声優の


    SLAM DUNK > THE FIRST SLAM DUNKTHE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファーストスラムダンク)は、2022年12月3日に公開されたアニメーション映画。 『SLAM DUNK』原作者の井上雄彦が監督・脚本を務める。当初はタイトル未定で2022年秋に公開予定であったが、…
    13キロバイト (1,519 語) - 2022年12月3日 (土) 11:26
    完全におさまってねぇじゃん…mj

    1 muffin ★ :2022/12/03(土) 19:44:48.93ID:W0Incdvb9
    https://www.cinematoday.jp/news/N0133955
    2022年12月3日

    3日に公開を迎えた、アニメーション映画『THE FIRST SLAM DUNK』で監督・脚本を務めた原作者・井上雄彦が、同日、オフィシャルサイトに掲載されたインタビュー内で、アニメーション監督としての経験や、新作に込めた思いを語っている。

    そのなかで、声優への演出についても尋ねられた井上は、あまり誇張表現を使わない「ナチュラルな感じ」に本作をしたかったと明かし、ほぼ全てのキャストにその基本姿勢を伝えたうえで「あとはやりながら、一緒に探していく。そういう作業だったと思います」と述懐。そのうえで「だからこそ、連載していた頃にテレビアニメがあり、声優さんたちがいらっしゃったけど、自分としてはそこにはさわれないというか」と言及した。

    「あの何年間かのテレビアニメで声優さんたちは、プロフェッショナルとしてキャラクターと向き合い、それぞれのやり方でキャラクターを育ててこられたと思うんですね」という井上は、もし映画をオファーしていたら、かつて育てたキャラクターを捨ててもらわなくてはいけなかっただろうと振り返り「それはできないなというのがあって」と明かした。『SLAM DUNK』として「根っこは同じ」だが「ただ、同じ根っこから生えるもう1本の木、という感じでこの映画を捉えている」という井上は、芝居のうえでも、普通のバスケ部の高校生である点を大事する意向を声優にも伝えていたという。

    そのほかにも井上は、映画が完成した瞬間やアニメーション映画監督として学んだことなどをインタビュー内で明かしており「随分前に読んだ人が“初めて観る”みたいなことができたら、それがいいんじゃないかなって。喜んでもらう形のひとつとして。なので、出会ってもらう。こういう『SLAM DUNK』もあるのかと、初めて出会うみたいな出会い方をしてもらえたら嬉しいなと思いますね」と語ると、「映画館で観て欲しいですね。まず画が大きいというのがあるし、音がもう断然映画館のほうがいいよっていうのがあります」と呼びかけている。

    全文はソースをご覧ください

    オフィシャルサイト 井上雄彦インタビュー
    https://www.slamdunk-movie-courtside.jp/interview/17

    【【アニメ】【映画】「THE FIRST SLAM DUNK」ナチュラルとは何なんだろうか 問いたくなる件【声優の問題は 深刻かも…】【感想】】の続きを読む


    楠木 ともり(くすのき ともり、1999年12月22日 - )は、日本の女性声優、シンガーソングライター。東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。レコードレーベルはSACRA MUSIC。 中学2年生の時からアニメが好きになり、『こばと。』の再放送を観た際に花澤香菜の演技に惚れ、声優を目…
    87キロバイト (7,877 語) - 2022年11月4日 (金) 15:13
    おまけに病気の事もあるしな…mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/10(木) 08:22:12.58ID:QGC2MWJx9
    2022年11月10日

    マキマ声優が男性声優と急接近…嫉妬の悪魔と化すファン「チェンソーマン嫌いになりました」

    女性声優はオタクコンテンツの華とも言える存在だが、その代償として“純潔”を求めるファンは未だに多い。現在大ブレイク中の楠木ともりは、アニメ『チェンソーマン』での共演をきっかけとして、若手男性声優・戸谷菊之介との急接近が危惧されているようだ。


    ファンたちの心を揺さぶる2人の姿

    今年10月からスタートしたアニメ「チェンソーマン」において、楠木はヒロインのひとりであるマキマ役を担当。その一方で、戸谷は主人公・デンジ役を演じている。

    いずれも作品の顔となるメインキャラなので、収録はもちろん、PRイベントなど仕事で一緒になる機会も急増しているようだ。

    楠木が出演するインターネット番組『楠木ともりを灯せていますか?』(ニコニコチャンネル)では、11月7日の放送にゲストとして戸谷が登場。小さい頃は芸人志望だったという戸谷に、楠木が無茶振りするなど、仲睦まじい様子を見せていた。

