多くね

    アイキャッチとは、テレビ番組の放送枠で映される番組タイトルクレジットのこと。 多くの場合、電子テロップなどで全画面的に表示される。番組終了時の提供クレジット表示時の背景や、その後に流されるものは「エンドカード」と呼ぶことが多い。 テレビドラマやバラエティ番組などでは、画面端にスーパーを入れる程度の控えめな演出で済ませられることがある。
    3キロバイト (372 語) - 2022年3月25日 (金) 17:00

    (出典 4.bp.blogspot.com)


    現実を知ったら恥ずかしよな。…mj

    1 フォーエバー ★
    2022.07.28

    細か過ぎるアニメのあるあるとして「アイキャッチが何と言っているかわからない」というものがあります。多くの人が勘違いしていた空耳必至のアイキャッチを具体的に振り返ります。

    そもそも意味などなかった……衝撃の国民的アイキャッチ

     アニメでCMをまたぐ際の短い映像のことを「アイキャッチ」と言います。アニメによってはキャラクターごとの映像が用意されていたり、本編の雰囲気にあわせてシリアスになったりコミカルになったりすることもしばしば。番組タイトルをキャラクターが言う場合もありますが、多くはBGMと効果音のみであり、セリフが入ることはさほど多くありません。

     そしてセリフが入った場合、往々にして起こるのが空耳による勘違い。わずか数秒のなかで発せられた言葉が、多くの視聴者から全く違って聴こえてきた例も少なからず存在します。この記事ではそんな何を言っていたのかうまく伝わっていなかった代表的な例を見ていきます。

    ●もはや空耳の日本代表 「ルパンルパーン♪」
     日本で最も多くの人が経験した空耳と言っても過言ではないのが、かの有名なアニメ『ルパン三世』シリーズ(原作:モンキー・パンチ)のアイキャッチです。主題歌「ルパン三世のテーマ」のワンフレーズである「ルパン・ザ・サード」の部分を切り取ったものですが、実に多くの視聴者がこれを「ルパンルパーン♪」と言っているものだと勘違い(筆者もその内の一人でした)。

     別に同じ母音のみで構成されているわけでもないのでなかなか不思議な勘違いではありますが、「ルパン・ザ・サード」=「ルパン3世」だという知識を得る前の幼少期であればそれも無理からぬこと。逆に「ルパン・ザ・サード」と知ってしまうと二度と「ルパンルパーン」には聞こえなくなってしまうのもまた空耳の不思議です。

    ●「Hi guys!」以降、ひたすらリスニング力が試される『SLAM DUNK』
     冒頭でアイキャッチにセリフが入ることは稀と述べましたが、アニメ『SLAM DUNK』(原作:井上雄彦)は別です。花道たちのコミカルなアニメとともに、凄まじい勢いで女声のセリフが流れ出します。それも全て英語です。かろうじて「Hi guys!」から始まっていることは聴き取れるのですが、それ以降はただ「スラムダンク」「レッツプレイ」などの単語がなんとか拾える程度。おそらくは「みんなもバスケやろうね。楽しいよ」的なことを言っているのだろうと聞き流し、気づけば30年近くが経過してしまいました。

     実際はなんと言っていたのでしょう。アイキャッチは複数種ありますが1クール目のものを調べてみると……

    「Hi, guys! The first part of SLAMDUNK was fun, wasn’t it? Basketball is great! Let’s play it together.」 (やあ、みんな!『SLAM DUNK』の前半は面白かった?バスケって最高。みんなも一緒にやろうよ)

     ……なるほど。あながち間違ってはいませんでしたが、そもそも『SLAM DUNK』の感想を尋ねていたとは。今の今まで無視しておりました。果たして誰目線の声だったのかはわかりませんが、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

    ●「シャア?」「シュート?」 『機動戦士ガンダム』のあの甲高い叫び声
     何を言っているのかわからないアイキャッチとして他にも『機動戦士ガンダム』が有名です。物々しいBGMののち、女性の声で「シャウ」とも「ショウ」ともつかぬ甲高い叫びが挿入されるのですが、こちらも長年ファンの間では意見が分かれていました。「シャア」の名を呼んでいる説、はたまた「発射」「射撃」を意味する「shoot(シュート)」説など、実にさまざまな説が飛び交っていたようですが、実はこれ特に意味はないとのこと。

     富野由悠季監督が発注の際にスキャット(ジャズなどで用いられる意味のない歌唱)でお願いした結果なのです。意味のないものにこれほどまでに意味を見出してしまうとは。『ガンダム』という重厚な世界観を持つ作品だからこその現象だったのかもしれません。

     アニメも配信限定の作品が増え、徐々にではありますがCM前後の「アイキャッチ」は減りつつあります。わずか数秒で視聴者に強い印象を与えた「アイキャッチ」が日本のアニメカルチャーに果たした役割というものは決して小さくないでしょう。

    https://magmix.jp/post/103086


    (出典 magmix.jp)

