大丈夫なの


    後藤 邑子(ごとう ゆうこ、1975年8月28日 - )は、日本の女性声優、ラジオパーソナリティ、歌手。愛知県出身。アクセルワン所属。第1回声優アワードサブキャラクター女優賞受賞。 中学生時代は勉強にも遊びにも一生懸命取り組んでいた。そのため、過労で入院したこともある。高校時代の夢は公務員であり、堅実志向であった。
    86キロバイト (6,616 語) - 2022年8月11日 (木) 10:03

    (出典 m.media-amazon.com)


    今のこのご時世 病気は怖いものだ…mj

    1 朝一から閉店までφ ★
    後藤邑子さんインタビュー#1

    加山 竜司 8時間前

     大ヒットアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』(2006年)の朝比奈みくる役などで知られる声優・後藤邑子さんは、2000年代のアイドル声優ブームの渦中にいたひとり。

     当時、声優がキャラクターを演じながら、歌って踊るイベントが注目を集め、アニメ人気との相乗効果により、一大ブームへと発展した。キャラクターソングがCDランキングの上位を占め、彼女自身も武道館のステージにも立った。

     そんな人気絶頂の2012年、彼女は緊急入院し、無期限の活動休止を発表。病名は「全身性エリテマトーデス」。いわゆる“難病”である。

    医師からは余命を宣告されながらも、病床からブログを通じてポジティブなメッセージを発信し続けた。およそ2年の入院生活を経て、奇跡的に声優業にカムバック。あれから10年、いま、自身の病気や活動についてどのような思いを抱いているのか、話を聞いた。

    ◆◆◆





    最初のきっかけは「中学3年生の夏、止まらなかった鼻血」


    ――「全身性エリテマトーデス」とはどのような病気でしょうか?

    後藤邑子さん(以下、後藤) 自己免疫疾患のひとつです。本来、免疫というのは外から入ってきたウイルスなどの外敵と戦うものですが、それが自分の体の細胞を攻撃してしまう病気です。

     血液だったり、臓器だったり、あるいは皮膚だったりと、どこを攻撃するのかわからないので、「全身性」といいます。原因は、まだハッキリとは突き止められていないようです。

    ――病気が発覚したのはいつでしたか?

    後藤 2012年に倒れて入院し、そのときに検査してわかりました。

     もともと私は別の自己免疫疾患、突発性血小板減少性紫斑病(血小板に対する「自己抗体」がつくられることで、血小板が破壊され、出血の危険が高まる病気。国が指定する難病の対象)というのを長く患っていたので、その症状がひどくなったのかと思っていたら、別の病気がはじまっていたことがわかり、自分でも驚きました。

    ――紫斑病のほうは、いつからでしたか?

    後藤 中学3年生の夏からです。それまでは全然、普通だったんですよ。運動だって得意なくらいで、陸上部にバレーボールにと、部活に明け暮れていました。

    ――病気に気づいたきっかけは?

    後藤 部活の最中、鼻血が出たときに、いつまで経っても止まらなかったんです。そのうちに鼻血が出る回数が増えていき、そのたびに2時間流れ続けたりするので、「おかしいな?」と思うようになりました。

     ある朝、学校に行く前に鼻血が出て、そのときは3時間経っても、4時間経っても止まりませんでした。近くの病院に行ったら、すぐに大きな病院を紹介され、紫斑病であることがわかり、そのまま入院となりました。

    https://bunshun.jp/articles/-/56623?page=1

    次のページ突然の余命宣告「君はすぐ死んじゃうんだぞ」
    https://bunshun.jp/articles/-/56623?page=2

    【【声優】「涼宮ハルヒの消失」の 朝比奈みくる役等の 後藤邑子さん。かなり怖い病気になっていたんだな…【今は大丈夫なの??】】の続きを読む


    僕の心のヤバやつ』(ぼくこころのヤバやつ、英語: The Dangers in My Heart)は、桜井りおによる日本少年漫画。東京都目黒区洗足を舞台に、陰キャ中二病少年・市川京太郎と陽キャ美少女・山田杏奈2人が織り成す恋模様を描たラブコメディである。略称は「ヤバ
    35キロバイト (4,723 語) - 2022年8月1日 (月) 18:00

    (出典 sokuyomi.jp)


    アニメ化されてそうで されてなかったんだな。mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/08/02(火) 12:11:52.86ID:CAP_USER
    マンタンweb2022年08月02日
    https://mantan-web.jp/article/20220801dog00m200045000c.html

    秋田書店のマンガサイト「マンガクロス」で連載中の桜井のりおさんの人気マンガ「僕の心のヤバイやつ」が、2023年にテレビアニメ化されることが8月2日、明らかになった。メインキャラクターの山田杏奈が描かれたモノクロの「ティザーイラスト(第1フェーズ)」が公開された。アニメの詳細は、今後発表される。

     「僕の心のヤバイやつ」は、2018年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載を開始。現在は「マンガクロス」で連載されている。中二病真っ盛りの“陰キャ”男子・市川京太郎と学園カースト頂点の“陽キャ”美少女・山田杏奈の青春ラブコメディー。「このマンガがすごい!」のオトコ編に2020、2021年と2年連続でランクインし、2020年に「次にくるマンガ大賞2020」のウェブマンガ部門で1位を獲得するなど人気を集めている。コミックスが第6巻まで発売されており、累計発行部数は230万部以上。最新7巻が8月8日に発売される。

     原作者の桜井さんは山田と市川、クラスメートが描かれたイラストを寄せ、「とうとうアニメ化していただくことになりました! 私含め、心待ちにしていただいた方も多いかもしれません。柔らかなグラデーションのように、2人の関係や心の内の変化を丁寧にじっくりと描いてきた作品ですので、音楽や動き、色彩が加わることによってさらに繊細に表現できる映像化をうれしく思います」と話している。

     「これも変わらず応援してくださっている皆様や、支えていただいている周りの方々のお陰です。放送まで共にソワソワしたりニチャニチャしたりしながら待機しましょうね」とメッセージを送った。

    【【漫画】【アニメ化】「僕の心のヤバイやつ」アニメ化なのに 原作は脱落者が 出始めてるらしいんだが【大丈夫なの??】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