルはほんとキツい


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【漫画】週間少年チャンピオンの愚痴って「刃牙」多め??【あの顔には 確かに好き嫌いありそう…】】の続きを読む

    このページのトップヘ