    【【アニメ】空耳って多くね??【ああ 勘違い!!】】の続きを読む


    スーパーロボット大戦DD』(スーパーロボットたいせんディーディー)は、バンダイナムコエンターテインメントより配信されるスマートフォン用ゲームアプリ。2019年8月21日サービス開始。基本プレイ無料(アイテム課金制)。 キャッチコピーは「鋼の強者達よ、次元を超えて走れ」。 SDで表現されたロボット
    85キロバイト (13,617 語) - 2022年5月8日 (日) 10:34

    (出典 i.ytimg.com)


    よっぽど嫌な思いしたんだろうな…mj

    462 名無しですよ、名無し!(茸) (スップ Sd1f-DuPE [1.66.97.148]) :2022/06/16(木) 23:19:37.92
    シナリオ待ちやフラグ立て済み以外で必殺干されてる&現状戦力にならない主役級って何がいるかな
    サーバインとか直ぐに思いついたけど


    (出典 i3.gamebiz.jp)

    【【ゲーム】「スーパーロボット大戦DD」このゲームの事より OGの愚痴多くね??【このゲームの事は??】【攻略】【評価】】の続きを読む


    漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。 漫画
    41キロバイト (5,996 語) - 2022年4月3日 (日) 10:47

    (出典 4.bp.blogspot.com)


    ダラダラするのも どうかなぁ…mj

    1 征夷大将軍 ★

    マグミクス5.11
    https://magmix.jp/post/90247/2

    ■昭和時代の人気マンガの平均的な巻数は?
    昭和生まれの筆者の、子供の頃の感覚では、「10巻以上は人気マンガ」というイメージが漠然とありました。そこで今でも作品タイトルを聞くことの多い、アニメにもなっている1960~1970年代の主な作品の巻数を挙げると……。

    ・『巨人の星』全19巻
    ・『あしたのジョー』全20巻
    ・『タイガーマスク』全14巻
    ・『野球狂の詩』全17巻

    ……というように、現在のように何十巻もある人気マンガに比べて半分以下の巻数になっています。当時、社会現象にまでなったほどの作品でこのくらいで、当時のマンガは基本的に数年で完結するものがほとんどでした。

    もちろん、当時でも作者のライフワークとも言うべき、長きにわたって描き続けられた作品は多く存在しています。『サイボーグ009』、『天才バカボン』、『ゲゲゲの鬼太郎』のような人気作品です。しかし、これらは一度物語を完結させるという形を取っており、連続的なストーリー性を持った作品ではありません。そういった連続ストーリー物は、前述したように一定の連載期間で物語を完結させています。

    近年、100巻を超えた発行巻数の多い作品を見ると、このパターンに当てはまるものが多くありました。『ゴルゴ13』、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、『浮浪雲』、『あぶさん』、『クッキングパパ』などです。どの作品も共通しているのは1話ないし数話でひとつのエピソードが終わるタイプ。どこから読んでも基本設定さえ知っていれば問題ない読み切り方式の作品です。

    そういう点では、昔からギャグマンガは比較的、巻数が多い印象がありました。もっともギャグマンガの場合、同じパターンだと定期的なネタ出しに困るので、登場人物や作風を変えたいくつかの作品を回していくという方法を聞いたことがあります。

    それでは、近年の『ONE PIECE』、『名探偵コナン』のような長期連載形式の連続ストーリー物の100巻超え作品は、どのような流れで生まれてきたのでしょうか?

    メディアミックスで寿命が延びた人気マンガ
    あくまでも筆者の私見ですが、いわゆる「ジャンプ黄金期」と言われる時代が、マンガの長期連載の要因になったと思います。

    この前後のアニメにもなった、主だった「ジャンプ」の人気マンガ作品を年代順に並べてみると……。

    ・『Dr.スランプ』(1981?1986年)全18巻
    ・『キン肉マン』(1983?1986年)全36巻(当時に発売されたもの)
    ・『キャプテン翼』(1983?1986年)全37巻
    ・『キャッツ・アイ』(1983?1984年)全18巻
    ・『北斗の拳』(1984?1988年)全27巻
    ・『ハイスクール!奇面組』(1985年-1987年)全20巻(『3年奇面組』全6巻含まず)
    ・『ドラゴンボール』(1986?1997年)全42巻
    ・『聖闘士星矢』(1986?1989年)全28巻
    ・『シティーハンター』(1987?1991年)全35巻
    ・『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(1991?1992年)全37巻
    ・『幽☆遊☆白書』(1992?1995年)全19巻
    ・『SLAM DUNK』(1993年-1996年)全31巻

    ……といったように、アニメの放送話数に比例して徐々に発行巻数が伸びてきている感じに見えます。そう考えると、連載の長期化はアニメ化によるコンテンツの拡大などが要因かもしれません。