    さらに11月3日には、2人で「アニメイト」で開催中の「チェンソーマン」コラボカフェに来訪したことを写真付きで報告。楠木がツイッター上で《戸谷くんと一緒に》と説明したことで、2人きりのデートと勘違いするファンが現れてしまった。しかし実際には仕事の一環なので、マネージャーも同伴のうえで訪れたらしい。
    なにかと男性の影を気にするファン心理

    もちろん仕事上のつながりでセットになっていることが多いだけなのだが、“ガチ恋”的な心情のファンにとってはやはり平穏ではいられない模様。2人とも同じ「ソニー・ミュージックアーティスツ」所属であり、実年齢が1つ違いという共通点もあるため、余計に心配が募ってしまうのだろう。

    SNS上では、《ともりると知らない男がコラボカフェデートしたの許せる奴いる?》《ともりデンジ役とデートしてるからチェンソーマン嫌いになりました》《ともりが男と喋ってるの見るのつらいわ…》《ともりると戸谷さんが楽しそうに話してるのを見てなぜか虚しくなる》など、嫉妬の声が上がり始めている。

    ところで楠木といえば、過去にアニメ『先輩がうざい後輩の話』での共演をきっかけに、男性声優・武内駿輔とのあらぬウワサが立ったことも。しかしその後、武内が結婚を発表したことにより、たんなる杞憂だったことが判明していた。

    ファンたちには戸谷との関係も“カップル営業”の一環と割り切って、楠木を応援してあげてほしいところだ。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/114260
    https://twitter.com/tomori_kusunoki/status/

    https://twitter.com/tv_life/status/1582129576787984397?s=46&t=J-StlYzaftqk2-ekL38rPQ

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【声優】「チェンソーマン」のマキマ役等の 楠木ともりさん。恋愛スキャンダル発覚??【声優の恋愛事情って辛そう…】】の続きを読む


    YouTubeチャンネル 中村悠一 - YouTubeチャンネル 中村悠一 - 日本タレント名鑑 中村悠一のプロフィール・画像・写真 - WEBザテレビジョン 中村 悠一|声優名鑑 - 声優グランプリweb 中村悠一 - KINENOTE 中村悠一 - オリコン 中村悠一 - Movie Walker 中村悠一 - 映画…
    268キロバイト (27,225 語) - 2022年10月8日 (土) 18:09
    幼少期 可愛いな!!mj

    601 名無しさん@お腹いっぱい。 (スッププ Sd5f-k+Pz [49.105.93.85]) :2022/10/06(木) 06:43:59.13ID:fb7AOjpLd
    中村さんいくら払えば学園祭来てくれるのかな


    (出典 sp-akiba-souken.k-img.com)

    【【声優】「呪術廻戦」の 五条悟役等の 中村悠一さん。同じ声優の 杉田智和さんとの 仲良ししてる事に ファン喜んでる模様【いい雰囲気】】の続きを読む


    レビ時代になると海外作品の日本語吹き替えなどの声優の仕事は東京に集中していった。 声優プロダクション付属の声優養成所、声優になるためのレッスン指導を主とする養成所、声優関連の学校(声優養成学科がある専修学校)などの出身。 声優になることを目指すには、声優の養成所や専門学校に通うのがもっとも一般的であ
    213キロバイト (31,287 語) - 2022年9月11日 (日) 10:23

    (出典 www.studioanima.co.jp)


    鬼太郎は 違和感あまり無いのにな。mj

    1 ネギうどん ★ :2022/09/14(水) 21:38:04.78ID:CAP_USER9
    日本中が“心配”していたドラえもんの新声優……実は身内も大反対

    2005年にメインキャラクターの声優陣が一斉に交代したアニメ『ドラえもん』。画像は主題歌「夢をかなえてドラえもん」(日本コロムビア)

     アニメ大国日本において人気キャラクターの「声優交代」は大きなニュースです。とりわけ長年、大御所声優さんが担当していたキャラの交代となると、そのハードルは天井知らず。こうした高いハードル、世間からの重圧を見事に乗り越えた声優交代劇の代表的なものを振り返ってみましょう。

     ここ十数年のアニメ史において最も世間に衝撃を与えたのが2005年『ドラえもん』(原作:藤子・F・不二雄)のレギュラー陣交代でしょう。大々的にニュースでも報じられました。とりわけドラえもんの声を担当されていた大山のぶ代さんの声はあまりにも唯一無二にして、後任となる声優さんは一体誰なのか。新生ドラえもんは一体どんな声なのか日本中が固唾を飲んで見守りました。

