吹き替えの


    羽佐間 道夫(はざま みちお、1933年10月7日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター。熊本県荒尾市生まれ、東京府(現:東京都)出身。ムーブマン所属(代表取締役)。 父親が三井三池炭鉱に勤務しており、社宅のあった熊本県荒尾市で生まれる。1939年に父が転勤したことで東京都高輪に移住し育った。幼少
    88キロバイト (9,245 語) - 2022年8月18日 (木) 12:39

    (出典 mouvement.jp)


    いつまでも お元気で‼️mj

    1 征夷大将軍 ★ :2022/08/18(木) 21:01:20.52ID:CAP_USER9
    日刊スポーツ2022年8月18日20時32分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202208180001240.html

    レジェンド声優の羽佐間道夫(88)と松金よね子(72)が18日、都内で行われた、シルベスター・スタローンが主演・監督の「ロッキーvsドラゴ:ROCKY 4」(19日公開)の公開前夜祭イベントを都内で行った。

    2人はシリーズ1作目の映画「ロッキー」(77年公開)をテレビで初放送した83年からずっとロッキーとエイドリアンを担当している名コンビ。

    羽佐間は「ロッキーと36年付き合っている男です。最初は戸惑いもあったが、(映画)8本やり遂げました」とあいさつ。かつて、テレビ局の企画でスタローンと対面する機会を打診されたが「断った」という。謙遜も込めて「声も姿も違うので」と理由を明かした。そしてエイドリアンについて「理想の女性です」と言い切った。

    そのエイドリアンを演じた松金は「私は舞台もたくさんしているが、松金個人よりもエイドリアンの方が皆さんに親しまれている。うれしいような寂しいような…」と複雑な心中を笑顔で吐露した。

    イベント中、○×クイズで「ロッキーの仕事が宝物」か問われると、2人ともすぐに「○」の旗を掲げた。そして羽佐間は「当たり前だっ」となじみ深い“ロッキーの声”で一喝して盛り上げた。

    【【声優】「ジビエート」の 鬼倉雪之丞役等の 羽佐間道夫さん。やっぱり 吹き替えの雰囲気が強いよな。【スタローンとかな。】】の続きを読む


    鈴木 亮平(すずき りょうへい、1983年3月29日 - )は、日本の俳優。兵庫県西宮市出身。ホリプロ所属。身長186cm。 西宮市立津門小学校高学年の頃、アニメを観て声優に憧れた。児童会長を務めていた小学校6年の時に、1995年1月17日の阪神・淡路大震災に遭遇する。震災後に亮平
    59キロバイト (7,660 語) - 2022年5月26日 (木) 20:16

    (出典 www.cinemacafe.net)


    mj

    1 湛然 ★

    鈴木亮平、バズ・ライトイヤー声優に決定!“おもちゃのバズ”のルーツ描く新作で名ゼリフも披露
    2022年5月27日 5時00分 シネマトゥデイ
    https://www.cinematoday.jp/news/N0130310
    “人間のバズ”役に決定した鈴木亮平 - (C)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

    (出典 img.cinematoday.jp)



     俳優の鈴木亮平が、映画『トイ・ストーリー』で活躍した人気キャラクターの原点を描く、ディズニー&ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』で日本版声優を務めることが明らかになった。

    ●鈴木亮平のバズ!『バズ・ライトイヤー』日本版予告編


    (出典 Youtube)




     本作は、『トイ・ストーリー』でアンディ少年のお気に入りだったおもちゃ、バズ・ライトイヤーの知られざるルーツが明かされるファンタジーアドベンチャー。アンディを夢中にさせた映画という設定で、不可能なミッションに挑むスペースレンジャーの勇姿が描かれ、英語版のバズは、キャプテン・アメリカ役で知られるクリス・エヴァンスが演じる。

     鈴木は、日本版声優への抜擢に「あのバズ・ライトイヤーを僕がやらせていただいていいんだろうかという思いが一番強かったですね。嬉しかったですし、光栄ですが、ちゃんとやらなきゃいけないというプレッシャーも感じています」と真摯(しんし)なコメント。劇中では、「無限の彼方へ、さぁ!」というバズを象徴するセリフも登場するといい、「おもちゃのバズの言い方との違いを、いい意味で裏切りながら皆さんに楽しんでいただきたい」と呼びかけている。

     自分の力を過信したため、1,200人もの乗組員と共に危険な惑星に不時着してしまったバズが、地球に帰還するため、猫型ロボットのソックスと共に不可能なミッションに挑む本作。日本語版予告編では、仲間のために危険なハイパー航行に挑んだバズが、みんないなくなってしまった「62年と7か月と5日後の世界」に到着する衝撃展開が。孤独なバズは、新たな仲間と共に壮大な冒険へと旅立つ。

     「おもちゃのバズのモデルとなった“人間のバズ”をどこまで演じられるか、いろんなバズの面を掘っていきました」という鈴木は、本作のバズの魅力について「完璧じゃないところかなと思います」と分析。「一見、完璧でかっこいいスペースレンジャーに見える、本人もそうありたいともがいているけれども、実は失敗もたくさんして、人を育てるのが苦手。プライドと責任感は表裏一体だと思うんですが、そういう未熟なところと、かたやすごく愛情深くて優しくて、何か自分が間違えたと悟ったときにはすごく素直に自分を変えることが出来るという、未熟さと素直なところがバズの一番の魅力かなと思います」と語る。

     また、「今生きている環境、周りにいる友人、家族、物もそうですが、今あるものに感謝して、“自分は恵まれているんだ、もしかしたら必要なものはもう既に周りにあるのかもしれない”と気づくというのがテーマの一つにもなっています。バズを通して、歳を重ねていくこと、時間が過ぎていくことのすばらしさをすごく感じました」と本作のテーマに言及。「どんな方が見ても必ず共感できるキャラクターがいます。バズを応援したいという気持ちになってもらえますし、大きな感動とワクワク感を持ち帰っていただけると思います」と作品に対しての自信を覗かせている。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【声優?!】「バズ・ライトイヤー」鈴木亮平さんが バズ役に抜擢!!前の吹き替えの所ジョージさんが話題に?!【どっちも良くね?!】】の続きを読む

    このページのトップヘ