    この時期の「ジャンプ」マンガでよく漏れ聞こえるのが、「作者がやめたくても編集部が連載を続けさせる」という話です。上述したようにマンガのヒットでアニメ化され、アニメでもヒットすることで生まれた二次収益などで、作者であっても容易に連載を終わらせることができなかった。……そういったエピソードがあったのも、この時期くらいからでした。

    それがすべてというわけではないでしょうが、コンテンツとして複合的にさまざまな分野とからみ合うようになったことで、連載マンガの「寿命」は大きく伸びたのかもしれません。もっとも、連載期間が延びたことでデメリットもいくつか起こりました。

    そのひとつがコミックスの巻数の多さによる消費者の買い控えです。よく言われるのが長期連載作品のファンになった場合、以前に販売されていた巻数まで網羅できるのか? という不安をおぼえる。……という話を耳にします。この点は「○○編」といった形で区切るという方法がよく使われ、なかには「○○編」ごとにコミックスの巻数をリセットする方法が使われることもありました。

    また、作者が長期連載することで起きるデメリットで、筆者がもっとも懸念するのが作品数の数です。昔の有名漫画家の方々は多くの名作を生み出してきました。しかし、近年の漫画家の方々は数作、人によってはひとつの作品しか生み出していません。(全文はリンク先で)


    【【漫画】長く描き続けてなんぼ?!【今って 長期連載って多くね??】】の続きを読む


    グラディウス』(Gradius、日本国外名Nemesis)は、1985年5月にコナミ(現・コナミアミューズメント)より発売されたアーケードゲームであり、ジャンルは強制横スクロール系(一部、任意縦スクロールも併用)シューティングゲーム。稼働当初の正式タイトル名は『超次空ファイター グラディウス
    92キロバイト (11,030 語) - 2021年11月10日 (水) 01:30



    (出典 game.watch.impress.co.jp)


    裏技とか懐かしいなぁ!!mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/12/29(水) 23:07:44.41

    ねとらぼ2021/12/29 20:45(公開)
    https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/500500/

    コナミが1985年にリリースしたアーケードゲーム「グラディウス」。その後、1986年にファミリーコンピュータへ移植され大ヒットを記録しました。人気ゲームとしてシリーズ化され、多くの作品がリリースされています。そこでねとらぼ調査隊では、2021年12月2日から12月8日まで「あなたが一番好きな『グラディウス』シリーズは?」というテーマでアンケートを実施しました。

    今回のアンケートでは、総数1029票の投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、ランキングをTOP3から見ていきましょう。

    ●第3位:沙羅曼蛇
     第3位は179票を集めた「沙羅曼蛇」でした。1986年にアーケード版が登場し、その後に1987年にファミコン版、1991年にPCエンジン版がリリースされ大ヒットしました。「グラディウス」の翌年に稼働を始めたゲームで、奇数面が横スクロール、偶数面が縦スクロールと2つのシステムで楽しめるように進化しました。

    ●第2位:グラディウスIII -伝説から神話へ-
     第2位は212票を集めた「グラディウスIII -伝説から神話へ-」でした。1989年にアーケード版がリリースされた作品です。グラディウスでおなじみのパワーアップシステムにエディットモードを導入し、自分でパワーメーターを作成できるよう進化しました。1990年にはスーパーファミコン版が発売され大ヒットしています。コメント欄では「クリアまでに1年以上かかった思い入れのあるシリーズ」との声が挙がっていました。

    ●第1位:グラディウスII -GOFERの野望-
     第1位は367票を集めた「グラディウスII -GOFERの野望-」です。1988年にアーケード版がリリースされ、同年の12月にはファミコン版、1992年にはPCエンジン版がリリースされました。パワーアップシステムは4種類のセットから選べるようになり、初代「グラディウス」からさらに音楽やグラフィックが格段に進化して人気となりました。


    【【ゲーム】結局「グラディウスシリーズ」って 好きな人多くね??【評価】】の続きを読む


    ヴァイオレットエヴァーガーデン』は、暁佳奈による日本の小説。及び、それを原作とするアニメーション作品。イラストは高瀬亜貴子が手掛けている。 KAエスマ文庫(京都アニメーション)より2015年12月から刊行された。 「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の少女を中心に繰り広げられる群像劇。第5回京都アニ
    66キロバイト (6,963 語) - 2021年10月29日 (金) 15:21



    (出典 hivicon.com)


    このアニメ 賛否両論あり過ぎるだろ。mj

    626 名無しさん@恐縮です :2021/10/30(土) 01:51:52.38

    男のキャラの描き分けが出来てなくてほぼ皆んな同じに見えてこんなんで金取っていいん?と思った


    【【アニメ】【金ロー】「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別編集版」辛口コメ 多くね??【視るの 辞めれば良かったのに…】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