     結果はご存知の通り。水田わさびさんがその重責を引き受けたわけですが、当初は予想どおり世間からの風当たりは強めでした。これはもう宿命であるにしても、水田さんがとりわけ驚いたのが家族である夫の反応。「ドラえもん役」を引き継ぐにあたり大の藤子・F・不二雄好きである夫からは「やめるなら今だ」と言われていたのです。まさか身内までもが反対していたとは……驚きです。

     さて交代から17年が経過しました。今の大学生くらいまでの年代の人たちは「わさびドラ」を観て育っています。水田さんは当初「いつクビになるんだろう?」と怯える事もあったのですが、そうした不安をはねのけ見事に平成、令和とアニメ『ドラえもん』を引っ張り続けているのです。

     なおアニメ『ドラえもん』でいえばジャイアン役の木村昴さんの躍進ぶりは瞠目です。たてかべ和也さんからジャイアン役を引き継いだ時の年齢はなんと14歳。世間からの不安の声を見事に押しのけ、名曲「おれはジャイアンさまだ!」のしっかりボエ~と歌い上げています。なおたてかべさんはジャイアン役を引き継いでくれる人と酒を酌み交わそうと考えていたのですが、決定当時木村さんがまだ未成年だっただめ実現せず。木村さんが成人した後の2014年にやっと実現。「お待たせしました」と涙を流しながら乾杯されたのです。「声優交代劇」はまさに、ドラマです。

    人気キャラクターを急遽引き継いだ声優さんたちの苦労は他にも……

    「ハマり役」の声優交代はまだまだあります。1996年より放送中のアニメ『名探偵コナン』(原作:青山剛昌)の毛利小五郎役は当初より大御所の神谷明さんが務めていらっしゃいました。コメディにもシリアスにも振れる神谷さんの小五郎は作品の中核そのもの。それだけに2009年の降板は多くのファンから惜しまれました。

     2代目に抜擢されたのは小山力也さん。すでにその実力はお墨付きでしたが、神谷ボイスの慣れきったファンからすれば違和感は必至。それでも小山さんは「神谷明さんの作り上げた小五郎を大切に、そして失礼のないよう、心をこめてやっていきます」という所信表明の通り、小五郎を誠心誠意、演じ続け気づけば13年が経過。もう神谷さんと同じ年数となります。誰もが認める「眠りの小五郎」となりました。

     かつては盤石の体制であったアニメ『サザエさん』の声優陣も近年ではその入れ替わり頻度が多くなってきています。2014年には波平役の永井一郎さん逝去。それに伴いベテランの茶風林さんが2代目波平に抜擢。2015年にはフネ役の麻生美代子さんが年齢を理由に、寺内よりえさんに交代。声質の若返りぶりにしばらくの間、ネットでは否定的な声も散見されました。また2019年にはマスオ役の増岡弘さんがご自身の年齢を理由に交代されました。芸人さんに度々ネタ中で声マネされていただけに、意外なところまで影響を及ぼしました。後任にはベテランの田中秀幸さんが抜擢されましたが当初の違和感もなんのその。今では完璧な「マスオ兄さん」を演じていらっしゃいます。

     これまで紹介してきた声優さん達のインタビューを読む限り、国民的キャラクターを引き継ぐことは並々ならぬ覚悟が必要であることがわかります。「違和感」を実力で持って払拭する……「声優交代劇」に宿るプロフェッショナルには胸が震えます。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4f481e3722d06c98f43c201f1830df184724840a
    https://magmix.jp/photo/111638?utm_source=news.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=111638_6#photo1
    https://magmix.jp/photo/111638?utm_source=news.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=111638_6#photo2

    【【声優】声優の 交代時の違和感は いつまで続くんやろーな…【声優さんも辛いはず】】の続きを読む


    高野 麻里佳(こうの まりか、1994年2月22日 - )は、日本の女性声優、歌手。東京都出身。マウスプロモーションを経て青二プロダクション所属(2019年10月から)。声優ユニット・イヤホンズのメンバー。イヤホンズとしての所属レーベルはEVIL LINE RECORDS、ソロアーティストとしての所
    109キロバイト (8,920 語) - 2022年3月9日 (水) 18:33

    (出典 seigura.com)


    若いしね!!mj

    178 名無しさん@恐縮です :2022/03/15(火) 03:39:58.47

    まりんかのサインもっとるわ


    (出典 games.app-liv.jp)


    【【声優】「ウマ娘」の サイレンススズカ役等の 高野麻里佳さん。美人さんなせいか 声優のイメージがわかない件【羨ましい顔】】の続きを読む

    このページのトップヘ