喜びの


    金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日本漫画作品。略称は「ガッシュ」「ガッシュベル」。『週刊少年サンデー』2001年6号から2008年新年4・5合併号(2007年最終号)まで連載された。単行本は全33巻。各話数はそれぞれ「Level
    112キロバイト (14,407 語) - 2022年1月20日 (木) 08:27



    (出典 image.gamer.ne.jp)


    作者も 色々有るんだろ。mj

    1 爆笑ゴリラ ★

    2/27(日) 7:05配信シェア
    オリコン

     漫画家・雷句誠氏の新作で、人気漫画『金色のガッシュ!!』の続編『金色のガッシュ!! II』が、3月中旬に各電子書店にて配信されることが、雷句誠氏の公式ツイッターにて発表された。

     ツイッターでは「只今次回作を執筆中!」と告知されており、「お知らせです。クリックすると、勇壮な音楽も流れます」と投稿した動画にて新作のタイトル『金色のガッシュ!! II』を発表。3月中旬に各電子書店にて配信開始し、詳しい配信日は決まり次第追って発表すると伝えた。

     これにファンはネット上で「え?ガッシュ新作??」「まじで続編なのか!?」「俺たちの青春が帰ってくる」「大好きだった漫画の一つの続編に期待!」「これはヤバイ!」などと歓喜。ツイッターでは「ガッシュ2」のワードがトレンド入りする盛り上がりを見せた。

     『金色のガッシュ!!』は、天才ゆえに孤独な中学生・高嶺清麿は、魔界から来たガッシュと出会い、世界中に送り込まれた百人の魔物と闘いガッシュを魔界の王にするため、人間と魔物の少年のコンビが激しいバトルに挑むストーリー。

     2001年〜2008年にかけて『週刊少年サンデー』にて連載され、2003年には『金色のガッシュベル!!』のタイトルでテレビアニメ化。昨年、連載開始から20周年を迎え、さまざまな企画が実施されていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a814a2e1d4bd935633fc56b2cf2783e0eecac3f0


    【【漫画】「金色のガッシュ!!」の続編が 3月中旬に配信決定も 喜びの声が無い模様【『ベル』って何なん??】【感想】】の続きを読む


    ガンダムシリーズ一覧(ガンダムシリーズいちらん)は、アニメ『機動戦士ガンダム』を始めとする一連作品群。各作品はいくつか世界設定を共有している。例外もあるが正式な作品にはサンライズ共同筆名である矢立肇と、シリーズ第1作を手掛けた富野由悠季名義を入れることが慣習となっている。 「モビルス
    87キロバイト (11,860 語) - 2021年12月9日 (木) 15:19



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    もうガンダムは 熱狂的ファンは いないの??mj

    1 ひかり ★ :2021/12/21(火) 10:24:19.48

     映画「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」が2022年初夏に公開されることが明らかになった。配給は松竹。公開時期決定の発表に合わせて、ティザービジュアルと特報映像が公開された。

     「機動戦士ガンダム」の第15話「ククルス・ドアンの島」。ファンの間では名作として知られる本エピソードは、主人公のアムロ・レイと敵対するジオン軍の脱走兵ドアンとの交流を通じて戦争の哀愁が描かれ、当時ガンダムファンの注目を集めた。今回、ガンダムとアムロの物語が、劇場版3部作でも描かれることのなかった伝説のエピソードと共に映画化される。

     映画「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」は、TVシリーズ「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザイン・アニメーションディレクターであり、累計発行部数1,000万部突破を記録する「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」を手掛けた安彦良和氏が監督を務める。

     ガンダムファンにお馴染みのホワイトベースの仲間たちやモビルスーツが登場。壮大なスケールでよみがえる「RX-78-02ガンダム」とアムロの物語が最新のアニメーションで描かれる大迫力なモビルスーツ戦と共にスクリーンに舞い戻る。

     公開された特報映像では、「RX-78-02 ガンダム」が、あの名シーンを彷彿とさせる“大地に立つ”様子が描かれている。重厚感ある機体で大地を揺らし、ゆっくりと立ち上がる威風堂々たる姿には圧倒的な迫力が感じられる。そして、輸送機ガンペリーが物語の舞台となる島の上空を飛行するシーンが収められており、ガンダムが再び大地に立つ圧巻の映像に仕上がっている。

    □安彦監督自らが描き下ろしたティザービジュアル公開

     安彦監督自らが描き下ろしたビジュアルでは、主人公アムロ・レイの搭乗機「RX-78-02 ガンダム」と、「ザク」の姿が描かれ、アムロのこちらに向けるまっすぐな眼差しが印象的なビジュアルに仕上げられている。

     さらにザクがガンダムを見下ろしているようにも捉えられる様子は緊拍感を漂わせ、静かなる戦いの始まりを予感させる。アムロの何かを訴えかけるような瞳には、どんなメッセージが込められているのか。

    【メインスタッフ】
    企画・製作:サンライズ
    原作:矢立 肇 富野 由悠季
    監督:安彦 良和
    副監督:イム ガヒ
    脚本:根元 歳三
    キャラクターデザイン:安彦 良和 田村 篤 ことぶきつかさ
    メカニカルデザイン:大河原 邦男 カトキハジメ 山根 公利
    美術監督:金子 雄司
    色彩設計:安部 なぎさ
    撮影監督:葛山 剛士 飯島 亮
    CGI演出:森田 修平
    CGI監督:安部 保仁
    編集:新居 和弘
    音響監督:藤野 貞義
    音楽:服部 隆之

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a48107c95914d5b2254b7030109b96a9d7c292a4


    【【アニメ】「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」来年の初夏に 公開決定したのに 喜びの声が少な過ぎる件【感想】】の続きを読む


    極主夫道』(ごくしゅふどう)はおおのこうすけによる日本の漫画。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。 2018年2月23日からウェブコミックサイト『くらげバンチ』(新潮社)に短期連載されたのち、同年5月18日から本連載を開始。2021年8月時点で
    39キロバイト (4,254 語) - 2021年10月24日 (日) 12:27


    賛否両論あるけど 面白かった!!mj

    【【漫画】【映画化】「極主夫道」まさかの映画化に 喜びの声が続々!!【来年初夏公開!!】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